ふくらはぎが痩せない原因|短期間で脚を引き締めるダイエット方法とは?

今回は、ふくらはぎがなかなか痩せないと悩んでいる女性へ、ふくらはぎが細くならない原因を詳しく解説します。この記事では、短期間で脚が細くなるように、原因別に具体的な対策方法まで説明していますので、誰でもダイエットに成功するはず。ぜひ正しい知識をマスターして脚を細くしましょう!

【最初に結論】食事を変えれば誰でも痩せられる!

ダイエットの結論.001.jpg

痩せるためには運動よりも食事の内容が重要です

理由は簡単。

運動で頑張ってカロリーを消費するよりも、食事を変えてカロリーを抑える方が大きな結果に繋がるから。30分のウォーキングよりも夜の白米を抜く方がダイエットになります

でも、食事を抜くダイエットは厳禁。

食べないダイエットは不調の元ですし、おやつとかをついつい食べてしまうもの。

すぐ痩せるダイエットは戻るのもあっという間です。

  1. しっかり食べること
  2. カロリーは抑えること
  3. 続けること

ダイエットでは、この3つを意識するだけで、空腹にならずに足のお肉が無くなっていきますよ。

3つのポイントを満たせる「Nosh(ナッシュ)」はダイエッターの強い味方!

nosh(ナッシュ)の人気メニューとクーポン

テレビCMで人気を集める、美味しい料理の宅配サービス『Nosh(ナッシュ)』。

そんなナッシュがダイエッターから人気なのは、

  1. 低カロリーで食べ応えがある
  2. 塩分控えめでも、ちゃんと美味しい
  3. 60種類の豊富なメニューで飽きない
  4. 冷凍だからチンするだけでOK
  5. 栄養が偏らないから健康的
  6. 1食599円と安い

nosh(ナッシュ)の口コミ

「ダイエットするなら自炊が1番。」と言われてきましたが、自炊って面倒くさいし、1食分だと割高になってしまうもの。

ナッシュは1食599円と安い値段で1食を済ませられます。

今ならSmartlogページからの予約で全プラン2000円オフ(1食399円)で体験できます。

さらに、ナッシュのメニューは平均して400カロリーほど。毎日1食の置き換えを10日間続けたら、およそ2日分のカロリーを抑えられます

ナッシュのカロリー

ナッシュなら、電子レンジで温めるだけ。

今年はナッシュで健康的に手軽に美ボディを手に入れちゃいましょう!

ナッシュのメニューを見てみる


ふくらはぎが痩せない原因|ダイエットを成功に導く対策とは?

ふくらはぎが痩せない原因

ふくらはぎを細くしようと取り組んでも、なかなか痩せずに悩んでいる人は多いですよね。ふくらはぎが痩せない原因は一つではないので、原因に合った対策をしなければあまり効果がありません。

そこで今回は、ふくらはぎが痩せない原因とその対策についてご紹介いたします。ぜひ参考にしてみてくださいね。


ふくらはぎが痩せない原因1. 血行不良により冷え性やむくみが出ている

静的ストレッチの効果_冷え性を改善できる.jpg

長時間のデスクワークや運動不足が続くと、ふくらはぎの血流が悪化します。血流が悪化すると冷え性になってしまったり、本来排出されるべき水分が体内に溜まりむくみが出たりします。

下半身は重力の影響を受けるので、血流の悪化によって下半身に水分が溜まりやすくなります。その結果、ふくらはぎがむくんでしまい、太く見えるというわけです。


マッサージやストレッチで血行促進し、むくみを解消する

冷え性やむくみの原因は、血行不良です

ストレッチで凝り固まったふくらはぎの筋肉をほぐすと、血行が促進され冷え性やむくみが改善されます。むくみが解消されると見た目がスッキリ見えますし、代謝が良くなって痩せやすい体にもなります。

冷え性やむくみに悩んでいる人は、マッサージやストレッチに取り組んでみてくださいね。

【参考記事】ふくらはぎ痩せに効果的なストレッチメニューはこちら


ふくらはぎが痩せない原因2. 脂肪がつきすぎている

ふくらはぎが痩せない原因|脂肪がつきすぎている

単純に、脂肪がつきすぎているためなかなか痩せない。これも多くみられる理由のひとつです。

運動不足や偏った食生活が慢性的に続いてしまっている人は、脂肪が溜まりやすく、痩せにくい体質になっているので注意が必要です。


有酸素運動に取り組み、効率よく脂肪燃焼する

有酸素運動は、一定時間以上続けると脂肪をエネルギーとして燃焼し始めるので、脂肪燃焼効果が高いトレーニングと言えます。

ふくらはぎに脂肪がつきすぎてしまっている人は、有酸素運動を積極的に行うようにしましょう。マッサージやストレッチ、筋トレなどの取り組みよりも高い効果が期待できます。

【参考記事】家で出来る有酸素運動メニューはこちら


ふくらはぎが痩せない原因3. 運動不足で筋肉が衰え、たるんでしまっている

ふくらはぎが痩せない原因|筋肉が衰えている

運動不足によって筋力が低下してしまうと、ハリがなくなり脚がたるんできてしまいます

ふくらはぎがたるんでいると、だらしない印象を与えてしまいますよね。たるんでいる自覚がある人は、しっかりと対策を実践していきましょう。


筋トレをして筋肉を引き締めてたるみを解消する

筋トレで衰えていた筋肉を引き締めると、たるみが解消されて見た目がスッキリ痩せて見えます。

また、自然にカロリーを消費してくれる基礎代謝量は筋肉量に比例して増加するため、筋トレをすると基礎代謝が上がり痩せやすくなる効果も期待できます

運動不足によるたるみを感じる人は、筋トレをして衰えた筋肉を引き締めましょう。

【参考記事】女性向けのふくらはぎ筋トレメニューを大公開


ふくらはぎが痩せない原因4. 摂取カロリーが消費カロリーよりも多い

ふくらはぎが痩せない原因|食べすぎている

意外にも、痩せようと頑張って運動している人に多い問題が、摂取カロリーが消費カロリーよりも高いということ。

運動後の空腹に耐えきれず食べてしまったり、「運動したからたくさん食べても大丈夫」と、つい過食してしまったりしがちです。

どんなに運動をしても食べ過ぎてしまっては意味がありません。消費カロリーを高めるとともに摂取カロリーを抑える努力をしましょう。


食事制限をして摂取カロリーを抑える

ダイエットに食事制限は必要ですが、極端に制限するとリバウンドしやすいですし、健康にも悪く逆効果です。

適度な食事制限の例は、こんな感じ

  • 揚げ物は控え、焼いたり蒸したりした調理方法のものを選ぶ
  • 朝食と昼食は好きなものを食べ、夜だけダイエット食にする
  • 満腹になるまでは食べず、腹八分目までにしておく
  • 白米の量を少し減らす

これらを普段から意識するだけで、脂肪がつきにくくなりますよ。


ふくらはぎが痩せない原因5. 部分痩せを期待し、ふくらはぎしか気にしてしていない

ふくらはぎが痩せない原因|部分痩せできない

部分痩せを期待して、ふくらはぎだけを気にしている人が多いのではないでしょうか。

実は、部分痩せは不可能なんです。痩せる=蓄積している体脂肪を減らすことですが、一部分の脂肪だけを優先して減らすことはできません。全身の脂肪をバランスよく分解・燃焼させ、少しづつ痩せていくのです。

ふくらはぎだけに囚われないようにしましょう。


筋トレ・全身の有酸素運動・食事制限にとりくむ

筋トレと有酸素運動を効果的に行えば、高いダイエット効果が期待できます。

筋トレは脂肪をあまり燃焼しませんが、筋量を増加させ基礎代謝を上げる効果があるので、太りにくく痩せやすい身体を作れます。有酸素運動は、脂肪を燃焼させ、減量効果があります。

両方をバランスよく行ことで、脂肪を燃焼しつつ、太りにくく、痩せやすい体に。

ただし、健康的な食生活を送っていることが大前提です。適度に食事制限をし、筋トレと有酸素運動の効果を損なわないようにしましょう、


ふくらはぎは痩せない原因が分かれば、必ず痩せる。

今回はふくらはぎが痩せない原因とその対策についてご紹介いたしました。

がむしゃらに頑張っても、正しい方向性の取り組みでなければ効果は半減してしまいます。自分のふくらはぎが痩せない原因がどこにあるのかしっかりと把握し、正しい対策を行い効果的にふくらはぎ痩せをしていきましょう。

【参考記事】ふくらはぎ痩せの効果的なメニューはこちら

【参考記事】脚やせに効果的なストレッチメニューはこちら

【参考記事】自宅で出来る脚やせメニューはこちら

手軽なダイエットならナッシュに頼ろう

nosh(ナッシュ)の人気メニューとクーポン

  • 低カロリーで食べ応えがある
  • 塩分控えめでも、ちゃんと美味しい
  • 60種類の豊富なメニューで飽きない
  • 冷凍だからチンするだけでOK
  • 栄養が偏らないから健康的
  • 1食599円と安い

ナッシュの人気メニューを見る

よく一緒に読まれる記事