【27歳】転職を成功させる方法とは。おすすめの転職エージェントも紹介

新卒で入社してからある程度経過し、将来のキャリアも含めて真剣に考え始めるのが27歳ではないでしょうか。27歳での転職は果たして遅いのでしょうか?今回は、アラサー世代である27歳で転職を考えている男女向けに、転職の成功に必要なことやおすすめの転職エージェントをご紹介します。

27歳で転職が成功する人、失敗する人の違いは?

27で転職を成功させる転職エージェントの選び方

27歳で転職を考えている男性や女性は、「果たして27歳の転職は遅いのか?」と不安に感じている人が多いはず。

そこで、27歳の転職を成功させる人と失敗してしまう人の特徴をみていきます。この二人の違いを学んで、自分が転職を成功させる人になるための方法を実践してみてくださいね。


1. 転職する理由を明確にできているかどうか

「あなたはどうして転職をしたいと思ったのですか?」

この問いにハッキリ明確に答えられないのであれば、もっともっとどうして自分が転職をしたいのかを深掘りするべきです。

20代の転職理由として多いのが、なんとなく今の会社の給料や年収に不満を感じたから。では、年収や給料が高い企業であれば、どんな異業種でも未経験の職種や業種でも面接を受けるのでしょうか。きっと違いますよね。

自分がどうして転職をしたいのか、その理由を明確にできる人は、きっと転職が成功する男女です。反対に、転職理由を明確にできない人は今後も転職を繰り返し、転職回数が2回目・3回目と多くなってしまうので気をつけましょう。


2. 自己分析を通して、自分が転職先で即戦力となる人間か把握しているかどうか

転職理由がハッキリしたところで、自分が転職先でどう活躍できるかイメージを沸かせてみましょう。人はイメージできたことでないと実現できません。

自分が持っている資格やスキルを明確にして、自分が転職したい業界や職種でどんなアピールができるか、具体的に文章に起こしてみることをおすすめします。

また、希望する転職先が未経験の業界で、今の自分に即戦力となる資格やスキルがないとしても、自己分析は大切。知識がないのであれば、メンタルでカバーしたり、今から勉強して間に合わせたりと、さまざまな方法でアピールできますよ。


3. 20代のうちに未経験職種・異業種への転職を考えられているかどうか

27歳はアラサーといってもまだ若い年齢。異業種や未経験職種への転職も夢ではありません。ただし、これが30代になると急に難しくなるのが現実。

もし、未経験職種や異業種への転職を考えている方は、30代になってからでは遅いため、なるべく早めに転職を成功させることをおすすめします。

資格やスキル、経験がないとしても、人材育成をしてもらえる年齢のため、もし現時点で興味があるならチャレンジすると良いでしょう。


4. 結婚や出産、子育てを考えた時、この先もずっと働ける会社を選択しているかどうか

特に女性に関して、今はまだ独身だとしても今後結婚をして妊娠、出産、子育てを経験する人がいるかも知れません。27歳での転職は、未来のライフスタイルまで考慮して会社を選べるかが転職を失敗しないためのポイント。

産休などの福利厚生がしっかりしていたり、転勤や残業がなかったりと、自分が将来も働きやすい環境にいられるかどうかを意識して、転職先を選択していきましょう。


27歳の転職は遅い!?転職活動を失敗させないために考えるべきこと、やるべきことは?

ここからは、27歳で転職する人がやるべきことをご紹介します。転職活動が初めての場合、わからないことが多く、どのように転職活動を進めればいいのか悩む人も多いですよね。

そんなとき、焦りと不安から転職活動が失敗してしまう人も少なくはありません。後々後悔しないためにも、ここに書かれていることをぜひ参考にしてみてくださいね。


① 仕事をすること自体への意欲まで失わない

今の仕事内容に嫌気がさしたからといって、仕事自体の意欲を失わないように注意しましょう。仕事自体への意欲まで失ってしまえば、転職活動時にそうした意欲のなさは相手企業にも伝わってしまいます。

今の仕事内容が合わないからといって、他の会社・異業種でもやっていけないと落ち込んでしまうのは早計です。世の中には数多くの会社があるのです。「希望の会社で楽しく仕事するぞ」といった仕事自体への意欲をしっかりと持って、前向きに転職活動していきましょう。


② これまでで学んだこと、成長したことを洗い出してみる

27歳ともなると、仕事においてある程度の経験を兼ね備えている人が多いです。転職を考えている人は、これまで学んだことや成長したことを1度洗い出してみることをおすすめします。

今までの仕事内容をしっかりと振り返ることで、実際の転職活動の面接においてもスムーズに答えやすくなり、効果的なアピールが可能になります。また、振り返ることで自分がどういった会社に転職したいのかはっきりすることも。

しっかりと将来を見据えるためにも、ノートなどにこれまでの自分の振り返りをしてみて。


③ 将来に向けてスキルを磨いたり、資格を取ったりする

将来のなりたい自分に向けて、自分の今持っているスキルを磨くことや、新たに資格を取るのもおすすめ。スキルをあげたり資格を取ることで、これまでの経験をより効果的にアピールできますよ。

スキルをあげたい場合、セミナーに行って知識を深めるのもおすすめ。資格を取りたいけど時間がないという人は、通信講座を活用してみるのも良いですよ。

家で受講できるので、仕事をしながらでも十分に資格の取得が狙えます。専門性を高めることも大切ですが、たとえ異業種・未経験職種だとしても通用する人間を目指して、自分の市場価値を上げておきましょう。


④ 27歳の転職は需要は多い。しっかりと準備をして望もう

27歳の転職は遅い、厳しいと言われることもありますが、実際は転職活動において非常に需要が高い年齢。

転職回数が2回目・3回目と多い人はそのことを不安材料に捉えがちですが、実際はそんなに関係ありません。その転職理由を明確に答えられれば先方を納得させられますよ。

それよりも27歳は社会人としてある程度の経験がありながら、若さも兼ね備えているので、多くの企業から重宝される人材です。

ですが需要が多いからといって、転職活動が簡単にいくというわけではありません。これまでの自分をしっかりと見つめ直しながら、「どういった会社に転職したいのか」「自分の強みは何なのか」などしっかり答えられるよう準備しておく必要があるでしょう。

そうした準備をしっかりとしていれば、希望する会社への転職も一歩近づきますよ。


⑤ 転職エージェントや気心知れてる先輩の話を聞き、客観的な意見をもらう

転職活動を自分ひとりでやっていても、なかなかうまくいかないこともあるでしょう。そうしたときにぜひおすすめしたいのが、「他人の意見を聞くこと」。

主観的な判断だけだと、どうしても自分では気づかないことが出てきます。転職した時はどのようにしたか、気心知れてる先輩に聞いたり、転職エージェントを使ってアドバイザーから客観的な意見をもらいましょう。

できれば、ひとりだけでなくさまざまな人に転職についての意見を聞いてもらうのがポイントです。


希望する業種に強い転職エージェントを選びましょう

27歳であれば、今の仕事のキャリアアップ、もしくは安定を求めて転職に踏み切る人も多いでしょう。そこでポイントになるのが、希望職種に強い転職エージェントを選ぶこと。

希望職種に精通した転職エージェントを選ぶことで、その業界ならではの生の情報や転職活動における戦略をしっかりと教えてくれますよ。

それだけでなく、自分が知らなかったような強みを発見することもあり、面接官にも効果的なアピールが可能になります。


27歳のおすすめ転職エージェント① リクルートエージェント

転職市場で最大級の求人数を誇る大手転職エージェントが「リクルートエージェント」。転職希望者の強みの把握からキャリアプランの提示、さらには応募先との面接調整や給与面などの条件交渉など、転職が初めてで不安な人でも安心して利用可能です。

それだけでなく、「リクナビ」のネットワークを生かした多大な情報量も大きな魅力のひとつ。「どの転職エージェントがいいのかわからない」といった場合、とりあえず登録しておいて後悔することはないでしょう。


リクルートエージェントのおすすめポイント

「リクルートエージェント」を利用することの大きなポイントとして挙げたいのが、業界最大級の非公開求人数。一般の求人サイトには掲載されていない10万件以上の求人を取り扱っており、サイトには掲載されていないさまざまな優良企業の求人の紹介が可能。

キャリアアドバイザーも非常に実績豊富な人ばかりで、今後のキャリアプランなどにも親身になって相談に応じてくれますよ。それだけでなく、職務経歴書の添削や面接対策といった転職サポートも充実しているから、自信を持って転職活動に挑む環境が整っているのも大きな特徴。

ぜひ「リクルートエージェント」を利用して、転職活動の一歩を踏み出してみませんか。

公式サイトで見る


27歳のおすすめ転職エージェント② マイナビエージェント

「マイナビエージェント」は、大手就職サイトでもある「マイナビ」などを運営しているマイナビグループが展開する人材紹介サービスです。

「20代に信頼されている転職エージェント」でNo.1になっており、まさに27歳で転職を考えている人にとってはうってつけの転職エージェント。

公務員や大手企業、ベンチャーなどさまざまな業界に接点を持っているため、転職未経験でお試し期間を試したい女性におすすめです。


マイナビエージェントのおすすめポイント

おすすめポイントとして挙げたいのが、全求人のうちのなんと80%が非公開求人であること。公開求人だけでもかなりの数がありますが、より広範囲の求人数でキャリアアドバイザーの意見を聞きながら、自分の希望の会社が見つけられますよ。

それだけでなく、応募書類の添削と面接対策にも力を入れているところもポイント。転職市場において応募書類の通過率は2割ほどといわれている中、よりアピール力を持った書類になるようアドバイスしてくれます。

また模擬面接によって身だしなみから質問への受け答えなど、客観的な意見を取り入れることで面接の通過率アップにもつながりますよ。

公式サイトで見る


27歳のおすすめ転職エージェント③ JAC Recruitment

「より高い年収を目指したい」「専門性に特化した転職エージェントを探している」といったときにぜひおすすめしたいのが、「JAC Recruitment」。

第三者評価による「薦めたい転職エージェント」ではNo.1を獲得しており、非常に信頼感も兼ね備えています。

国内企業だけでなく外資系企業や海外進出している企業とのパイプも太く、イギリスとアジア8カ国の広がる独自のネットワークを持っている転職エージェントです。


JAC Recruitmentのおすすめポイント

「海外就職してみたい」

「海外への駐在も視野に入れている」

という人には、ぜひ「JAC Recruitment」の利用がおすすめ。独自のネットワークを持っており、夢の海外就職が現実になるかもしれません。

それだけでなく、総勢550名の各業界に精通したコンサルタントも大きな魅力。一人ひとりが高い専門性を兼ね備えており、どのような業界に関しても他にはない独自の情報が受け取れます。

サポートに関しても書類や面接対策のサポートはもちろん、入社が決まったあとでもさまざまな相談に乗ってくれるのは嬉しいポイント。より高いキャリアや年収アップを目指したい人は、ぜひ利用を検討してみてはいかがでしょう。

公式サイトで見る


27歳のおすすめ転職エージェント④ DODA

こちらも大手転職エージェントとして人気の「DODA」。「Web・ITエンジニア」「メディカル業界」「女性の転職」などさまざまな専門サイトを持っており、大手ならではの情報量を生かした専門性もしっかりと兼ね備えています。

さらにwebサービスだけでなく、転職フェアや個別相談会など対面式のイベントも充実。さまざまな情報に触れて今後のキャリアを考えていきたい人にぴったりな転職エージェントですよ。


DODAのおすすめポイント

「DODA」のおすすめポイントとして挙げたいのが、診断やツールが充実しているところ。「年収査定」「合格診断」「キャリアタイプ診断」などさまざまな診断を受けることで、今まで気づかなかったような新たな自分に出会えます。

さらにスカウトサービスも充実しており、書類選考なしの「面接確約オファー」や非公開の求人のオファーが受け取れる「登録者限定オファー」などさまざま。もしかしたら、未経験職種や異業種への転職もすんなり決まるかも知れません。

もちろんキャリアアドバイザーもしっかりついてアドバイスしてくれるので、はじめての転職活動でも安心です。できるだけ多くのサービスを受けたい人はぜひ「DODA」に登録して、納得のいく転職活動を始めてみませんか。

公式サイトで見る


27歳のおすすめ転職エージェント⑤ パソナキャリア

これまでなんと25万人以上もの転職をサポート、さらには16,000社以上もの取引実績を誇る、人気転職エージェント「パソナキャリア」。

「製造業」「商社」「IT」といったさまざまな業種はもちろんのこと、「営業」「IT・webエンジニア」「マーケティング」など職種ごとの求人にも対応しています。

勤務地も全国各地から検索可能で、「公務員」「正社員」「女性が活躍」といったこだわりからも検索可能。パソナキャリアに登録しておけば、転職活動に困ることはないでしょう。


パソナキャリアのおすすめポイント

パソナキャリアを利用する上でのおすすめポイントとして挙げたいのが、「キャリアアドバイザーの専門性」。

「IT・Web業界」「金融業界」など各業界に特化した経験豊富なキャリアアドバイザーが、あなたの希望に沿ったアドバイスをしてくれますよ。

それだけでなく、非公開求人の数が多いのも特徴。求人情報総数の半分以上が非公開になっているので、パソナキャリアを利用すればよりさまざまな企業に出会うことも可能です。

「今までのキャリアを生かして転職を成功させたい」「業界のさまざまな生の情報を知りたい」といったときは、ぜひパソナキャリアを利用してみてくださいね。

公式サイトで見る


万能な転職サイト型の【リクナビNEXT】も併用してみて

上記の転職エージェントを利用はもちろんおすすめですが、可能であればぜひ「リクナビNEXT」という転職サイトも併用してみることをおすすめします。

異業種への転職や年収アップなど、これまでさまざまな実績を誇っており、27歳で転職を考えているならぜひ登録しておきたい転職サイトです。

転職活動において積極的な情報収集は必要不可欠。転職サイト型ではありますが、雇用形態や希望条件等をあらかじめ登録しておけば、希望に沿った求人が受け取れますよ。


リクナビNEXTのおすすめポイント

「リクナビNEXT」を利用することのおすすめポイントとして挙げられるのが、新着で受け取れる求人数の多さ。毎週なんと1,000件以上の新しい求人が受け取り可能で、より自分の希望に沿った会社が見つけられますよ。

さらにレジュメをあらかじめ登録しておくと、サイトには載っていない非公開の特別求人も紹介してくれます。企業があなたのレジュメに興味を持てば、直接あなた宛てにメールが届きますよ。

登録も5分ほどで済み、気軽に登録できるのも「リクナビNEXT」ならでは。ぜひ利用して、より効率的な転職活動にしてみませんか。

公式サイトで見る


27歳の転職で転職エージェントを利用するメリット/デメリット

27歳の転職で不安を抱えている人は、転職エージェントの利用をおすすめします。転職エージェントを利用することで、異業種や未経験職種だったとしても、より効率的な転職活動が可能に。

ここでは、転職エージェントを利用するメリットとデメリットをお教えしていきます。


転職エージェントを利用するメリットとは

27歳において転職エージェントを利用することのメリットとして挙げられるのが、転職活動における独自のノウハウが受けられること。転職活動は就職活動とは勝手が異なるので、どのように進めていいのかわからない人も多いはず。

ですが転職エージェントを利用することで、職務経歴書の書き方から面接の受け答えまで転職に関わるあらゆることを徹底的にサポートしてくれます。

また、非公開求人の紹介や公務員などの人気業界の紹介など、転職エージェントを利用していないと受けられないサービスが多いのも大きな魅力です。


転職エージェントを利用するデメリットとは

反対にデメリットとして挙げられるのが、あまり興味がない企業に転職してしまう可能性があること。転職エージェントによっては、転職したい人を何がなんでも内定させようとしてくるケースもあります。

正直あまり興味がない企業から内定をもらった場合でも、転職エージェントの巧みな言葉により入社を決意してしまうことも。

そうなると、後々「やっぱりこの会社に転職しなければよかった」と後悔してしまう可能性がゼロではありません。転職エージェント全部がそうだと限りませんが、客観性を持たせるためにも、できるだけさまざまな転職エージェントの利用をおすすめします。


27歳で転職しようと思った理由は?一般的な転職理由を大公開

27歳であれば大学を卒業して4〜5年経過し、立派な会社の戦力として活躍している人も多いでしょう。ですが同時に、「本当にこれでいいのか」「もっと今よりいい会社があるのではないか」と考え始める人が多いのも事実。

ここでは、27歳で転職を意識するようになるきっかけ、もしくは理由についてご紹介します。転職を考え始めている人は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。


① 男性も女性も結婚や出産によって家庭環境の変化が多い

27歳といえば、そろそろ結婚や出産を意識してくる年齢です。結婚すれば、相手の事情で今いる場所を離れなければならず、転職を決意する人もいるでしょう。

もしくは出産を控えており、より育児に専念できる会社へ転職しようと考えている人も。とくに女性の場合、出産をしてから再就職するとき、あまり育児に配慮してくれない会社であれば心配になることもあるはず。

このような男女が多いことから、より福利厚生の整った会社へ転職を希望する人も多いです。


② 環境の変化で収入やキャリア、福利厚生などの改善を考える

27歳になると上記のような結婚や出産といった環境の変化により、「今の会社に居続けて本当にいいのか」などと感じ始めて、環境の改善を求める人も多いです。

「より年収が多い会社へ転職したい」「育休が取りやすい会社に転職したい」といった希望を持ち始めて、転職を意識する人も。

今後の環境の変化やキャリアのことを真剣に考えて大きな舵を自分で取り出すのも、27歳の大きな特徴。つまり、人生のターニングポイントとして非常に重要な期間だともいえます。


③ 後輩が増えてプレーヤーからマネジメントに回った

転職を決意させるのは周りの環境の変化だけではありません。自分の仕事内容の変化が始まりだすのも27歳ごろではないでしょうか。

新卒で入社した会社で数年経つと、ある程度後輩も増えてくるはず。そうなると、自分の仕事だけではなく、後輩の仕事の面倒をみなければならないことも。

結果としてマネジメントに回る人も中にはいるでしょう。そうなると、後輩との人間関係がうまくいかなかったり、後輩のサポートに時間がとられて自分の仕事がおろそかになったりして悩んでしまう人も。

「より自分の仕事に集中できる環境で働きたい」と考えて、転職を意識する人もいます。


④ 第二新卒扱いが終わり、実績とキャリアで転職活動を進めなければならない

27歳になれば、もう第二新卒扱いはされません。基本的に第二新卒で通るのは23歳〜26歳まで。新卒で働き続ければ、それなりの年数が経っていますよね。つまり転職する場合、今まで培った実績とキャリアで転職活動を進めていかなければなりません。

入社したころは仕事についていくのがやっとだった人も、数年経過すると今までの経験がしっかりとした武器になることも。これからさらなるキャリアアップを狙って転職を進める人も多いです。


⑤ 経験を積んだことで、自分にできることできないことがはっきりしてしまった

ある程度社会人を経験したからこそ、今いる会社において自分にできることがはっきりしてくるのも27歳頃ではないでしょうか。

入社した当時であれば、自分に何ができて何ができないのかさえわからない人がほとんど。ですが27歳ともなると、会社の中で自分にできることとそうでないことが明確にわかってくるはず。

そうしたときに、「本当にこの会社にずっと居続けていいのか」と自問自答し出す人も多いです。「自分の経験をもっとほかの場所で生かしたい」と考え始め、転職に踏み切る人もいるでしょう。


若さと経験を兼ね備えた27歳ならビジョン次第で栄転も夢じゃない

ここまで27歳で転職するときの理由やきっかけ、さらには転職の際に考えるべきことをご紹介しました。

27歳はある程度社会経験も積んでいるかつ、若さも兼ね備えているので、企業側からの需要もかなり見込まれます。後悔のない転職活動にするためにも、ぜひ転職エージェントを活用しながら納得のいく転職活動をしてみませんか。


【参考記事】転職エージェントの基本情報や各サイトの評判をまとめました▽

【参考記事】転職成功の鍵を握る!職務経歴書の書き方とは▽

【参考記事】東京でおすすめの転職エージェントを大公開▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事