「自己開示が苦手」を克服する方法|自己表現しやすくなるコツとは?

自己開示が苦手なのを克服したいと思っている方へ。今記事では、自己開示が苦手なのを改善するコツを詳しくご紹介します。自己表現力を高める方法を解説するので、周りの人に自分を表現するのを苦手に思っている方は、ぜひ参考にしてみてください!

自己開示が苦手なのを克服する方法を徹底ガイド!

自己開示が苦手なのを克服する方法とは

「自分の意見を言うのが恥ずかしい。」「自己表現が苦手。」など、最近は自己開示が苦手な人が男性・女性問わず増えていると言われています。

しかし、シャイなままでは恋愛や仕事を円滑に進めたい時に不利になってしまうことも。

そこでここからは、自己開示が苦手なのを克服する方法を詳しく解説していきます。

「自分ってこういう人間!」という説明が難しいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


自己開示が苦手なのを克服する方法1. 親しい人に打ち明けてみる

人見知りを解消するには、自分の積極性を変えることが必要です。しかし、自分のことをよく知らない人を相手に開示するのは難しいですよね。

そのため、まずは信頼できる人に自己開示できないことを打ち明けるのがおすすめ。

仲の良い人なら相手から話を振ってくれるケースも多いので、会話の流れの中で自己表現しやすくなるかもしれませんよ。


自己開示が苦手なのを克服する方法2. 失敗を過度に恐れない

シャイな人の中には、過去に自己開示して失敗した経験を引きずっている人も。しかし、いつまで引きずっていても解決には繋がりません。

失敗を必要以上に恐れず、勇気を持って相手に自分の意見を伝えてみましょう

過去の失敗は過去のもの。そう割り切って意見を言い続けていれば、気がついた時には自己開示が苦手なのを克服できるようになりますよ。


自己開示が苦手なのを克服する方法3. 最初は小さな自己開示から始める

自己表現が苦手な人が、過去にあった辛い話や、自分の苦手なところといった重い会話から始めるのはハードルが高いですよね。

そのため、まずは趣味や出身地、仕事のことなど、軽い自己開示から始めるのがおすすめ。

当たり障りのない会話から始めることは、自己開示の良いトレーニングに。シャイな人も自己開示が徐々に得意になれますよ。


自己開示が苦手なのを克服する方法4. 人と会話する機会を増やす

人見知りの人はそもそも会話自体が苦手で、自分の意見を伝える機会が少ない傾向にあります。苦手意識があるため、会話する機会が減り、さらに苦手意識が増すという悪循環に陥ってしまっている場合も。

仕事でもプライベートでもいいので、まずは他人と話をする機会を増やしましょう。

会話の場数を踏んでいけば、自己開示する機会も自然と増えてくるはず。そうなれば苦手意識も解消されていきますよ。


自己開示が苦手なのを克服する方法5. 自己開示できるネタを増やす

いざ誰かを目の前にすると、何を話せばいいか分からなくなる人も少なくありません。

そんな場合は、「出身地」「好きなこと」「得意なこと」「最近嬉しかったこと」など、あらかじめ自分が話しやすい話題をストックしておくのがおすすめ。

日頃からネタを考えておけば話す内容に困らなくなるので、自己開示が難しいものとは感じなくなりますよ。


自己開示できるようになって、周囲にもっと自分のことを知ってもらいましょう!

人に嫌われたらどうしようと不安になったり、恥ずかしくなったりするので、自分の全てをさらけ出すのは怖くなりますよね。克服したくても方法がわからず悩んでしまう方は多いはず。

ただ、自己開示が苦手なのは克服できます。

この記事で紹介した方法を、ぜひ1つずつ試してみてくださいね。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事