作業着のおすすめ宅配クリーニング3選。料金・日数・お手入れ方法まで解説

汚れがつきやすい作業着はクリーニングに出したいものです。しかし、汚れが多い分、クリーニング費用が気になります。ここでは、作業着の洗濯は自宅でしない方がいい理由やクリーニング費用、おすすめのクリーニング店についてまとめていきます。

作業着をクリーニングに出す目安は?

作業着のおすすめ宅配クリーニング

作業着は自宅で毎日洗っているという方も多いのではないでしょうか。自宅で洗えるからとついついクリーニングに出す時期を逃してしまいがちな作業着ですが、2週間に1回程度はクリーニングに出したほうがいいでしょう。


作業着を長持ちさせるためのクリーニングは主に3種類

力仕事などで汗をかく場合、自宅でも毎日洗濯します。作業着は消耗品といわれていますが、できれば長持ちさせたいのが本音なのではないでしょうか。作業着を長持ちさせるためのクリーニングを3つに分けて紹介します。


作業着をクリーニングする方法① 店舗型のクリーニングへ持ち込む

1つ目のクリーニング方法は従来からある店舗型のクリーニングです。自宅の近くなどにクリーニング店がある場合は、仕事帰りや夕飯の買い物のついでにクリーニング店に持ち込んでもいいでしょう。店舗に直接出向くことで、業者の方に口頭でお願いできるので、作業着特有の気になっている汚れなども解消できてありがたいですね。


仕上がりまでの平均日数と費用

仕上がりまでの平均日数は4日くらいとなります。費用は1着あたり1000円から2000円です。作業着は上下セットのものが多いと思いますが、クリーニングに出すときは上下別々に料金がかかりますので、注意してください。


店舗型クリーニングのメリット・デメリット

店舗型クリーニングのメリットは直接依頼ができるところです。例えば、特に汚れが気になるところを洗ってもらったり、仕上がり期日をできるだけ早めてもらったりすることもできるでしょう。しかしクリーニング店に直接出向くことはデメリットにもなります、近所にクリーニング店がない場合は重い作業着を運んでいき、できあがったら持って帰ってくる必要があります。


作業着をクリーニングする方法② 宅配クリーニングに依頼する

店舗型クリーニングの他に、宅配クリーニングを利用する方法もあります。宅配クリーニングとはネットで注文して、作業着を送り、仕上がりを待つクリーニングです。店舗型とは異なり、店舗まで出向く必要がなく、24時間申し込みを受け付けてくれる業者もあるため、利便性から最近では店舗型よりもメジャーになりつつあります。


仕上がりまでの平均日数と費用

平均日数は1週間ほどですが、業者によっては早いところで3日でできるところもあります。費用は安いところでは500円くらいからあり、高いところでも2000円程度です。まとめて出すと安くなるところもあります。


宅配クリーニングのメリット・デメリット

宅配クリーニングのメリットは、店舗へ持っていく手間がかからないことです。また、作業着の場合だと集荷サービスを行っている業者もあるので、宅配便を出す手間もありません。デメリットは送料がかかること、宅配便が受け取れない場合があるなど宅配に関することが挙げられます。品質や値段はほとんど同じに設定されています。


作業着をクリーニングする方法③ 自宅で洗う(手入れをする)

家で洗う際には洗濯機にかけるのではなく、手洗いすると汚れが落ちやすいです。家で洗濯をするのに必要なアイテムは、お湯と粉末洗剤です。お湯はお風呂の残り湯を使用してみるといいでしょう。お湯に粉末洗剤を溶かしこんでつけておきます。しばらくしたらすすぎと脱水を3回程度繰り返してください。


とはいえ難しいので、結構手間と時間がかかる

自宅での洗濯は簡単そうにみえますが、疲れて帰ってきた後の洗濯はなかなか難しいです。特に一人暮らしだとお風呂につからず、シャワーで済ますという方もいらっしゃるので、残り湯もないでしょう。手間と時間を節約するためクリーニングを利用してみてもいいかもしれません。


作業着を自宅で洗わないほうがいい理由

作業着を自宅で洗う方法を上でご紹介しました。しかし、作業着は普通の衣類と異なり、特殊な繊維を使用していたり、汚れ方が酷かったりすることがあるので、自宅では洗わないほうがいいケースもあります。また、手間や時間がかなりとられてしまいます。ここでは、作業着の洗濯は専門の業者に任せたほうがいい理由を3つに分けて紹介していきます。


理由その① 普通ではありえない汚れがつく

作業着には泥汚れ、油汚れ、皮脂の汚れの主に3つの種類の汚れがついていきます。土木工事などを行っていらっしゃる方だとこちらの汚れがメインになります。油汚れは自動車などの機械工場に勤めている方の作業着につきやすいです。皮脂の汚れは汗などによるものです。他にもペンキを扱う方であったら塗料によるシミもできます。どの汚れも普通に生活していたらつかない落ちにくい汚れなので、自宅の手洗いや洗濯機などだと落とすのが大変になってきます。


理由その② 事前に汚れを落とす手間がかかる

作業着に付着した頑固な汚れを落とすにはそれ相応の準備が必要です。まずは、キレイなタオルを敷きその上に作業着をのせ、歯ブラシなどにベンジンをつけて優しく叩きます。さらに、輪ジミにならないように優しくこすります。このようにシミを1つ落とすためだけに専用の洗剤を購入したり、道具を使う必要があったりと手洗いをする前にも手間がかかってしまいます。また、ここまでやっても落ちない汚れも多々あります。素人が行うのではなく、クリーニングに任せてしまった方がコスパがいいでしょう。


理由その③ 結局、特殊な素材や機能を持った作業着は洗いづらい。

作業服は丈夫さを求められるので、通常の服とは異なる特殊な素材で作られていることが多いです。これらの特殊な素材の作業着は洗剤が通りにくいなどの理由からとても洗いにくいものになっています。例えば、作業服の素材として一般的なポリエステルなどの化学繊維からできている素材は汚れが染み込みにくいというメリットがある反面、一度染みこんでしまうと落とすのが厄介になってしまいます。また、織り方が特殊なものなど、洗い方に工夫がいるものもあります。


宅配クリーニングを利用すれば、忙しくても作業着が綺麗に。

自宅での洗濯も必要かもしれませんが宅配クリーニングを利用すれば、手間もかからずシミなどをきれいにとることができます。宅配なのでネットから申し込めば、夜遅くにしか時間が空かない方であっても簡単に利用できますよ。


作業着クリーニングにおすすめのサービス1. Lenet(リネット)

作業着のおすすめ宅配クリーニングにリネット.jpg

作業着のクリーニングおすすめなのが、リネットです。リネットは宅配クリーニング業者の中でも大手のサービスで、幅広いサービスを提供しています。クリーニングだけではなく、宅配や申し込みの際のサービスも充実しています。キャンペーンが開催されていることも多いので、キャンペーン中を狙ってみるといいかもしれません。


Lenet(リネット)のおすすめポイント

リネットのおすすめポイントはサービスの充実度です。インターネットやスマホから24時間申し込みが可能で、申し込み時に申請すれば、無料で送付用の段ボールが貰えます。また、コンビニからだけではなく、家からクリーニングにだせるのも魅力の1つです。仕上がりから30日以内なら無料で再仕上げをしてくれるので、仕上がりの質が悪いということもありません。なにより、ユーザーの数が多いのも安心して利用できるポイントではないでしょうか。


Lenet(リネット)の詳細
  • 集荷- 配達可能エリア:全国
  • 送料:0~1800円
  • 料金設定:2280円(つなぎ)、1370円(作業着ズボン)
  • 仕上がり期間:5営業日
  • 長期保管サービス:最大8カ月
  • しみ抜き:あり
  • 詰め放題サービス:なし(作業着の場合)
  • 高級ブランド受付:なし
  • 申込方法:ネット
  • 支払い方法:クレジットカード、コンビニ振込

公式サイトで見る


作業着クリーニングにおすすめのサービス2. Nexcy(ネクシー)

作業着のおすすめ宅配クリーニングにネクシー.jpg

リネットの他に作業着クリーニングにおすすめなのが、ネクシ―です。ネクシーは毎日を楽しむためのクリーニングを合言葉にしている業者で、サービスが徹底しています。また、ネクシーには会員サービスが2種類存在します。無料で登録できる通常会員は特にサービス内容に変化はありませんが、メンバーズ会員であればクリーニング料金の割引が受けられるので定期的な利用をお考えの方はメンバーズ会員をおすすめします。


Nexcy(ネクシー)のおすすめポイント

作業着のクリーニング料金を比較してみると、ネクシ―はリネットよりも300円ほどクリーニング料金が安く設定されています。その分、クリーニングの質が下がるわけではなく、徹底したしみ抜きや軽いほつれやボタン外れなどの補修まで行ってくれる徹底したサービスで、気になる送料も無料です。メンバーズ登録を行うとクリーニング代がより安くなるので、普段から利用する方はビジネスではなくメンバーズを登録してもいいかもしれません。


Nexcy(ネクシー)の詳細
  • 集荷- 配達可能エリア:全国
  • 送料:一定額以上で無料
  • 料金設定:1680円(つなぎ)
  • 仕上がり期間:4日程度
  • 長期保管サービス:あり
  • しみ抜き:あり
  • 詰め放題サービス:なし
  • 高級ブランド受付:あり
  • 申込方法:ネット
  • 支払い方法:クレジットカード、代金引換

公式サイトで見る


作業着クリーニングにおすすめのサービス3. 洗宅倉庫

最後におすすめしたいクリーニング業者が洗宅倉庫です。洗宅倉庫は宅配サービスのいいところをまとめたようなサービスになっています。シルバー会員、ゴールド会員、詰め放題の3種類のコースから利用者側の用途に合ったコースを選んで利用することができます。シミ抜きや再仕上げなどを無料で行ってくれるのが嬉しいポイントですね。


洗宅倉庫のおすすめポイント

洗宅倉庫のおすすめポイントはコースが選べるところです。作業着だけのクリーニングであれば、「単品衣類」として申し込むことができ、仕上がりが最短で2日になります。単品衣類は1着からでも受け付けているので、送料は取られますが、作業着だけ洗いたいときにおすすめです。他の衣類などと一緒に出したいときには詰め放題を選択すれば、安く大量にクリーニングに出すことも可能。また、頻繁に利用するならゴールド会員になることで、1着あたりの値段を安くすることもできます。


洗宅倉庫の詳細
  • 集荷- 配達可能エリア:全国
  • 送料:2000円
  • 料金設定:1220円(つなぎ)
  • 仕上がり期間:最短2日
  • 長期保管サービス:あり
  • しみ抜き:無料
  • 詰め放題サービス:あり
  • 高級ブランド受付:あり
  • 申込方法:ネット
  • 支払い方法:クレジットカード、代金引換、口座振替

公式サイトで見る


宅配クリーニングで楽に作業着を綺麗にできますよ

毎日着るので、汚れがひどく清潔に保つのが難しい作業着ですが、宅配クリーニングを利用することでしみ抜きの手間も減り、簡単に作業着を清潔に保つことができます。清潔な作業着で快適に仕事に向かってみてはいかがでしょうか。


【参考記事】おすすめの宅配クリーニングを金額や日数で比較▽


【参考記事】スーツのクリーニング方法について細かくお伝えします。▽


【参考記事】季節の変わり目に押さえておきたい布団のクリーニング方法とは▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事