婚活に疲れたらどうすればいい?婚活をやめたい気持ちを乗り越える対処法とは

婚活に疲れたとお悩みの女性へ。今記事では、婚活疲れの主な理由から、婚活疲れを乗り越えていい結婚活動を頑張る方法まで詳しくご紹介します。メッセージのやり取りやデートを億劫になりやすい女性は、ぜひ参考にしてみてください!

婚活に疲れたと悩む女性は意外と多い。

婚活に疲れた時の対処法

人生の伴侶を探すという重大な作業である婚活。

相手が見つかればとても幸せですが、大勢の中から自分の条件や好みに合う人を探すことはそう簡単なことではありません。中には、数ヶ月〜数年婚活をしている人がいるという話もあるほどです。

従って、焦って婚活を始めたもののなかなか上手くいかないアラサー・アラフォー女性は意外と多いでしょう。


「婚活を辞める=結婚を諦める」とは思わないこと

結婚したいという気持ちとは裏腹に、なかなかスムーズにいかないことが多い婚活。中には婚活から離れたいと考えるものの、「婚活をやめると結婚できないのでは...」と不安に思う人もいるでしょう。

しかし、婚活をやめることがそのまま結婚を諦めることに直結する訳ではありません。仮に婚活をやめたとしても、その後いい出会いがある可能性もあるでしょう。

従って、婚活をやめたい人は結婚まで諦める必要がないことは覚えておくといいでしょう。


婚活が疲れたと感じる理由|多くの人に見られる原因を大公開

大勢の中からたった一人の相手を見つける婚活は、決して簡単な活動ではありません。しかし、なぜそこまで疲れてしまうのかよく分からないという人もいるでしょう。

そこでここからは、婚活中の女性によく見られる、婚活疲れの原因や理由を詳しく紹介していきます。婚活に疲弊してしまう理由を知りたい人は、ぜひ参考にしてください。


婚活が疲れた理由1. メッセージのやり取りが多いから

LINEやメールなどで、見知らぬ人と一から連絡を取り関係を構築していく作業はかなりの労力を使うもの。

人によっては初めて知り合ってから付き合うまでに数週間〜数ヶ月かかるため、その間メッセージのやり取りをずっと続けなければなりません。

仕事や家事がある中連絡を取り続けていると自分の時間が減ってしまうこともあり、だんだんと疲れてしまう人が多いのだと考えられます。


婚活が疲れた理由2. 見知らぬ人とデートするから

人見知りの女性にとって、気心知れない人と2人だけで会うことは大きなストレスになると考えられます。

特に、1対1でよく知らない異性と長時間一緒に過ごすデートは、気疲れや緊張から心労が溜まってしまうもの

婚活は基本的に見知らぬ人と何度もデートを重ねるため、長期間続けていると疲弊してしまう人は多いでしょう。


婚活が疲れた理由3. 相手を好きになれないから

多くの人と出会っても誰も好きになれない場合、だんだんと婚活が無意味に思えてくるもの。

婚活パーティに行ったりお見合いをしたりしても心がときめかないため、その場にいることを苦痛に感じてしまうでしょう。

男性に対して妥協できず誰と出会っても微妙だと感じるため、婚活をしていてもストレスだけが溜まってしまうのだと考えられます。


婚活が疲れた理由4. いいと思った人にお断りされたから

せっかく素敵だと思った人がいても、相手からいい反応がないとショックを受けてしまいますよね。

特に、長期間活動を続けた末にやっと出会った好きな人と上手くいかない場合、自暴自棄になってしまう人は多いと考えられます。

自分がどんなに頑張って活動を続けていても、必ず思い通りの結果になる訳ではないため、婚活に疲れ果ててしまう人は多いでしょう。


婚活が疲れた理由5. 自己肯定感が下がっているから

いくら頑張っても成果が出ないと、だんだんと自分に自信がなくなってくるもの。

「自分に魅力がないのかも」とか「結局運命の人となんて出会えないのでは...」と弱気になってしまう人は多いでしょう。

婚活をしていてもどんどん疑心暗鬼になってしまい、自己肯定感が下がってそんな自分に疲弊してしまうのだと考えられます。


婚活が疲れた理由6. 遊び気分の男性に出会ったから

「とりあえず誰でもいいから女性と知り合いたい」ぐらいの考えでいる男性は、女性との結婚など全く考えていないもの。

もし一定期間メッセージのやり取りやデートをしていた相手がこのように遊び気分だった時は、「何やってるんだろう...」と我に返ってしまいますよね。

自分が一生懸命活動しているのに本気でない男性に出会ってしまうと、どうしても婚活に疲れる原因となってしまうでしょう。


婚活が疲れた理由7. 費やした時間やお金がもったいないから

長期間に渡って婚活にお金や時間を費やした割りに何も得られるものがないと、どうしても虚無感を感じるもの。

婚活にかかるお金は決して安くはなく、結婚相談所の入会費だけでも相当な金額になります。また、休日や空き時間を全部費やし婚活に打ち込んできたという人も多いでしょう。

大事なお金と時間が無駄になった感じてしまうと、疲れ果ててどうでもよくなってしまうのだと考えられます。


婚活に疲れた時の対処法|婚活疲れを乗り越えるコツを解説

運命の人を求めて一から見知らぬ人と関係を築き上げる婚活。当然その活動は大変で、婚活疲れは誰もが通る道といっても過言ではないでしょう。

そこでここからは、婚活疲れを乗り越えるための具体的な対処法を紹介していきます。どうしても疲れたと感じる時にぜひ試してみてください。


婚活に疲れた時の対処法1. 自分に合う婚活の手段を試す

自分の性格に合わない方法を続けると、どうしても疲れてしまったり自分の魅力が出せなかったりするもの。

そこで、自分に合う婚活の手段を試すよう心がけてみましょう。

メッセージが苦手なら対面の婚活パーティに行ったり、逆に対面が苦手ならアプリを中心に活動したりするなど、得意な方法で婚活することでストレスなく活動できますよ。


婚活に疲れた時の対処法2. 打ち込める趣味を見つける

生活の全てが婚活になってしまっている女性は、婚活が上手くいかないとどうしても沈んでしまうことが多くなります。

そのような状態を避けるためには、婚活以外に打ち込める趣味を見つけてみましょう。

何か夢中になれることを他に見つけておくことで、婚活が順調にいかず疲れた時でもフラットな自分に戻すことができると考えられます。


婚活に疲れた時の対処法3. 焦らずいい人を見つけると決断する

30歳〜35歳ぐらいの結婚適齢期になると、周りに既婚者が増えどうしても結婚に焦ってしまうもの。しかし、焦ったからといっていい人が見つかるという訳でもありません。

そこで、思い切ってゆっくりいい人を見つけようと決断してみましょう。

「一生を共にするパートナーなので簡単に見つかる訳がない」と割り切ることで、焦ったり疲れたりせず気楽に活動できるようになりますよ。


婚活に疲れた時の対処法4. 専門家に相談してみる

結婚相手を探すという大変な作業である婚活は、一人だと途中で挫けそうになることも多いでしょう。

そこで、どうしても一人で活動していて上手くいかない場合は、婚活アドバイザーなどの専門家の力を借りてみるのもおすすめの方法です。

プロに意見をもらって新たな視点で活動に臨むと、これまで悩んでいたことが案外上手くいくかもしれませんよ。


あまりにも疲れたと感じるなら無理に続けないで。

気力も根気も必要な婚活は、長丁場になるとどうしても疲れたと感じる人が増えてくるものです。しかし、本来素敵なパートナーを見つけて幸せになるための婚活で、疲弊してしまうと本末転倒でしょう。

そこで、どうしても疲れたと感じる場合は思い切って婚活をストップするのも一つの手です。婚活を中断したからといって結婚できなくなる訳ではないので、自分の心が元気になった段階でまた婚活を再開しても問題はないでしょう。


結婚相手を探す時は自分のペースで無理なく進めていきましょう。

大勢の中から結婚相手を見つけるという、気力や忍耐力が必要な婚活。その活動は簡単なものではなく、上手くいかないと虚無感を感じてしまったり、自暴自棄になってしまったりする人もいるでしょう。

しかし、婚活は本来幸せになるために行うもので、その道中で疲弊してしまっては元も子もありません。

婚活疲れの対処法を試しながら活動し、それでもダメなら一度婚活と距離を置くことも検討しつつ、できるだけ前向きに楽しく活動するよう心がけましょう。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事