別れる気はないけど距離を置くのはダメ?ラブラブカップルに戻るコツを徹底解説

恋人に不満があったり、自分の気持ちがわからなくなっている方へ。この記事では、別れる気はないけど距離を置く場合に、別れてしまう理由から、上手に距離を置いて元の関係に戻るコツまで詳しく解説します!

距離を置くと「8割が別れる」と言われる理由|距離をおきたいなら覚悟が必要。

距離を置くと別れる確率

「彼女とちょっと距離を置くのって、別れることになるの?」

「彼氏と距離を置きたいって友達に言ったら、別れることになるって言われたんだけどどうして?」

カップルが距離を置くと、どうして別れると言われてしまうのでしょうか。

まずは、距離を置くと8割が別れると言われる理由について、チェックしていきましょう。


理由1. 恋人が隣にいないことに慣れてしまうから

いつも隣にいる恋人と距離を置くと、最初は寂しい気持ちになってしまうもの。

しかし、一緒に居ない時間が長くなると、その気持ちにも慣れてしまい、いつしか恋人が隣にいなくても平気になってしまうのです。

  • 毎日、会社帰りはいつも一緒に帰ってたけど、1人で帰るのが平気になる。
  • いつも恋人と一緒にあちこち出掛けていたけど、1人でのお出かけでも楽しめるようになる。

など、一緒にいないこと自体に慣れてしまうのです。


理由2. 距離を置いている間に好きな人ができる可能性があるから

恋人と距離を置いていると、どうしても寂しい気持ちになってしまいます。

そんな時期に優しくしてくれる人が現れたら、寂しさも相まって、他の人の優しさに心が揺れ動きやすくなってしまうでしょう。

  • 彼氏と距離を置いている時にずっと友達関係だった男性に優しくされて、つい好きになってしまった。
  • 彼女と距離を置いている事を同期の女性に話したら、思いの他優しく話を聞いてくれて、異性として意識するようになった。

など、恋人が近くにいない分、その人のことを好きになってしまう可能性があります。


理由3. 相手の嫌な部分が見えてくるから

恋人とデートも連絡もしないようにすると、その時間で冷静に恋人の事を考えるようになります。

その結果、毎日のように連絡を取り合っていた頃には見えていなかった恋人の嫌なところに気がついてしまう可能性が高くなってしまいます。

  • 距離を置く間に、毎日のように恋人から言われていた嫌味を思い出すようになった。
  • いつもデートは恋人の行きたい所ばかりで、自分が行きたいところには全然行けていなかったと気付いた。

など、

「思い返してみれば、アレがほんと嫌だったなぁ。」

冷静に恋人と自分の関係について見つめ直すようになります。


理由4. 解決がめんどくさくなるから

一度距離を置いてしまうと、よりを戻すまでに、何度も連絡を取ったり、話し合いをしたりしなくてはならなりません。

しかし、そんなやりとりや原因を解決することが段々と億劫になって、

「会わなくても意外と平気だし、このまま別れた方が手っ取り早いんじゃない?」
class="kuro">「そんな面倒なことをするぐらいなら、いっそのこと別れよう!」

などと考えるようになってしまい、面倒な手間をかけてまでよりを戻す気がなくなってしまうのです。


理由5. 相手に興味がなくなってしまうかもしれないから

こまめな連絡やデートなど、恋人との関わりが必然的に減ってしまうため、どうしても気持ちも離れやすくなってしまいます。

  • 夜寝る前にしていた電話をしなくなって、恋人を恋しいと思わなくなってしまった。
  • 恋人とのデートを楽しみにすることも無くなってしまった。

など、恋人のことを思い浮かべる時間も無くなってしまうのです。


理由6. 相手の気持ちが冷めてしまう

自分は別れる気が無くても、距離を置いているうちに、あなたへの関心が無くなってしまい、恋人が別れる気になっている場合もあります。

  • 会う機会が減ってあなたのことがどうでもよくなる
  • 趣味や友達と遊んでいる方が楽しい

など、元のようには戻れなくなってしまうでしょう。


別れる気はないけど距離を置く時の注意点|期間や連絡頻度のおすすめは?

「彼女と別れる気はないけど、ちょっと距離置きたいな。頭冷やすぐらいの期間ってどれくらいなんだろう?」

「付き合いたてだから、別れたくはないけど、上手に距離置けないかな?」

別れる気はないけど距離を置きたい時には一体どのようにすれば良いのでしょうか?

ここからは、別れたくはないけど距離を置く時の注意点や期間や連絡頻度について、チェックしていきましょう。


注意点1. 喧嘩が原因なら一週間程度にしておく

どんなに頭にきたからと、二週間、三週間と距離を置く期間を長引かせてしまうと、お互いに気まずくなって、関係修復が難しくなってしまいます。

距離を置きたい理由が喧嘩なら、お互いに頭を冷やせる一週間程度を目安にしましょう。

お互いの意見を譲れずに喧嘩になってしまったなら、距離を置いてそれぞれの意見について冷静に考えてみると、落ち着いて話せるようにはずです。


注意点2. 気持ちの整理をつけたいなら三か月くらいが目安

恋人のことで悩んでしまった時は一旦距離を置いて考えたくなるもの。

しかし、あまり長い時間をかけすぎてしまうと、考えることもなくなって気持ちが冷めてしまう恐れがあります。

そのため、短すぎず長すぎない三ヶ月くらいの期間でじっくりと自分の心の中を見つめ直す良いでしょう。


注意点3. 別れる気がない場合ははっきり伝えておく

なぜ距離を取りたいのか相手にきちんと説明しておかないと、

「もう別れる気なのだな」

と解釈されて、相手が別れるつもりになってしまいます。

そのため、別れるために距離を取りたいのではなく、もっと良い関係になるために距離を取りたいことをきちんと説明しておきましょう。


注意点4. 連絡はなるべく控える

距離を置く目的は、自分自身の気持ちに向き合うため

何かと理由をつけて連絡していては、気持ちが揺らいで、自分自身の本当の気持ちを見つけられなくなってしまいます。

  • デートできなくて寂しいからと、毎日にように電話しない。
  • 距離を置いている間、恋人がどうしているのか気になるからと、LINEを送らない。

など、どんなに寂しくても、ここはグッと堪えて連絡はできる限り控えましょう。


注意点5. 次に会う日を決めておく

距離は置いたものの、次にいつ会うのかしっかり決めておかないと、ズルズルと距離を置く期間が長くなり、関係も自然消滅しがちです。

など、次に会う日がはっきり分かっていれば、それまでに、自分たちがぶつかっている問題の答えを用意出来るでしょう。

また、距離を置いている間に恋人のことが恋しくなっても、

「あと、〇〇日したら彼に会える!」

と、気持ちも奮い立たせやすくなります。


注意点6. お互いが納得をしてから距離を置く

距離を置く時には、お互いに距離を置く事に納得してからにしないと、2人の関係を悪化させてしまう可能性があります。

相手が反対しているのに、勝手に距離を置いてしまうと、関係は修復出来なくなってしまうでしょう。


注意点7. 距離を置いてる最中の接し方を話し合っておく

恋人が同じ職場や学校にいる場合、距離を置きたくてもうっかり顔を合わせてしまう場合もあります。

そんな時に、お互いにギクシャクしたり、トラブルになったりしないよう、事前に接し方を話し合っておきましょう。

  • 職場恋愛なので、職場でうっかり顔を合わせた時は、社会人として最低限の挨拶だけするように決めておく。
  • 学校で顔を合わせた時は、お互いに必要以上話しかけないように決めておく。

など、きっちり決めておきましょう。


別れる気はないけど距離を置くメリット|どんな効果が期待できるの?

別れないけど距離を置くのって、なんだか色々面倒そうですよね。

それでも、カップルが距離を置くメリットは一体なんなのでしょう。

ここからは、別れる気はないけど距離置くことで得られるメリットや、期待できる効果についてチェックしていきましょう。


メリット1. マンネリを解消できる

付き合いが長くなればなるほど、付き合いたてのような気持ちは薄れてしまいます。

しかし、距離を置くことで再び会った時に、まるで出会った頃のような新鮮な気持ちでお互いに向き合えるようになるのです。

中々会えなかったことの寂しさや、久々に会えた喜びから、付き合いたての頃に恋人に感じていたようなラブラブな気持ちを自然と感じられるようになるでしょう。


メリット2. 相手への気持ちを再確認できる

すぐ隣にいることが当たり前だった存在がいなくなることで、恋人の事がいかに大切だったのか、改めて実感できるようになります。

  • お笑い番組を見て、一緒に笑い合えることがどんなに大切な時間だったのか実感できる。
  • 1日の終わりに、他愛もないお喋りをすることで、自分がいかに癒されていたのか、距離を置くことで身に染みるようになる。

など、距離を置く事で、当たり前すぎて気が付かなかった気持ちに気がつくのです。


メリット3. 自分とゆっくり向き合うことができる

恋人と距離を置く事で、自分だけの時間が増えます。

その時間を使って自分自身を見直す事ができるため、恋人のことや2人の今後のことを冷静に判断できるようになるのです。

恋人と距離を置く前は、見えなかった自分の本当の思いなどと、ゆっくり向き合えるようになります。


メリット4. より深い絆が生まれる

距離を置くことで、恋人への気持ちを再確認できれば、再会した時にお互い自然とより強い絆が生まれやすくなります。

特に、3ヶ月など長い期間、距離を置いている間に、お互いに恋人の大切さも実感しているので、再会後は自然とお互いをより気遣った言動ができるようになります。


メリット5. 執着心を捨てることができる

恋人と距離を置き、1人になってみることで、精神的な自立心が生まれ恋人に必要以上に依存しなくても済むようになります。

「常に一緒にいたい。出かける時は絶対一緒がいい。」
「今どこで誰と何をしているのか全部知りたい。」

など、恋人への執着心や束縛心から離れる事ができるようになるのです。


別れる気はないけど距離を置く時のポイント|元の関係に戻るための注意点とは?

「別れたくないけど、ちょっと距離取りたい時って、何か注意したほうがいいこととかあるのかな?」

「距離を置いたらやっぱり別れちゃうかな?別れない距離の取り方とか、注意点とかあったら先に知りたいな。」

せっかく距離を置いたのにそのせいでより悪い結果になりたくはないですよね。

ここからは、別れる気はないけど距離を置く時のポイントや、元の関係に戻るための注意点について、チェックしていきましょう。


ポイント1. 相手の友人周りに相談してみる

恋人だからと言って、思っていることを全て言ってくれるとは限りません。

しかし、恋人の友人なら、あなたに直接言えないことも知っている可能性があります。

恋人の友人にそれとなく聞いてみることで、

「◯◯から何か聞いてない?」

などと聞くことで、今後の付き合いに活かせるでしょう。


ポイント2. 言葉選びは慎重にする

別れる気はないと言っても、大好きな恋人から距離を置きたいと言われたら、ショックを受けるのは当然のこと。

距離を置きたい理由がなんであれ、恋人を傷つけないように言葉遣いは慎重にしましょう。

例えば、

「俺たち、お互いに頭冷やした方がいいと思うんだ。」
「2人にとって必要」

などと、距離を置くことがお互いにとって良いことであるとアピールしましょう。

一方的に「距離を置きたい!」と言ってしまうと、突き放したように聞こえてしまうので、気をつけて下さいね。


ポイント3. 相手の考えも尊重する

距離を置くことは、あなただけではなく恋人にも大きな影響があることです。

一方的に距離を置くことを決めるのではなく、恋人の考えもしっかりと尊重して、距離を置く期間や連絡の頻度などを決めましょう。

2人が納得できる期間、距離を置くことで2人の関係も対等になり、再会後に関係修復もしやすくなりますよ。


ポイント4. 距離を長く置きすぎない

もっと一人で考えたいからと、距離を置く期間を長くしすぎると、恋人の気持ちは離れやすくなってしまいます

最初から長い期間距離を置くのではなく、まずは短期間距離を置いて、そこから元に戻るか、さらに距離を置くか、話し合って決めるのもおすすめですよ。


ポイント5. 自分の感情をSNSに投稿しない

恋人と距離を置いている期間は、心のモヤモヤをどこかに吐き出したくなるもの。

とはいえ、SNSに心のうちを投稿してしまうと、その投稿を恋人が見てしまったら、動揺したり傷ついたりと、良いことは何もありません。

また、恋人間のとってもプライベートな内容を第三者に見られて好き勝手コメントされるのは、相手の気分を害してしまうでしょう。


距離をおいた後にラブラブなカップルに戻るコツ

「彼と距離を置いたら、付き合い始めみたいなラブラブカップルに戻れるかな?」

「距離を置いたら、余計ギクシャクしそうで距離置きたいって言い出せない。どうしたらいい?」

距離を置いた後に、距離を置く前よりも仲良しカップルになるためには、いくつかのコツがあります。

ここからは、恋人と距離を置いた後にラブラブなカップルに戻るコツについて、チェックしていきましょう。


コツ1. 不安にさせたことを謝る

距離を置くきっかけとなった事がなんであれ、距離を置きたいと切り出したら、恋人を不安にさせてしまうもの。

まずは、恋人を不安にさせたことを謝りましょう。

  • 「距離置きたいなんて言ってごめんね。」と、きちんと目を見ながら謝る。
  • 「ごめんね。〇〇ちゃんのこと、不安にさせたよね。」と、恋人の気持ちに寄り添う言葉と共に謝る。

などと、不安にさせたことを謝る時は、恋人の気持ちに徹底して寄り添うことがとても大切です。


コツ2. できる限りの愛情表現をする

大好きな恋人から距離を置かれてしまったら、どうしても不安になってしまいます。

再会したら、そんな恋人の不安な気持ちを解消すべく、以下のようにできる限りの愛情表現をすることがとても大切です。

  • 距離を置いていた間、どんなに恋人の事が恋しかったか、丁寧に説明する。
  • ハグやキスなど、恋人が求めるまま応じてあげる。

特に距離を置く期間が長ければ長いほど、恋人の不安も大きく深くなっていきます。

恋人が安心できるまでしっかりと愛情表現をしてあげましょう。


コツ3. 距離を置きたくなった原因を改善する

二人の間に何か問題が生じた時に距離を置いても、その根本の問題を解決しないとまた繰り返してしまうだけ。

そのためにはしっかりと、

  • 距離を置いた理由はどうしてなのか
  • 今後一緒にやっていくためにはどうしたら良いのか

などを考えて、再会後は、2人できちんと手を取り合っていくことがとても大切です。


コツ4. 自分の考えをしっかりと話す

距離を置いていた間に恋人が何を思ってどんなことを考えていたのか、どうしても気になってしまうもの。

変に隠したりせず、以下のように素直に正直な想いを伝えましょう。

  • 距離を置いていた間、1人で過ごしてどう感じたのか、恋人の大切さを実感したのか、など、ごまかすことなく話す。
  • 別れが頭をよぎった事や、デートや電話の頻度を減らしたいと思った事なども、包み隠さず話す。

など、しっかり伝えることで、不安な気持ちを払拭して後腐れなく、お互い気持ち良い気分で今後も付き合っていけるでしょう。


コツ5. 以降は距離を置かない

頻繁に距離を置いてしまうと気持ちが離れる可能性が高くなるため、できるだけ繰り返さないようにした方が良いでしょう。

そのため、もう2度と距離を置きたいと思わなくても良いように、再会後はしっかりとお互いを大切にするよう心がけることが重要

再会後、しばらくしてまた恋人と距離を置きたくなったら、なぜ前回距離を置いたのか、その時どう感じたのかなどを思い返しましょう。

そのうえで、距離を置くのではなく、しっかりと話し合いをして2人で乗り越えていくのがおすすめですよ。


別れる気はないけど距離を置く場合はしっかり相手と相談して。

毎日のようにデートしたり連絡したりしている恋人と距離を置いて、1人になりたい思うことってありますよね。

しかし、自分勝手な理由で唐突に距離を置いてしまうと別れる可能性が高くなってしまいます。

そのため、別れる気はないけど距離を置きたいのであれば、お互いに納得する形で距離を取らなくてはなりません。

今の恋人との関係に悩み、少し距離をとって1人で考えたいのであれば、今回ご紹介したコツをぜひ参考にしてみてくださいね。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事