浮気を後悔する瞬間はいつ?浮気しなければよかったと思うタイミングを解説

浮気を後悔する瞬間やタイミングについて詳しく知りたい方へ。今記事では、浮気をして多くの人が後悔する瞬間について詳しくご紹介します。浮気が原因で別れたり、恋人を傷つけたり、罪悪感にさいなまれるタイミングを解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

恋人がいるのに浮気をすると後悔する人が多い。

浮気を後悔する瞬間とは

ちょっとした遊び心や、一時の気の迷いで浮気をしてしまうのは珍しい話ではありません。

しかし「バレなきゃ大丈夫」と思って浮気をしてみたものの、後になって後悔の念を抱く人はとても多いです。

なぜ自分で浮気をしているのに後悔してしまうのでしょうか。

この記事では、浮気後に後悔する代表的な瞬間を詳しく紹介したいと思います。


浮気を後悔する瞬間とは|どんなタイミングで感じるのか詳しく解説

人はタイミングや精神状態次第では浮気をしてしまうことがあります。

しかし、その時は乗り気だったとしても、後に後悔するケースも多いです。

ここからはどのような瞬間に浮気を後悔するのか詳しく紹介していきます。


浮気を後悔する瞬間1. 浮気がバレて恋人を傷つけた時

大切な彼氏や彼女を傷つけたい人はいないでしょう。

バレないと思って軽い遊びのつもりで浮気をしても、知り合いに見られる、LINEのポップアップ表示で浮気相手からの連絡が見つかるなど浮気が発覚することは少なくありません。パートナーが浮気をしていると知れば深く傷つくでしょう。

恋人が悲しんでいる姿を見て、罪悪感を抱くため、「浮気なんてしなければ良かった」と後悔するのです。


浮気を後悔する瞬間2. 浮気が原因で振られてしまった時

浮気相手はあくまで遊び相手、失いたくないのは本命の彼氏や彼女です。

しかし、浮気がバレたら恋人からの信用はがた落ち。怒らせたり、悲しませたりした挙句、最悪の場合別れを決断されるケースもあるでしょう。

大切な本命の恋人に振られたときに初めて、ことの重大さに気づき、「浮気前に戻りたい」と後悔することになるのです。


浮気を後悔する瞬間3. 浮気後に罪悪感に襲われた時

浮気をする前は気持ちが高揚していて、後のことなど考えが及ばないケースも多いです。

しかし、浮気後に恋人と一緒にいる時に楽しそうにしている姿や、自分を信頼している姿を見ると「裏切ってしまった」と罪悪感に襲われることも。

たとえバレなくても恋人と一緒にいるうちに、後悔の気持ちがわき上がってきてしまうのです。


浮気を後悔する瞬間4. 浮気相手が本気になってしまった時

男性側も女性側もはじめは遊びのつもりで始めた浮気でも、気持ちが割り切れなくなるケースもあります。

浮気相手が本気になってしまい、「恋人と別れて」と詰め寄ってきたり、浮気がバレるような「匂わせる」行動をとってくることがあるでしょう。

相手が本気になると、遊びでは済まなくなります。こじれて、面倒になってしまった状況に後悔の念を抱くのです。


浮気を後悔する瞬間5. 恋人に仕返しで浮気された時

浮気がバレた時、恋人との別れを回避できたとしても、恋人の心にはわだかまりができるもの。

「自分だけが裏切られて悔しい」そのような思いから、恋人も腹いせで浮気をすることもあるでしょう。

自分も浮気をした以上、仕返しをした彼氏や彼女を責めることはできません。浮気をされたときの気持ちを十分すぎるほど感じさせられて後悔をするのです。


浮気を後悔する瞬間6. 恋人から信用を失った時

浮気とは恋人関係において重大な裏切り行為です。浮気がバレたならば信頼関係は崩れます。

浮気がバレて謝罪した結果、別れを回避できたものの、それ以降、何をいってもまともには取り合ってくれず話半分に流されてしまうようになるケースもあるでしょう。

どんなに反省をしても恋人にとっては「信用できない人」になってしまった結果、「浮気をしなければ良かった」と考えてしまいます。


浮気を後悔する瞬間7. 酔った勢いで浮気して我に返った時

アルコールを摂取して酔ってしまうと判断力が鈍り、普段はしないような行動をとってしまいがちです。

そんなつもりはなかったのに、酔って相手が魅力的に見えたり、誘惑に負けたりして関係を持ってしまうことがあります。

シラフのまっとうな状態であれば、絶対にしなかったことをした、自己嫌悪で後悔してしまうのです。


浮気を後悔する瞬間8. 浮気現場に鉢合わせて修羅場になった時

浮気がバレるのはどんなタイミングでも嫌なものですが、浮気している瞬間を恋人に見られるものほど背筋が凍るものはないでしょう。

自宅に恋人は絶対に来ないと確信を持って浮気相手を連れ込んでみたら、まさかの鉢合わせ。修羅場になってしまうなど最悪のシチュエーションですよね。

自分と恋人と浮気相手がそろい踏みする状況下で「浮気なんてしなければ良かった」と後悔してしまいます。


浮気を後悔する瞬間9. 金銭的に余裕がないと感じた時

浮気相手との交際でもデート代やホテル代などそれなりにお金がかかります。

恋人とのデートでもお金がかかるのに、さらに、浮気相手との交際費がかかることで金銭的にひっ迫してしまうことも珍しくはありません。

それまであった貯金が減っていき、自分の手元にあるお金が少なくなってしまった時に、「こんなことに使わなければ良かった」という気持ちになるのです。


浮気を後悔する瞬間10. 何も得られず空虚感を覚えた時

浮気をすることで現状の不満や物足りない気持ちが解消されるのではと期待を持つ場合があります。

仕事の忙しさでたまったストレスの解消のためとか、マンネリになりつつある、本命の恋人への気持ちの再確認をしようと浮気をする場合もあるでしょう。しかし、浮気をしても仕事の他に浮気相手との関係が加わりストレスが増えたり、本命との関係が逆にギクシャクすることも。

浮気の結果、何も得るものがなく、「何やってるんだ自分……」と後悔してしまいます。


浮気して後悔するのではなく、そもそも浮気をしないようにしよう。

シチュエーションやちょっと気持ちがゆれた時などに浮気をしてしまうのは男性にも女性にも共通して起こり得ること。「本命の恋人以外と遊んでみたい」と気持ちが揺れている人もいるでしょう。

しかし、バレないと思っても上手くいかないものです。その時は深く考えなくても、後になって後悔するケースはとても多いです。

今回の後悔するエピソードを教訓に浮気を踏みとどまってもらえると幸いです。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事