人間関係でストレスを抱えない方法とは?対人関係に疲れやすい人の特徴も紹介

人間関係でストレスを抱えている方へ。本記事では、人間関係に悩む人の特徴から、ストレスを抱えない方法まで大公開!職場や友人との関係が上手く言っていない人には必見の内容になってますので、気になった方はぜひ活用してみてください!

人間関係でストレスを抱えやすい人の特徴7つ

人間関係dストレスを抱えない方法

大なり小なり誰もが会社の上司や同僚、学校の友人など、人間関係にはストレスを感じるものですが、実は感じやすい人と気にならない人がいるのです。

ここでは人間関係でストレスを抱えやすい人について詳しく紹介します。

少しでもストレスなく生活するためにも、自分に当てはまるかどうか考えてみてくださいね。


人間関係で悩む人の特徴1. 完璧主義者で真面目すぎる

ストレスを抱えやすい人は、周囲の人へも自分と同様の動きを求めてしまうことがあります。

完璧主義者の人は仕事も完璧にこなそうとして妥協ができません。しかし、職場の同僚も同じように動いてくれるわけではありませんから、周囲の人間が自分が求めるクオリティまで達しないことにイライラとしてしまうのです。

「どうしてみんな出来ないんだろう」と会社の人間や友人にも自分のこだわりを押し付けてしまうため、ストレスが溜まってしまうことになります。


人間関係で悩む人の特徴2. 自分の意見を言えない

人間関係でストレスを溜めてしまう人は、「自分が我慢すればいい」と思っている人が多いです。

会社や友人と行動している時など、大人数でいる際に「自分はそうは思わないけどな…。」と思っても、気が弱く意見が言えずに言葉を飲み込んでしまいます

我慢を重ねていれば、いつしか心が「疲れた」と悲鳴をあげることに。他の人とのコミュニケーションもどんどん苦手になってきてしまい、人間関係にも疲れてしまうのです。


人間関係で悩む人の特徴3. 空気を読みすぎてしまう

ストレスを抱えやすい人は、自分自身を押し殺してでも周囲に合わせてしまうのです。

職場や学校では、円滑な人間関係のためにある程度空気を読むことは必要なこと。でも「空気が読めない人と思われたくない」という思いが強すぎると、自分の気持ちより周囲の人の気持ちを優先することになってしまいます。

自分の行動と本当の自分の気持ちがズレてしまうことから、次第にストレスを感じ始めてしまうのです。


人間関係で悩む人の特徴4. 周囲に助けを求めることができない

人に弱みを見せられず、なんでも1人で解決しようと考えてしまう人もストレスを抱えやすいです。

「こんなことを頼んだらダメな人間と思われるかも。」「家庭の悩みを人に知られるのは嫌だな。」などと、他人に否定されたりマイナス評価されたりするのが怖く、誰にも助けを求めることができません。

自分だけでは解決しないことを1人で抱えてしまえば、ストレスは大きくなるばかりですよね。


人間関係で悩む人の特徴5. 何事もネガティブに捉えてしまう

常に不安や失敗を前提に考えてしまうのも、ストレスを抱えやすい人の特徴。

仕事では「どうせ上手くいかない」と考え、恋愛していても「彼氏(彼女)に浮気されるかも」と常に悩み、全てがネガティブな考えをしてしまいます。

マイナスな思考に心が支配されてしまうとモヤモヤとした思いが晴れることがなく、ストレスだらけの毎日を送ることになってしまうでしょう。


人間関係で悩む人の特徴6. リフレッシュする方法を知らない

人間関係のストレスを抱えやすい人は、どうすれば気分転換できるのかを知らない人が多いです。

仕事で悩みを抱えたり落ち込んだりしても、何日でも同じ気持ちを抱えたまま過ごしてしまいます。いつも余裕がないため、気持ちを緩めるのが苦手なのです。

リフレッシュもせず内に秘めたままでしたら、悩みや落ち込んだ気持ちがいつしかストレスに変わってしまうでしょう。


人間関係でストレスを抱えない方法|自分に合うリフレッシュ方法とは?

人間関係のストレスは、仕事面や友人関係だけではなく、家庭にも大きな影響を与えます。

ここでは、人間関係のストレスを抱えないための方法を紹介しています。

職場や学校での人間関係に疲れたと感じている人は、ぜひ改善するための参考にしてくださいね。


ストレスを抱えない方法1. 自分から挨拶をして、コミュニケーションを取る

人から挨拶をされて嫌な気持ちになる人はあまりいませんよね。自分から周囲の人間とコミュニケーションを取ることで、良い印象を与えることができます。

人は印象が良い相手にはあまり嫌な態度を取ったりしないので、積極的なコミュニケーションのおかげで人間関係が円滑になっていくでしょう。

周囲の人と今より少しでも仲良くなることができたら、きっと関係性でのストレスも減ってくるはずですよ。


ストレスを抱えない方法2. 素直に感情表現をする

自分が今抱えている感情を相手にきちんと伝えれば、自分自身を大切にすることができます。

本当は反対しているのに周囲の人や相手の考えに合わせ同調してしまうことは、自分の本心を無視していることになります。もちろん相手、周囲の意見を尊重するのも大切なので、強く主張しすぎると反感を買うこともあるので注意してくださいね。

自分の感情に自分自身がきちんと向き合って、周囲にも伝えることができれば、相手に押し切られることで生じるストレスからは開放されますよ。


ストレスを抱えない方法3. 感謝の気持ちを言葉にする

周囲の人に感謝して接することができるようになると、次第に人間関係も変わってきます。

助けられたことをちゃんと感謝できれば、他人にイラついたり腹が立ったりすることもなくなり、人と接することがストレスだと感じなくなってきますよ。

相手が自分のことを思ってしてくれたことには素直に「ありがとう」を言いましょう。言葉を口にし続けていれば、ストレスを溜めずに素直に感謝できるようになってきますよ。


ストレスを抱えない方法4. 悩んだ時の相談相手を作る

悩みや困りごとは、口に出してみると案外スッキリするもの。きちんと吐き出すことでストレスを溜めずに済みます。

人に話を聞いてもらえるだけでも心が軽くなりますし、自分では思い付かないようなアドバイスがもらえるかもしれません。

心から信頼できる相手を見つけ、思い切って相談を持ちかけてみてください。あなたが思っている以上に相手は親身になって話を聞いてくれるはずですよ。


ストレスを抱えない方法5. 全員に好かれようとしない

「あの人に嫌われているかも…。」と、人から嫌われるのが怖い人は、嫌われることを恐れないでください。

どんなに頑張ってみても、世の中全ての人に好かれるのは無理なのです。人気者にも必ずアンチがいるように、全ての人に良い顔だけを見せるのは不可能だということをしっかり自覚してみましょう。

「みんなに好かれなくても良いんだ」と自分に言い聞かせることで、次第に人間関係でのストレスも軽くなってきますよ。


ストレスを抱えない方法6. どうしても嫌なら逃げることも大事

人間関係でストレスを感じると、自分を責めてしまいますが、職場の上司や友人の中にどうしても相性の悪い人はいますし、人間的に意地が悪い人や問題がある人もいます。

「これ以上は無理だ」と感じたら、無理して頑張る必要はありません。転職や転校など、逃げてしまうの一つの方法です。

環境を変えて逃げることは消して悪いことではありません。健康的に生きていくため必要なことと考え、自分を責め続けるのはやめましょう。


ストレスを抱えない方法7. 周囲の目を気にしすぎない

人間はみな、自分のことで一生懸命。自分の人生で必死な人ばかりですから、他人のことはどうでもいいと考えている人がほとんどです。

他人にどう思われるのかを気にし過ぎて自分を殺してしまう必要はありません。周囲の目より自分の気持ちを優先して生きてみましょう。

もちろん、あまりにも自分優先になりすぎたら自己中になってしまいますから協調性は必要。ですが、人間関係でストレスを感じている人は他人の目を気にし過ぎていることがあるので、もう少し自分を大切にしてあげてくださいね。


ストレスを抱えない方法8. ストレスを発散できるルーティンを作る

これをやればストレスが発散できると自分でイメージできるなにかを見つけることも大切。

例えば、ストレスが溜まったら「公園をゆっくり散歩してみる」「ショッピングで好きなものを買う」「お腹いっぱいスイーツを食べる」など、自分の好きなことをストレス発散のルーティンとして決め、ストレスが解き放たれていくのをイメージしてみるのです。

心がストレスを抱えた時、ルーティンを作っておくとストレス発散のイメージができます。自分なりの発散方法を見つけて、ストレスと上手に向き合ってみてください。


人間関係に悩む人におすすめの名言|辛い時は読んでみよう!

人間関係は自分1人の問題ではないので、簡単には解消できないかもしれませんよね。

そんな人のために心に響く名言を集めてみました。

心が疲れた時、偉人の名言を思い出してみるのもストレスと付き合うコツ。気になる名言があったら、ぜひ手帳やスマホにメモしてみてくださいね。


名言1.「自分を殺して相手に合わせることは、僕の性に合わない」イチロー

自分を殺しているということは、本心は違うのに無理して他人に合わせているということ。

自分で自分の気持ちを無視し続けて相手に合わせてばかりいたら、きっと今のイチローさんはいないのかもしれません。自分の気持ちに正直に生きてきたからこそ、あれだけの偉業を成し遂げることができたのでしょう。

すごい人の言葉だけに、人間関係を築く上で大いに参考にしたいですね。


名言2.「他人に変わって欲しければ、自ら率先して変化の原動力となるべきだ。」ガンジー

人間関係でのストレスの多くは、他人の行動や言動が気になってしまうことにありますよね。

「あの人のやり方が気に入らない」「なぜあんな言い方をするんだろう」と、どこか他人のせいにしてしまっていることがあります。しかし、自分が変われば他人とのコミュニケーションも変わります。

多くの人に尊敬され率いてきたガンジーの言葉は、現在の人間関係においても深い意味があります。


名言3.「相手の心を確実に掴む方法は、相手が相手なりの重要人物であるとそれとなく、あるいは心から認めてやることである。」デール・カーネギー

「人を動かす」「道は開ける」といったデール・カーネギーの書籍は、コミュニケーションスキルに役立つと現在でも愛読され続けています。

人との関わりに疲れてしまうと、相手の全てが嫌になり、嫌いだと感じてしまうもの。

でも嫌だと思う人にも必ず良いところはありますよね。

相手を認めることで、いつしか自分も周囲の人に信頼される人間になれるはず。信頼感が生まれると、自然と人間関係は円滑になって行くでしょう。


名言4.「他人に期待などしなければ、つまらないことで感情的にならずに済ませることができる」タモリ

ある程度、相手に対して「こうするはずだ」という期待があるからこそ、違った行動をされるとストレスを感じてしまうのですよね。

他人に期待をもたなければ、相手の仕事が遅くてもイライラしませんし、許せる心の広さも得られるのでしょう。

ひょうひょうと自分のペースで生きているタモリさんらしい名言で、誰もが真似するのは難しいかもしれませんが、頭の片隅に置いておくようにしましょう。


名言5.「孤立してもいいと腹を決めて、自分を貫いていけば、本当の意味でみんなに喜ばれる人間になれる」岡本太郎

誰からも好かれようと自分を隠して生きていても、人生が楽しいとは思えませんよね。

自分を信じて貫いていれば、いつか自分を認めてくれる人が現れるし楽に生きていけるようになるのでしょう。

型破りな芸術家として知られる岡本太郎さん。自分の人生を自分らしく生きてきた人の言葉だからこそ、心にズシンと響いてきますね。


人間関係でストレスを抱えている人は、早めに自分に合う改善策を見つけよう。

仕事においても学校でも、人間関係が上手くいかないと家庭生活やプライベートまで大きく影響し、何もかもめんどくさいと感じ嫌になってしまいますよね。

今回は人間関係でストレスを溜めやすい人の特徴を紹介し、解消する提案をしています。自分の考え方や行動にあてはめながら、ストレスを改善する方法を探ってみてください。

人間関係のストレスから開放されて、楽しい毎日を送ってくださいね。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事