2015年6月30日

あなたのアソコは大丈夫?発情男性を苦しめる亀頭包皮炎とは?

あなたは、コチンにかゆみや痛みを感じたことがありますか?それが原因でセックスできないことはありますか?もしかしたら亀頭包皮炎という病気かもしれません。正しい知識と行動であなたのムスコを守りましょう!

あなたのムスコは病気にかかっていませんか?

 

ほとんどの方が何をいってんだこいつ。と思ったでしょう。しかし、これはすごく貴方にとってもとても大事なことになります。大事な人との営みの時も、一人で営む時もあるでしょう。そんな大事な場面がもし途中棄権で終わってしまったら...。そこで今回は、そんな冗談のようで冗談ではない亀頭包皮炎という誰でもかかるムスコの病気について紹介します。世の男性陣、必見です。女性の幸せのために、チェックしてみましょう。

 

亀頭包皮炎ってなに?

亀頭包皮炎は、包茎の方に多く見られる病気。細菌とカビの2種類が主な原因と言われています。カビと細菌の発生は『性行為』『洗いすぎ』『服とのこすれ』『ストレスや睡眠不足』などがきっかけとなっています。亀頭包皮炎を発症してしまうと、かゆみや痛みを伴い組織液を出してしまうため性行為などは不可能に。ここからもっと詳しく亀頭包皮炎について、順を追って説明していきます!

 

亀頭包皮炎の種類① 細菌型亀頭包皮炎

思い返してみるとかかってたかもしれないと思うのが、この細菌型亀頭包皮炎です。細菌型亀頭包皮炎の症状としては、赤い斑点のようなものが出てくること。かゆみが強く、もしかゆみが発生してもかいてはいけません。悪化をまねく原因として最も多いのが、かくことでほかの場所も傷つけてしまうことになります。

細菌型亀頭包皮炎は、免疫力が落ちてくると8割の男性に発症する確率があります。出来るだけ睡眠をよくとり、綺麗に洗ってあげましょう!

 

亀頭包皮炎の種類② カビ型亀頭包皮炎

カビ型亀頭包皮炎の場合、リトル貴殿が白くお化粧をしている状態になっています。真菌性亀頭包皮炎とも呼ばれていて、細菌型亀頭包皮炎よりも悪い状態です。カビ型亀頭包皮炎にかかってしまう方は細菌型よりもはるかに少なく、痛みやかゆみも強いのが特徴になります。放尿時に痛みが走るのはとても辛く、泣きそうになること必至です。カビ型亀頭包皮炎の対策としては、傷が出来てしまったときは出来るだけすぐ病院にいくこと。間違ってもドラッグストアの市販の薬を試してはいけません。

 

ぶっちゃけ亀頭包皮炎は治るの?

亀頭包皮炎はどちらもしっかりと治すことができます。しかし、市販の薬を使うことは亀頭包皮炎を悪化させてしまう原因にもなりますので、ムスコの異変に気付いた人はできるだけ早めに病院へ行きましょう。細菌型亀頭包皮炎とカビ型亀頭包皮炎との区別は病院でなければ、確定することは難しいため、しっかりと見てもらうことが重要です。もし細菌型かと思い、カビ型だったら、、、。実に危ない状態になりますので早めにいきましょう!勇気をふりしぼって頑張って足を前へ。

 

亀頭包皮炎で大切なのは対策。

亀頭包皮炎の対策としては、まずは知ること。これはもうみなさん、大丈夫です。知らなければ、対処することはできません。亀頭包皮炎が発生してしまうと最悪の場合、悪化しすぎてもうセックスできなくなる可能性も…。亀頭包皮炎は気づいたらできるだけ早く病院にいきましょう。夜の営みや、男の一人きりの楽しみがなくなったら男として生まれた意味がなくなります。生物としての存在意義。しっかりと対策して、あなたのムスコを守ってあげてください。

Smartlog(スマートログ)

注目の記事

関連する記事

こんな記事も人気です!

男を磨き、人生を遊ぶ。
かっこよく、挑戦的であり続けたい現代の男性たちが
自分を楽しんで生きる情報と出会う場所が、Smartlogです。