スーツのクリーニング費用と日数目安。長持ちする毎日のお手入れとは

スーツを綺麗に洗濯してくれる「スーツクリーニング」。今記事では、そんなスーツクリーニングの最適な頻度やおすすめサービスから、スーツの手入れ&保管方法まで詳しく解説します。シミ抜きやシワ取り、汚れも丁寧に落としてくれるのでぜひ活用してみて下さい!

スーツをクリーニングに出す目安は?

スーツクリーニングの日数やスーツのお手入れ方法

働く男性の勝負服と称される「スーツ」。着こなしによって相手に与える印象が大きく左右されるので、着用する際はビシっとクールに決めたいところ。とはいえ、スーツをスマートに着こなすには、クリーニングに出すなどして日頃から丁寧に手入れをする必要があります。

しかし、「スーツって正直、何回着たらクリーニングに出せば良いの?」と、疑問を抱いている方もきっと多いはず。スーツをクリーニング出す頻度や周期は、率直に言うとワンシーズン(衣替えのタイミング)に1度でOKです。ただし、夏場は半月に1回ほどの頻度が理想と言われています。他にもを汗をかきやすい人や会食が多く食事やタバコの臭いがとれないという方は、季節を問わず少し頻度を増やすなどして対処しましょう。


ただし、スーツクリーニングの出しすぎには要注意。

スーツクリーニングをワンシーズンに一回だけでは少ないと感じる方もいらっしゃるはず。しかし、クリーニングに出しすぎるとスーツが傷んだり、ハリや光沢が無くなったりする恐れが。したがって、スーツをクリーニングへ出す頻度や周期は、ワンシーズンに一度くらいがベストとなります。ただし、ここで注意しておきたいのがクリーニングへ出すタイミング。衣替えの際、着用しだす前にクリーニングへ出す方が多いですが、実はその反対です。汗や汚れ、皮脂などを吸着したまま何ヶ月も保管すると虫食いの原因にも繋がりやすいため、クリーニングはスーツを長期間保管する前に出すようにしましょう。

それでも「やっぱり同じスーツを連日着用するのは気が引ける」という方は、スーツを2.3着ストックして着回したり、洗えるスーツを購入したりして対応する事をおすすめします。


スーツを長持ちさせるためのクリーニングは主に3種類

スーツクリーニングの頻度についておさらいした後は、実際にスーツを綺麗にするクリーニング方法についてご紹介します。いざスーツをクリーニングしたいと思った際、主な手段は、

  • 店舗型のクリーニングへ持ち込む
  • 宅配クリーニングに依頼する
  • 自宅で洗う(手入れする)

の3つが挙げられます。ここからは、それぞれの方法を詳しく掘り下げて解説していきます。


スーツをクリーニングする方法① 店舗型のクリーニングへ持ち込む

スーツをクリーニングする際、一番ポピュラーな方法と言えるのが、近所のクリーニング店へ持ち込み依頼することですよね。スーツ上下やジャケットのみ、ズボン(スラックス・パンツ)単体でも快く受け付けてくれるため、自分の気になる衣類だけを洗濯することも可能。ワイシャツなども一緒に出せるのも魅力です。


仕上がりまでの平均日数と費用

スーツのクリーニングは2.3日で仕上がるお店がほとんどです。ただし、最近では朝に持ち込み、夕方には受け取れる“即日サービス”を行っている店舗も増えています。とはいえ、シミ抜きや防虫加工だったり、汚れがしつこくて水洗いが必要だったりする場合は即日では仕上がらないので注意しましょう。費用はスーツ上下で750円〜1,500円前後が主な値段相場と言えます(※多少前後するケースもあります)。


メリット

美しい仕上がりを保ちつつ、スピード感も兼ね備えているのがクリーニング店のメリットです。先ほども少し触れたとおり、最近では即日サービスを行っているお店も多いため、急用でスーツを要する場合でも間に合うようになりました。また、自宅では実現できないような綺麗な洗い上がりも、洗濯のプロならではの技術力を感じられますよ。


デメリット

クリーニング店のデメリットを強いて言うなら、衣類を店舗まで持ち運ぶ必要があること。車なら楽チンですが、徒歩や自転車での持ち運びは少し億劫に感じるはず。雨など降ったときには最悪です。店舗によって仕上がり日数も異なるため、心配な方は事前にお店へ尋ねてから依頼するようにしましょう。


スーツをクリーニングする方法② 宅配クリーニングに依頼する

スーツクリーニングの主な方法として、最近普及してきているのが「宅配クリーニング」。実店舗のクリーニングと比較される機会が増えていますが、長所がそれぞれ異なるため、どちらが好ましいかはニーズやライフスタイルによってマチマチと言えるでしょう。


仕上がりまでの平均日数と費用

仕上がり日数は、集荷・配達を要するため受け取りまで1週間ほどかかる業者がほとんどです。中には最速で2,3日のところもありますが、スケジュールは余裕を持って組む事をおすすめします。また、費用に関しては実店舗とあまり誤差がないのも嬉しいポイントとです。


メリット

スーツの宅配クリーニングの最大のメリットは、店舗まで持ち運ぶ必要がないこと。業者が集荷・配達までしてくれるため、忙しい方や一人暮らしの方にもおすすめのサービスとなっています。配送料で費用が少し割高なイメージを抱かれがちですが、その分オプションが無料になっている(※例えば、シミ取り等)業者が多いので、あまり損をした気分にはならないはず。現在は東京だけでなく、全国各地にエリアを拡大しているから、地方住みの方でも安心してご利用頂けますよ


デメリット

スーツの宅配クリーニングは実店舗に比べ、完成品の受け取りまで多くの日数を必要とします。そのため、スピード感を重視する方には不向きなサービスと言えるでしょう。他にも、細かい注文などを伝言できる実店舗と比較すると、どうしても業務委託っぽくなってしまうのも宅配クリーニングのデメリットです。


スーツをクリーニングする方法③ 自宅で洗う(手入れをする)

スーツも他の衣類同様に、自分で洗濯される方もいらっしゃるはず。コストもかからないので、自分の気になる部分を重点的に洗えるのも魅力。また、自分のタイミングで洗濯できるため、こまめにスーツを手入れしたい方へおすすめのクリーニング方法です。


とはいえ難しいので、おすすめはできない

いくら自分のタイミングで洗えるとはいえ、自宅でスーツを洗濯するのは至難の業です。とくに高級スーツは、素材をいつも以上にケアする必要があるため、あまりおすすめはできません。コストや日数はかかりますが、スーツを洗うならクリーニングサービスを使用するようにしましょう。


日頃からできるスーツのお手入れで長持ちさせよう。

スーツのクリーニング方法について学んだ後は、誰でも手軽に取り組めるスーツのメンテナンス方法もチェックしておきましょう。スーツの簡単なお手入れ方法は、

  • ①ブラッシングでホコリや花粉を落とす
  • ②連続で着用せず時間を開ける
  • ③すぐにクローゼットに入れず、風通しの良い所で陰干しする
  • ④濡れた時はタオルを使って乾かす

の4点です。ちょっとした事に気を配るだけでスーツの寿命は劇的に延びるため、ぜひ参考にしてみてください。


簡単なお手入れ法① ブラッシングでホコリや花粉を落とす

スーツを着用した後は、ブラッシングでホコリやちょっとした汚れを落とすようにしましょう。特に春先は花粉も吸着しているため、花粉症の方は確実にしておきたいところ。少し値は張りますが、馬毛のブラシ(豚毛などでも可)を一本ストックしておくと重宝しますよ。汚れだけでなく、臭いやシワが気になった時は、スチームアイロンをかけると改善できるのでぜひ試してみてください。その際は、ダメージを与えないようあて布をしてアイロンをかけるようにしましょう。


【参考記事】おすすめのスチームアイロンを厳選しました▽


簡単なお手入れ法② 連続で着用せず時間を開ける

たまにしか着ないという方は別ですが、スーツは同じモノを連続で着用せず、2.3日間隔を空けて着るのが好ましいです。したがって、スーツは2〜3着ほどストックしておく必要があります。決して安い買い物ではないので絶対とは言えませんが、きちんと手入れするためにも1着しか持っていない人はぜひ買い足す事を検討してみましょう。


簡単なお手入れ法③ すぐにクローゼットへは入れず、風通しの良い所で陰干しする

スーツを着用したあとは、すぐにクローゼットへは入れずに、風通しのよいところで陰干しする習慣を身に着けましょう。脱衣後は少なからず衣類に湿気がこもっています。そのため、風通しの良い場所に置くことできちんと湿気を乾かしてあげましょう。誰でも手軽に取り組めるお手入れ術なので、ぜひ試して下さい。


簡単なお手入れ法④ 濡れた時はタオルを使って乾かす

急な雨などでスーツが濡れてしまった際は、タオルを使って早急に乾燥させましょう。水が染み込んでいる部分に優しく押し当てて水分を吸収したり、付着した水滴は軽く弾いて水気を切ったりしましょう。ここで注意したいのが、早くドライしようとして力強くこすってしまうこと。あまりにもゴシゴシすると摩擦でスーツ生地がダメージを負ってしまうため、タオルに水を吸わせるイメージで優しく乾かしましょう。


【忘れずチェック】スーツをクリーニングに出す前に確認すべきこと

手軽にできるスーツのお手入れ方法の次は、実際にクリーニングへ出す前に確認しておきたいポイントについてお届けします。スーツをクリーニングへ出す時は、

  • ①ポケットの中に物が入っていないか
  • ②染みができていないか
  • ③ほつれや穴がないか
  • ④タグの洗濯表示を確認する

以上の4点をチェックしておくのが重要です。店舗・宅配どちらにも共通する大事な項目なので、事前にしっかり目を通すようにしましょう。


クリーニング前に確認すること① ポケットの中に物が入っていないか

スーツをクリーニングへ出す際は、ポケットが空になっているかきちんとチェックしておきましょう。もちろんクリーニング業者も事前にしっかり確認してくれますが、ポケットの構造が複雑な場合、見落としてしまうケースもあります。中でもハンカチやレシート、ガムのゴミは見落としやすいので、心当たりのある方はぜひとも注意したいところです。


クリーニング前に確認すること② 染みができていないか

スーツをクリーニングへ出す時は、染みがないかもチェックしておくのがおすすめ。洗濯のプロが染み抜きを行ってくれるため、事前に把握しておくと説明がしやすく、相手にもオーダーしやすいです。無料で染み抜きをしてくれる業者も多いので、もし汚れが気になるなら事前にくまなく確認しておきましょう。


クリーニング前に確認すること③ ほつれや穴がないか

スーツの裾や襟にほつれや穴がないかも、あらかじめチェックしておくと安心です。ワンシーズンも着用していれば、いくら丁寧に着こなしていても傷んでいる箇所が出てきたってもなんら不思議ではありません。さすがに全部の業者とはいきませんが、現在はほつれや穴、ボタンを修理・修正してくれるクリーニング店が多いのも事実。ただし、追加料金が発生してしまうケースがほとんどなので、心配な方は事前に見積もりをとったり、他のサービスと比較したりしてしっかりと吟味してから依頼するようにしましょう。


クリーニング前に確認すること④ タグの洗濯表示を確認する

相手もプロなのである程度の素材は目利きできますが、色合いを改良するためにポリエステル素材が混ざっていたり、冬場はカシミアが混合していたりするケースがあります。そんな時タグがついていないと、洗い方や使用する洗剤を間違えてしまう恐れが。特に高級スーツほど素材にこだわっているケースが多いため、きちんとタグに洗濯表示がされているか確認しておきましょう。


宅配クリーニングを利用すれば、忙しくてもスーツがきれいに。

スーツをクリーニングへ出す前の確認事項や手順をマスターしても、忙しくて中々クリーニングへ出す時間が作れないと口にする方も多いはず。そこで今回は、仕事で忙しい方にもおすすめしたいスーツの人気宅配クリーニングサービス6選をご紹介します。業者によって特徴や重視するポイント、仕上がりまで何日かかるなどは異なるため、きちんと比較して自分のニーズやライフスタイルにマッチしたサービスを選んでくださいね!


スーツクリーニングにおすすめのサービス1. Lenet(リネット)

スーツクリーニングにおすすめのリネット

利用した方の9割が満足したと口にする圧倒的な質の高さを誇る『リネット』。スーツ以外の衣類も宅配クリーニングしてくれるため、ビジネスマンだけでなく、主婦や一人暮らしの方にもおすすめのサービスです。


Lenet(リネット)のおすすめポイント

リネットの強みといえば、受け取りまでのスピード感が挙げられます。東京を筆頭に最速2日で配達してくれるため、急な予定でスーツが必要になった時でも安心。直接店舗へ足を運ぶより利便性も高いため、仕事で忙しい方や家を空けにくい主婦の方にも人気のサービスです。

公式サイトで見る


Lenet(リネット)の詳細
  • 集荷・配達可能エリア:全国対象
  • 送料:通常会員10,000円以上往復送料無料、8,000円〜10,000円は別途900円(税抜き)、8,000円以下1,800円
  • プレミアム会員:利用金額3,000円以上で無料。3,000円以下で1,800円(※沖縄・北海道は2,600円)
  • 料金設定:ジャケット950円、パンツ(スラックス)660円
  • 仕上がり日数:最速2日
  • 長期保管サービス:最大8ヶ月
  • しみ抜き:無料サービス
  • ハンガー仕上げ:◯
  • 高級ブランド受付:◯
  • 申込方法:ネット申込み
  • 支払い方法:クレジットカード払い・代引き

スーツクリーニングにおすすめのサービス2. リナビス

リナビス.jpg

55年もの長い歴史を誇る老舗業者『リナビス』。主に布団クリーニングを担当している会社ですが、スーツやカジュアルな衣類も丁寧に仕上げてくれます。


リナビスのおすすめポイント

料金システムにパック方式を採用しているため、他のお店では単価の高いスーツやアウターを依頼しても、値段に変動がないのも魅力。家に届いた専用のキットに衣類をいれ、あとは電話で業者に集荷してもらうだけでOK(コンビニに持ち込むのも可)。もちろん着払いになっているため、送料はかかりません。難しい手間が何一つなく、手軽に利用しやすいのもリナビスのおすすめポイントです。

公式サイトで見る


リナビスの詳細
  • 集荷・配達可能エリア:全国対象
  • 送料:無料(※北海道・沖縄・一部離島は税抜き300円必要)
  • 料金設定:5点5,900円
  • 仕上がり日数:最速5日
  • 長期保管サービス:衣類のみ6ヶ月
  • しみ抜き:無料
  • 高級ブランド受付:◯
  • 申込方法:ネット申し込み・電話0795-38-7190
  • 支払い方法:クレジットカード・NP後払い・代引き

スーツクリーニングにおすすめのサービス3. Nexcy(ネクシー)

ネクシー.jpg

全ての工程を手作業で仕上げてくれる『ネクシー』。紙袋やダンボールに詰めて送るだけで良いので、面倒な集荷作業もありません。リーズナブルな価格設定なため、洗いたい衣類を絞って費用を抑えるのもアリです。


Nexcy(ネクシー)のおすすめポイント

ほつれの修理や染み抜きをを無料でやってくれるのがネクシーのおすすめポイント。そのため、クリーニングへ出す前はしっかりと汚れや染みをチェックしておきましょう。スーツも低コストで綺麗にできるため、節約したい方にもおすすめのサービスです。

公式サイトで見る


Nexcy(ネクシー)の詳細
  • 集荷・配達可能エリア:全国対象
  • 送料:関東・関西・九州・四国・信越・東海・北陸エリア→3,500円以上で往復送料無料(下回ると別途1,620円)
  • 東北エリア→5,500円以上で往復送料無料(下回ると別途2,320円)
  • 北海道・沖縄エリア→6,500円以上で往復送料無料(下回ると別途3,420円)
  • 料金設定:ジャケット960円
  • 長期保管サービス:最大8ヶ月 スタンダードプラン〜1,800円、プレミアム〜2,200円
  • しみ抜き:無料
  • ハンガー仕上げ:プレミアムのみ専用ハンガー
  • 高級ブランド受付:◯
  • 申込方法:ネット申し込み
  • 支払い方法:クレジットカード点代引き

スーツクリーニングにおすすめのサービス4. KAJITAKU

KAJITAKU_保管付き宅配クリーニング_.jpg

国内で抜群の知名度を誇るイオングループが展開する家事サービス『KAJITAKU』。メディアに取り上げられるなど、多くの人に使用されている人気のサービスです。


KAJITAKUのおすすめポイント

kAJITAKUの魅力といえば、スーツ類も1,000円前後でクリーニング出来ちゃうコスパの良さ。15点パックにすれば、1点あたり800円まで単価を下げることが可能です。ただし、10点パック、15点パックはお得ですが一人では多いため、ファミリー層におすすめの宅配クリーニングサービスです。

公式サイトで見る


KAJITAKUの詳細
  • 集荷・配達可能エリア:全国
  • 送料:無料
  • 料金設定:15点パック12,000円、10点パック9,800円
  • 長期保管サービス:最長9ヶ月
  • しみ抜き:◯
  • 高級ブランド受付:◯
  • 申込方法:ネット(24時間受け付け)
  • 支払い方法:前払い制

スーツクリーニングにおすすめのサービス5. せんたく便

せんたく便.jpg

全国に30店舗展開している人気の宅配クリーニングサービス『せんたく便』。皮革製品や着物など、特殊な衣類や素材を除くほとんどのアイテムをクリーニングに出せるため、スーツ以外にも綺麗にしたい衣服が沢山ある人におすすめです。


せんたく便のおすすめポイント

最速パックなら5日間でクリーニングを終えたスーツを受け取れます。集荷と配達を挟む分、さすがに2,3日での受け取りとはいきませんが、スピード感もあり送料も無料なので、1週間をリミットに出来る方にはおすすめのサービスと言えるでしょう。

公式サイトで見る


せんたく便の詳細
  • 集荷・配達可能エリア:全国
  • 送料:無料(※北海道・沖縄・離島などは1,800円)
  • 料金設定:最速5パック4,980円等
  • 仕上がり日数:最速5日
  • 長期保管サービス:最大9ヶ月
  • しみ抜き:無料サービス
  • 申込方法:ネット申し込み
  • 支払い方法:代引き・クレジットカード(webにてクレジット登録が必要)

スーツクリーニングにおすすめのサービス6. 白洋舎

東京都内を中心に名古屋・大阪・福岡などにも実店舗を構える日本が誇るクリーニング会社『白洋舎』。老舗ならではの安定感やバリエーション豊かなクリーニングプランも魅力です。


白洋舎のおすすめポイント

スーツや衣類はもちろん、布団やカーペット(絨毯)など、ありとあらゆるアイテムをクリーニングに出せるのも白洋舎の魅力的なポイント。ワイシャツは350円でクリーニング出来るため、日頃からワイシャツ&スーツを着用する方へおすすめです。

公式サイトで見る


白洋舎の詳細
  • 集荷・配達可能エリア:全国
  • 料金設定:上下1,950円
  • 仕上がり日数:最短10日
  • 長期保管サービス:4ヶ月〜1年
  • 高級ブランド受付:◯
  • 申込方法:ネット申込み・
  • 支払い方法:クレジットカード・銀行振込

クリーニングから戻ってきたスーツにすべきこと

最後にスーツがクリーニングから仕上がって戻ってきた際にすべき4つの事をご紹介します。クリーニングに出すまでは完璧でも、ここから先を見落としている方が多く見受けられるため、ぜひこの機会にマスターして、スーツを綺麗に着こなしてくださいね!


クリーニング後にすべき事① ビニールのカバーは外す

意外と思われるかもしれませんが、スーツがクリーニングから戻ってきたら透明のビニールカバーは速やかに外しましょう。汚れや外気からスーツを保護できると思い、次に着用するまで付けっぱなしにする方も多いですが、それではスーツにとってよろしくないのでくれぐれも注意して下さい。


なぜ、ビニールは外す方がいいの?

なぜビニールカバーを外したほうが良いのか?その理由は、ビニールカバーを被せたままでは湿気などがこもって蒸れてしまい、カビの発生などに繋がる恐れがあるからです。特にスーツはクリーニング後は長期保管する事が多いため、クローゼットへ収納する前に、しっかり湿気を飛ばすようにしましょう。


クリーニング後にすべき事② スーツのチェックをする

当たり前のことですが、スーツがクリーニングから綺麗になって戻ってきたら、仕上がりを細かくチェックしましょう。「自分が頼んだ染み抜きは丁寧に行われているか?」「ほつれやボタンの縫い付けはきちんとされているか?」など。お金を払ってプロに頼む分、それに見合う仕上がりかしっかり確認するのが大切です。


なぜ、隅々までチェックするの?

現在はクリーニング業者の数が増えた分、相場があるとはいえクオリティーやプラン、価格設定などもマチマチです。そのため、少しでも納得がいかなければより自分のニーズを満たすクリーニング店を選ぶのがベター。ただし、スーツはクリーニングに出す頻度が少ないため、少し根が張ったとしても自分が納得のいくサービスを選ぶようにしましょう。


クリーニング後にすべき事③ 太いハンガーにかけ直す

意外と知られていませんが、スーツのクリーニング後は太いハンガーにかけ直すのが好ましいです。スーツ・ジャケットに特化したハンガーもあるため、高級スーツなどは確実に太めのハンガー(だいたい肩周辺の厚みが3cm以上)にかけるようにしましょう。


なぜ、太いハンガーに掛け直す方がいいの?

太いハンガーにかけることによって、スーツの型崩れを予防できます。ただし、あまりにも太いアウター用ハンガー(厚み5cm以上)では、逆に型くずれしやすいため、厚みが3〜4cmくらいのスーツハンガーをセレクトしましょう。スラックスは2枚の木の板で挟むズボン吊りタイプのハンガーを用いるのがおすすめです。


クリーニング後にすべき事④ 定期的に風通しの良い場所で陰干しをする

スーツは定期的に陰干しをするのが理想的です。着用する度に干すのはもちろん、クリーニング後もクローゼットへ収納する前に風通しの良い場所に一晩置くようにしましょう。


なぜ、陰干しする方がいいの?

なぜスーツを陰干しするのが良いのか?その理由は、湿気がこもってカビが増殖したり、黄ばんだりするのを防ぐためです。そのため、欲を言えばシーズンオフのアイテムも定期的に陰干しして水分や蒸気を飛ばすのが理想像と言えます。


スーツを綺麗に着こなすなら、宅配クリーニングを有効活用してみて!

スーツクリーニングの種類や話題のおすすめサービスから、スーツの上手な手入れ方法まで詳しくお届けしました。スーツを綺麗に着こなせば、相手が貴方に抱く印象は劇的に好転します。ぜひ宅配クリーニングを上手に活用して、清潔でスマートなスーツ姿を心がけてくださいね!


【参考記事】ネイビースーツは男の格を上げてくれる1着▽


【参考記事】粋な大人メンズを志すなら、至高のシャツを1枚は持っておきたいところ▽


【参考記事】スリーピーススーツを着こなせたら、“いい男”間違いなしです。▽


お気に入り

注目の記事

関連する記事