ダイエット中なのに体重が増えた原因とは?実は太ったわけではない理由を解説!

ダイエット中なのに体重が増えた理由を知りたい方へ。本記事では、ダイエット中なのに体重が増えた理由や原因を大公開!1日で太ってしまった時の対処法も紹介していますので、気になった方はぜひ活用してみてください!

ダイエット中なのに体重が増えた理由|痩せようと頑張ってるのに太ったと感じる原因は?

ダイエット中なのに体重が増える原因は

減量のために行うダイエット。それなのに体重が増えれば悲しくもなりますよね。

確かにダイエットがうまくいっていないことも考えられますが、それほど悲観すべき理由ではない場合も多いものです。

そこでまずはダイエット中、急に太ってしまった原因を探っていきましょう。

理由さえわかれば対処の方法も見つかりますので、ご自身が太った原因をしっかりと見極めてください。


ダイエット中に体重が増えた理由1. 体重計に乗るタイミングが違うから

何かを食べれば体重は増え、排泄すれば減るのは当然。また、運動して汗をかけば体重は減り、水分を補給すればまた増えます。

その他、寝てる間にも基礎代謝によって脂肪は燃焼されているため、寝る前の方が朝起きた時よりも体重が重くなります。

つまり、体重計に乗るタイミングがまちまちでは、正確なダイエット効果は確認できないということ。前日は朝、今日は夜など、体重計に乗るタイミングが日によって違うと、体重が増えてしまったんじゃないかと考えてしまいがちです。

そのため、毎日同じタイミングで体重を測定するよう心掛けてみてください。


ダイエット中に体重が増えた理由2. 頑張ってるご褒美として、食事量を増やしてしまったから

食事量を増やしてしまったから

運動すればお腹が空くし、「トレーニング頑張ってるから、これぐらいは」などと、油断してつい食べすぎたりしてしまうものですよね。

ダイエットの基本は、摂取カロリーを抑えて消費カロリーを増やすこと。どれだけ運動でカロリーを消費しても、それ以上に食べていては痩せることは不可能です

運動しているのに体重が増えてしまった場合は、食事面の見直しを行いましょう。

1日食べすぎただけならすぐに取り戻せるため、特に糖質・脂質、また塩分の取りすぎには注意してくださいね。


ダイエット中に体重が増えた理由3. ハードな筋トレをしたため、体に水分を溜め込んでいる

筋肉はトレーニングによる筋繊維の破壊と再生を繰り返すことで大きくなっていくもの。その筋肉の修復過程において、炎症を直すために体に水分を溜め込むことにより一時的に体重が増えます

急に太った人のうち、ハードな筋トレを頑張っている人の場合は、この体のメカニズムによって体重が増えた可能性が高いでしょう。

もし、この原因なら心配は無用。しっかりとした筋トレができている証と言えますよ。


ダイエット中に体重が増えた理由4. 生理前で体に水分が溜まっている

生理前で体に水分が

女性の場合、筋肉も体脂肪も増えてないのに体重が増加することがあります。それが生理前。排卵後は妊娠している可能性を想定してプロゲステロンという黄体ホルモンが分泌され、その影響で栄養や水分を溜め込もうとするのです。

なんとその体重増加量は最大で2kg。そのため、ダイエット中なのになぜか体重が増えたという女性の方は、生理前かどうかも確認しましょう。

この原因による場合は、生理が始まれば自然と水分が抜けて体重も元に戻るので心配ありませんよ。


ダイエット中に体重が増えた理由5. 便秘が数日間続いているから

排泄されなければ当然体重は減りません

便秘は体重増加や太る原因ともなるためダイエットの大敵ですが、実はそのダイエットによって便秘になることも多いのです。

減量中に便秘になる第一の理由は、極端な食事制限による栄養と脂質の不足。栄養素は相互に連携して働くために欠けているものがあると便秘になりやすく、潤滑油の働きをする油分が不足しても便通が悪くなるのです。

その他、ダイエットのストレスでも消化器官の働きが低下して便秘になることがあります。

そのため、便秘が続いて体重が増えた方は、あまりストレスを溜めない工夫をするとともに、EPA・DHA・リノレン酸などのダイエット向きな油を取り、サプリメントも視野に入れた栄養補給を考えましょう。


ダイエット中に体重が増えた理由6. 水分不足で水分を溜め込むモードになっている

水分不足

人体は水分量の多い血液が循環することで正常に保たれているため、水分が不足すると体は危険を感じて水を溜め込もうと働きます

つまり、ダイエットやむくみ解消のための水抜きは逆効果になるということ。運動も食事制限もしているのに、なぜか体重が増えたという方は水不足にも注意してください。

水分が不足すると血液循環が悪くなり、老廃物の排出・栄養の運搬がスムーズに行われなくなるため、寝てる間にまで多くのカロリーを消費してくれる基礎代謝まで下がってしまうのです。


ダイエット中に体重が増えた時の対処法|体重を戻す方法は?

体重が増えた時の対処法

様々な理由によって、ダイエット中に体重が増える場合もあることはご理解いただけたことでしょう。

ただ、原因がわかっても、どう対処すれば良いのかを知らない方もいらっしゃるはず。

そこでここからは、増えてしまった体重を戻す方法をご紹介します。ご自身の原因と照らし合わせてうまく活用してください。


対処法1. 水をたくさん摂取し、不要な水分を排出する

むくみなど体に水分が溜まる原因は、水の取りすぎではなく血液循環の不良。逆に水分が不足しているから起こる現象です。

そのため、水を溜め込むモードになっていて体重が増えたと感じている方は、水を多く取ることで体内の不要な水分を排出してしまいましょう。

毎日2Lぐらいの水を飲めば、栄養の運搬や老廃物の排出もスムーズになって基礎代謝も上がり、寝てる間の消費カロリーまで増えます。

ただし、一度に大量に飲んでも吸収されにくいため、こまめな水分補給を心がけてください。


対処法2. 糖質の摂取量を減らす

糖質を減らす

糖質を多く取ると脂肪がつく原因になる上、体内に貯蔵される過程で水分を多く取り込む特性から、体重が増えてしまいます。

糖質は通常、活動エネルギーのために血液中に保持され、余剰分はグリコーゲンとして肝臓や筋肉に貯蔵。その時、グリコーゲンは1対3の割合で水分と結合して細胞に取り込まれるのです。つまり、グリコーゲン300gなら同時に取り込まれる水は900gにもなるということ。

そのため、急に増えた体重を戻したい方は、糖質の摂取量を少し減らしてみましょう。純粋な糖分はもちろん、米や麺、パンなどの炭水化物も体内で糖質になるので取りすぎに注意しましょうね。

【参考記事】はこちら▽


対処法3. 有酸素運動をして、消費カロリーを増やす

食べすぎが原因で体重が増えてしまった方は、消費カロリーを増やすことがベスト。有酸素運動でエネルギー消費を上げ、余分な脂肪も燃焼させてしまいましょう。

運動に不慣れな方は、まずは歩くことから始めてみてください。慣れてきたら少し走る区間を設け、その区間を徐々にのばすことでジョギングへと無理なく移行できます。

忙しくてトレーニング時間を取れないという方は、通勤・通学を自転車にしたり、駅までの往復を早足にしたりするだけでも効果あり。駅や会社、学校でエレベーターやエスカレーターを使わず、階段にするのもおすすめですよ。

【参考記事】はこちら▽


太ってしまった原因を知り、正しいダイエットをしていきましょう!

正しいダイエットをしよう

ちゃんとダイエットしているはずなのに、なぜか増える体重。心配になるのは当然ですが、その多くは問題ない原因によって起こります。

そのため、まずは原因を特定するところから始めましょう

もし、良くない理由による体重増加だった場合でも、ご紹介した方法でしっかりと対処すれば大丈夫。増えた体重を戻すことも十分可能ですよ。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事