キャンプマットレスおすすめ人気ランキング2020|コスパ◎な最強アイテムとは

アウトドアシーンで活躍する「キャンプマット」のおすすめをお探しの方へ。本記事では、アウトドアマットレスの選び方&比較方法や、2020年最新のおすすめ人気ランキングを大公開!高コスパモデルから、サーマレストやコールマンなどの人気ブランドも紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

キャンプマットレスの役割|使うメリットって何だろう?

キャンプマットのおすすめ

キャンプマットを使うメリットは、一言で表すと快適な睡眠を実現させること

例えば、車中泊の場合、マットレスを使わないと腰を痛めたり、寝心地が悪かったりと快適な睡眠ができませんし、テント泊の場合、平らな場所で寝られるとは限らず小石が背中にあたったりすることもあります。

その時にキャンプマットがあれば、凹凸をなくすことができるのはもちろん、断熱効果もあるため、地面からの冷気で眠れない時にも役立ちます

快適な睡眠が取れるキャンプマットは、アウトドア好きのあなたにこそ相応しいアイテムですよ。


キャンプマットの選び方|比較する時に見るべきポイントとは?

キャンプマットを選ぶときは、価格や見た目などで選ぶ人がほとんどですが、本当に良いキャンプマットを選ぶためには、価格以外も必ず見ておきたいポイント。

ここからは、そんなキャップマットの選び方をアウトドア初心者にも分かりやすいように解説します。


キャンプマットの選び方1. 使用シーンに合わせてマットレスの種類を選ぶ

キャンプマットと言ってもその種類は様々で、用途に合わせて選ぶ必要があります。キャンプで使う場合や車中で使う場合など、シーンに合わせて選ばないとキャンプマットの100%の効果を得られないことも。

どのマットがどのタイミングに向いているのかをここで確認しておきましょう!


キャンプマットの種類① 銀マット

銀マットはキャンプマットの中でも一番価格が安く、数千円程度で購入できるマットレス。軽い素材でコンパクトに持ち運べるため、車中泊やテント泊のどちらでも人気があります。

エアーマットレスとは違い、空気を入れる必要がなく、すぐに用意できるのもポイント。銀マットだけで寝ると薄さもあり、寝心地自体は他のマットレスに劣る印象です。


キャンプマットの種類② ウレタンマット

ウレタンマットは銀マット同様、耐熱効果、軽さ、コンパクトさが人気。エアーマットレスとは違い故障することもないので、長く使い続けられるのがポイント。価格も数千円程度と安いので、とりあえずキャンプマットを試してみたい人におすすめです。

柔らかさもあるので場所を選ばず使えるのもメリットですが、寝心地はエアーマットレスに比べると気になるところ。


キャンプマットの種類③ エアーマットレス

エアーマットレスは寝心地を重視する人から人気の高いマットレス。空気を入れて自分好みに調整できるため、とにかく自分にぴったりな寝心地を実現できるところが魅力的なポイントです。

寝心地を重視したい人は10cm以上のものを選ぶと、地面からの外気で寒くなることもなく心地良い睡眠が取れます。エアーポンプが必要なものと、自動で空気が入るものとの2種類あるので購入する時には自分に合うエアーマットレスを購入しましょう。

価格は鉄マットやウレタンに比べると高くなりますが、数千円〜数万円程度で購入できるので車中泊やテント泊をより快適に過ごしたい人におすすめですよ。


キャンプマットの種類④ インフレーターマット

持ち運びの便利さと快適な寝心地のどちらも重視するならインフレーターマットがイチオシ。厚さ3〜4cmの製品が多く寝心地は抜群です。

空気はバルブで調整すれば勝手に空気が入るので、道具もいらずすぐにマットレスが完成します。シングルタイプやダブルタイプといったマットも豊富にあるので、家族で使う人にもGOOD

エアーマットレスと比べると、厚さはなくなるものの断熱性と携帯性に優れています。価格帯は数千円〜数万円とキャンプマットの中でも高くなりますが、キャンプや車中泊を良くする人は1つ持っておくと重宝するでしょう。


キャンプマットの選び方2. 使用場所に合わせて厚さを選ぶ

アウトドアマットやレジャーマットを選ぶときは、値段で購入してしまうと、厚さが足りず、腰痛になってしまったり、凹凸が背中にあたって熟睡ができなかったりと失敗してしまうことも。

キャンプマットの厚さは、どんな使用場所でも基本的に5cm以上あれば、腰や背中に負担がかかりにくく快適に過ごせます

車中泊をする場合は、8cm以上の厚みがあるほうが凹凸を感じることなく熟睡ができるので、車中泊が多い人は厚さがあるマットを選びましょう。


キャンプマットの選び方3. 体型やテントにあったサイズを選ぶ

アウトドアマットやレジャーマットには、シングルやダブルタイプがほとんど。1人しか寝ないからといってシングルタイプを選ぶと、幅が狭すぎて寝返りがうてなかったり、マットレスからはみ出してしまうことも。

特に男性の場合は、シングルサイズだと横幅が狭くはみ出してしまうケースもあるのでセミダブルがおすすめです。

2人の場合は、シングルを連結してダブルになるキャンプマットもあるので、ダブルサイズが大きくて持ち運びに不便に感じる場合はシングルを2枚購入し、連結するのもいいでしょう。

快適な睡眠を実現するためにも、自分の体型やテントに合わせてサイズを選ぶのがおすすめです。


キャンプマットの選び方4. 収納時のサイズをチェックする

キャンプマットを選ぶ上で忘れてはいけないのが収納時のサイズチェック。収納時のサイズをチェックしておかないと、リュックに収まらなかったり、かさばって持ち歩きづらかったりと、いざ出かける時に困ってしまうことも。

キャンプマットを購入する時は軽いかどうかだけを見るのではなく、収納時のサイズも確認しリュックやバッグに入るのか、コンパクトサイズなのかを確認することが大切です。


【2020年】コスパ最強のキャンプマットレスおすすめ人気ランキングTOP15

キャンプマットを購入しようと思っても、価格の安いものや厚さなど選ぶ項目が多すぎて迷ってしまうという人もいるでしょう。そこで、2020年におすすめしたい人気のキャンプマットレスをランキング形式で紹介します。


【キャンプマットおすすめ第15位】NatureHike

NatureHike(ネイチャーハイク) シェラフマット 卵パック形状 マットレス アルミコート IXPE [メッシュバッグ入] オレンジ 【正規品】 NH15D006-X-OR
  • 体にフィットするするため、肩や腰が痛めにくい
  • 男性が寝転がっても広いスペースがあるから、ゆったりとくつろげる
  • コンパクトに折りたたみができるので、リュックにも収納OK

安いキャンプマットを使うとすぐにヘタってしまったり、性能がイマイチと感じることが多いですが、『NatureHike』は、価格は安いのにしっかりとした作りで耐熱性もあり、冬のキャンプでも使える優れもの。

しかも、重さがわずか350gと軽量だから、女性でも持ち運びがしやすいのがポイントです。

手頃な価格の銀マットを探しているならコスパ最強のNatureHikeがおすすめですよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:ー
  • 展開時サイズ:1830 × 570 × 180 (mm)
  • 収納時サイズ:1250 × 570 × 160 (mm)
  • マットレス厚さ:180mm
  • 本体重量:350g
  • マットレス種類:銀マット

【キャンプマットおすすめ第14位】クイックキャンプ インフレータブル

[クイックキャンプ] 車中泊マット 5cm 厚手 シングルサイズ グレー QC-CM5.0 エアー インフレーターマット アウトドア用寝具 車中泊グッズ
  • 修理キットもついているので、万が一トラブルが起きても安心
  • 肌触りのいいポリエステル素材で、寝心地も快適
  • 専用カバーがついており、バンドが2つついているのでスムーズに収納可能

寝ている時に寝返りをうつたびに、マットがずれてしまうととにかく睡眠が邪魔されます。クイックキャンプのこのマットレスなら、裏地にドット加工を施し滑りにくく作れられているから、寝返りをうってもOK。さらに連結もできるので、ボタンでダブルサイズへと変更が可能ですので、大きさを調整したい人にもおすすめです。

寝る度にマットのズレが気になっていた人はこちらの商品を使って、安定した環境で快眠を実現させましょう。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:ー
  • 展開時サイズ:2010 × 700 × 50 (mm)
  • 収納時サイズ:ー
  • マットレス厚さ:50mm
  • 本体重量:2100g
  • マットレス種類:ウレタン

【キャンプマットおすすめ第13位】LICLI レジャーマット

LICLI レジャーマット 極厚 18mm ひとり用 ~ 4人対応 折りたたみ コンパクト 防水 収納袋付き 4色 (オレンジ)
  • 重さ339gと軽いから、持ち運びにも便利
  • 専用のカバーにはボトルホルダーもついているから、アウトドアで重宝
  • カッターでサイズ変更が簡単にできるので、人数に合わせて調整可能

お花見や花火といったレジャーにでかけた時、レジャーシートに座るとお尻が冷えて長時間座っているのが辛いですよね。『LICLI レジャーマット』なら、**厚さ180mmと程良い厚さでクッション性もあるため、寝っ転がっても冷たさは一切感じません。

また、ジャバラ式で折りたたみができるため、ロールタイプとは違い端が丸まってしまうこともなく、パパッと収納可能。

睡眠やレジャーアウトドアでの使用を考えている方は、快適に使えるこちらのレジャーマットがおすすめですよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:ー
  • 展開時サイズ:1860 × 560 × 180 (mm)
  • 収納時サイズ:ー
  • マットレス厚さ:180mm
  • 本体重量:330g
  • マットレス種類:ウレタン

【キャンプマットおすすめ第12位】THERMAREST ファスト&ライトシリーズ プロライト

THERMAREST(サーマレスト) マットレス ファスト&ライトシリーズ プロライト R値2.4 ポピー S 30592 【日本正規品】
  • 空気を入れる必要がないので、ベッドのセッティングが素早くできる
  • コンパクトに折り畳めるから、リュックに収納が可能
  • 価格は1万円前後しますが、納得できる耐熱性で真冬でも大活躍

冬のキャンプや登山でキャンプマットを購入したのに「寒くて寝られない」という経験をした人もいるでしょう。こちらのキャンプマットなら、熱を逃さないようダイアグナルカットを施しているので暖かさをキープします。断熱性を落とすことなく軽量化されているので、冬の登山にはまさにぴったり。

冬のキャンプや登山で寒い思いをした人は、ぜひサーマレストのキャンプマットを購入してみてください

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:11,000円
  • 展開時サイズ:5100× 1190 (mm)
  • 収納時サイズ:ー
  • マットレス厚さ:3.8cm
  • 本体重量:335g
  • マットレス種類:インフレーターマット

【キャンプマットおすすめ第11位】DOD(ディーオーディー) ソトネノキワミS

DOD(ディーオーディー) ソトネノキワミS キャンプマット 【極上の寝心地】厚さ10cm CM1-649-TN
  • ベッドで寝ているような感覚になるほど肉厚のマットだから、睡眠の質もアップ
  • 自動でベッドが膨らむので、女性だけでも簡単にセッティングが完了
  • ポリコットン素材を使用し、肌触りが良いから汗をかいてもシートにベタつかない

テントで寝ている時に冷気が上がってきて体が冷えてしまいます。DODのソトネノキワミなら、厚さが100mmもあるので冷気を完全にシャットアウト。

枕付きで顔周りは特に暖かく感じるところもアウトドア好きから人気の理由

体を包み込んでくれるような寝心地を実現し、お手入れもラクラクにできるDODのキャンプマットはキャンプの睡眠に不満があった人にイチオシです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:18,145円
  • 展開時サイズ:800 × 2080 × 100 (mm)
  • 収納時サイズ:910 × 230 × 230 (mm)
  • マットレス厚さ:100mm
  • 本体重量:4600g
  • マットレス種類:ウレタン

【キャンプマットおすすめ第10位】ihoven エアベッド

ihoven エアベッド マット テントマット キャンプ用 ベッド 5㎝ 厚いタイプ 1人用 携帯式 複数連結可能 エア―ピロー付き 自動膨張式 高品質 軽量 防湿 エアーベッド アウトドアマット クッションベッド エアーマット エアークッション 寝袋マット キャンピングベッド キャンプ キャンピングマット 磯釣り 車中泊 昼休み 山登り テント 枕付き お昼寝マット 防災用品 収納袋付き 赤
  • クルクルと折りたたむらけでコンパクトにまとまるから、女性でも簡単に片付けが可能
  • 連結が可能なため、ダブルサイズにも早変わり
  • 厚さは50mmもあるので、ふかふかの寝心地を実現

車中泊やテント泊で寝ていると、肩が凝ったり、首の筋を痛めたりした経験は誰でもあるはず。特に枕がフィットしていないと、睡眠の質も低下してしまいます。

ihovenのエアーマットレスなら、ベッドと枕が一体化しているので枕を用意する必要がないだけではなく、枕の高さは空気で調整できるなど、睡眠の質を可能な限り上げられる機能が詰まっています。

キャンプで楽しんでいるのに、睡眠の質が悪く満足できないと悩んでいるなら、枕調整ができて自分好みの枕を作れるihovenがおすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:3,580円
  • 展開時サイズ:1800 × 660 × 50 (mm)
  • 収納時サイズ:660 × 160 (mm)
  • マットレス厚さ:50mm
  • 本体重量:1100g
  • マットレス種類:エアーマットレス

【キャンプマットおすすめ第9位】DOD キャンピングマット 2人用 CM2-64

DOD(ディーオーディー) キャンピングマット 2人用サイズ 自動膨張 専用バッグ付属 CM2-64
  • ビビットで可愛らしいカラーだから、野外フェスでも使える
  • 特殊なスポンジを使っているから、軽くて温かくダブルサイズなのにわずか2.2kg
  • 耐水圧が1200mmだから、ちょっと水をこぼしてしまっても安心

ダブルサイズのキャンプマットを探している人は、こちらのマットレスがおすすめ。

DODのキャンプマットならファミリータイプのダブルサイズだから、広々と使えるのがポイント。連結部分がないので隙間から冷気が上がることもありません。ポップで明るいカラーが、休日感をより強めてくれます。

ダブルサイズマットレスでできるだけ安い商品を探している人は、こちらのマットレスを購入しましょう!

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:9,460円
  • 展開時サイズ:1800 × 1120 × 30 (mm)
  • 収納時サイズ:180 × 580 (mm)
  • マットレス厚さ:30mm
  • 本体重量:2200g
  • マットレス種類:ポリエステル

【キャンプマットおすすめ第8位】バンドック フォールディング マット BD-513B

BUNDOK(バンドック) フォールディング マット 60×180cm ブルー BD-513B 10mm厚
  • 2,000円以下と圧倒的な安さだけでなく、充実した機能だからコスパ◎
  • クッション性もあるから、レジャーで座ってもお尻が痛くなりにくい
  • ジャバラ式でたためるので、簡単に片付けが可能

休日を使ったキャンプ。せっかくなら背伸びしてでも良いキャンプマットが欲しいと思う人も多いはず。

バンドックのキャンプマットは断熱性もあり、とにかく体が冷えにくい作りになっているのが特徴。さらに重さがわずか315gと軽量なので、持ち運びにも便利になっています。

これだけの機能性でありながら、価格は比較的リーズナブル。とにかく良いキャンプマットを安い価格で手に入れたい方は、こちらの商品を選んでみて。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:ー
  • 展開時サイズ:1800 × 600 × 10 (mm)
  • 収納時サイズ:600 × 130 × 150 (mm)
  • マットレス厚さ:10mm
  • 本体重量:315g
  • マットレス種類:ー

【キャンプマットおすすめ第7位】FIELDOOR キャンプマット

FIELDOOR 車中泊マット Lサイズ 10㎝厚 ブラウン 自動膨張マットレス 連結可能 高密度ウレタンフォーム 大型バルブ エアーマット インフレータブル キャンプ アウトドア 厚さ10×幅120×長さ195cm
  • 専用カバーをつければ持ち運びも簡単だから、キャンプやお花見などでも大活躍
  • 車中泊だけでなく、テント泊にも使えるからアウトドアマットとしても重宝する
  • 程良いクッション性があるので、凹凸を和らげ快適に眠れる

「キャンプ用のマットを車中泊で使うと凹凸で体が痛い」と感じたことがあり、車中泊を断念したという人も中にはいるでしょう。『FIELDOOR』のマットは中材にウレタンフォームを使っているので、クッション性があり、快適な寝心地を実現。

また、バルブを緩めるだけで自動で空気がはいるのでふくらませるのに時間がかからないのもGOOD。

車中泊で苦労した人にこそ、本当に良いマットレスかどうかを確かめて欲しい。こちらの商品は、それほど理想的なマットレスですよ!

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:12,450円
  • 展開時サイズ:1200 × 1950 × 100 (mm)
  • 収納時サイズ:250 × 1200 (mm)
  • マットレス厚さ:1000mm
  • 本体重量:6000g
  • マットレス種類:ウレタン

【キャンプマットおすすめ第6位】コールマン コンフォートエアーマットレス

コールマン(Coleman) コンフォートエアーマットレス シングル 170A6487
  • 値段も安いのでキャンプマットが初めての人でも手を出しやすい
  • コンパクトで使いやすいから、いつでも快適な睡眠が実現
  • アウトドアなのに、ベッドで寝ているような感覚で熟睡が可能

ちょっとお金を出しても、睡眠の質だけにはこだわりたいという人におすすめなのが、こちらの商品。

コールマンのエアーマットレスなら、厚さが190cmだからベッドで寝ているような感覚に。しかも空気を入れるのも簡単だから、初めてエアーマットレスを使う人でも簡単に扱えます。

アウトドアでも家で寝ているようにしっかりとした睡眠を確保したい人におすすめです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:3,980円
  • 展開時サイズ:1870 × 970 × 190 (mm)
  • 収納時サイズ:ー
  • マットレス厚さ:190mm
  • 本体重量:2500g
  • マットレス種類:エアーマットレス

【キャンプマットおすすめ第5位】ロゴス セルフインフレートマット

ロゴス(LOGOS) (超々厚・高弾力)セルフインフレートマット・SOLO AI-LIMITED 72884131
  • 厚さが70mmもあるので、体がほどよく沈み寝心地がよくグッスリと寝られる
  • 連結ができるので、ダブルサイズへ簡単に変更が可能
  • 安心の日本製でランキングにも常に上位にくるほど、人気の高いキャンプマット

価格を重視して安いキャンプマットを購入したら、数回使っただけで壊れてしまうこともよくあります。ロゴスのキャンプマットは、比較的値段が安いだけではなく、日本製でしっかりとした作りだから、繰り返し使っても破れたり壊れたりしてしまう心配がありません。

バルブで空気の調整をすれば、時間をかけることなく快適なマットレスが完成。専用のカバーもついているので、持ち運びにも便利です。

長い間使える、安心安全の日本製キャンプマットをこの機会にぜひチェックしてみて。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:8,800円
  • 展開時サイズ:1880 × 650 × 70 (mm)
  • 収納時サイズ:180 × 590 (mm)
  • マットレス厚さ:70mm
  • 本体重量:2100g
  • マットレス種類:エアーマットレス

【キャンプマットおすすめ第4位】モザンビーク キャンプマット

Mozambique(モザンビーク) キャンプ マット アウトドアマット レジャーマット 車中泊 極厚20mm【何年も使える耐久性|1年保証】
  • アコーディオンのように折りたたみができるから、片付けも楽ちん
  • 耐熱性が高いだけでなく、価格も安いのでコスパに優れたキャンプマット
  • 厚さが20mmあり、凹凸を感じにくくマットの上でも快適な睡眠がとれる

荷物の多いアウトドアでは、コンパクトに持ち運べるアイテムこそ正義。モザンビークのキャンプマットなら、女性でもスムーズに折りたためるのはもちろん、とにかく持ち運びやすい。さらに、アルミ蒸着加工を施し、体から発する熱を逃しにくく暖かさをキープしてくれるキャンプマットとして一番大切なポイントも押さえています。

持ち運びと暖かさの両方を諦めたくない人は、こちらのキャンプマットを選んで。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:ー円
  • 展開時サイズ:1830 × 560 × 20 (mm)
  • 収納時サイズ:560 × 130 × 120 (mm)
  • マットレス厚さ:20mm
  • 本体重量:495g
  • マットレス種類:銀マット

【キャンプマットおすすめ第3位】キャプテンスタッグ キャンプマット

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプ用マット 【Sサイズ】 キャンピングマット180×60cmブルー M-7381
  • 長さが180cmもあるので、家族で座っても広々使える
  • 銀マットなので断熱性があり、非常時にも使える優れもの
  • 丸めてコンパクトに収納できるから、レジャーシーンで大活躍

お花見やBBQなどレジャーマットを使う時、耐熱性にはちゃんとこだわりたいもの。キャプテンスタッグのキャンプマットは、アルミ素材を使用し、体を冷やしにくい設計になっているため、冬の使用もOK。

何より価格も2,000円と安いところは、多くのアウトドア好きから人気を集める理由でしょう

安い価格のキャンプマットで、体が冷えにくいアイテムを探している人に外せないおすすめの製品です。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:2,000円
  • 展開時サイズ:180 × 60 × 8 (mm)
  • 収納時サイズ:800 × 320 × 50 (mm)
  • マットレス厚さ:8mm
  • 本体重量:295 g
  • マットレス種類:銀マット

【キャンプマットおすすめ第2位】コールマン キャンパーインフレーターマット シングルIII

おすすめのキャンプマットランキング第2位

  • 連結可能だから、ダブルサイズとしても使える
  • 沈み込みが適度にあるので、体が地面につくことがなく腰痛にもなりにくい
  • 空気を抜いて、クルクルとまとめるとコンパクトサイズに収納が可能

アウトドアにおいて、デザイン、ブランドの著名度は非常に重要なポイント。特にブランドを揃えている人にとって、別ブランドを1つ入れるのは、ちょっと抵抗があるでしょう。

コールマン好きのためにご紹介したいのが、こちらのハイクオリティキャンプマット。50mmと厚さこそ特徴はありませんが、一度寝てみたら、その寝心地たるや、ベッドで寝ているのとほとんど変わらないと感じるはず

大きさも、シングルサイズを連結することでダブルサイズにも変更可能。

著名ブランドがアウトドア好きのために作ったキャンプマットレスで、最高のキャンプライトを楽しんで。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:7,980円
  • 展開時サイズ:630 × 1905 × 50 (mm)
  • 収納時サイズ:150 × 700(mm)
  • マットレス厚さ:50mm
  • 本体重量:1800g
  • マットレス種類:インフレーターマット

【キャンプマットおすすめ第1位】サーマレスト アウトドア クローズドセルマットレス Zライト ソル

THERMAREST(サーマレスト) アウトドア用マットレス クローズドセルマットレス Zライト ソル シルバー/レモン S(51×130×厚さ2cm) R値2.6 30669 【日本正規品】
  • 下からの冷気を遮断し、体内の熱を逃さないのでポカポカの状態をキープ
  • 厚さ20mmもあるので、背中や腰の痛みを軽減し快適な睡眠を実現
  • アコーディオンのように折りたためるため、持ちやすく移動にも便利

コールマンのキャンプマットを押さえて、堂々の1位に輝いたのが、こちらのキャンプマット。

保温性と軽量に優れた『クローズドセルマットレス』なら、アルミ蒸着が施されているので耐熱性も従来の製品よりも20%アップし、暖かさをキープしてくれますよ。アコーディオンのように折りたたみもできて重さがわずか290gと超軽量なため、テントでも車中泊でも寝たい時にすぐに準備できるのがポイント。

サーマレストは保温性、軽量、コンパクトとどこをとっても優れている2020年キャンプマット部門第1位のキャンプマットです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:5,184円
  • 展開時サイズ:510 × 130 × 200 (mm)
  • 収納時サイズ:510 × 130 × 1200 (mm)
  • マットレス厚さ:20mm
  • 本体重量:290g
  • マットレス種類:銀マット

知っておきたいキャンプマットの人気メーカー5選

キャンプマットの人気メーカーの特徴を知っておくと、購入時に選びやすくなります。特にキャンプ初心者の人は事前に知識があるだけで判断しやすくなりますよ。

そこで、ここからはランキング上位に常にランクインする人気のキャンプマットのメーカーを5つ紹介します。


キャンプマットの人気メーカー1. Coleman(コールマン)

キャンプ用品で人気の高いColemanは、キャンプ用品のランキングで常に上位に来るほど実力があるメーカーです。Colemanのキャンプマットの特徴は、寝心地がよく機能性に優れている面

キャンプマットをつなげてダブルで使うこともできるため、ファミリーでテントの中で寝るのもできます。また、コンパクトに折りたためるだけでなく素材もしっかりしているので、初心者だけでなく上級者のキャンパーからも人気があります。


キャンプマットの人気メーカー2. THERMAREST(サーマレスト)

キャンプや登山などで使うマットレスを専門に扱うサーマレスト。「アウトドアで最高の眠りをする」をコンセプトに掲げているため、レジャーマット

やアウトドアマットの種類も豊富で、目的に合ったキャンプマットが見つかるはず。

サーマレストのキャンプマットは、軽いだけでなく登山でも使えるよう断熱効果のあるマットを用意しています。程良い厚さがあるため、腰痛で悩んでいる人にもぴったりのキャンプマットが見つかりますよ。


キャンプマットの人気メーカー3. CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)

キャプテンスタッグでは、登山やキャンプなどのアウトドア用品を中心に、4000点以上もアイテムを取り揃えています。日本のキャンプブランドの中でも価格が手頃で、コスパ重視の人にはおすすめのブランド

キャンプマットは、テントでも車中泊でもグッスリと寝られる厚さがあり、マット自体に凹凸もあるため地面にある石が気になりません。折りたたみも簡単でコンパクトにまとまるため、ファミリーで使う場合でもソロキャンプで使うのにも重宝するから、キャンパーからの指示が高いブランドです。


キャンプマットの人気メーカー4. LOGOS(ロゴス)

BBQやキャンプをファミリーで楽しむためのアウトドア用品を展開するロゴス。自動で膨らむエアーマットレスもあるため、アウトドアマットやレジャーマットを探している人にぴったり。

厚さや断熱効果もあるため、冬の車中泊やテント泊などにも最適です。また、専用の袋もついており簡単に折りたたみできるのも嬉しいポイント。ロゴスのキャンプマットは、手軽で簡単に寝床を用意ができるので登山者やキャンパーから人気の高いブランドです。


キャンプマットの人気メーカー5. DOD(ディーオーディー)

個性的な名前の製品を多く販売するDODは、キャンプやアウトドアで「それが欲しかった!」と思わせる安くておしゃれなキャンプ用具を多く販売しています。見た目が良いだけでなく、簡単でコンパクトに作られているため女性でも扱いやすく人気がありますよ。

マットレスも程良い厚さがあるので寝心地もよく、断熱効果もあるので車中泊やテント泊にぴったり。キャンプ用品のランキングには常に入っており、コスパを考えるなら外せないブランドです。


昼間に全力で動きたいなら、キャンプマットで睡眠の質をあげよう!

キャンプマットには種類がたくさんあり、収納方法や価格、素材など見るべきポイントが多いので、最初はどんなキャンプマットを購入すればいいか迷ってしまう人も多いでしょう。

どれを購入すれば良いのか迷った場合は、今回ご紹介したランキングを参考に、使用シーンなど自分に合ったキャンプマットを見つけてみてくださいね。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事

あなたにオススメ