中国旅行でおすすめの観光都市30選|安心して行ける大人気の名所とは

日本海を挟んで、日本の隣にある国『中国』。グルメな国で綺麗な景色が多いことから、人気の観光地となっています。今回は、中国の観光都市を30ヵ所ピックアップしました。それぞれの都市の特徴や観光スポットをご紹介するので、中国へ旅行に行く方はぜひ参考にしてくださいね。

中国観光は都市選びから!大人気スポットの魅力を集めました!

中国のおすすめ観光スポット

ユーラシア大陸の東部に、広大な敷地を持っている国『中国』。

観光スポットがたくさんあります。そんな中国に日本から飛行機で行くとなると、北京へは4時間ほど、上海へは3時間ほどかかります。何と言っても土地が広いので、移動時間にもバラツキがあるんです。重慶へは、6時間30分ほどかかりますよ。

また、中国といえば、中華料理を思い浮かべる方が多いでしょう。中国の中華料理屋は、基本的にどこも美味しいので驚きますよ。どの中華料理屋に入っても失敗が少ないのは嬉しいですよね。ただ、屋台は衛生面が徹底されていない場所も残っているので、お腹が弱い方は特に注意しましょう。事前に調べて買うことをおすすめします。

それでは、早速中国でおすすめの観光都市をご紹介します。気になる都市をピックアップして思い出に残る旅行計画を立ててみてくださいね!


おすすめ都市1. 上海(シャンハイ)

中国おすすめの観光都市「上海」

中国で一番と言っても過言ではないほど人気がある観光都市『上海(日本読み:シャンハイ)』。

世界各地から観光客が集まっているため、有名な観光スポットや高級ホテルの多くでは、基本的には英語を使えば会話に困ることもありません。上海は、東京以外にも大阪や名古屋など主要空港からは直航便が出ているので、旅行地としての訪れやすさもGOOD

上海は、夏と冬がとても長い場所ですので、旅行として行くなら比較的過ごしやすい「3〜5月」「9〜11月」がベストですよ。


上海で行くべきおすすめ観光スポット

そんな上海で人気の観光スポットは『外灘(ワイタン)』。

「東洋のウォール街」とも称される外灘エリアには、ヨーロピアンな建物が並んでいて、夜になると綺麗な夜景が姿を表します。日本で味わえない独特なネオンの融合は、「上海に来たんだ」と強く実感させてくれますよ。

外灘エリアにある、国の昔ながらの庭園『豫園(ヨエン)』は、外せない観光名所。水を基調とした中国風の庭園は、写真映え間違いなし。約2万㎡(東京ドーム8個分)を誇る広大な敷地をゆっくりと散歩しながら、上海の空気を堪能してみてください。

【参考記事】上海で人気の観光地とは。定番から穴場まで詳しくご紹介!▽


おすすめ都市2. 台湾(タイワン)

中国おすすめの観光都市「台湾」

沖縄・与那国島から150kmの距離にある日本から最も近い観光都市、台湾(日本読み:タイワン)。

街並みや文化は、北京や上海など中国大陸の都市とは違い、東南アジアや日本などから刺激を受けた形跡が見られ、日本人にとってもどこか懐かしみを感じる風景が多くの観光客から人気を集めています

ほとんど時差もなく楽しめる観光都市なため、2泊3日の週末旅行として手軽に訪れやすい点も魅力的なポイントでしょう。


台湾で行くべきおすすめ観光スポット

多くの観光スポットがある中で特に人気を集めているのが『九份(ジョウフェン)』。

レトロな田舎の街並みが、ノスタルジックな雰囲気を漂わせています。思わず写真を撮りたくなってしまうでしょう。また、台湾に行ったら忘れてはいけないのが、台湾グルメ。

台湾で一番大きな夜市『士林夜市(シーリンイエシー)』では、小籠包や牡蠣オムレツなど、美味しいグルメが楽しめますよ。

【参考記事】絶対に行きたい!台湾でおすすめの観光名所を大公開▽


おすすめ都市3. マカオ

中国おすすめの観光都市「マカオ」

マカオは、香港と同じく中国の特別行政地区として、栄えている観光都市。特別行政地区とは、中国の制定する行政機関とは別に自分たちで行政を管理する部署を持つ場所のこと。本来マカオは、ポルトガル領だった過去があり、現在でもポルトガル統治時代の法律などが色濃く反映されています。

マカオの面積は、28.6平方キロメートルと都市としては非常に小さめですが、この小さな空間におよそ30の世界遺産があり、短期間でたくさんの観光スポットを見て回るコトができます

日本からは、東京、大阪、福岡など主要の空港からは直航便が飛んでおり、東京からは5時間ほどで訪れることができますよ。


マカオで行くべきおすすめ観光スポット

そんなマカオで人気の観光地は、338mもの高さがある『マカオタワー』。

展望台からは、マカオの街並みが一望できます。マカオタワーから見る夜景は、絶景。また、世界遺産に登録されている『聖ヨゼフ修道院及び聖堂』も、人気の観光スポットとして多くの日本人が訪れています。

【参考記事】マカオのおすすめ観光スポットを徹底解説▽


おすすめ都市4. 北京(ペイチン)

中国おすすめの観光都市「北京」

『北京(日本読み:ペキン)』は、長い歴史を持つ中国の首都。

北京には、東京の他にも大阪や名古屋からも飛行機が飛んでおり、およそ4時間のフライトで現地に到着できます。マカオや台湾などと比べると、少しだけ日数に余裕を持って3泊4日くらいを目安に考えておくと良いでしょう。


北京で行くべきおすすめ観光スポット

世界的に有名な観光スポット『万里の長城』は北京と代表する観光地として、多くの日本人が訪れています。

万里の長城とは、最近話題となっている漫画『キングダム』に登場する嬴政(後の始皇帝)が、中華を統一した後に北の遊牧民族"匈奴"からの侵攻を防ぐために、蒙恬に命じて作らせたおよそ21,000kmの長さを持つ壁。自然の中にそびえ立つ、20,000kmを超える壮大な遺跡を目の前にすると、始皇帝がどれだけ中華を安泰に平和に統治したかったのかを感じられるでしょう。

北京は、高級中華料理『北京ダック』を始めとする「北京料理」が生まれた場所でもあり、グルメも楽しめます。筆者がおすすめする北京ダックのお店は、創業してから150年以上の名店『全聚徳(ゼンシュトク)』。どのお店をも凌駕するジューシーな本格北京ダックは、一度食べればヤミツキになること間違いなし。

【参考記事】北京でおすすめの観光スポットとは。詳しくご紹介します!▽


おすすめ都市5. 大連(ダーリェン)

中国おすすめの観光都市「大連」

港町である『大連(日本読み:ダイレン)』は、たくさんの自然に囲まれていて景色が美しいことから「北海の真珠」と呼ばれている大人気の観光都市。

中国の中でも比較的治安の良い地域になるため、旅行者でも安心して観光できます。ただ、治安が良いとされている大連でさえも、22:00〜の夜道などは、若干スリやひったくりなどに巻き込まれやすいため、深夜の時間帯は出歩かないことをおすすめします。

大連は、中国の中でも日本寄りの観光地なため、飛行時間は3時間弱。東京・大阪・名古屋・北海道などから直航便が出ているため、アクセスが悪くない点も大連の魅力と言えるでしょう。


大連で行くべきおすすめ観光スポット

そんな大連に行った方に訪れていただきたいスポットが『大連老虎灘海洋公園(ダイレンロウコタンカイヨウコウエン)』

海沿いに広がるテーマパークで、国家観光局から5Aクラスの観光スポットに認定されているほど、美しく綺麗な観光スポットです。テーマパークの中には、珊瑚館や水族館、展望台、遊園地などがあり、お子様連れの家族でも楽しく1日中遊び尽くせますよ



LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事