【28歳】転職を成功させる方法とは。おすすめの転職エージェントも紹介

新卒で就職して数年経った28歳という年齢は、男性も女性も大切な仕事を任せられる機会が多くなる一方で、自分の働き方に対して疑問が出る時期でもあります。28歳で転職を目指す時、成功させるために大切なことをおすすめの転職エージェントとともにご紹介します。

28歳で転職が成功する人・失敗する人の特徴とは

28で転職を成功させる転職エージェントの選び方

30歳手前の28歳という年齢は、男性も女性も上の役職に就いてきて、責任感のある仕事を任されている人が多いのではないでしょうか。しかし、やりがいを感じる一方で、自分がずっと挑戦してみたかった異業種に転職を考えている人も多いのでは?

そこで今回は、28歳で転職を成功させる人、失敗させる人の特徴や違いをお教えします。転職を成功させる人はどんなことを意識して転職活動に励んでいるのか、理解しておきましょう。


1. 転職する理由を明確にしていた

28歳で転職を考えている男性や女性がまずすべきことは「転職する理由を明確にすること」。

現状の給料や年収に不満があって転職したいのか、結婚していて福利厚生の充実している公務員に転職したいのか、異業種だとしても自分のキャリアアップを図ってバリバリ働きたいのか…。

人それぞれ、転職したい理由はたくさんあると思います。しかし、転職理由は履歴書、職務経歴書、面接で必ず聞かれること。企業側が最も大切にしていることと言っても過言ではありません。

自分がいま何を転職先に求めているのか、業界や職種を絞る上でも大切な要素になるので、必ず転職理由は明確にするようにしましょう。


2. 自己分析をして自分の強みを把握していた

続いて、転職活動を行う時は自己分析をすることも大切な要素。スキルが有るのかスキルなしなのかで転職の幅も変わってきます。

男性も女性も、異業種や未経験職種に応募した際は特に、採用側は貴方のどんな長所が会社にマッチするかを考えます。

つまり、自分の強みを理解して、転職したい企業にアピールできるかどうかが転職を成功させるための鍵。経験やスキルなしだとしても、そこを補填する強みがあれば十分に戦えますよ。

転職したいと思っている企業に自分がどう合っているのか、どう貢献できるのか、自己分析をして自分の強みを理解しておきましょう。


3. 30歳手前のタイムリミットと考え、時間を決めて転職活動をしていた

転職活動は時間との戦いです。今の仕事を退職していたとしても、働きながら転職活動をしていたとしても、時間を決めて転職活動をしないと、ずっとダラダラ転職活動を進めてしまいます。

執拗に焦る必要はありませんが、30歳手前のタイムリミットであることは確か。転職するのが遅いことはありませんが、異業種や未経験職種に転職を考えているのであれば、早く転職して早く業務に慣れることが重要です。

そのことを理解して、自分なりに「いつまでに転職する」と決めて行動していくことが大切ですよ。


4. 既婚か独身かで働き方の優先順位を変えていた

男性も女性も、既婚が独身かで働き方は全然違います。顕著に現れるのは女性でしょう。結婚、妊娠、出産、子育てと、女性はライフスタイルによって働き方が変化します。

そのことを理解して、自分がいまどんな状況なのか、今後の近い未来にどんな状況になるのかを、予め見越して転職先を選べる人が転職を成功させる人です。

福利厚生が充実している安定の公務員や、転勤がなく定時に帰れる事務職は既婚女性からとても人気のある職業ですので、参考に選んでみてくださいね。


28歳の転職は遅い?転職活動をする上でやるべきこと5選

28歳で転職を決意したら、具体的な転職活動に移りますが、30代も間近でタイムリミットがあり、若年層とは判断されにくい28歳だからこそ、転職活動に失敗すると転職を繰り返すことになってしまったり、結局やりたい仕事に就けなかったりします。

次に、28歳で転職活動を始める前に覚えておきたい、転職活動に対する5つのやるべきこと、考えることをご紹介しますので、参考にして28歳での転職活動の成功に繋げましょう。


① 30代をどう過ごしたいか、しっかりとライフプランを考える

男性も女性も、28歳の転職理由として多く上がっていたのが、結婚や出産などのライフプランを考慮し、安定して働ける仕事を得るためです。転職活動を始める前に、まずはライフプランをしっかりと立てましょう。

結婚や出産のほか、マイホーム購入や子供の数、両親の介護や自分たちの老後など、ライフプラン上では30代は何をすべきか、どう過ごしたいのかを考えておきます。

すると、何の目的で転職したいのかが改めて分かるため、より理想の転職先探しにつながります。


② 経験だけでなく、独自の強みとなるスキルはあるか棚卸しをする

28歳になると、仕事での業務経験もある程度積んでいるため、仕事で培った知識や技術に自信が出る時期でもありますが、自分だけが持っている強みやスキルには気が付いていない方がほとんど。自分にはスキルが無いと思いこんでいる方もいます。

転職活動を始める前に、改めて自分のキャリアを棚卸しすると、独自の強みやスキルを持っていることに初めて気付く方も少なくありません。

独自の強みやスキルを把握しておけば、転職活動の上でも効果的なアピールができ、ライバルにも差が付けられます。


③ スキル向上や資格をとって、経験の強みを補強する

自分の経歴を厚くできるのは経験だけではありません。仕事で持つ経験をより強くアピールするには、スキルの向上や職種・業種に関連する資格取得が効果的です。

スキルを上げる方法は、仕事に関する勉強会やセミナーに足を運んだり、書籍を読んだりして知識を得たりする方法があります。

資格取得はスクールに通うだけでなく、通信講座の利用や過去問題を購入して独学で勉強する方法もあるので、仕事をしながらでも資格取得は目指せます。


④ 転職の意志が感情論ではないか、しっかりと突き詰める

何のために転職をしようとしたか、転職活動をする前によく突き詰めておきましょう。もしも「職場や上司への当てつけのために転職する」など感情で動いてしまうと、転職活動がうまくいかない可能性が高いです。

冷静になって、28歳で何のために転職するのか、感情で動いていないかを一度考えてから、転職をするかしないかを決断しましょう。はっきりと転職の意志が感情論でないと分かり、具体的な転職理由が提示できるようになれば、自信を持って転職活動が進められます。


⑤ 他人の意見に流されずに、自らの意思を持ってキャリアについて判断する

28歳は男性も女性もある程度のキャリアも形成しているので、転職の決断には勇気も必要です。周りからも、心配されたり思いとどまるように意見されることも少なくありません。

しかし、周りの意見に流されると自分の決意も揺らいでしまい、転職活動が上手く進まない恐れがあります。

ライフプランの立案や転職理由の確定、転職のためのスキル向上や資格取得まで行えば、すでに28歳の転職のための準備は整っています。

あとは、「転職を成功させる」という自分の意志をしっかり持って転職活動に進むだけです。


スキルを活かせる会社への転職を、転職エージェントで目指しましょう

キャリアアップや安定性、ライフスタイルに合わせた働き方を求めた上で、転職を決意する方が28歳では多くなっています。よって、希望の転職を叶えるためには、経験とスキルを活かせる会社への転職を成功させなければいけません。

転職エージェントを利用すると、自分のキャリアやスキル、経験の効果的なアピール方法に加えて、棚卸しをしても気が付かなかった自分だけが持っている強みも把握できるので、より転職活動の成功につながります。


27歳におすすめの転職エージェント1. リクルートエージェント

転職エージェント業界最大の非公開求人数と、転職サポート実績を誇るのが「リクルートエージェント」です。転職サポートも充実しているので、初めて転職エージェントの利用を検討している方も安心して利用できます。

各業界や職種に精通している専門のキャリアアドバイザーが、マンツーマンで転職サポートを行うので、自分が希望する転職が叶う求人の紹介や、気が付きにくい独自のスキルや強みを発見し、転職活動に活かすこともできます。


リクルートエージェントのおすすめポイント

リクルートエージェントのおすすめポイントは、非公開求人を含む豊富な求人を持っていることです。その中から、求職者の希望を踏まえて最適な求人を的確に紹介してもらえるため、28歳で異業種や未経験職種に転職したい方にもおすすめです。

さらに、応募書類の添削や業種や職種ごとの面接対策も受けられるので、28歳で異業種へチャレンジしたい方の転職活動も成功の確率が上がります。

そして、応募先企業との面接セッティングや日程調整も、キャリアアドバイザーが行ってくれるので、忙しい中でも転職活動が進められますよ。在職中に転職先を決めておきたい方も安心です。

公式サイトで見る


27歳におすすめの転職エージェント2. マイナビエージェント

就職情報サイト「マイナビ」を始め、幅広い就職・転職支援や人材紹介サービスを展開しているマイナビグループの転職エージェントが「マイナビエージェント」です。

多くの就職や転職支援、人材紹介を行ってきた実績を活かして、各業種や職種の企業とのつながりから生まれる非公開求人を含む豊富な求人数を紹介しています。

さらに、公務員やSEなど、各種業界に精通した情報や転職に関する豊富なノウハウも蓄積し、手厚い転職サポートを展開しています。


マイナビエージェントのおすすめポイント

20代・30代の若年層の転職に強いのがマイナビエージェントのおすすめポイント。20代に信頼されている転職エージェントナンバーワンに輝いた実績もあるので、28歳で転職を目指す方にも最適な転職エージェントです。

さらに、年収アップのための転職も多く成功させてるので、今後のライフステージのため、公務員などの安定性を求めた転職の成功にも繋がりやすいです。

平日の夜間や休日の相談対応も行っているので、平日は休みの取得が難しい方や、在職中に転職活動を行いたい方にもおすすめ。非公開求人だけでなく、いつでも検索できる公開求人もあるので、多角的な求人探しも可能です。

公式サイトで見る


27歳におすすめの転職エージェント3. ビズリーチ

ハイクラスの年収帯への転職に特化した転職エージェントが「ビズリーチ」です。会員制の転職エージェントであるビズリーチは、厳選した国内外の優良企業の求人を取り扱っており、ヘッドハンターから直接求職者へスカウトが届くシステムを採用しています。

自分のスキルやキャリアを活かして、今の職場より年収やキャリアも高いレベルで活躍したい方や、ライフプランを見据えてエグゼクティブと呼ばれる年収帯にチャレンジしてみたい方に最適な転職エージェントです。


ビズリーチのおすすめポイント

ビズリーチのおすすめポイントは、転職エージェントでも「会員制」を採用していることです。会員制というクローズなシステムだからこそ、厳選した優良企業の求人に加えて、一般にはなかなか公開されない秘匿性の高いポジションや求人案件も紹介できる強みがあります。

さらに、会員のクラスにも無料で気軽に利用できるスタンダードから、積極的な転職活動を目指したい男女向けの有料のプレミアムまであるので、自分の希望する転職活動によって会員クラスも選べます。

さらに、自分から応募するのではなくスカウトされるため、気付きにくかった自分の強みやスキルだけでなく、市場価値も分かるようになります。

公式サイトで見る


27歳におすすめの転職エージェント4. DODA

希望条件による公開求人の検索から、転職エージェントサービス、求人スカウトサービスと多角的な就職・転職支援サービスを展開しているのが「DODA」です。

転職エージェントとほかのサービスを併用して転職活動ができるので、より転職活動の成功につながりやすくなります。

さらに、ウェブ上のサービスだけでなく、転職フェアや合同転職面談会、各種セミナーなどの開催や年齢査定やキャリアタイプ診断などの支援ツールも充実しています。


DODAのおすすめポイント

DODAのおすすめポイントは、会員登録をするだけで豊富な就職・転職サービスを全て無料で利用できることです。転職エージェントも利用したいけれども、自分でも転職活動を進めたい方にもおすすめ。

サイト上で公開している求人のほかにも、転職エージェントやスカウトを通じて紹介される非公開求人を含めて、10万件以上の求人数があるので、より納得できる転職先探しにもつながります。

さらに、合同転職面談会や転職フェアを利用すれば、実際に企業の人事担当者に質問や相談ができますよ。女性も男性も育児に関する福利厚生や給与の査定方法、昇給の時期やモデルなども企業に応募する前に確認できます。

公式サイトで見る


27歳におすすめの転職エージェント5. パソナキャリア

人材派遣サービスを展開する「パソナ」が提供する転職エージェントが「パソナキャリア」。人材派遣サービスを長年展開してきたノウハウを活かして、求職者のスキルや強み、経歴や希望に合わせた的確な求人の紹介と転職支援サービスの提供を行っています。

人材不足や優秀な人材確保の希望など企業側のニーズ、年収アップやキャリアアップなど求職者側のニーズの間にキャリアアドバイザーが立ち、両者のニーズに合致した求人紹介が受けられます。


パソナキャリアのおすすめポイント

検索可能な公開求人を設けず、転職エージェントサービスに特化しているのがパソナキャリアのおすすめポイントです。人材派遣のパイオニア的存在として活躍してきたパソナだからこそ、企業の持っている問題解決やニーズに対応した的確な人材の紹介を行っています。

よって、求職者のキャリアの棚卸しによる、本人の気付かない強みやスキルを見つけ出し、企業側への効果的なアピールもできます。

28歳で自分の経験を活かした転職を叶えたい方はもちろん、今まで自力で転職活動を行ってきたけれどもうまくいかなかった方や、異業種・未経験職種への転職を希望する男女、非正規雇用から正社員登用を目指したい方にもおすすめです。

公式サイトで見る


万能な転職サイト型の【リクナビNEXT】も併用してみて

毎週1,000件以上の新着求人情報が届く、求人情報の新鮮さや豊富さに強みを持っている転職サイトが「リクナビNEXT」です。

職種や年収、雇用形態や勤務先など、求人の希望条件をあらかじめ登録しておけば、求人情報が更新されるたびに希望の求人情報がメールで自動的に届きます。

さらに、あらかじめ職務経歴書の登録をしておけば、リクナビNEXTのサイトに登録されていない非公開求人が届くスカウトサービスも展開しています。


リクナビNEXTのおすすめポイント

転職サイト型とはいえ、自分の希望条件や職務経歴書をあらかじめ登録しておけば、求人を検索する必要なく自動的に求人情報を得られるのが、リクナビNEXTのおすすめポイントです。

在職中の空いている時間を利用して転職活動を進めたい方や、ほかの転職エージェントサービスと併用したい方にもおすすめ。

さらに、転職サイトの中で転職決定数ナンバーワンの実績を誇り、年収アップの転職も多く成功させています。30代からのライフプランを見据えての転職や、やりたかった未経験職種への転職を希望する28歳の方にも利用しやすい転職サイトです。

公式サイトで見る


転職サイトではなく、転職エージェントを利用するメリット/デメリット

28歳の転職活動でおすすめの転職エージェントを紹介しました。求人探しや応募書類の作成や面接対策など、転職エージェントを利用するメリットとデメリットは何なのでしょうか。

また、転職サイトではなく転職エージェントの利用をおすすめするのはどうしてでしょうか。

次に、アラサーの転職に転職エージェントを活用するメリットとデメリットをご紹介します。


転職サイトではなく、転職エージェントを利用するメリットとは

転職活動の方法には、転職エージェントだけでなく転職サイトもあります。転職サイトではなく転職エージェントを利用するメリットは、キャリアアドバイザーによる転職サポートが受けられることです。

転職サポートは、面談によるキャリアプランの立案や、履歴書や職務経歴書の添削、職種や業種ごとの面接対策や情報収集などです。

さらに、転職エージェントだけが持っている、非公開求人の紹介も受けられますよ。これらの転職サポートを、全て無料で利用できます。


転職サイトではなく、転職エージェントを利用するデメリットとは

転職サイトはいつでも求人の検索や応募が可能な一方、転職エージェントは企業と求職者の間でキャリアアドバイザーを介して転職活動を進めていくので、転職サイトよりも転職活動に時間がかかるのがデメリットです。

応募から結果が出るまでのスピードは、転職サイトを利用して自分で転職活動を行った方が早いですが、きちんと応募書類や面接対策をしていないと、不採用が続いて応募を繰り返すことになり、結局転職活動期間自体は転職サイトを利用した方が長くなってしまうこともあります。

転職エージェントのデメリットを踏まえた上で、上手に活用すれば28歳の転職活動の成功につながります。


28歳で転職する理由は何?一般的に多い転職理由を大公開!

仕事上で役職についたり、仕事に自信を持てるようになる28歳の時期に、転職を意識する理由は何でしょうか。実は28歳になると仕事への価値観や、今後のライフスタイルを考えた上で転職を決断する方が多くなっています。

次に28歳の方が転職を目指す、具体的な5つの理由を見ていきますので、転職を迷っている方もぜひ参考にしてみてください。


① 大きな節目となる30代に向けて、転職するタイムリミットになる

働き方も多様化してきましたが、まだまだ日本では安定した終身雇用体系で働きたい男性や女性が多いです。30代に入ると、自分が生涯を通して働き続ける仕事の枠組みも決定します。

さらに、結婚したり子どもができたりで、養うべき家族が増える男性も。30代に入ってから転職すると、年収が一時的に下がることも多いため、20代の内に安定して働ける・稼げる仕事を確保したいという気持ちから、28歳がリミットと思って転職を目指す方も多くなっています。


② 年齢とともに仕事への価値観が変化してきた

新卒で入社した会社で働き続けていくうちに、仕事に対する適正に疑問や不安が出たり、ほかに挑戦したい仕事が見つかったりすることがあります。

よりやりがいのある仕事や、自分のやりたい仕事を得るため、というのも28歳の方が転職を決意する理由になっています。

30代に入ると、家庭を持っている人の割合も増えるので、今後のライフスタイルを確立するためにも、今の内にやりたい仕事、異業種への転職を済ませておきたいという方も多くなっています。


③ 経験が武器になる程の蓄積ができた

新卒で入社してひとつの会社で働き続けている場合、28歳は高卒なら10年間、大卒なら6年間同じ仕事をし続けてきたことになります。

入社したてのころは仕事をするだけで精一杯だった方でも、数年間の経験を通じ、仕事の知識や技術などが自分の糧となっていることがほとんどです。

今まで働き続けて蓄積した経験を武器にして、キャリアアップやほかのステージに挑戦できる自信がついたため、転職を決意するのも28歳の転職理由の一つです。


④ 転職市場で若いとされるギリギリのラインでもある

転職をする上で有利になる条件の一つに「若さ」があります。求職者が若ければ若いほど、その会社や仕事で働く期間が長くなるだけでなく、仕事の教育も余裕を持って行えますので、「未経験者なら30歳以下」というボーダーラインを設けている会社も多くなっています。

よって、28歳という年齢は転職市場でも一応若年層に分類されますが、「若さ」を活かして転職できるギリギリのラインでもあるため、今のうちに転職をしておきたい、という方も少なくありません。


⑤ 【女性】今後を考えると出産や育児に専念できる福利厚生が整っている方が良いから

28歳で転職を考えるのは、男性だけでなく女性の比率も高くなっています。女性は妊娠・出産・育児と人生のライフスタイルによって仕事を一時休止したり、辞めたりしなければいけません。

さらに、子供を持ってから再就職を目指すのは、預け先の確保や企業側からも採用されにくいため、非常に困難です。

よって、現在働いている会社が出産や育児に関する福利厚生が整っていない場合、子どもを持ってからも安心して仕事が続けられる体制が整っている会社への転職を希望する女性が多くなっています。


若さと経験を兼ね備えた28歳。転職で年収アップ・キャリアアップを目指そう

28歳の転職理由や転職を成功させるための心構えについてご紹介しました。

30代を含め、今後のライフプランややりたい仕事への最後のチャンスとして転職を決意することの多い28歳は、若さと経験を兼ね備えた絶妙な年代であるといえます。

転職エージェントを含めたプロの力を上手に活用すれば、今よりも高いポジションやレベルで働くことも夢ではありませんよ。


【参考記事】転職を成功させる職務経歴書の自己PR欄とは▽

【参考記事】大阪でおすすめの転職エージェントとは?▽

【参考記事】転職エージェントってそもそも何?気になる評判をまとめました▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事