スキーウェアのおすすめ宅配クリーニング6選。料金・日数・お手入れ方法まで解説

シーズンが終わった後のウェアのクリーニングやお手入れはどうしていますか。今回は意外と知らないクリーニングの費用や日数についてご紹介します。近年のスノーボード人気に乗っかりウェアもレンタルではなく個人で購入した方必見です。来年もゲレンデで使えるよう適切な管理を学んでくださいね。

スキーウェアをクリーニングに出す目安は?

スキーウェアのおすすめ宅配クリーニング

スキーウェアは、シーズンが終わったタイミングでクリーニングに出しましょう。シーズン終わりだと割引キャンペーンをしているクリーニング屋さんも少なくありません。

毎回クリーニングに出すと撥水加工が取れたり生地が傷んで防寒機能が損なわれるので、スキーの次に日に水分を飛ばすために干すことをすれば、毎回クリーニングに出さなくても良いです。

クリーニングに出せば撥水加工はもちろん抗菌加工もオプションでつけることができ、長くウェアを利用することができますので、費用との兼ね合いでワンシーズンに1回〜3回と想定しておけば大丈夫です。


スキーウェアを長持ちさせるためのクリーニングは主に3種類

スキーウェアをクリーニングに出す場合は主に3種類の方法があります。

  • ① 宅配クリーニングに依頼する

  • ② 店舗型のクリーニングへ持ち込む

  • ③ 自宅で洗う

それぞれメリット・デメリットがあるので確認していきましょう。


スキーウェアをクリーニングする方法① 宅配クリーニングに依頼する

ネットから申し込みをするだけで、簡単に利用できる宅配型クリーニング。事前に梱包用のキットを送ってもらえるので、手間なく手軽にスキーウェアを依頼できます。

コンビニで集荷受付可能している業者もあるので、自分で用意したダンボールに詰めて送ってもOK。特にスキーウェアはかさばるので、大きい荷物を運ぶ必要がないのがいいですね。


宅配クリーニングのメリット

宅配クリーニングは、インターネットから簡単に申し込みができ、届け日も指定ができるので一切の手間がかかりません。また大きい荷物を運ぶ必要がないこともメリットの1つです。

自宅にいる時間に確実に受け取れるので、わざわざ寒い中営業時間に間に合うように店舗に行かなくていいのも忙しい社会人や主婦にとっても嬉しいのでは。


宅配クリーニングのデメリット

デメリットは店舗型に比べると費用が若干高いことと、時間がかかることです。一定の金額に達しないと送料が無料にならないところも。

ただし、シーズンオフに保管も兼ねてクリーニングを依頼するなら断然宅配クリーニングのほうがお得なので、使い分けを上手にすることでコストカットが上手くできますよ。


スキーウェアをクリーニングする方法② 店舗型のクリーニングへ持ち込む

店舗型の場合は、スキーウェアを持っていくのが大変ですが、仕上がりは宅配クリーニングに比べると早く仕上がる傾向にあります。急いでいる場合は店舗へ持ち込むことをおすすめします。

また、対面なのでその場ですぐに疑問や料金プランを確認できるので、その点は安心できますね。近所のクリーニング屋さんであれば買い物や仕事帰りに取りに行くことが簡単なので便利です。


店舗型クリーニングのメリット

店舗型クリーニングのメリットは、自宅近くであればクリーニング日数に時間がかからないので、シーズン中でも、次のスキー、スノボの日までに間に合う可能性が高いことです。

また、汚れなどがあればその場で指摘して、確実にシミ抜きをやってもらえるのできれになります。


店舗型クリーニングのデメリット

デメリットは、運ぶときに荷物がかさばるので、一人分だけでもめんどくさい点です。

それが更に家族分ともなれば、大変なんてもんじゃないですよね。また、クリーニングを出す前に事前にスキーウェアの取り扱いがあるか確認しなければいけないので、時間と労力をかけないといけないのは大きなデメリット。


スキーウェアをクリーニングする方法③ 自宅で洗う(手入れをする)

自宅でお手入れをすれば、費用がかかることはないので経済的です。とくに家族全員分のウェアになると金額も上がるため、できれば自宅でお手入れしたいですよね。洗濯機でも洗えるので、人数が多い場合は自分でお手入れするのも1つの手段です。


とはいえ難しいので、結構手間と時間がかかる

自宅での洗濯は費用面を抑えるメリットがありますが、取り扱う素材によっては手間がかかる場合あがります。

また、干し方や乾燥が十分でないと型くずれやカビ、ニオイの原因になるので、プロのクリーニングに任せる方が安心です。


スキーウェアのクリーニングにかかる料金や平均費用の相場は?

スキーウェアは上下別での料金設定となっているので、料金プランを見るときは確認を忘れずに行いましょう。

料金が安いと思ったら実は上着だけだった、ということもあるので、宅配でも店舗でも注意が必要です。


宅配クリーニングの料金・平均費用の相場は?

費用は、上下セットで2,400〜5,000円と値段に多少ばらつきがあります。理由は、宅配クリーニングの多くがパック料金性を採用しているためです。

出せば出すほどお得になるほか、コートやダウンなどお金のかかる衣類と一緒に出しても一律料金のため、スキーウェアを宅配クリーニングにだすなら他の衣類と一緒に定額パック制のプランを選ぶと費用を抑えられますよ。


『リナビス』会員登録でもらえるポイントを使えば安くなる

5点コース7,800円からポイント分333円を利用することで7,467円(1着1,494円)で衣類5点が洗えます。何点スキーウェアを入れて送ってもお値段変わらずクリーニングを行ってくれますよ。

スキー用の手袋やインナーもまとめてパックしてキレイにしてもらえますよ。5点に届かなくても、コートやスーツも一緒に入れられるので、ぜひシーズン終わりにお得な定額パックを利用してみて。

リナビスに依頼する


店舗型クリーニングの料金・平均費用の相場は?

費用はスキーウェア上が平均1,200円、下が平均700円のところが多いですが、店舗によって料金は異なるので、不安であれば事前に確認するのが吉。

店舗型の場合も上下別扱いで料金設定がされているので、汚れた方だけを出すことも可能です。


スキーウェアが仕上がるまでの平均日数や期間も大切!

スキーウェアは撥水加工や断熱素材があるので、普通の衣類よりも日数がかかる傾向にあります。

専門の業者である必要はないですが、街のクリーニング屋さんでもスキーウェアの取扱実績のある店舗を選ばないと機能が低下した状態になってしまうので気をつけましょう。


宅配クリーニングの仕上がり平均日数は?

宅配の場合はサイトによっても異なりますが、だいたい4〜7日手元に戻るまでかかります。通常利用ではなく、サイト会員になると早くお届けしてくれるところもあります。

ただし大規模な工場で一括でおこなっているため、シーズン中でも期間が伸びるkとはあまりありません。安定した仕上がり日数で届けてくれるので近所のクリーニング屋さんが混んでいるときはむしろ宅配クリーニングの利用の方が早いことも。


『リネット』なら最短5日で仕上がる

『リネット』は、他の宅配クリーニングと違って、単品毎の値段設定です。そのため、他の宅配クリーニングと比べると数百円ほど割高ですが、その分日数は早いです。

来週もゲレンデに行く!と言ったときに帰ってきたその日に手続きをして発送すれば、翌週に間に合うので、おすすめですよ。

リネットに依頼する


店舗型クリーニングの仕上がり平均日数は?

2〜3日で仕上がるところもあれば1週間程度のところもあります。夏に使うことはないので、秋口〜春先に出すことになりますが、特にシーズン真っ只中は扱いが増えるので、余裕を持ってクリーニングに預けたいですね。


宅配クリーニングを利用すれば、忙しくてもスキーウェアが綺麗に。

スキーウェアの片付けはついつい先延ばしにしてしまいがちですが、共働きで忙しくてもパソコンやスマートフォンがあれば手軽に依頼できます。梱包して送るだけでスキーウェアが綺麗になるので時間の節約になり、来シーズンに着る時も、パリッとした着心地で気持ちよくスキーが楽しめるのでおすすめです。


スキーウェアクリーニングにおすすめのサービス1. Lenet(リネット)

スキーウェアのおすすめ宅配クリーニングにリネット.jpg

宅配クリーニングでも評判が高いリネットは24時間注文ができ、ダンボールも無料提供してくれます。

スキーウェアも取り扱っており値段は他と比べるとやや高いですが、丁寧に仕上げてくれるので安心です。万が一仕上がりが気になる場合は、期間内であれば再仕上げ(別途料金)を申請することで、再度時間をかけて丁寧に仕上げてくれます。


Lenet(リネット)のおすすめポイント

リネットのおすすめは、何と言っても24時間いつでも注文ができるのでクリーニングの出し忘れを防げます。通常費用がかかるしみ抜きも、リミットなら無料で行ってくれます。

また、ダンボールで受け取ると処分に困る場合は、お申込み時に希望すれば専用のバックで送付してくれるので、ダンボールを処分する手間がかかりません。

受け取り方法も宅配ボックも利用でき、「出張で受け取れない!」なんて時も、住所変更をすれば配達先を変更してくれるので、仕事着などで困ることがありませんね。

公式サイトで見る


スキーウェアクリーニングにおすすめのサービス2. Nexcy(ネクシー)

スキーウェアのおすすめ宅配クリーニングにネクシー.jpg

クリーニング工場は、80年も続く長崎にある老舗の工場なので安心ですね。サービスも充実しており、しみ抜き無料やボタンのほつれを無料で対応してくれます。

大切な洋服は職人の手によって全て手仕上げしてくれるので安心して預けられます。万が一、事故や紛失した場合でも、法律に基づいて定められた基準で対応してくれますよ。


Nexcy(ネクシー)のおすすめポイント

スキーウェアの他にも、他社では細かく書かれていない様な衣類、パーティードレスやブルゾンなどの料金も記載があるので、分かりやすくはっきりした料金で利用でき舞う。また、ウエディングドレスも取り扱いがあるので、思い出の一着を綺麗なままで保てます。

料金も他社と比べて比較的リーズナブルなので利用しやすく、クリーニングに不満がある場合、到着後1週間以内であれば再仕上げを無料で行ってくれます。サービスに疑問や不安な点があればメールや電話でお問い合わせできるので安心できますね。

公式サイトで見る


スキーウェアクリーニングにおすすめのサービス3. リナビス

スキーウェアのおすすめ宅配クリーニングはリナビス

リナビスはコースで料金プランが決まります。初回であれば5点コースは5,900円(税抜き)で利用できるので、冬に利用したコートをプラスして発送すれば、他の宅配クリーニングよりもお得に衣類を綺麗にできますよ。

コースで5点や10点と決まっていますが、オプションで点数の変更も可能なので、柔軟に対応できます。


リナビスは職人の目利きで最適な洗濯方法で洗ってくれる

宅配クリーニングは相手の顔が見えないので、大切な洋服を預けるのを躊躇してしまいますよね。しかし、リナビスなら宅配クリーニングの申し込み方法から疑問まで丁寧に電話又はメールで答えてくれるので、不安なままの利用を避けられます。

クリーニング工程は熟練職人が一点一点チェックし、20種類以上ある洗い方から最適な方法でクリーニングします。

他社と大きく違う点は、到着後1週間以内であれば、再仕上げを無料で行ってくれます。最大で6ヶ月間無料で保管してくれるサービスも魅力的です。

公式サイトで見る


スキーウェアクリーニングにおすすめのサービス4. 洗宅倉庫

業界最速仕上げの宅配クリーニングが評判の洗濯倉庫。最短2日でお届けのスピードクリーニングで、品質も保証してくれ、再仕上無料サービスもあります。

仕上がりが早くて品質の保証もしてくれるのは安心ですが、さらに会員になると特典が充実しているので、新規のお客さんでも初回から入会してしまう程のサービス内容。繰り返し利用するなら、断然会員になっておくことをおすすめします。


オフシーズンは保管も依頼できる

9ヶ月の長期保管サービスを受けることができる洗濯倉庫の保管クリーニング。保管利用は、1点ずつ好きな点数でも、詰め放題でも利用可能です。

料金は会員によって大きく変わります。例えば詰め放題なら、上限20点でゴールド会員会員10,980円+2,000円で最長9ヶ月保管クリーニングが利用できます。また、洗濯倉庫は布団のクリーニングも取り扱っていて、保管も可能。

スキーウェア以外でも利用するなら先に有料会員になったほうがお得ですね。

公式サイトを見る


スキーウェアクリーニングにおすすめのサービス5. デア

『デア』では、衣類を含めたいろいろなものをクリーニングを通してきれいにしている高品質・全国宅配クリーニング&修理&保管を行っています。

納期は他社と比べてやや長いものの、スキーウェアは毎日着るものではないので、そこまで気にしなくていいでしょう。その分、しっかりと時間をかけて処置をしてくれるので、一度購入すれば数年は利用するスキーウェアは長持ち扠せ対人にはむしろ納期が長いのはメリットになりますね。


水洗いで機能性を損なわない

普通は、スキーウェアのクリーニングはドライクリーニングでおこなわれるそうです。でもデアでは、スキー・スノボーウェアも水で丸洗い。そのほうが、スキーウェアの機能性を保ったまま綺麗にできるんです。

水洗いなので、撥水効果が翌シーズンも持続するので、結果物持ちが良くなるので買い替えのコストも下がりますよ。

公式サイトを見る


スキーウェアクリーニングにおすすめのサービス6. リネットプレミアムクローク

リネットプレミアムクロークは数多くの有名アパレルブランドが進める宅配クリーニング業者です。各メディアでも取り上げられ、料金も良心的なので繰り返し利用する人も多い、宅配クリーニングでは有名な会社です。

リネットプレミアムクロークではスキーウェアにとって最高の環境で保管してくれます。湿度と温度が管理された倉庫で最大8ヶ月保管してくれるので、次の冬までクローゼットを占拠することもありません。


有名アパレルが保管に利用するのと同じ水準

保管倉庫は国内有名アパレルが使用する倉庫で保管するので、室温湿度も最適な場所です。料金体制は、1着ごとの計算で1,400円と2,400円[luxe]のコースがあります。

どちらも最長保管期間は8ヶ月ですが、、[luxe]の方は不織布カバーが付いたり、手仕上げをこなったり防虫剤をつけてくれたり、ワンランク上のサービスでスキーウェアを保管してくれます。次に使うまで季節が来るまでベストコンディションで保管できますよ。

公式サイトを見る


店舗に依頼するなら大手クリーニングチェーン店がおすすめ

もし自宅近くのクリーニング店でスキーウェアを依頼するなら、大手クリーニングチェーン店がおすすめ。スキーウェアのクリーニングは難しいため、街の小さなクリーニング店では受け付けていない可能性があります。

大手クリーニングチェーン店であれば、スキーウェアをクリーニングした実績も多く、大切なスキーウェアを安心して任せられますよ。

それでは、店舗型クリーニング店のおすすめ2社をご紹介します。


店舗型クリーニングおすすめ1. 白洋舎

東京都内だけで約250店舗もある『白洋舎』は全国展開している大手クリーニングチェーン店。

料金はドライクリーニングのスキーウェア上下で3,000円からとちょっとお高めですが、スキーウェアのサロペットタイプやワンピースタイプならもう少し安い料金で受け付けています。

また、撥水加工も750円から行ってくれるので、いつまでも大切なスキーウェアを新品同様使えますよ。

さらに、白洋舎では次のシーズンまで衣類を保管してくれる「保管サービス」があります。自宅にあるとかさばるスキーウェアを、次のシーズンまで預かってもらえるサービスは嬉しいですよね。クリーニングと合わせて検討してみてくださいね。

公式サイトをみる


店舗型クリーニングおすすめ2. ホワイト急便

白洋舎同様、都内だけで約250もの店がある『ホワイト急便』。スキーウェアは上下2,500円と値段も良心的。

クリーニング店では珍しい即日仕上げを行っている大手チェーン店ですが、スキーウェアに関しては約1週間仕上がりまでに期間がかかります。

また、店舗によって営業時間や定休日、料金が変動してくるので、クリーニングを出す前に近くの店舗に問い合わせをしてみましょう。

公式サイトをみる


クリーニングから戻ってきたスキーウェアにすぐ行うべきお手入れ

スキーウェアがクリーニングから戻ってきたからと言って、そのままクローゼットにしまったり、圧縮袋に入れて保管をするのはNG。

実はスキーウェアがクリーニングから仕上がって戻ってきた際に、すべきことが3つあります。

クリーニングに出すまでは完璧でも、ここから先を見落としている方が多く見受けられるため、ぜひこの機会にマスターしてくださいね!


クリーニング後にすべきこと① ビニールなど、クリーニングのカバーは外す

クリーニングが終わると必ずと言っていいほど、透明のビニールカバーが着いていると思います。

汚れやほこりから保護できると思って、次に着用するまで付けっぱなしにする方も多いですが、実はこれは間違い。

スキーウェアがクリーニングから戻ってきたら透明のビニールカバーは速やかに外しましょう。


なぜ、ビニールは外す方がいいの?

なぜビニールカバーを外したほうが良いのか?その理由は、ビニールカバーの中で湿気がこもったまま蒸れることで、カビの発生などに繋がる恐れがあるから。

特にスキーウェアはクリーニング後、次のシーズンまで長期保管する事が多いため、収納する前にしっかり湿気を飛ばすように気をつけましょう。


クリーニング後にすべき事② スキーウェアのチェックをする

スキーウェアが自宅に届いたらビニールカバーを外し、清潔な場所で広げて仕上がりを確認しましょう。

汚れやシミが落ちているか、新たにほつれやシミができていないかなど、細かくチェックする必要があります。


なぜ、隅々までチェックするの?

もしクリーニングの仕上がりに満足できなかった場合、無料で再クリーニングを行ってくれるクリーニング会社があります。

その際、自宅に届いてから何日後など、期限が限定されている事が多いので、できるだけ早めに状態を確認することが大切です。


クリーニング後にすべき事③ 太いハンガーにかけ直す

スキーウェアは大きく、重たいため、薄いハンガーを長期間使っていると曲がってしまう可能性があります。そうすると床に落ちてしまったり、型崩れしてしまうなど、せっかくクリーニングに出した意味がなくなってしまいます。

クリーニングから戻ってきたら、まず厚みのあるハンガーにかけ直すようにしましょう。


なぜ、太いハンガーに掛け直す方がいいの?

太いハンガーにかけることによって、スキーウェアは型崩れせず、次のシーズンまで綺麗な状態で使えます。アウター用のハンガー(厚み5cm以上)を用いるのがおすすめです。また、ズボンもたたまずにハンガーに掛けるようにしましょう。


日頃からできるスーツのお手入れ&保管方法も合わせて実践しよう

スキーウェアは自分で洗濯するのが難しいため、クリーニングに出すことは大切です。しかし、クリーニング以外にもスキーウェアを長持ちさせられる方法があります。

日頃からできるお手入れと保管方法なので覚えておくといいでしょう。スキーウェアの簡単なお手入れの仕方は、

①スキーウェアが濡れた時はタオルで拭き、陰干しで乾燥させる ②完全に乾燥したら撥水スプレーをかける ③圧縮袋には入れずにハンガーにかけて保管する

の3点です。少し気を配るだけでスキーウェアの寿命が劇的に延びるため、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【参考記事】

スキーウェアの正しい保管方法とお手軽な保管クリーニングについて解説!


簡単なお手入れ&保管方法① スキーウェアが濡れた時はタオルで拭き、陰干しで乾燥させる

ゲレンデを滑った後など、スキーウェアが濡れたときは優しくタオルで拭きましょう。また、次の日も着用する際は陰干しをして充分乾燥させることが大切です。日干しにしてしまうと色あせる原因になるので気をつけましょう。


簡単なお手入れ&保管方法② 完全に乾燥したら撥水スプレーをかける

クリーニングサービスで撥水加工をお願いしている場合は別ですが、クリーニングから戻ってきたスキーウェアは保管する前の完全に乾燥した状態で撥水スプレーをかけるようにしましょう。

防水スプレーと間違える方がいますが、スキーウェアの素材には防水スプレーは向きません。必ず撥水スプレーを使用するようにしてください。


簡単なお手入れ&保管方法③ 圧縮袋には入れずにハンガーにかけて保管する

スキーウェアがかさばるからと、収納する際に圧縮袋に入れる方がいますが、圧縮袋はできるだけ使わないようにしてください。折ジワがつくだけでなく、ウェアに施されている防水加工が弱まる原因になります。形を整えて太めのハンガーにかけ、通気性の良い日陰の場所で保管しましょう。


スキーウェアのクリーニング利用の際の注意点まとめ

最後に、スキーウェアを出すときに気をつけたい注意点をいくつかまとめます。自宅では気軽に洗えないため、どうしてもクリーニング店に任せることになります。

利用前と利用後にいくつか確認してほしいことがあります。着用後のスキーウェアは汗や雪どけ水など水分を吸っているので、そのままにせずクリーニングに出すまでに適切にメンテナンスしましょう。


【忘れずチェック】スキーウェアをクリーニングに出す前に確認すべきこと

最初はスキーウェアをクリーニングに出す前にチェックしておきたいポイントをご紹介します。自分の目でチェックしておくことで、クリーニングに出したときのトラブル防止にも繋がりますよ。ぜひ、心がけを意識してくださいね。


確認すること① 洗濯表示・品質表示タグと洗濯方法を確認

品質表示タグがないと受け付けていないクリーニング屋さんも多いですが、タグが付いていていもドライクリーニングがだめな場合があるのでクリーニングの洗濯方法を確認しましょう。

ドライクリーニングの場合、スキーウェアの撥水加工に影響を与えてしまって機能が十分活かせない事もあります。クリーニングに出すときは事前に水洗いかドライクリーニングの確認をしましょう。


確認すること② シミや汚れができていないか

次にチェックしたいのがスキーウェアに汚れができていないかどうか。意外と泥ハネやこすった後など目立つ汚れが多いのがスキーウェアです。

あらかじめ自分の目でどこにシミがあるのかチェックしておくことで、店舗型クリーニングの場合はスタッフに伝えることが可能ですよ。

また、宅配クリーニングの場合も添え書きとして同梱することで、落としてもらいたい汚れをきちんと処置してもらえます。


確認すること③ ほつれや穴がないか

特にスキーウェアの場合、ほつれや穴から中綿が飛び出したりするだけでなく、断熱効果も薄れてしまう可能性があるので、隅々までチェックしましょう。

また長期保管後に出してみると、保管状態が悪くて劣化したり虫食いに合っている可能性も捨てきれません。もし補修箇所があるなら宅配クリーニングに出すと、これらのほつれの補修は無料の場合が多いので、おすすめです。

自宅に保管スペースを確保できないなら、保管サービス付きのクリーニングも検討して、ベストコンディションで着られるように保管してもらうのも手です。


【届いたらすぐに!】ドレスがクリーニングから返ってきたら確認してほしいことまとめ

返ってきてそのまま放置したり、クローゼットに入れたりする前に、3つだけ確認をしておいてほしことがあります。

もしスキーウェアの状態に何かあった場合、保証や再仕上げと行った制度を利用できるかもしれないので、期限内に手続きを済ませられるように届いたらすぐ実践をお願いします!


確認すること① 出したスキーウェアはちゃんと揃っているか

まず大前提として、クリーニングの状態ではなく送った衣類が全部返ってきているか、を必ず最初に確認しましょう。

紛失事故は今でこそゼロに等しい確率まで下がりましたが、それでも万が一ってこともありえます。

そのため、過不足なく届いているか見ておきましょう。まれに知らない他人の衣類も混ざっていることがあるそうです。

ない場合は連絡をして探してもらうか補償の申請をしなければならないで、なる早がおすすめです。


確認すること② ほつれや穴、汚れ、黄ばみは発生していないか

宅配クリーニングではほつれやボタン付けなどはだいたい無料サービスでやってくれるので多少ほつれやシミが残っていてもしょうがない部分はありますが、有料サービスだった場合はしっかりと確認をしたほうがいでしょう。

依頼前に気になった部分をしっかりと伝えたにも関わらずきれいになっていないようなら、再仕上げの依頼も検討すべきでしょう。


確認すること③ 再仕上げの期間はいつまでか確認

もし必要なら再仕上げの依頼ができます。各社が定める規定に適合していないと受け付けてくれませんが、明らかに品質が悪い、と感じたら一度連絡してみることをおすすめ。

再仕上げの申請期間が大体1週間〜2週間と短いので、届いたらすぐに確認をして連絡をしましょう!


宅配クリーニングで楽にスキーウェアを新品のように蘇らせましょう

店舗型、宅配クリーニングのメリット・デメリットと、おすすめの宅配クリーニングサービスを紹介しました。

やっぱり忙しい毎日の中、時間と労力をかけずにクリーニングできる、宅配クリーニングを試してみることをおすすめします。きっと綺麗になったスキーウェアに満足できること間違いなしですよ。

【参考記事一覧】

人気の宅配クリーニングをランキング化!最初の使うのにおすすめの業者をセレクトしました

ダウンのおすすめクリーニングと正しいお手入れ方法を解説しています

冬物のクリーニングを一気に出せるおすすめ宅配業者を厳選!

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事