仕事が辛い、辞めたいと感じたとき。試して欲しい解決策&気分転換法とは

「仕事が辛い」と感じる社会人の方へ。今記事では、仕事が辛い理由や原因から、最適な改善策や上手なリフレッシュ方法まで詳しくご紹介します。上手に息抜きをして、ワークバランスの取れた有意義な毎日を送りましょう!

今の時代、「仕事を辛い」と感じる社会人は珍しくありません。

仕事が辛いと感じている社会人

働く社会人の方なら、きっと誰しも一度は「仕事が辛い...」と思ったことがあるはず。とはいえ、生活を送るにはやはりお金を稼ぐ必要があるため、そう簡単に投げ出すわけにもいきませんよね。けれど、無理に我慢を続けると心身ともに疲弊してしまい、体調不良や最悪のケースだとうつ病を発症する恐れも。責任を持って仕事へ取り組むのは素晴らしいですが、ワークバランスも上手に調整したいところです。

そこで今回は、仕事が辛いと悩む方へ辛いと感じる理由や原因の究明から、ぜひ試してほしい解決策&リフレッシュ方法まで詳しく解説していきます。仕事が辛い原因をきちんと明確にして、上手に気持ちを整理しましょう。


仕事を辛いと感じる主な理由とは?

仕事が辛いと感じる主な理由とは?

まずは、仕事を辛いと感じる理由を明確にすることからスタートしましょう。いくら解決策やリフレッシュ方法にトライしたところで、根本的に改善できなければ本当の意味で解決とは言えません。就業環境や人によって仕事が辛い理由は様々ですが、基本的には、

・仕事を断りきれず抱え込んでしまう

・どんなに頑張っても仕事が終わらない

・職場の人間関係

・仕事で結果が出ない

の4点に悩む人が多いと言われています。自分が悩んでいる理由はどれに当てはまるのか?自分の現状と照らし合わせながら、4つの主な理由について詳しく確認していきましょう。


仕事が辛い理由1. 仕事を断り切れず抱え込んでしまう

仕事が辛いと感じる方の半数以上が責任感や使命感が強く、必要以上に頑張りすぎてしまう傾向にあります。その結果、自分のキャパ以上の仕事量が延々と続き、心身ともに疲弊しきっているのでしょう。ストイックな姿勢は尊敬に値しますが、辛いと思いながら膨大なタスク量を捌くのは、あまり効率的とは言えません。

また、真面目な人ほど周囲から仕事を振られても請け負ってしまうため、連日残業続きなんてこともザラにあります。仕事を頑張る事自体は素敵ですが、それで自分がパンクしては本末転倒です。まずは会社へ迷惑をかけない程度に仕事量を調整して、心の余裕を取り戻すことから優先しましょう。


仕事が辛い理由2. どんなに頑張っても仕事が終わらない

【1. 仕事を断り切れず抱え込んでしまう】と似た内容ですが、タスク量が多すぎる仕事を続けると、いずれ心身ともに限界を迎えてしまいます。その結果、仕事が辛いと感じるようになってしまいます。当然ながら、どんなに真面目な人でもキャパオーバーの仕事量をずっとは捌けません。ただし、仕事スピードを上げれば解決できる問題なら、細かいスケジュールを敷いたり、納期を遅らせたり、改善策を施しましょう。単純に仕事量が多い場合は、上司や同僚、部下へ上手に配分してもらうのが賢明な判断です。


仕事が辛い理由3. 職場の人間関係

仕事が辛いと感じる一番の理由とも言われているのが、職場での人間関係です。特に上司が高圧的な方だと怒られる回数も多く、仕事へ行くのも億劫に感じてしまうはず。話を聞かない部下に手を焼いて、仕事自体に疲れてしまう方も珍しくありません。女性社員だと、同じく女性同士から陰口を言われたり、無視されたりするケースもあります。もし職場の人間関係で辛いと感じているのであれば、まずは人事部へ相談してみるのも効果的です。会社によっては部署異動をしてくれるところもあるので、思いつめる前に出来ることから始めてみましょう。


仕事が辛い理由4. 仕事で結果が出ない

とにかく仕事を頑張っているにも関わらず、思うように結果が出なくて悩んでいる方も多いはず。働いてから数年経つ人だと段々と同期や部下へ追い越され、焦りを感じている方もいらっしゃるでしょう。良い結果を残せずに焦る気持ちは分かりますが、無理に急いでも事態が好転するとは限りません。プロのアスリートでも、よくスランプにぶち当たる事があります。そんなスランプ時は、何をやっても変わら回りして辛くしんどいです。けれど、途中で辞めては結果100%出ないので、辛くても自分を信じて地道な努力を続けましょう。難しいとは思いますが、今できることを最大限頑張るだけで良いので、悲観的にならずに仕事へと取り組んでみてください。


仕事が辛くなる原因や問題が“どこにあるのか”探るのも重要なポイント

仕事が辛い原因はどこにあるか探ってみる

仕事が辛い理由を明確にするのも大事ですが、その原因がどこにあるのか洗い出すのも重要なポイントです。どんな問題点も元を辿っていくと、

・自分自身に問題がある

・職場環境に問題がある

・仕事内容に問題がある

3パターンに分類できます。自分自身に原因があるなら、これからの立ち振舞いで仕事が辛い状況から立ち直る事は可能です。けれど、職場環境や仕事内容に問題があるなら、いくら自分が改善してもいずれ我慢の限界を迎えてしまう恐れがあります。現在の元凶はどこからきているのか?今後の仕事を円滑にするためにも、きちんと見極めるようにしましょう。


仕事が辛い原因は自分自身に問題がある場合

仕事が辛い原因は自分自身にある場合、これからの振る舞いによって好転することは十分に可能です。原因もきちんと明確に把握できているのなら、きっと速やかに改善できるはず。自分に問題があって仕事が辛いと感じる場合は、

  • 仕事が全然できない
  • 仕事はできるがスピードや流れについていけない

の2つが原因であるケースがほとんどです。ただし、どちらもしっかりと改善策を見出して努力をすれば、今からでも挽回できます。ここからは、2つの状況について詳しく解説していきます。


仕事が全然できない

「自分は仕事ができない」思い込んでしまうと、誰だって仕事が辛いと感じてしまうもの。基本的に仕事が出来ないと悲観的になるのは、自分が周囲と比較しているのか、上司から怒られて分かるかのどちらかでしょう。向上心を持って仕事へ打ち込むのは大いに賛成ですが、その時に比べるのはあくまでも昨日(過去)の自分とです。気持ちを一度リセットして、少しずつ自分をステップアップさせる事に集中しましょう。そうすれば、自信もついて「仕事が出来ないから辛い」とは考えなくなるはずですよ。


仕事はできるがスピードについていけない

客観的に見れば仕事はデキるけど、会社のスピード感へついていけずに辛い・苦しいと感じている方も多いはず。特に大手企業やベンチャー企業は仕事の流れが早く、社員側の柔軟な対応力も高く求められます。そのため、ルーティンワークが得意な方にとっては、臨機応変は体制へ上手く対応できていないのでしょう。せっかく仕事がデキるなら、柔軟性を磨くのに注力するのも良いですが、あまりにも水が合わないなら転職をして環境を変えるのも一つの手です。


仕事が辛い原因は職場環境に問題がある場合

仕事が辛い原因は自分ではなく職場環境にある場合、しっかりと問題を見極める必要があります。では、職場環境では一体どのような問題があるのでしょうか?一般的に職場環境では、

  • 人間関係がうまくいってない
  • 長時間労働になっている
  • 社風や職場の空気が合わない
  • 給料に不満がある

の4点で辛いと悩む方が多いと言われています。それぞれの状況を把握して、自分の置かれた状況はどれの当てはまるのかきちんと見極めましょう。


人間関係がうまくいってない

仕事が辛い、辞めたいと言われている一番の理由が「職場の人間関係」です。仕事内容にやりがいを持っていたり、給与面に魅力を感じていたりしても、職場の人間関係が微妙だと仕事が心から楽しいとは言えません。むしろ、職場へ向かうのすら億劫に感じてしまうはず。もちろん、自分から歩み寄る努力も大事ですが、気を遣いすぎるのも良くありません。最悪の場合、仕事を円滑に進められる程度のコミュニケーションが取れていればOKなので、無理に踏み込む必要はありませんよ。


長時間労働になっている

就業時間が長いのも、仕事を辛いと感じる要因の一つです。進捗などにもよりますが、基本は自分だけでは決められないケースが多いため、ストレスに感じる方も多いはず。終業時間が遅くなると睡眠時間やオフ時間がどうしても削られてしまうため、あまりにも労働時間が長いようなら、部署異動や転職等の対策を練るようにしましょう。


社風や職場の空気が合わない

「会社の空気やノリが合わない」と、頭を抱えている社会人も多いです。ただし、こればっかしは会社のメンバーや上位陣の人間性が強く反映されるため、自分の力だけではどうしようもありません。また、体育系ノリの会社だと理不尽な事もザラに起きるため、辛いと感じる方も珍しくありません。特に少人数の会社やベンチャー企業等は上位陣のノリが反映されるため、「どう頑張っても適応できない」と見極めたら英断する覚悟も持ち合わせておきましょう。


給料に不満がある(評価されていないと感じる)

膨大なタスク量を捌いても給料が安いと割に合わないと、不満を抱くのは当然です。そうやってモチベーションが下がると、今度は仕事量の多さに滅入ってきます。そうなると最後は、仕事が辛いと感じるようになります。その結果、生産性も落ちてしまい、負の連鎖へと突入する恐れが。負の連鎖へ陥ると更に評価されづらくなり、昇給の見込みも潰えてしまいます。もしどれだけ努力しても評価されないようであれば、フェアにジャッジしてくれる会社への転職等も検討してみましょう。


仕事が辛い原因は仕事内容に問題がある場合

仕事が辛いと感じる原因が仕事内容にある場合、職場環境と同様に自分だけではどうしようも出来ない部分がほとんどです。中でも、主な問題点として言われているのが、

・スキルアップに繋がらない

・ 仕事内容そのものが辛い

・仕事内容で評価されない仕組みがある

の3点です。人によって当てはまる重きを置いているポイントは異なると思うので、自分はどれが該当しているのかきちんと把握しましょう。


スキルアップにつながらない

現在の仕事に今後のスキルアップは見込めないと察した時、きっと多くの方が頑張る理由を見い出せなくなるはず。頑張れない仕事で全力を尽くし続けるのは、少なからずストレスも溜まるであろうし、段々と辛く感じてくるはず。周囲との人間関係や給与面に満足しているなら続けるのもアリですが、特に思い入れがない場合は思い切って職を変えるのも有効手段と言えます。


仕事内容そのものが辛い

自分自身や職場環境など関係なく、そもそも仕事内容自体が辛いケースもあります。常にノルマを設けられている営業マンや休みの少ないサービス業など、純粋にハードな仕事へ就いているから苦しいと嘆く方も多いです。心身の疲労度に対し割に合わないパターンも多いので、離職率が高いのも特徴と言えるでしょう。やりがいを感じる仕事ならOKですが、ただ激務なだけなら転職等でリスタートを切るのがおすすめです。


仕事内容で評価されない仕組みがある

仕事でいくら頑張ったとしても、給料(ボーナス)や昇格・昇進へ反映されない会社も少なくありません。そのため、いくらサービス残業したり、仕事を捌いたとしても、定時で上がった同期と給料が同等なんてもケースもザラに見受けられます。したがって、向上意欲の強い方は、昇進制度が充実した会社へ移る方が辛い思いをせずに仕事へ取り組めますよ。


仕事が辛い時に試したい上手な解決・改善策7選

仕事が辛い時に試した改善策や解決策

仕事が辛い時、どう対処すれば良いのか頭を抱えている方もきっと多いはず。ここからは、悩む社会人の方達にぜひ取り組んで欲しい上手な解決方法や改善策を詳しくお届けします。一見“当たり前のこと”を言ってるように思われる方も多いと思いますが、落ち込んでいる時は意外と視野が狭まって普段通り振る舞えない方も多いです。自分の置かれている状況や心理状態に合わせて、最適な改善策へとトライしてみましょう。


1. 一度立ち止まって、冷静に現状を見つめ直してみる

仕事が辛い時はどうしたって気分も落ちてしまうもの。そのため、つい現実から目を背けてしまい、根本的な原因や理由を見落としやすくなります。したがって、仕事が辛いと感じる時こそ、冷静に現状を見つめ直してみましょう。そうすることで、解決策や対処法が自ずと見えてくるはず。自分を客観的に捉えるのが苦手という方は、身近な友人などに相談して対処するようにしましょう。


2. 感情的になって勢いで仕事は辞めない、よく考える。

仕事が辛い状況が続いてしまうと、ストレスが爆発して自暴自棄に陥ってしまいます。そうすると、感情的になって「仕事を辞めよう」とつい短絡的な判断を下しがちです。自分の気持ちに素直なことは良いですが、もう少し長めのスパンで物事を捉えるようにしましょう。仮に仕事を辞めると決めるなら、「次の仕事はどうする?」「それまでのお金はどうやりくりをする?」等の今後の具体的なスケジュールを考える必要があります。感情的になりやすい方は、先ほどと同様に親しい友人などに相談して冷静に物事を判断を下すようにしましょう。


3. 一つでもいいから、得意なことやスキルを身につける

仕事が辛いと感じた時は、誰しも仕事を投げやりにしがち。しかし、そういった逆境の時こそ、何か一つでも良いので、資格の勉強をしたり、ビジネス書を読んだりして秀でたスキルを身につけるのがおすすめです。集中できるものがあると仕事の生産性も上がり、結果的に自分のキャリアアップへ繋がったりします。一番もったいないのは、やる気の衰退と同時に仕事のスキルも錆びついてしまうこと。それでは、いつまでも負の連鎖を断ち切れないので、自分磨きをして現状を打破するようにしましょう。


4. こじれた人間関係の問題点が、どこにあるのかを考える

仕事が辛い原因が人間関係であると分かっているなら、その人との関係修復を試みるのも有効的な解決策と言えます。例えば、苦手な上司がいるなら、有無を言わせないくらい仕事で結果を出すなど、どうすれば快適に仕事へ取り組めるか今一度考え直してみましょう。話を聞かない部下が居るならアプローチ法を変えてみたり、少しでも人間関係が円滑になるよう最善を尽くしてみましょう。人間関係が回復すれば、きっと仕事が辛いと感じる事もなくなりますよ。


5. 毎朝の通勤ラッシュを避けるために近場に引っ越す

仕事内容や人間関係ではなく、通勤がしんどいと嘆く会社員の方も多いです。特に都心部で働く方は乗車率も平気で100%を超えてくるため、毎日ギューギューの満員電車で通勤しなければいけません。そのため、せっかく仕事に向けてコンディションを整えても、会社へ到着するまでに無駄な労力を消耗してしまいます。仕事が辛いというよりも、“仕事へ行くまでが辛い”という方は、思い切って職場の近くへ引っ越してみるのがおすすめです。通勤時間が短縮すれば自分の時間も増えるため、きっと今より充実したライフスタイルが送れますよ!

6. 逆に、家でゆっくり休めるよう、都心を離れ静かな郊外に引っ越す

【5. 毎朝の通勤ラッシュを避けるために近場に引っ越す】とは対象的に、都内郊外などの静かな場所へ思い切って引っ越してみるのもおすすめですよ。職場とは距離を置くことで、自宅では強制的に仕事への雑念をリセットできます。ただし、通勤時間が延びてかえって辛いと感じる可能性がある方は避けましょう。反対に日頃から自宅で息抜きをする方は、今より住居環境を向上することでリラックス効果が高まりストレスが軽減できるので、ぜひトライしてみてください。


7. 新しい仕事を求めて転職をする

自分のできる限りの事は全て尽くしたけれど、やはり仕事が辛い・合わないと思う方は、思い切って新しい仕事を探してみましょう。一度きりの人生、せっかくなら仕事もプライベートも前向きに過ごしたいところ。もちろん、楽な仕事などありませんが、無理してつらい仕事を選択する必要もありません。今回の職場での経験やスキルをもとに、次は快適に出社できる会社を見つけてくださいね。


【参考記事】とりあえず相談だけでもOKなエージェントもあります▽


時には仕事を離れてリフレッシュすることも大切です

仕事が辛い時は思い切ってリフレッシュや息抜きをしてみる

仕事が辛いと感じる時は、思い切って仕事から離れてリフレッシュしてみましょう。深く考えるのも大事ですが、一人で悩み続けているとどんどんネガティブな方向へ引っ張られてしまうもの。そのため、不安やストレスはこまめに発散して気持ちをリセットするのが賢明な判断と言えるでしょう。ここからは、手軽に取り組める3つのリフレッシュ方法をご紹介します。


1. 軽い運動やストレッチをして心と体をリフレッシュする

仕事が辛いと感じる時は、ジョギングやランニング等の軽めの運動で体を動かすだけでもかなりの気分転換になります。家の近所を好きな音楽を聞きながら散歩したり、無心で走ったりするだけでも、だいぶ気持ちが軽くなりますよ。本格的に体を動かしたい方は、スポーツジムへ足を運んでみるのもいいですね。スケジュール的に運動する時間を設けるのが厳しい(帰宅時間が遅い)方は、寝る前に5〜10分ストレッチをするのがおすすめです。それなら誰でも取り組めるため、ちょっとしたリフレッシュがしたい方はぜひ試してみてください。


【参考記事】効果的なストレッチを部位別に徹底がいどします▽


2. 自分の気持ちに素直になって、思い切って泣いてみる

ストレスが溜まったり、仕事が辛いと感じたりする時は、感動する映画等を鑑賞して思いっきり泣くのもおすすめのリフレッシュ方法です。特に女性に比べて男性は素直になるのが苦手なので、映画などの外的要因を用いるのが良いでしょう。思いっきり泣くのは辛い時の乗り越え方でよく行われる手法なので、ぜひ試してほしいところ。真面目な人ほど辛い時に我慢してしまうので、一人の時くらい思いっきり素直な感情を出すようにしてみましょう。


3. 友だちと会って話し、同じ悩みや辛さを共有・共感する

仕事が辛い、しんどいと感じる時は心許せる友達と会って、同じ悩みを共有してみるのも良いリフレッシュ方法と言えるでしょう。ただし、終始不平不満や愚痴を語り続けるだけのネガティブな時間は避けてほしいところです。せっかく仲の良い友達と会うのだから、少しでも楽しい時間を過ごすことを心がけましょう。また、仕事の悩みを共有したり、今後の振る舞い方を本音ベースで相談したりしてみるのも良いですね。


仕事が辛いとしても、プライベートまで暗くなる必要はありません。

仕事がつらくても、プライベートまで暗くする必要はありません

仕事が辛いと感じる理由や根本的な原因の出処、解決策やリフレッシュ方法まで詳しくお届けしました。昔から「楽な仕事は一つもない」と言われていますが、だからと言って、心身ともにボロボロになるまで頑張る必要もありません。もちろん、自分の意識や振る舞い方で状況が好転するなら、ドンドン努力するべきです。しかし、仕事で辛い思いをして暗い人生を送るのは勿体無いですよ。仕事とプライベートのライフワークバランスを上手に調整しながら、ぜひ心に余裕のある日々を送ってくださいね。

【参考記事】仕事が辛い時でも乗り切れる仕事のモチベの上げ方を大公開!▽

【参考記事】断捨離を上手に行えば、公私共に充実したライフスタイルを送れるはず▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事