男女の友情は成立する?女友達に対する男性側の気になる本音を徹底解説

男女の友情が成立するのか男性側が意見について詳しく知りたい女性へ。今記事では、男女の友情に関する男性側の本音について詳しくご紹介します。異性との友情とは成立すると思う派と思わない派、どちらの意見も解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

男女の友情が成立するかはお互いの気持ち次第で大きく異なる

男女の友情は成立するの?

世間でよく耳にする話の中でも、男女間の友情は永遠のテーマですよね。成立する派と否定派の2パターンに分かれ、男女問わず意見は様々。

そのため、お互いが成立する派同士であるか、もしくは恋愛感情を抱いてない同士の場合に限って成立するといえます。

どちらか一方が友達だと認識していても、相手も必ずしも同じ気持ちとは限らないのです。


男女の友情に関する男性側の本音とは|気になる心の内を解説

仲のいい男性との間に生じる感情。

気の合う男女ならより良い友情関係を築けると思う女性は多いですよね。

ですが、男性側は内心どう感じているのでしょうか?

そこで今回は、男女の友情について男性が抱えている本音を大公開

普段から仲良くしている男友達がいる方は、ぜひチェックしてみてくださいね。


男女の友情に関する男性側の本音1. 今さら恋愛感情を抱く事はない

割とサバサバした性格で誰とでも割り切って付き合えるような男性は、女友達に対して女性として意識することは、あまりありません。

特に付き合いが長い地元の幼馴染みなどは、一緒にいても下心がある様子をチラつかせず、周りにいる男友達の延長線上にあなたがいるような感覚で接してくることがほとんど。

このような男性のタイプの場合、一度女友達だと認識したら、最後まで感情が揺れ動くことはないのです。


男女の友情に関する男性側の本音2. 多少は異性として意識している

比較的性欲が強く、単純に女の子といるのが好きな男性は、女友達に対しても下心を隠しきれず女として見てしまう瞬間が多々あります。

話している時に変に距離感が近くなったり、ボディタッチが増えてきたら、あなたを異性として見ている可能性も。

こういった男性は、友情から恋愛に発展する可能性を大いに秘めていて、「あわよくば付き合いたい」と考えていることもあります。


男女の友情に関する男性側の本音3. 恋人にはしようと思わない

自分の意見や考えをしっかりと持っている男性は、相手の女性に対して「友達としては好きだけど、恋人として付き合うのは難しい」と、はっきり決めています。

二人でご飯を食べに行ったりサシ飲みしたりすることが多く、誘われることが多かったとしても、それはあくまで友達としてあなたと過ごしていて居心地が良いから。

男性側の言動によっては勘違いしてしまうかもしれませんが、彼の心の中では仲のいい友達だと認識されています


男女の友情に関する男性側の本音4. 好意は持たないように心がけている

真面目な性格で大人な対応を心がけている男性は、相手を女性として素敵だなと思っていても、この良い関係を壊すことを恐れて、友人として位置づけるよう理性を保ちがちです。

ふとした時に見せた彼女の仕草にグッときても、好きになってはいけないと自分に強く言い聞かせていることも。

自分で自分をうまくコントロールし、このまま仲のいい友達としての関係を続けていけるように努力しているのです。


男女の友情に関する男性側の本音5. 相手を好きなのか自分でも分からない

優柔不断で自分の気持ちがはっきりと分からない男性は、あなたのことを友達として良いと思っているのか、恋人の対象として気になっているのかがわからず、中途半端な気持ちになることがしばしば。

一緒にいて楽しいし、可愛いなと思うこともあるけれど、いまいち決定的に好きだと思える瞬間が現れず、もどかしい状態が続いています。

そのため、今後の展開次第では、 「女性として好きだ!」と思われる可能性もあるでしょう。


男女の友情に関する男性側の本音6. 相手が好きにならない限り発展はない

男してのプライドが高い傾向にある男性は、女性側からアプローチがない限り友人としてしか見ていません。

あなたと話していてすごく楽しそうにしていたとしても、それはあくまで友人として。その先へと気持ちが発展することは、彼発信ではあり得ません。

男女間の友情が成立すると確信しているタイプの男性なので、自然と恋愛関係に発展する可能性は低いでしょう。


男女の友情に関する男性側の本音7. 人としては好きだけど女性としては厳しい

自分の好きな女性のタイプが明確に決まっている男性は、それに当てはまらないと感じた時点で女性を友人として定義します。

「この子って性格が良くていい子だけど、外見がタイプじゃないな」など、気持ちがそこから先へと進むことはなく、恋愛対象としては考えられないのが本音。

理想の女性像がはっきりしているため、自分の中で「この子とは友情が成立するな」という判断を瞬時に下すことができてしまいます。


男女の友情に関する男性側の本音8. 友達と彼女はしっかり線引してる

日頃から友達として仲良くしている女性が多い男性は、自分の中で相手が友人か恋愛対象なのかをきちんと区別しています。

女性慣れしているため、勘違いしてしまう人が出てくるほど距離感が近いこともありますが、恋愛対象として見ているとは限りません。

男女間の友情は成立するという確信があり、好きになる女性に対しては、周りの女性とは少し違った接し方をしているでしょう。


男女の友情があるか気になったら男性意見を参考にしてみて。

成立するかしないかがよく議論される、男女間の友情。女性としては、仲のいい男友達が内心は自分のことをどのように思っているのかが気になりますよね。

男性側には様々な本音が隠されており、性格やタイプによっても意見は大きく異なります。

日頃仲良くしている男友達がいるなら、彼の様子を観察し、どんな特徴があるかを見極めてみるのもよし。

今後も友達としての関係が続くと思っていた人から、実は恋人の対象として見られていた!なんてこともあり得るので、ぜひ一度男友達の本音を分析してみてくださいね。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事