仕事へ行きたくない時に休むのはアリ?会社を欠勤してもやむを得ないケースを紹介

仕事に行きたくないから休むを思っている方へ。今記事では、仕事に休んでも仕方ないといえる状況から、休む時に最適な理由まで詳しくご紹介します。仕事に行かず休みたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください!

仕事に行きたくない時に会社を休むのはアリなの?

仕事に行きたくない時休むのはあり?

様々な理由により、つい「仕事に行きたくない...」と感じてしまうことはよくあること。そのような場合に、「休むのはアリなのか」と疑問に思う人は少なくはないでしょう。

やむを得ない事情がある場合は無理をしないのが一番ですが、「朝が早くて眠い」とか「行くのが面倒くさい」という甘えた理由だけで欠勤することはよくありません。

社会人として自分の行動に責任を持つためにも、安易にサボるようなことは避けるようにしましょう。


仕事に行きたくない時に休むのもやむを得ないケースとは?

社会の一員として責任を果たすためにも、簡単には休まない方が良い仕事。しかし、体の状態や当日のメンタルによっては、休まざるを得ないケースもあるものです。

そこでここからは、仕事に行きたくない時に休むのもやむを得ないケースに関して、詳しく紹介していきます。


仕事を休むのも仕方ないケース1. 体調不良な時

たとえどんなにやる気や熱意があったとしても、体がいうことを聞かない場合は仕事をすることなどできません。

疲労が溜まりすぎてフラフラしていたり、寝不足が続きすぎて今にも倒れそうだったりする状態では、健康障害のリスクが出てくるもの。また、そのような状態で出社しても、かえって職場の人の迷惑になるでしょう。

従って、どうしても体調が優れず辛い場合は、無理をせずに休息を取ることもやむを得ないと考えられます。


仕事を休むのも仕方ないケース2. 仕事に行っても集中できないと思う時

どんな仕事も働く以上は注意深く業務を行う必要があるため、心が落ち着かない状態で作業をしても効率は上がらないもの。

プライベートで気になることがありどうしてもそのことを考えてしまう、ストレスが積み重なっており目の前のことに長時間取り組めない、などという状態の場合、与えられた業務を全うすることはできません。

従って、気持ちが安定せず仕事に行っても集中できないという場合も、欠勤せざるを得ないケースであると言えるでしょう。


仕事を休むのも仕方ないケース3. 精神的に参っている時

人は、精神的な不調は時に肉体的な不調以上に辛いと感じてしまうもの。

同僚や上司などとの関係がうまくいかず職場に居づらい、ミスをして怒られることやノルマなどがストレスで毎日胃が痛い、という場合、無理して働き続けてしまうと取り返しのつかないことになる可能性もあります

従って、精神的にどうしようもなく参ってしまっており「仕事に行きたくない」と感じる場合も、欠勤せざるを得ない状況であると考えられるでしょう。


仕事を休むのも仕方ないケース4. 身内に何かあった時

社会人として与えられた仕事を全うすることはもちろん大切なことです。しかし、いくら仕事に対して責任があるとは言え、大事な人の健康や命には代えられません。

親や兄弟が、怪我や病気をして急に入院してしまったり、子供が事故に遭ってしまったりした場合、仕事をしているどころではないでしょう。

自分の大切な人に急なトラブルや予期せぬアクシデントが起こってしまった場合も、仕事を休むのが仕方ないケースであると言えます。


仕事を欠勤する際に参考にすべき「会社を休む理由」とは?

理由によっては、欠勤するのもやむを得ない場合がある仕事。しかし、いくら辛いことやトラブルなどがあったとしても、もっともらしい理由でなければ、周囲の同僚や上司は納得しません。

例えば、体調が悪い場合は具体的にどう悪いのかを言ったり、多くの人に理解されやすい冠婚葬祭などを理由にしたりすると、欠勤に嫌な顔をする人にも対処しやすいと考えられます。

欠勤後に出社した際に気まずくならないためにも、いくつかもっともらしい理由を事前に調べておくといいでしょう。

【参考記事】はこちら▽


いくら行きたくない場合でも、無断欠勤はNG

様々な理由により、仕事は行きたくないと思ってしまう場合があるもの。しかし、いくら行きたくないと思っても、無断欠勤することは絶対にやってはいけません。

当日何も言わずに会社を休んでしまうと、多くの同僚や上司に迷惑がかかりますし、信用や信頼も一気に失ってしまいます

従って、どんなに行きたくない場合でも、無断欠勤することは避けるようにしましょう。


どうしても仕事に行きたくないと思ったら、勇気を出して休む選択をしてみよう。

その責任感や多忙さから、ストレスを感じ疲弊することが多い仕事。どうしても行きたくない日が出てくることもありますが、「簡単に休んでしまってもいいものか」と悩んでしまう人は多いでしょう。

しかし、自分や周りの健康状態や状況によっては、休むのが仕方ないケースもあるものです。

欠勤する場合はもっともらしい理由を添えた上で無断欠勤は避け、休んだ後に気まずくならないように注意しながら休息を取りましょう。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事