クアラルンプールのおすすめ観光名所とは。夜も楽しいスポットを解説!

クアラルンプールは、マレーシアの首都であり最大の都市。急速な発展を遂げているマレーシアですが、クアラルンプールは歴史的建造物も多く残っており、新旧の文化が入り混じる魅力的な街です。今回は、そんなクアラルンプールのおすすめ観光スポットを25ヵ所ご紹介します。

クアラルンプールってどういうところ?

クアラルンプールのおすすめ観光スポット

クアラルンプールは公用語がマレーシア語で、タミル語と中国語、英語が標準言語となっています。基本的には英語が話せれば問題ないでしょう。成田・羽田・関西・札幌から7時間半で直行便が運航しており、日本との時差は1時間です。季節によって、雨季・乾季に分かれますが、1年を通して暖かい気候が特徴。 観光スポットを巡るには、鉄道とモノレールで移動できますよ。

それでは、早速クアラルンプールのおすすめ観光スポットをご紹介していきます。ぜひ参考にしていただき、素敵な旅行プランを立ててくださいね。


スポット1. 【建物編】ペトロナスツインタワー

クアラルンプールで絶対に行くべき観光スポットといえば、もちろんここ!マレーシアの経済発展を象徴するかのような建物です。高さ452m、88階建てで、主にオフィスビルとして利用されていますが、81階には展望フロアがあり、有料ですが見学も可能です。 夜はライトアップされているので、外から見ても中から見ても、最高の夜景が楽しめますよ。タワーの下は複合施設になっておりショッピングにもおすすめ。日系の伊勢丹や紀伊国屋も入っています。


ペトロナスツインタワーの詳細

公式サイトで見る


スポット2. 【建物編】KLタワー

KLタワーは、ブッキナナス丘の上に立つ高さ421mのクアラルンプールのテレビ塔です。 KLタワーの展望台はペトロナスツインタワーより高い位置にあるため 、市内で一番眺めの良い観光スポット。 屋内展望台もありますが、スカイデッキだと窓ガラスがないので、直接の眺望を楽しめますよ。 さらに、スカイボックスはガラス貼りの空間で、まるで宙に浮いたような気分を味わえます。 チケットはインターネットでも購入できますが、現地で購入もできるので、事前に用意しなくても大丈夫です。


KLタワーの詳細

公式サイトで見る


スポット3. 【定番編】国立モスク(新モスク)

国立モスクはクアラルンプールの中心地にあり、近辺にはマレーシアの歴史的建造物もたくさんあるので、アクセスが良く立ち寄りやすい観光地です。 最近できたモスクで、治安もある程度安定しており、ツアーに組み込まれることが多い観光スポットです。   国立モスクはマレーシア内の他のモスクとは違い、イスラム教以外の方や外国人の方でも見学ができます。建物内は8000人ほど入ることができ、美しいステンドグラスが人気です。


国立モスク(新モスク)の詳細

公式サイトで見る


スポット4. 【定番編】KLCC公園

KLCC公園は、クアラルンプールの20ヘクタールもある大きな公園です。 緑が多く自然豊かで、噴水やじゃぶじゃぶプールなど、子供専用の遊具もあり家族連れにもおすすめ。もちろん公園なので無料で楽しめるのがいいところ。遊ぶ際に着替えを持っていけば、近くに更衣室もあるので着替えてそのまま他の観光地に行くことも出来ますよ。

観光名所にもなっていますが、地元の人達にも人気のスポットで周辺で働く人々にとっても憩いの空間です。


KLCC公園の詳細

公式サイトで見る


スポット5. 【定番編】ムルデカ・スクエア(独立広場)

ムルデカ・スクエアは、マレーシアで知らない人はいないであろう有名な広場です。 ムルデカとはマレー語で独立という意味で、1957年にイギリスから独立を宣言した歴史的な場所となりました。ムルデカ広場・独立広場と呼ばれることもあります。マレー国旗が掲げられる緑豊かな広場で、地元の人からも愛される公園ですよ。この周辺には植民地時代の建造物が他にも残っており、 歴史を感じられるおすすめの観光スポットとなっています。 


ムルデカ・スクエア(独立広場)の詳細

公式サイトで見る


スポット6. 【定番編】チャイナタウン

クアラルンプールに来たら絶対に行くべき観光地のひとつがチャイナタウン。低予算で楽しめるグルメスポットで、市場では、多民族国家ならではの様々な種類のマレーシア料理が売られています。隠れた穴場の名店がたくさんあるので、事前にリサーチしてから行きましょう。とにかく種類が多いので、屋台をハシゴして少しずつ色んなものを食べてみてくださいね。 夜は屋台に灯りがともって幻想的なので、昼と夜と両方訪れるのもおすすめです。


チャイナタウンの詳細

公式サイトで見る


スポット7. 【定番編】マスジットジャメ(旧モスク) 

マスジットジャメは、1909年セランゴール州のスルタンによって作られた、クアラルンプール最古のモスクです。建造物はレンガで作られており、周りはヤシの木々に囲まれて異国情緒たっぷり。東南アジア独特の文化に触れたい方は、絶対に行くべき観光スポットといえます。観光地として人気のモスクですが、普段はムスリムの集う祈りのための場所なので、お祈りの時間には入場できません。事前に時間をチェックしてからいきましょう。 


マスジットジャメ(旧モスク) の詳細

公式サイトで見る


スポット8. 【定番編】イスラム美術館 

イスラム美術館は、クアラルンプールの有名な美術館のひとつで、国立モスクの奥にあります。イスラム世界の工芸品やアートを分野別にして、かなり広いスペースに展示しています。東洋や西洋の文化がメインで教えられる日本人からは、とても新鮮に見えるはず。中にあるミュージアムレストランは、珍しい料理と素敵な内装で人気の穴場スポットです。細密画や宝飾品、陶磁器など、たくさんの美術品を地域ごとの特徴と照らし合わせて鑑賞してみてください。 


イスラム美術館の詳細

公式サイトで見る


スポット9. 【定番編】旧クアラルンプール中央駅 

旧クアラルンプール中央駅(クアラルンプール駅)は、1886年に完成した、クアラルンプールで最も古い駅です。現在の駅舎は1910年に英国風建築様式で建設され。観光名所になっています。この旧クアラルンプール中央駅は2001年にクアラルンプールセントラル駅ができるまで、中央駅として使われていました。現在は模型や当時マレー鉄道で使われていた制服や備品を展示しており、鉄道マニアにたまらない観光スポットとなっています。


旧クアラルンプール中央駅 の詳細

公式サイトで見る



お気に入り

注目の記事

関連する記事