雰囲気が悪い職場の特徴|仕事環境を改善して働きやすくする方法とは?

雰囲気が悪い職場の特徴について詳しく知りたい方へ。今記事では、雰囲気の悪い職場の特徴から、悪い仕事環境を改善するコツまで詳しくご紹介します。会社の人間関係がギスギスしていたり、暗い空気が漂ったりしていると思う方は、ぜひ参考にしてみてください!

職場の雰囲気が悪いと起こり得るデメリットとは

雰囲気の悪い職場の特徴とは

職場の雰囲気が悪いと、以下のようなデメリットがあります。

  • ストレスが溜まりやすい
  • 仕事で円満な人間関係が築けない
  • 仕事がうまく回らない

自分自身の心身にも影響してくるだけでなく、組織としてのパフォーマンスも落ちてしまうのです。

その結果、給料が上がらないなど様々な機会損失を抱えることになるといえます。


雰囲気の悪い職場の特徴とは|良くない労働環境の共通点を解説

毎日仕事に行くのが怖いと思ってしまう雰囲気の良くない職場。強く苦手だと思う人は辞めたくなってしまうこともありますよね。

しかし、雰囲気が悪い会社はどのような特徴があるのか意外と考えたことはないのではないでしょうか。

ここからは、雰囲気が悪い職場の特徴について詳しくご紹介します。

避けるべき雰囲気の悪い会社の特徴を探っていきましょう。


雰囲気の悪い職場の特徴1. 社員同士で悪口を言い合っている

職場内がギスギスしていると、仕事をしているだけで知らず知らずのうちにストレスを感じてしまいます。

気になったことがあっても伝えられる雰囲気ではないため、しかるべき上司などに言わずに同僚と影で愚痴を言って気を紛らわすようになってしまうでしょう。

互いに悪口を言い合って共感することで、自らの心を落ち着かせている社員が多い職場は、居心地の悪い雰囲気が漂うといえます。


雰囲気の悪い職場の特徴2. 上司が気分屋

職場の雰囲気を作るのは後輩でなく、上司です。

上司が気分屋だと、後輩が振り回されてしまい、不平・不満を抱えるようになるでしょう。

せっかく社員で力を合わせて取り組んでいた事柄も、「やはりやめよう。」と気分により振り回されるなどして、なかなか取り組むべき事柄が定まらずもどかしさを抱えるようになります。

部下を統括する立場である上司の言動がころことと変わりやすいと、取り組むべきことを明確にできず職場の雰囲気を悪くさせてしまうのです。


雰囲気の悪い職場の特徴3. 社員同士の連携ができていない

社員間で密に連携が取れていないと、やらなくてもいい無駄な動きをすることにも繋がり、互いにイライラしてしまいます。

時間をかけて行ったことがあっても、他者が既に行っていたことが分かると、「早く言って欲しかった。」と憤慨することもあるでしょう。

効率よく仕事が回らないので、イライラが溜まってしまいます。

このようにして社員同士が仕事に必要なコミュニケーションを欠く職場は、不穏な雰囲気を生むのです。


雰囲気の悪い職場の特徴4. 休めない空気が流れている

人は、休息がないと身体が休まらないもの。

仕事をしている時間が多いと、いつも仕事のことを考えるようになってしまうことも。

さらには、寝不足にもなってしまうので悲観的に考えがちになり、職場に暗い空気が流れるでしょう。

オーバーワークで休めず疲労困憊してしまう職場は、雰囲気も悪くなり、心身ともに疲れてしまうといえます。


雰囲気の悪い職場の特徴5. 上層部が社員同士を競わせる

社員同士がライバル視し合っている環境では、妬みや嫉妬が生まれるもの。

給与体型が人と競わなければならないものになっていたり、上層部発案のコンペで社員が互いに競い合っていたりすると、ライバルが困っている時に助けることをしなくなる人もいるでしょう。

上層部が社員を競わせようとしている職場は、人を出しぬこうとする気持ちさえ生み、嫌な雰囲気が漂ってしまうのです。


雰囲気の悪い職場の特徴6. 風通しが悪い

人は自分の意見が通った時にやりがいを感じます。一方で、自分の意見が通らないとフラストレーションが溜まるもの。

会社で改善したいことが見つかっても、意見が通らず状況が変わらないとフラストレーションが溜まり、ため息ばかり出てしまうことも。

社員の意見が上層部に伝わらず風通しがよくないと、やる気が削がれ職場に暗い空気が立ちこめるのです。


雰囲気の悪い職場の特徴7. 優秀な人ほど会社を辞める

優秀な人がすぐに辞めてしまう会社は、残された社員がやるせなさを感じてしまうもの。

せっかく業務を教えてデキるようになった社員が辞めてしまうと、代わりに誰が業務を引き継ぐか、どうやって代わりの人を探すかなど組織が抱える課題が多くなります。

優秀な人が辞めた結果、いつでも社員が多くのことに頭を悩ませるようになり、ピリピリした空気が流れてしまうのです。


雰囲気の悪い職場の特徴8. 正当な評価がされない

頑張ってもそれに見合った評価がされないと、人はやる気を無くして無気力になってしまうもの。

失敗したら部下の責任にされ、逆に成功したら上司の手柄になってしまうなど。「いくら頑張っても無駄だ。」と置かれている環境に辛い思いをするでしょう。

正しい評価を受けられないと人は暗い気持ちになり、職場に不穏な雰囲気に包まれるといえます。


職場の悪い雰囲気を改善する方法とは?主な対処法を徹底ガイド

下手をすると仕事のモチベーション低下にも繋がってしまう職場の悪い空気。どうせなら毎日明るい職場で働きたいですよね。

ではどのようにすれば職場の悪い雰囲気を変えられるのだろうと考える方も多いのではないでしょうか。

ここからは、職場の悪い雰囲気を改善するコツを詳しくご紹介します。

あなたも実践して職場の悪い空気を一掃しましょう。


職場の雰囲気を改善する方法1. コミュニケーションを積極的にとる

積極的なコミュニケーションは人を明るい気持ちにさせるもの。

まずは自分から、先輩社員などが忙しくない時などに雑談をふってみるといいでしょう。周りの人も会話に入ってきて、職場が大きな笑いに包まれることでしょう。

仕事で連携がとりやすいよう、日頃から職場の人と関係を築くのが職場の雰囲気改善につながったり、自分が快適に働きやすくなったりするのでおすすめですよ。


職場の雰囲気を改善する方法2. 雰囲気を悪くする人を改心させる

機嫌が悪い人によって職場の雰囲気が重くなってしまうことがあるでしょう。

そんな時には、勇気を持って空気を乱す人へ注意したり、乱さないように諭すといいですよ。自分が人の働きやすさまで奪ってしまっていると思うと、意識して直すように気をつけるでしょう。

雰囲気を悪くしている人を改心させることで、ピリピリした雰囲気が立ちこめることがなくなり、抜本的に解決に向かうといえます。


職場の雰囲気を改善する方法3. 仕事で圧倒的な成果を出す

仕事で成果を出すと、自分の言動や行動に説得力が増すもの。

職場の雰囲気を変えたい時は、まずは成果を出してから改善策などを発言するのも、職場の雰囲気を改善へと導く最適な対処法の一つですよ。

成果を出すことで社員を代表して意見を言えるようになり、多くの人が抱えていた不満を解消する手段になるといえます。


どうしても馴染めない、ついていけないと思うなら転職も選択肢の一つ

どうしても馴染めない職場に長くいると、ストレスばかりが溜まって体調を崩し、回復に時間がかかってしまうこともあります。

改善の余地がない、自分が合わないと思うなら転職するのも一つの選択肢として有効ですよ。

職場の雰囲気が良いところを見つけて転職をすると、いつも明るい気持ちで仕事ができて良い成果も生み出せるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


雰囲気の悪い職場は、できるだけ早く働きやすい環境に変えよう。

働きづらさを生み、最悪体調をも壊してしまう雰囲気の悪い職場。

人も定着せず、不満を生み続けてしまいますよね。

どのようにすれば職場の雰囲気が改善されるのか、時には深く悩んでしまうこともあるかもしれません。

そんな時は、今回ご紹介した雰囲気を改善する方法を参考に、働きやすい職場を自ら作っていきましょう。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事