36歳の転職は難しい?転職が成功した人の特徴と心がけることを紹介

転職業界では、35歳転職限界説がささやかれています。実際には転職に成功しているケースもたくさんありますが、1つの転職デッドラインであることは確かなようです。ここでは、転職に成功している人の特徴とおすすめの転職エージェントについて解説します。

36歳で転職が成功した人の6つの特徴

36歳で転職を成功させる転職エージェントの選び方

36歳の転職は不利と言われますが、実際に成功を勝ち取っている人もいます。そのような人はどのように転職したのでしょうか。年齢のせいにして諦めるのは簡単ですが、自分が本当にやりたい仕事に就くためには成功者の体験がとても参考になります。成功した人にはどのような特徴があるのか、6つに絞って説明しますので役立ててみてくださいね。


① 安易な理由ではなく、確固たる意思を持って転職に取り組んでいた

転職を成功させた人に共通しているのは、その場の安易な思いつきで転職活動をしていないという点です。36歳であろうと20代であろうと、この点は同じです。なぜ自分は転職するのかについてハッキリとした理由と目的を持っている人が成功しています。目的を持つということは転職のモチベーションを保つ効果があります。確固たる意思を持って転職活動をするので、36歳という年齢の壁を意識することはありません。そのパワーと活力が採用する企業にも伝わり、転職がうまくいくのです。


② 自分自身の強みや弱みをしっかりと把握していた

36歳という年齢は会社人間としての経歴や実績をそれなりに積んでいます。この年代で転職に成功した人は、自分の強みと弱みをしっかり把握しています。自分の強みをもっと発揮したいという思いが転職へつながるのです。自分の弱みを知っているからこそ、それをカバーするような転職活動ができます。36歳になって自分の強みも弱みも把握できないとしたら、どのように仕事と向き合ってきたのかを考えてみましょう。もし真剣さが足りなかったなら、転職しても成功する確率は低くなるかもしれません。転職を考える前に、自分の強みとは何かを考えてみる必要があります。


③ 応募企業の採用ニーズを理解し、応えていた

36歳で転職に成功した人は、応募企業の採用ニーズを充分に理解し、またそのニーズに応えています。採用ニーズを理解するというのは、その企業についての情報をちゃんと分析し、どのような人材を求めているかを正確につかんでいることです。それによって自分の強みをいかに活かせるかを考え、行動しているのです。採用ニーズを理解していない人は面接の段階で振り落とされます。面接では転職後の目標について述べることが大切ですが、それができるのは採用ニーズを理解しているからです。面接でニーズに合った提案をすれば採用される確率は高くなります。


④転職に求める理由が年収やポジション(役職)以外にあった

安易な転職で多いのは年収やポジションが転職動機の場合です。36歳という年齢は上と下の間に挟まれた微妙な立場です。上のポジションを狙えないという焦りが転職行動へと向かうのでしょうが、このような動機では成功がおぼつかないでしょう。採用企業が欲しているのは即戦力となる人材です。仕事への理解と情熱およびスキルをどの程度持っているかが重要になります。年収やポジション目当ての求職者は採用する意味がないのです。即戦力になる人材は、考えなくても自然に年収やポジションが与えられます。


⑤ 転職のゴールや期限を明確に定めていた

転職を成功させるコツは目的を定めて集中的に活動することです。成功した人の多くはスケジュールを立てて、ゴールを決めてから転職活動を行っています。スケジュールを無視して転職しようとすると、なかなか転職先の企業が決まらずダラダラと長引いてしまいます。36歳で転職しようとしたのが37歳になっても転職先が決まらない事態に陥ります。ダラダラといつまでも転職活動をしていると緊張感がなくなり、活動していることに意味があると錯覚しやすいのです。ゴールがないと決断を先延ばしにして、結局良い条件の会社を逃してしまいます。


⑥ 退職後に転職活動をせず、在職中に内定を決めきった

転職をする場合に最も避けたいのが、退職後に転職活動を行うことです。なぜこのような行動をとるかというと、会社の同僚や上司に気を遣うからです。比較的気弱で正直な人が陥りやすい間違いです。退職後に転職活動をしてうまくいかないと、最悪の場合生活が立ちゆかなくなる危険性があります。20代の若い時ならまだしも、36歳になってこれをやるのは無謀です。転職で成功しようと思うなら同僚や上司を気遣うのではなく、知られないように上手に行う賢さが必要です。


36歳で転職を意識する時に心がけること。

サラリーマンの36歳は微妙な年齢です。転職する最後のチャンスともいえます。このまま今の会社で働き続けるか、それとも新天地で自分の可能性を試すのか。どちらにせよ迷う年齢です。このような迷いが生じる時に転職をしようとする人は、一体どのようなことを心がけたらいいのか。うまく転職を成功させるためには何が必要なのか。この点について説明します。


① 「どこでも良い」ではなく、しっかりと転職したい理由を決める

36歳で転職しようとするのは重い決断です。家族がいるかもしれませんし、転職のデッドラインといわれている年齢なので慎重にならざるを得ません。納得のいく転職理由が必要です。それは退職理由とも関連してきます。ただ単に今の仕事が面白くないから、転職できるならどこでも良いという考え方ではうまくいかないでしょう。転職理由は面接で必ず問われる質問です。その場しのぎのあいまいな答えは通用しません。なぜ転職したいのか、なぜこの会社なのかを明確に理由付けすることが必要です。


② 家族の理解を得る

20代の転職と36歳の転職の最大の違いは、責任の重さです。20代の独身者なら自由に転職にトライできますが、36歳は家族への責任を考えて行動する必要があります。子供にまだ手がかかる年代ですし、教育費の負担も大きくなります。36歳の転職で心がけることは、家族と良く話し合って理解を得ることです。家族の反対を押し切って転職活動をすると、気持ちが後ろ向きになりマイナス思考に陥ります。やはり家族の同意を得て、家族の応援をバックに転職活動をした方が良い結果が得られます。


③ 転職先が決まらないうちに辞めない

家族の理解を得ることにも通じますが、36歳には家族に対する責任がある年齢です。転職先が決まらないうちに退職してしまうと家族に生活への不安を与えてしまいます。独身であっても転職前に仕事を辞めてしまうと、万一の時はフリーター状態になってしまいます。やはり転職を成功させるにはきちんと計画的に進めることが大事で、転職先が決まらないうちに辞めてしまうのは無謀としかいいようがありません。しっかりと準備して万全を期し、転職活動するという心構えが大事です。


④ 今の会社で築いた人脈や実績を捨ててまで転職したいのか考える

転職するには入社してから3年目が良いといわれますが、それは会社の中での人脈や実績がまだ積み上がってないためです。36歳になるとそれなりの人脈や実績があるので、転職するとなるとそれらを捨てることになります。裏切られた思いがする上司や同僚もいるかもしれません。手放すには惜しい人脈かもしれません。36歳で転職を決断するということは、それらの全てを捨てることを意味します。それだけの覚悟を持てるかどうか、そこが重要です。


⑤ 40代以降になると更に厳しくなるため、転職するなら36歳のタイミングでもある

36歳はまだ30代の半ばです。転職するには最後のチャンスかもしれません。迷いに迷って結局40代になってしまうと、求人数もガクンと減ってしまいます。そこまで迷うのなら、思い切って転職エージェントを利用するのも良い方法です。本気で転職をするなら36歳というタイミングを逃さないことが大事です。もし20代で将来の転職を考えているなら、36歳を目処に計画を立てることをおすすめします。36歳の転職はまだまだ可能性があります。


第三者意見を貰える転職エージェントの利用もおすすめ

決断力のある人でも、いざ転職するとなると迷いが生じるものです。特に36歳という微妙な年齢は、家族や同僚や上司などの人間関係が絡んできます。そのような時は転職エージェントを利用すると、自分の進む道が見えてきます。一人で悩むと冷静な判断ができなくなりますが、転職エージェントを利用すると客観的な第三者の意見によって転職イメージが具体化しますよ。


リクルートエージェント

転職エージェントを選ぶ時は求人数の多さと実績を見ることが大事です。この2つを満たしているのがリクルートエージェント。求人数が非常に多く、転職支援実績もナンバーワンです。特に求人数では、全体の80パーセントが非公開求人数になっています。大手企業や人気企業は非公開求人にしていることが多いので、そのような企業への転職を考えている人には有利です。優秀なキャリアアドバイザーが面談でサポートしてくれるので、不安なく転職活動ができます。


リクルートエージェントのおすすめポイント

転職する時に自分のアピールポイントがわからないケースはかなり多いです。リクルートエージェントでは豊富な実績のあるキャリアアドバイザーがプロの目でカウンセリングするので、転職希望者の強みや適性を読み取ってサポートします。自分でも気づかないアピールポイントを指摘してくれるので、自信を持って転職活動に臨めます。転職では面接が鍵となりますが、リクルートエージェントでは面接力向上セミナーを用意しているので、面接が苦手な人でも徹底的にサポートします。公開求人数が32,000件以上、非公開求人数が174,000件以上と多いので、転職先の幅が広がり、希望の企業を見つけやすいです。

公式サイトで見る


マイナビエージェント

非公開求人数が全体の約80パーセントと数が多いので、大企業や有名企業などへの転職に有利です。紹介先企業には誰でも知っている名前がたくさん並んでおり、自分のスキルや実績を大きな舞台で試してみたい人に適しています。プロのキャリアアドバイザーが揃っているので、転職希望者が気づかないウィークポイント、強み、適性などを引き出せます。1対1の面談では悩み事や迷っていることなど何でも相談でき、メンタル面のサポートが充実しています。プラス志向になれるので、キャリアや実績にふさわしい転職先が見つかりますよ。


マイナビエージェントのおすすめポイント

おすすめポイントは年代別のサポートがあることです。30代のサポートでは、30代の転職市場の状況について詳しい説明があり、20代とは違う転職活動のポイントをアドバイスしてくれます。例えば転職デッドラインといわれる36歳でも、それまでのキャリアを生かした戦略を立て、履歴書や職務経歴書の書き方、面接のポイントまでアドバイスを受けられます。36歳は中間管理職として難しい立ち位置ですが、仕事のことや人間関係などを考慮した上で最善の転職サポートがあります。プロのキャリアアドバイザーがしっかりヒアリングするので、30代でも安心して転職活動ができます。

公式サイトで見る


JAC Recruitment

JAC Recruitmentはハイクラスの転職を希望する人に適している転職エージェントです。国内の大手企業だけでなく、外資系や海外進出をしている企業の求人情報がたくさんあります。36歳で転職に悩んでいる人にはおすすめのエージェントで、実際に転職を果たした人の約70パーセントが35歳という実績があります。特に35歳から39歳の働き盛りの転職成功者を数多く生み出しています。グローバルに活躍したい人には最適の転職エージェントといえます。


JAC Recruitmentのおすすめポイント

JAC Recruitmentのおすすめポイントは、ミドル層からハイクラス層に特化していることです。現状の給与や待遇に不満の36歳におすすめの転職エージェントです。マネジメント職やスペシャリストの経験がある人なら、より高収入が得られる転職が可能です。また財務や経理専門のキャリアコンサルタントが主催するセミナーがあるので、英語力を生かした外資系や日系グローバル企業へ転職したい人には最適です。外資系やグローバル企業で求められる人材や転職のタイミング、事前準備などトータルにサポートしてくれます。定期的に企業説明会を行っており、大手や優良企業情報を直接知ることができるのもポイントです。

公式サイトで見る


DODA

DODAは転職・求人情報のサイトやスカウトサービスなどを総合的に運営しており、その中でも力を入れているのが転職エージェント部門です。年間18,000人以上の転職サポートの実績があり、求人情報も豊富です。特に大手企業や有名企業が参加している非公開求人数が多いので、現状からランクアップを狙っている転職希望者におすすめできます。求人は、大手総合商社をはじめとして大手自動車メーカー、総合電機メーカー、大手都市銀行など誰もが知っている超一流企業の求人が目立ちます。


DODAのおすすめポイント

DODAのエージェントサービスは転職に不安を抱いている人でも満足できるサポートをしてくれます。それは豊富な経験と専門知識を持った転職のプロが多数在籍しているからです。2人の担当者が企業へのエントリーから選考結果の通知、面接日程の調整など内定が決まるまで支援してくれます。きめ細かなサポートがDODAのおすすめポイントです。例えば応募書類を添削指導するだけでなく、提出後も企業に人柄や強みなどを伝えて、無事に内定が取れるようにサポートしてくれます。初めての転職や2度目3度目の転職希望者には安心して任せられる転職エージェントです。

公式サイトで見る


パソナキャリア

転職エージェントを利用する利点は専門のキャリアアドバイザーに相談できることです。パソナキャリアでは過去の25万人分の転職ノウハウがあり、それに基づいた的確なサポートを行います。初めての転職にも転職を繰り返している人にも、親身になった支援をしています。パソナキャリアの求人件数は25,000件以上で、取引実績企業は16,000社以上もあります。実際に年収がアップした人は転職者全体の67.1パーセントにも上ります。無料サポートでこれだけの実績を残せるのがパソナキャリアの強みです。


パソナキャリアのおすすめポイント

パソナキャリアでは業界別の転職特集があるので、自分が希望する転職先情報が見つけやすくなっています。例えば人気のIT・WEB業界では最新の転職情報を見ることができます。さらにその業界での転職成功事例が掲載されているので、これから転職活動をする人に非常に役立ちます。女性の転職に特化した特集もあるので、キャリアウーマン志望者にもおすすめ。また、エリア別の転職情報もあり、特に関西エリアと東海エリアで転職を希望している人には見逃せない情報がたくさんあります。

公式サイトで見る


万能な転職サイト型の【リクナビNEXT】も併用してみて

転職エージェントと並行して利用したいのが転職サイトです。リクナビNEXTは登録が無料なのですぐに転職したい人だけでなく、いい会社があれば転職したいと考えている人にもおすすめです。自分に適した会社を自由に探すことができるのがリクナビNEXTです。希望する会社が見つかったら転職エージェントを利用するという方法をとっている人もたくさんいます。たった5分で登録できるので、とにかく転職情報が欲しい人には欠かせないサイトです。


リクナビNEXTのおすすめポイント

リクナビNEXTでは会員登録すると、毎週1,000件以上の新着・更新求人情報を見られます。数多くの企業や職種の求人が毎週更新されるので、常に新しい求人情報が満載です。希望条件を登録しておけば、更新するたびに条件に合った求人情報が届きます。さらに職務経歴書を登録しておくと、企業や転職エージェントがそれをチェックして直接求人案内が届きます。このスカウトサービスはリクナビNEXTでイチ押しのおすすめポイントです。その他にも女性の転職特集や第二新卒特集などがあるので、他ではなかなか探せない情報を見ることができます。

公式サイトで見る


36歳は40歳になるまでに転職できるチャンスでもあります。

もう36歳と考えるか、まだ36歳と考えるかによって転職が成功するかどうかが決まります。まだ36歳とプラス思考で考えれば、40歳になるまでにはまだまだチャンスはあるといえます。転職サイトには36歳以上の求人数もありますし、転職エージェントでは30歳代のサポートを充実させています。今跳ぶか跳ばないかで将来の生活設計が変わります。後悔しないためにも、目の前のチャンスを自分の手でつかんでくださいね。

【参考記事】仕事が辛いと感じたときに試せる解決策とは▽

【参考記事】大阪で人気の転職エージェントを特集しました▽

【参考記事】転職エージェントって何?具体的な内容から流れまで徹底解説▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事