26歳で転職を成功させる方法とは。おすすめ転職エージェントも紹介

新卒で入社した会社で3年以上経過し、1人前の社会人として頑張っている男性や女性は多いはず。ですが同時に、26歳は自分の今後の働き方について考える年頃でもあります。今回は26歳で転職しようと思ったきっかけや転職を失敗させない方法、おすすめしたい転職エージェントについてご紹介します。

26歳で転職が成功する人、失敗する人の特徴とは

26歳で転職を成功させる転職エージェントの選び方

会社の中でも中堅の人材になっている26歳。仕事にも慣れてきて、楽しいワークスタイルを送っている人も多いでしょう。しかし、同時に今後の自分のキャリアで悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

まずは、26歳で転職を考えた時に、転職を成功させる人と失敗してしまう人の特徴を解説していきます。なんとなく転職を考えている男女は、まずどんな人が転職を成功させられるのか、しっかり把握してくださいね。


① 転職する理由や目的をハッキリと伝えられるか

人生のキャリアアップにおいて、転職することは悪いことではありません。

たしかに、26歳で転職回数が2回目、3回目と多くなってくると企業側から好印象は得られないかも知れませんが、その転職回数にハッキリとした明確な理由があるのであれば話は別。

自分がどうして転職をしたいのか」男性も女性も自分の転職理由を明確にしてみましょう。

例えば、新卒で公務員を希望していたけど、試験に受からず断念し、そのリベンジを果たしたい人もいるでしょう。もしくは、結婚を機にプライベートや家族を中心に考えて、時間の融通が利く未経験職種に転職したい人もいるかも知れません。

職務経歴書や履歴書、面接で企業側が最も注目しているところが転職理由と言っても過言ではありません。まずは自分がどうして転職したいのか、じっくり考えてみましょう。


② 未経験職種・未経験業界に挑むなら20代ということを理解する

大学を卒業して新卒で入った会社であれば、26歳という年齢は4年が経とうとしています。今まで経験してきた業種や職種に転職すれば、すぐに即戦力になることも可能。年収アップも夢ではありません。

しかし、いずれは未経験の業種や職種を経験したいとうっすらとでも考えているのなら、20代の今がチャンス。26歳はアラサーに入ってきますが、それでもまだまだ若い年齢。新しいことへのチャレンジも可能です。

30代になってからの未経験職種や未経験業種への転職は今の年齢の2倍は大変になると心して転職先を決めましょう。もしも自分がずっと興味のある未経験の仕事があるのなら、早めに転職することをおすすめします。


③ 転職先に求めることは何か、優先順位をつける

男性も女性も26歳という年齢は、結婚する人も増えてきます。独身の時と違って、男性であれば守る家族がいたり、女性であれば支えるパートナーがいるはずです。

当然転職を考えるときも家族のことを考えるはず。例えば、転勤があるかどうかや、定時で帰れるかなどです。自分の今のライフスタイルから転職条件に優先順位をつけてみましょう。

そうすることで少しずつ自分に向いている転職先が見えてくるはずですよ。もちろん、独身の男女も同じく優先順位をつけることは大切です。

給料・年収アップを期待するのか、管理職など会社の役職を意識するのかなど、自分が仕事に求めていることは何かを明確にしてみましょう。


④ 結婚や妊娠など、女性はライフスタイルの変化で働き方が変わると理解する

結婚している女性や、結婚を意識して交際をしている男性がいる女性は、今後ライフスタイルの変化で働き方が変わるということを理解しておきましょう。

今はまだ独身だったり、子供がいなかったりで、自由に仕事をしているかも知れませんが、妊娠をしたら残業も難しくなります。まだ見ぬ将来のライフスタイルを意識して転職先を決めることは、26歳女性の転職で最も大切なことと言えるでしょう。

自分の母親や周りの既婚女性の意見を聞いて、結婚後や妊娠後、子育て中はどんな風に仕事との両立をしていたのか、困ったことはなかったのかをヒアリングしてみることがおすすめ。


26歳の転職は遅い?26歳の転職活動で考えるべきこと、やるべきこと

26歳になって「このままではいけない」と思い、奮起して転職活動に勤しもうと考えている人も多いはず。

ですが、初めての転職活動の場合、わからないことだらけで焦ってしまう人も多いのが事実です。もちろん、2回目・3回目の転職だとしてもまだまだわからないことは多いはず。

転職活動が失敗してしまうのを防ぐために、ここでは26歳で転職活動をするときに考えるべきことをご紹介します。


1. 今の自分ができること、できないことを明確にする

まず重要になるのが、自分が今できること、そしてできないことをしっかりと明確にすること。社会人として数年経つと自分の仕事に対する自信もついてくる頃ですが、自分ができることは何か、気づいていない人も多いです。

転職活動をするにあたって、自分は何ができるのか、そして何ができないのかをしっかりと棚卸ししておくことをおすすめします。

棚卸しをして整理しておくだけでも、転職活動の面接において、しっかりと自分のことをアピールすることにつながりますよ。


2. 自己分析後、やりたいことが今の会社で実現可能か探ってみる

自分のできることとできないことをしっかりと振り返り、自己分析してみた上で、この先自分のやりたいことが今の会社でできないのか再度考えてみましょう。

「よくよく考えてみると今の会社で実現できるかも」と思い直す可能性もゼロではありません。よく探った上で、それでも今の会社だとどうしても無理そうなとき、初めて転職を視野に入れてみましょう。

やりたいことをしっかり明確化しておくことは、転職活動でも非常に重要な要素になりますよ。


3. 感情的になって、本来の転職の目的を忘れない

上記の2つ以外にも重要なのが「感情的にならないこと」。

「今の会社の人間関係がいやだ」「年収がもっと高い会社に転職したい」といった理由で転職を考えている人も多いでしょう。

ですが、そのときに大事なのは、感情的にならずに本来の転職活動の目的を見失わないこと。

一時の感情的な要素に判断を委ねてしまうと、後々後悔して転職が失敗する可能性も。しっかりと本来の転職活動の目的を頭に入れておくことで、冷静な判断が可能になります。


4. 資格取得や専門的な知識のレベルを高めて、転職市場での価値を上げる

そのほかにも、転職市場における自分の市場価値を上げておくことは非常に重要な要素。

転職先の企業が、資格ありの求職者と資格なしの求職者のどちらを選ぶかは、一目瞭然ですよね。仕事における経験をしっかりとアピールするのに、資格を取得することや専門的な知識レベルを高めておくことは非常に効果的です。

アピールできる要素が増えることで、履歴書や面接の場面でも有利に働かせることが可能に。

ちなみに「資格をとる時間なんてない」という人でも、最近では通信講座なども発達しているので、仕事をしながらでも十分に資格を取得できますよ。


知り尽くしたプロの転職エージェントの利用が効率よく進められておすすめ

転職がはじめての場合、どのように転職活動を進めていけばいいのかわからない人も多いでしょう。

ここでは転職活動で転職エージェントを利用するメリットを含め、おすすめの転職エージェントをご紹介します。


26歳におすすめの転職エージェント① リクルートエージェント

業界で最大級の非公開求人数を誇る「リクルートエージェント」。

「自分のどこをアピールすればいいのかわからない」

「どういった企業を選べばいいのかわからない」

と転職に不安を感じている男女も、大手ならではの情報量でしっかりと対応してくれます。

もちろんキャリアアドバイザーもしっかりとついてくれるので、初めての転職活動で不安な人も安心できるはず。

どこの転職エージェントにすればいいのか迷っている人は、ぜひ「リクルートエージェント」に登録してみましょう。


リクルートエージェントのおすすめポイント

おすすめポイントとしてまず挙げられるのが、非公開求人数の多さ。なんと業界最大級の10万件以上の非公開求人を取り扱っており、世間には公に掲載されていないさまざまな企業の求人を紹介してもらうことが可能。

それだけでなく、一人ひとりについてくれるアドバイザーも実績豊富な人ばかり。さまざまな業界に精通している人も多いので、あなたの希望もしくはスキルに合った求人を紹介してくれますよ。

それだけでなく、提出書類の添削や面接対策、さらには独自分析した企業情報なども教えてくれるので、まさに至れり尽くせり。在職中で忙しい毎日でも、しっかりとした転職活動を実現できます。

公式サイトで見る


26歳におすすめの転職エージェント② マイナビエージェント

「マイナビエージェント」は、大手就職サイト「マイナビ」や「マイナビ転職」を運営しているマイナビグループが展開している人材紹介サービス。これまでさまざまな人を就職もしくは転職に導いた、大手ならではのノウハウをたくさん持っている転職エージェントです。

大手の上場企業はもちろんのこと、ベンチャー企業から優良企業までさまざまな企業と接点があるので、未経験職種や正社員登用がある企業など、できるだけ多くの企業をみてみたいという人にはぜひおすすめですよ。


マイナビエージェントのおすすめポイント

「マイナビエージェント」のおすすめポイントとして挙げられるのが、「応募書類の徹底した添削」と「面接対策」。

大学生のときの就職活動とは異なり、転職活動において応募書類の通過率は2割ほどだといわれています。つまり、応募書類は転職活動において重要な役割を果たしているということ。

「マイナビエージェント」では、書類選考に通過しやすいアピール力の高い書類を教えてくれますよ。

それだけでなく、模擬面接も実施してくれるのもおすすめポイント。どうしても緊張してしまう面接において、話す速さや質問に対する答え方などさまざまな面でアドバイスがもらえます。

公式サイトで見る


26歳におすすめの転職エージェント③ パソナキャリア

これまで25万人もの転職を支援、16,000社にも及ぶ取引実績、さらには年収アップ率67%以上を誇る大手転職エージェント「パソナキャリア」。業界や職種問わず、全国各地の勤務地から希望の条件に合った仕事が見つけられますよ。

もちろん「転職活動を何から始めればいいのかわからない」「初めから正社員登用してもらえるか不安」「面接が非常に苦手」といった転職活動が初めての人でも、安心してお任せできるおすすめの転職エージェントです。


パソナキャリアのおすすめポイント

「パソナキャリア」ならではの特徴として挙げられるのが、各専門分野の転職に特化したキャリアアドバイザーが多数在籍しているところ。希望する業界において、ほかの会社の転職エージェントではわからないような精通した情報を持っています。

また、キャリアアドバイザーも求職者一人ひとりにしっかりとついてくれるので、職務経歴書の添削や面接対策にも力を入れているのが特徴。

それだけでなく、スカウトサービスに申し込めば、企業側から予期せぬスカウトがくる可能性も。転職活動で理想の仕事を見つけたい人は、ぜひ「パソナキャリア」の転職エージェントを利用してみてはいかがでしょう。

公式サイトで見る


万能な転職サイト型の「リクナビNEXT」も併用してみて

転職エージェントの他におすすめしたいのが、「リクナビNEXT」の転職サイトを併用してみること。異業種への転職や年収のアップなどこれまでさまざまな転職実績を誇っており、あなたの希望に沿った転職をサポートしてくれますよ。

「今の会社に居続けていいのか」「まだ動きやすい26歳だからこそ、将来を見据えてキャリアアップしたい」といった人は、ぜひ登録をおすすめします。

登録もたった5分程度と非常に簡単なのが嬉しいポイント。


リクナビNEXTのおすすめポイント

「リクナビNEXT」を利用する中でまずおすすめしたいポイントは、新着もしくは更新された求人が毎週1,000件以上あること。ですので、あなたの希望する職種も簡単に見つけやすいですよ。

また、サイトには掲載されていないような特別求人が多いのも魅力のひとつ。職務経歴書をあらかじめ登録しておけば、企業がそのレジュメをチェックして直接メールが届くことも。

これまで自分が知らなかったような、さまざまな企業と出会えますよ。これまでさまざまな実績を誇ってきた「リクナビNET」で、ぜひ転職を成功させてみませんか。

公式サイトで見る


26歳でなぜ転職を希望するのか。一般的に多い転職理由4選

新卒で入社して3年以上経ち、仕事が楽しくなってくるのが26歳のアラサー世代ではないでしょうか。きっと充実した毎日を過ごしている人が多いでしょう。ですが、このタイミングで転職を考える人が増えるのも事実。

ここでは、26歳で転職を意識するきっかけや理由についてご紹介します。転職を考える理由は、やりがいや結婚、さらには同期との年収の差などさまざま。転職を考えている男女は、ぜひ参考にしてくださいね。


1. 入社当初のやりがいや情熱を見失って社会に流されている

入社当初、「ここの会社でずっと頑張っていこう」と決意した人も多いはず。

ですが、年月が経つにつれ、

「毎日の繰り返しに嫌気がさした」

「もっと華やかな業界だと思っていたのに全然違った」

など入社前とのギャップに驚き、次第に仕事に対してやりがいや情熱がなくなってしまう人も。

仕事の内容を好きになれない場合、次第に焦りを感じてしまう人もいます。数年経ってもなかなか仕事にやる気を見いだせないとき、次第に転職を考えるようになります。


2. 結婚や出産など独身時代からプライベートに大きな動きがあった

仕事内容だけではなくプライベートなことで辞める、もしくは転職を考えている人も多いです。26歳といえば、もう結婚していても全然おかしくない年頃。結婚と相手の転勤が重なって転職しなければならない人や、出産によって退職する人もいるでしょう。

特に子供を産んでから再就職をしようと思えば、子供の預け先の確保などさまざまな配慮が必要になるでしょう。結婚もしくは出産など、将来のことを見据えて転職する人も多いです。


3. 人事異動で未経験の部署に異動した

新卒で入社して数年経てば、人事異動になるケースも少なくはありません。最近では「ジョブローテーション」といわれる制度を導入している企業も多く、3〜5年でさまざまな部署を経験させる企業も増えてきました。

新卒で入社して希望の部署に配属されたのはいいものの、人事異動でまったく別の部署に移動させられてしまう人もいるかもしれません。そんなとき、やりたい仕事ができないことでモチベーションが低下して転職を考え出す人もいます。


4. 年収や給与、賞与に同期と明確な差が出始めた

部署移動やプライベートなことだけが転職を意識させるわけではありません。年収や賞与などの給与面も、非常に転職を左右する重要な要素。

社会人1年目や2年目などは給与が同期とまったく同じであっても、数年経つと同期の間で給与に変化が出てくる会社もあるでしょう。

とくに実力主義の会社だと、そうした現象が起こりやすいです。同期とどんどん給与の差が開いていく現実を目の当たりにして、「もっと年収のいい会社に転職したい」といった願望がでてくる人も多いです。


今までの社会人経験が試される26歳の転職。転職をしてキャリアアップを目指そう!

ここまで26歳で転職する際のきっかけや理由、さらにはやるべきことをご紹介しました。26歳といえば、将来の自分のキャリアを本格的に考え始める年頃でもあるでしょう。

10年後や20年後をしっかりと見据えながら、後悔のない転職活動に励んでくださいね。転職活動が初めてでどのように進めればいいのかわからない場合は、ぜひ転職エージェントの活用もおすすめですよ。


【参考記事】仕事が辛いと感じた時にできる気分転換方法をご紹介▽

【参考記事】職場でストレスを感じたときの解消方法とは▽

【参考記事】転職エージェントってそもそも何?基本情報を徹底分析!▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事