好きな人から返信が遅い理由。脈ありか脈なしか見分けるポイントと対処法を解説!

好きな人の返信が遅い理由を知りたい人へ。本記事では、好きな人の返信が遅い理由から、脈ありの見分け方まで大公開!返信が遅い時の対処法とNG行動も解説していきます!

好きな人から返信が遅い理由|LINEの返事が遅いのはなぜ?

好きな人から返信が遅い理由

「好きな人にLINEを送ったけど、返信が遅い。相手の心理を知りたい」

「LINEの返事が遅い理由は何だろう?」

気になる人とLINEのやり取りを行っている時、返信が遅いと心配になりますよね。

ここからは、好きな人のLINEの返事が遅くなる理由を解説します。

男性も女性も当てはまる内容なので、参考にしてください。


理由1. 仕事やプライベートが忙しいから

日々やることに追われています。

普段の仕事やプライベートが忙しく、単純に返信する暇がないだけ

  • 社会人として働いている人なら、毎日帰りが遅くスマホを触る時間が少ない
  • 趣味が多い人なら、自分の好きなことに没頭しておりLINEをあまり見ない

などの理由が考えられます。

返信する気持ちはあるものの、どうしても目先の出来事に追われているのです。


理由2. 駆け引きをしているから

相手が、自分に対して好意をもっていることに気づいてはいるものの、さらに好きになってほしいため、気持ちを揺さぶっています。

駆け引きの内容としては、

  • 既読をつけたけど、返信するのは明日にする
  • 通知でLINEが来ていることはわかっているものの、見るのは数時間後にしよう

このように考え、相手を心配にさせたいのです。

基本的には、遅くても翌日には返信が返ってくるでしょう。


理由3. 返信の内容を考えているから

「どう送ればやりとりが続けられるだろう」

という心理状態です。

相手に良い印象を与えたいと考えており、丁寧に返信しようと考えています

しかし上手い返し方がなかなか思いつかず、時間ばかりが経過しているのです。

また、返信しづらい内容の場合、返事に困っているケースも考えられます。

このような場合は、「うん」「そっか」などのそっけない返事は来ないでしょう。


理由4. そもそもそういう性格だから

元々マメではない性格をしており、返信が遅いことも悪気があるわけではありません。

あなただけに対して遅いわけではなく、誰に対しても遅いのです。

  • 返事が遅くなることがザラにある
  • 遅くはなっても数日後には返信がくる

など、これまでのやり取りを思い出せば、思い当たる節があるのではないでしょうか。

こんな性格なので、本人が気が向いたときに返信がきますよ。


理由5. 相手の中で優先順位が低いから

あなたに対してあまり興味を持っていない心理が働いています

他の相手との返事を優先したり、用事を済ませたりした後に返信をすれば良い、と考えているのです。

優先順位が高いものとしては、以下の内容などが考えられます。

  • 他の好きな人とのやり取り
  • 学業や仕事などのやるべきこと
  • 自分の好きな趣味

残念ながら「時間ができたら返す」くらいの気持ちでしか、あなたのことを考えていません。


理由6. やりとりが面倒だと思っているから

LINE自体のやりとりが得意ではなく、どちらかといえば電話や直接会話する方が性に合っていると感じています。

特に男性に多い傾向があり、片思い中の女性は「もしかして脈なしかも」と心配することもあるでしょう。

心理としては、

  • 顔が見えないからどうも苦手
  • 既読してからすぐ返さないといけない気持ちになる

のようなもの。

他の方法ならやりとりしても良いと考える人もいるでしょう。


好きな人から返信が遅い場合、脈ありサインの見分け方は?

「好きな人から返信が遅い場合は、諦めた方がいいの?」

「脈ありサインはどのように見分ければいい?」

気になる人から返信が遅いと「脈なしかもしれない」と心配になってしまいますよね。

では、どのような行動が脈ありとみなせるのでしょうか。

ここからは、好きな人から返信が遅い場合の、脈ありサインの見分け方を解説します。

好きな人のささいな行動をチェックして、恋愛を有利に進めていきましょう。


見分け方1. 話題を広げようと質問してくれるかどうか

好きな人に対して質問することは、興味があったり気を遣ったりしているからです。

どうでもいい人にはそもそも興味がないため、話題を広げようともしません。

  • 脈ありの場合、やりとりの最後に「?」などがつき、やり取りが終わらない
  • 脈なしの場合は、要件がすんだら「またね」と終わりにする

このようなパターンがあるので、チェックしてください。


見分け方2. 何気ない会話が毎日続くかどうか

気になる人と会話が続くと幸せだと感じます。

連絡を取ることが苦ではなく、楽しいと思っている証拠です。

何気ない会話とは、

  • 朝や寝る前のあいさつ
  • 毎週見ているテレビ番組の話題
  • 今日の天気
  • 学校行事や部活動などの共通の話題

など。

脈ありの場合は大したこのない内容で1日1通でもLINEがくるでしょう。


見分け方3. 恋愛の話を聞こうとしてくるかどうか

やり取りしている相手が自分のことに興味がある場合は、恋愛の話をして探ってきます。

また、相手の好みのタイプを聞くことで、自分が理想の人に近づきたいと考えている可能性もあります。

聞いてくる内容としては、

  • 好きなタイプ
  • 過去の恋人の話
  • 理想の恋愛
  • 付き合ったら何をしたいか

このような話が多いでしょう。


見分け方4. 以前に話した会話の内容を覚えてくれているかどうか

気になる人との会話は印象に残りやすいものです。

自分が覚えていないような、何気ない会話でも覚えている場合もあります。

  • 初めて会話をした時に交わした内容
  • 共通の趣味で盛り上がった時の話

など、自分にとってはささいな話だったかもしれません。

しかし気になる相手からしたら、いつまでも忘れらない話題なのです。


見分け方5. やりとりの中で名前を呼んでくれるかどうか

親しくなりたい気持ちがある人は、名前を読んで距離を縮めようと考えています

逆に興味がなければ、他人行儀でも構わないと思っているため、名前を呼ぼうともしません。

やりとりとしては、以下のような内容が考えられます。

  • 仕事の話をしている時に「〇〇さんはどう思いますか」と聞く
  • 朝会った時「△△さん、おはようございます」と声をかける

会話の中で特に名前を言わなくてもいいところで、あえて名前を入れて距離を縮めようとするのは、脈アリの可能性が高いでしょう。


好きな人からLINEの返信が遅い時の対処法|返信したくなる内容とは?

「好きな人からなかなか返信がかえってこない。どうすればいい?」

「返信したくなる話題はどんなものがある?」

待てども待てどもLINEの返信が返ってこないと、何度もスマホを見返してしまいますよね。

ただし返信が来ないからといって、誤った内容を送ってしまうと逆効果です。

ここからは、好きな人のLINEの返信が遅いときの対処法を解説します。


対処法1. 相手の好きなものに対する話題を振ってみる

興味がある話題だったら、自分から話したくなるはずです。

自分の話をしたい気持ちをぐっと抑えて、相手の好きなものの話をしてみましょう。

返ってきやすい話題としては、以下のような話題を参考にしてください。

  • 相手が好きなスポーツ
  • 相手がよく聴いているバンドやアーティストの曲
  • 映画鑑賞が好きならおすすめを聞いてみる

もし、相手の好きなものが分からなければ、質問して聞いてみましょう。

きっと自分から積極的に話してくれますよ。


対処法2. 思い切って電話をかけてみる

人とのやりとり自体が苦手なのではなく、LINEでのメッセージだけが得意ではない人もいます。

そのような場合は、電話だと話してくれることも。

  • 電話をかける前にLINEで「今から電話していい?」と聞く
  • いきなり電話して出なかった場合は「急に電話してごめんね」とLINEしておく

このように、相手のことを考えると好感度が上がりますよ。

コツとしては、好きな人が一息つける時間帯を狙うと、電話に出てくれる可能性が高くなります。

また、意外な行動をされたことで気持ちが揺さぶられ、インパクトを与えるかもしれないので、おすすめです。


対処法3. 急激に連絡を減らしてみる

これまでよく連絡が来ていた人からLINEが来なくなると、「もしかしたら冷められたかもしれない」と不安になるもの。

相手に脈があれば、気になって連絡してくる期待ができます

連絡する頻度を減らす目安としては、

  • 毎日LINEをしていた人は、2~3日ほど空けてみる
  • 相手から連絡がきてすぐに返信していた人は、翌日に返すようにする

のように試してみると良いでしょう。

連絡を減らしすぎると、相手が興味をなくす可能性があるので注意が必要です。


対処法4. 返信ペースを好きな人に合わせる

やりとりするテンポが自分に合っていると、ストレスを感じにくいもの。

また「この人は自分に合っているかもしれない」と思わせる効果も期待できます。

  • 10分で返ってきたら、既読後10分くらいで返す
  • 1日に3通程度の人には3通程度で押さえておく

早く連絡したい気持ちはわかりますが、ガツガツしすぎるとやりとりがめんどくさいと思われてしまう可能性があります。

長期的なやりとりができるように、ペースを合わせてみてください。


対処法5. 好きな人が興味のある写真を送ってみる

文面で連絡が来ていない分、返信する内容を考えなくて良いため、心理的な負担も減り連絡しやすい効果が期待できます。

何を送ればいいかわからないときは、

  • バンドをやっている人ならばギターやベースなどの楽器の写真
  • 野球をしている人ならバットやグローブ、有名選手の写真

などを参考にしてみて。

コツとしては、会話の流れに合っている写真を選択しましょう。

どうでもいい写真だと、どう返せば良いのか分からなくなってしまいますが、興味のあるものだと返信しやすいですよ。


対処法6. 好きな人を思い切ってデートに誘ってみる

普段はなかなか返信をくれない人も、急にデートに誘われたら嬉しくなり返信したくなるかもしれません

デートの日取りを決める場合はやり取りが必要になるので、必然的に連絡が増えます。

デートの内容としては、

  • 相手がスポーツをするのが好きならば、好きな人の得意なスポーツに誘う
  • SNSに写真を投稿するのが好きな人なら、話題の映えスポットに誘う

このように、相手の好みに合わせると良いでしょう。

自分の好きな内容だと、デートの誘いに乗ってくれる確率が上がりますよ。


対処法7. 「時間がある時に…」と相手を気遣う

LINEを受信した側としては「早く返信しないといけない」と感じているかもしれません。

そこで、急いで返信しなくても良いと伝えることで「この人は気楽に話せる相手だな」と感じてもらえるでしょう。

気遣う内容としては、以下のような文面が効果的です。

「いつも忙しそうなので、気がついたときで大丈夫ですよ!」

「急いでいない内容なので~」

相手の心理的なストレスが減れば、自然と返信してくれるようになるでしょう。


【NG行動】好きな人からLINEの返信が遅い時にやってはいけないこと

好きな人からなかなかLINEが返ってこないからといって、焦ってはいけません。

やってしまうと逆効果になってしまうことがあるのです。

ここからは、返信が遅いときにやってはいけないことを6つ紹介します。

この注意点を見れば好きな人から嫌われずにすみます。面倒かもしれませんがチェックしてくださいね。


NG行動1. スタンプ連打

好きな人がLINEの通知をオンにしていると、通知が鳴り続けるため、うっとおしく感じてしまいます

またスタンプだけだと、どのように返信すれば良いのか分かりにくく、さらに返事を遅らせてしまうことにもなりかねません。

スタンプを送るのであれば、メッセージを送ったあとに一度だけにしておくと、好きな人にもうっとおしく思われないでしょう。


NG行動2. 「なんで返信くれないの?」と理由を聞く

LINEのメッセージに返信をしないのは、何かしらの理由があるから

その理由を察してくれないと、好きな人から、

「面倒な性格の人だな」

「いちいち説明しないとわかってくれないわけ?」

と思われてしまい、せっかくいい感じだったとしても冷められてしまうかもしれません。

理由を聞きたくなってもぐっとこらえて、メッセージがくるのを待ちましょう。


NG行動3. 「おーい笑」と、返事を催促する

付き合っているわけではないのに、返事を催促されている感じがして嫌だと感じてしまいます。

また「笑」とあると、バカにされているような気がしてしまい、いい気持ちにはならないでしょう。

急ぎの予定ではない場合は、向こうからの返信を待ってください。

デートの日程を決めるなどでどうしても連絡が欲しい時は「忙しいところごめんね」と、一言付け加えましょう。

これだけでも相手の印象がよくなりますよ。


NG行動4. 違う連絡手段でメッセージを送る

LINEでの返信がないからといって、TwitterやInstagramなどのSNSのDMを利用すると、ストーカーのように思われてしまいます

「もしかして自分の行動が監視されている?」と感じてしまい、いい気持ちはしないでしょう。

もしSNSを更新していても、基本的には返信を待ってください。相手の都合が良いときにメッセージが返ってきますよ。


好きな人の返信が遅いのには理由がある。気長に待って距離を縮めていこう。

好きな人からLINEの返信が遅いのは、忙しかったり、返信の内容を考えていたりするなどの理由が考えられます。

しかし、待っている側からすれば理由は分からないので「嫌われたのかな」と心配になってしまうこともあるでしょう。

この記事では脈ありの見分け方や、返信が遅いときの対処法などを紹介しました。

好きな人が男性でも女性でも使える内容なので、自分事として実践すると良い方向に進みますよ。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事