【2019最新】DODのおすすめ人気キャンプ用品ランキング15選

人気アウトドアブランド「DOD(ドッペルギャンガーアウトドア)」のおすすめ商品をお探しの方へ。本記事では、DODの人気の秘密から2019年最新のおすすめ人気モデルランキングまで大公開!カマボコテントやタープ、コットなどの話題のキャンプ製品も紹介しているので、参考にしてくださいね。

人気アウトドアブランド「DOD」とは?

DODのおすすめアウトドア商品

DODとはアウトドア製品をリーズナブルな価格で販売するキャンプ用品ブランドです。2018年2月からブランド名をドッペルギャンガーアウトドアからDODに変更しています。

ドッペルギャンガー改めDODのミッションは、外で遊ぶ大人を増やすことを掲げているので、初心者でも手を出しやすくて斬新なデザインのアウトドア製品を生み出しています。

ベテランのキャンパーも愛用する人が多く、販売するとすぐに売り切れてしまうほど人気です。


DODの魅力は?人気の秘密を解説します

ソロキャンプやグランピングなどキャンプやアウトドアの人気が高まる中、他のブランドとは違うDODは一体なぜ人気があるのでしょうか。

そこで、DODが初心者からベテランまで虜になるその魅力を詳しく紹介します。


DODの魅力1. キャンパーをワクワクさせる個性的なデザイン

キャンプ用品はベーシックなデザインが多く、強度や機能性を追求している製品が多いです。そんな中、DODの製品はこれまでになかった斬新で個性的なデザインのテントやタープ、キャンプ用品を数々と販売し人気を得ています。

20代〜50代までの幅広い世代から人気のDODは、キャンパーに寄り添った製品作りをしているので、販売するとすぐに完売になってしまうこともしばしば。

SNS映えする製品が多く、Twitterやインスタでも写真を投稿するユーザーも多いですよ。


DODの魅力2. キャッチーな商品のネーミング

「タケノコテント」「いつかのタープ」「カシステーブル」など、ちょっとクスっと笑ってしまうようなネーミングが付いているのがDOD製品の特徴です。

キャンプ用品は専門的な名前が多く、初心者の人には分かりづらいですが、名前が特徴的だと覚えやすいだけでなく親しみやすくなります。

愛着が持ちやすいネーミングになったことで、キャンプをしたことがない初心者の20代〜30代の女性を中心にDODは人気が高まっています。


DODの魅力3. 初心者も手が出やすいリーズナブルな価格帯

DODは、アウトドアブランドの中でも1万〜7万円程あればテントやキャンプに必要なアイテムを揃えられる点も人気の秘訣です。

店舗で販売するのではなくインターネットの流通をメインにしたり、簡易包装したりして費用を抑えることで、他のブランドとは違い、高クオリティな製品を初心者でも手が出しやすい価格帯にすることができています。

キャンプだけでなく、フェスやソロキャンプの安いアイテムが揃っているので、参入者がどんどん増えています。


DODの魅力4. ユーザーが使いやすい製品設計

DODの製品は、初心者や女性でも組み立てやすい設計がされています。

例えば、通常テントの組み立ては1人では難しかったり、組み立てに時間がかかったりしますが、DODのワンタッチテントは1人でも組み立てや解体が行えるのが特徴です。また、テントやチェアなども軽量に作られているものが多く、荷物が多くなりがちなキャンプやBBQなどに重宝します。

ユーザーに寄り添った製品を開発しているため、初心者の方からベテランの方まで評価が高く根強い人気があるのです。


【2019最新】DODアイテムおすすめの人気ランキングTOP15

アウトドアを楽しむ人から評価が高いDODの中でも、特に人気の高いアイテムをランキング形式でご紹介します。

テントだけでなく、アウトドアに欠かせないアイテムもランキングに入っているので、DOD好きな人からこれからアウトドアに挑戦しようと思っている初心者の方まで必見です。


【おすすめランキング第15位】ヤドカリテント

DOD(ディーオーディー) ヤドカリテント ツールームテント 【6人用】 スカート付き TCインナー T6-662-GY
  • キャンパーからの評判も高いヤドカリテントは、大人数のキャンプに最適
  • 3箇所からの出入りができるので、人が出入りしやすいだけでなく通気性も抜群
  • ポリコットンインナー素材で、夏も冬も快適に過ごせる

キャンプ場に行くとどれも似たようなテントばかりで、自分の場所が分からなくなったりすることありますよね。そんな時におすすめなのが『ヤドカリテント』。

ネーミングが面白いだけでなく、変わった形をしたテントが特徴で、遠くから見ても自分のテントだと判断できますよ。また、3~6名までゆったりとくつろげる空間が作れるだけでなくリビングと寝室が一体型の2ルーム構造です。通常のテントであれば、タープなどを別で用意する必要がありますが、ヤドカリテントは追加で購入する必要がないため、コスパが高いのも魅力。

さらに、ヤドカリ型のテントのため雨風が入りにくいサイドウォールに仕上がっています。ヤドカリテントは、ベーシックなテントではないので、他の人とテントのデザインが被りたくない人には外せないアイテムです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 展開時サイズ:4600 × 4600 × 3000 (mm)
  • 収納時サイズ:660 × 250 × 250 (mm)
  • 本体重量:14.7kg
  • 素材:フライシート:150Dポリエステル(PUコーティング)、サイドウォール、スカート:75Dポリエステル(PUコーティング)、メインポール:スチール、インナーテント:ポリコットン(ポリエステル65%、綿35%)、防カビ加工、フロア:210Dポリエステル(PUコーティング)
  • おすすめの用途:グランピング、BBQ

【おすすめランキング第14位】ザ・テントM

DOD(ディーオーディー) ザ・テントM 初心者向け 前室付きドームテント【3人用】 T3-623-KH
  • コンセント用ファスナー付きだから、ヒーターや扇風機など季節に合わせて使える
  • 専用のキャリーバッグは少し大きめに作られているので、綺麗に入れなくても収納OK
  • コンパクトにまとまるから、車に詰んでも場所を取らずラクに持ち運べる

テント内で移動する時、かがまないと外へ出られないということありますよね。購入前には気にならなかったことも、実際に使ってみるとテント内を立ったまま移動できないのは不便と感じるものです。

そこでおすすめしたいのが『ザ・テントM』。立ったままテント内をラクラク移動できるのはもちろん、大人3人がゆったりとくつろげるファミリータイプのテントで、キャンプ初心者から上級者まで使えます。

インナーテントには4つのドアがついており、季節に合わせて風を感じたり、窓をクローズにして熱を逃さないようにしたりと気候に合わせることも可能。タープやキャノピーといったアイテムを組み合わせることで、リビングが広がるのもポイントです。

テント内を立ったまま移動できると、腰をかがめることがなくなりストレスを感じることなくテント内も快適に過ごせますよ。ぜひ購入を検討してみてくださいね。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 展開時サイズ:2200 × 4350 × 1800 (mm)
  • 収納時サイズ:630 × 220 × 220 (mm)
  • 本体重量:8.9kg
  • 素材:フライシート:150Dポリエステル(PUコーティング)、フレーム:アルミ合金、インナーテントフロア:210Dポリエステル(PUコーティング)
  • おすすめの用途:ソロキャンプ、グランピング、BBQ、フェス

【おすすめランキング第13位】ワラビーテント

DOD(ディーオーディー) ワラビーテント コットン生地 吊り下げ式カンガルーテント T2-657-BR
  • インナーテントには、ポケットが2つ付いているので、スマホやライトなどの収納に便利
  • テントの前後はメッシュ素材でできており、通気性もよく快適に過ごせる
  • 吊り下げるだけで簡単に組み立てられるから、キャンプ初心者でもOK

大きいテントの中で過ごすのは、みんなとワイワイできて楽しいですが、プライベート空間は欲しいものです。そんな時おすすめしたいのが『ワラビーテント』。

大型テントの中に1〜2人分のプライベート空間を作り出せるテントです。コットン100%の素材にすることで、結露を防ぎ、テント内を快適に過ごせるのもポイント。

もちろん天気のいい日には、ワラビーテントだけでくつろぐのもOK。インナーテントには、ランタン用のフックも付いているので、タープと組み合わせることでソロキャンプもできます。

みんなと過ごすキャンプやソロキャンプでも、しっかりとプライベートの空間を確保できるテントです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 展開時サイズ:2000 × 1200 × 1150 (mm)
  • 収納時サイズ:400 × 180 × 180 (mm)
  • 本体重量:2.3kg
  • 素材:メイン生地:コットン、フロア:210Dポリエステル(PUコーティング)
  • おすすめの用途:ソロキャンプ、グランピング、ツーリング、BBQ

【おすすめランキング第12位】スワルスエックス

DOD(ディーオーディー) スワルスエックス 軽量 コンパクト チェア X型構造で安定性向上 キャンプ フェス ツーリング にも C1-591-TN
  • 脚部底面には滑り止め防止のグリップが付いているから、雨で地面が濡れていても滑りにくい
  • 子どもの運動会やフェスなど、荷物が多くなりがちなシーンでも重宝するチェア
  • 値段は1万円以下と手頃で、お財布に優しいのもGOOD

ソロキャンプや運動会、フェスなど外でイスが必要なシーンは多いものです。しかし、イスが重たすぎて持ち運びに苦労したり、大きすぎて邪魔になってしまったりすることがありますよね。そんな時におすすめなのが『スワルスエックス』です。

重さわずか1.1kgと超軽量で、持ち運びが便利な優れもの。折りたたむと2Lのペットボトルほどの大きさにまとまります。

コンパクトカーでの移動やツーリングなどスペースを気にすることはありません。通常のチェアとは違い、X型フレームを採用しているから、安定性が向上するだけでなく、まるでハンモックに座っているような心地よい感覚に。

イスの重さと大きさから開放され、いつでもどこでも手軽に持ち運べるチェアを探しているなら外せないアイテムです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 展開時サイズ:500 × 550 × 680 (mm)
  • 収納時サイズ:340 × 120 × 120 (mm)
  • 本体重量:1.1kg
  • 素材:フレーム:アルミ合金、生地:ポリエステル
  • おすすめの用途:ソロキャンプ、グランピング、ツーリング、BBQ

【おすすめランキング第11位】ザ・ワンタッチテントM

DOD(ディーオーディー) ワンタッチテント3人用 215×215cm 【広い前室付き】 T3-673-KH
  • ベンチレーターをテントの両サイドに配置しているので、テント内はいつでも快適
  • 耐水圧2000mmだから、多少の雨でも気にすること無く使える
  • 持ち手付きのキャリーバッグで、女性でも持ち運びしやすく便利

「テントの組み立て方がイマイチ分からない」という人におすすめなのが『ワンタッチテントM』です。

2〜3人用のテントで、骨組みとインナーテントが一体となっているため、紐を引くだけでテントが完成する優れもの。女性1人でもラクに組み立てできるから、女性同士でBBQやキャンプなどを楽しむのにもぴったりです。

インナーテントには、大口のポケットもついているので、携帯やキャンプに必要な小物の収納もOK。別売りのビートルタープと連結すれば、日陰面積を増やしその下で涼しんだり、調理をしたりすることもできます。

あまりテントの設営に慣れてない方でもサッと組み立てられるので、キャンプ初心者にこそおすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 展開時サイズ:2200 × 4500 × 1800 (mm)
  • 収納時サイズ:750 × 220 × 220 (mm)
  • 本体重量:8.4kg
  • 素材:フライシート:150Dポリエステル(PUコーティング)、フレーム:アルミ合金、スチール、インナーテントフロア:210Dポリエステル(PUコーティング)
  • おすすめの用途:ソロキャンプ、グランピング、ツーリング、BBQ

【おすすめランキング第10位】ソトデーチューボー2

DOD(ディーオーディー) ソトデーチューボー2 調理がしやすい キャンプ キッチンテーブル TB6-652-BG
  • テーブルの高さは3段階に調節可能だから、子どもと一緒に料理作りが楽しめる
  • 散らかしがちなテーブルの上も、ストレージがあるからテーブルの上は常にスッキリ
  • 家のキッチンと同じ高さなので、キャンプでも調理しやすい設計

BBQやグランピングする時に意外と困るのが、調理スペースの確保ですよね。

DODの人気アイテム『ソトデーチューボー2』なら、家で調理しているかのような広いスペースが出来るから、みんなで楽しみながら調理が可能です。さらに、テーブルのサイド部分には、カトラリーや調理器具を収納するスペースもあるので、テーブルにキッチン道具を置く必要がなくなるだけでなく、調理道具を探すこともありません。

2〜3人で調理を楽しめるスペースがあるので、BBQやグランピングをする人にはおすすめのアイテムです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 展開時サイズ:1140 × 600 × 560 (mm)
  • 収納時サイズ:630 × 260 × 230 (mm)
  • 本体重量:9.6kg
  • 素材:天板:木、スチール、脚部:アルミ合金
  • おすすめの用途: ソロキャンプ、グランピング、BBQ

【おすすめランキング第9位】DOD グッドラックソファ

DOD(ディーオーディー) グッドラックソファ 車内で棚になる2人掛け折りたたみチェア 【アルミ合金製】 CS2-500
  • ソファのクッションカバーは丸洗いできるので、いつでも清潔さをキープ
  • 耐荷重は160kgだから、大人が2人座っても十分に耐えられる
  • パイプ椅子と同じ作りで、難しい組み立ての必要がなく簡単にソファが完成

アウトドアで困るのは、キャンプやBBQで使う道具が車内でバラバラになること。クーラーボックスやテント、寝袋といった荷物を重ねると、探し出すのも一苦労ですよね。そんな悩みを解決するのが『DODグッドラックソファ』。

2人掛けのソファとして使えるのはもちろんのこと、背面部の生地を取り外せば棚として使えます。棚として使わない時は折りたたむとコンパクトになるので、車内のスペースも無駄にしません。さらに、重さは5.5kgしかないので、片手で持ち運びも可能だから女性でもラクに持てるのも魅力。

棚として使って収納すれば、荷物がバラバラにならないので整理が苦手な人でも簡単に整頓ができますよ。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 展開時サイズ:1000 × 500 × 740 (mm)
  • 収納時サイズ:1000 × 130 × 670 (mm)
  • 本体重量:5.5kg
  • 素材:アルミ合金、ポリエステル、木
  • おすすめの用途:ソロキャンプ、グランピング、BBQなど

【おすすめランキング第8位】DOD グッドラックテーブル

DOD(ディーオーディー) グッドラックテーブル 車内で棚として使用可能 大容量収納スペース TB4-501
  • 車の荷台整理やテーブルとして使えるのに、値段は1万円以下とコスパ最強
  • 収納時にはコンパクトに折りたたんで場所を取らないから、持ち運びに便利
  • 組み立ては簡単なので、ソロキャンプにも大活躍

キャンプやBBQに出かける時って荷物が多くなりがちで、「車の後部座席をもっと有効活用したい」と考えることありますよね。そんな時におすすめなのが『グッドラックテーブル』です。

テーブルを使うことで、今まで車の後部座席が荷物で取り出しづらかったのがスッキリと整理され、荷崩れを防止します。さらに、ロースタイルやハイスタイルのテーブルにも調整できるから、荷物の大きさに合わせて整理しやすくなるのもポイント。テーブル下には138Lの大型収納付きで、ランタンや食器といったキャンプやBBQに必要なアイテムを収納できます。

車の荷台をスッキリと収納しつつ、テーブルにもなるグッドラックテーブルはアウトドア好きなら外せないおすすめの製品です。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 展開時サイズ:600 × 1000 × 730 (mm)
  • 収納時サイズ:600 × 500 × 80.2 (mm)
  • 本体重量:7.1kg
  • 素材:フレーム:アルミニウム、生地部分:ポリエステル(PVC コーティング)、天板・棚:MDF
  • おすすめの用途:ソロキャンプ、グランピング、BBQなど

【おすすめランキング第7位】DOD コット バッグインベッド

DOD(ディーオーディー) バッグインベッド バッグに入る軽量ベッド ツーリングにも CB1-510K
  • ポールにはショックコードを使用しているので、難しい組み立てが不要
  • 女性でも持ち運びしやすから、フェスやソロキャンプなどにも最適
  • 重さが2.4kgしかないから、荷物がかさばらない

テント内でお昼寝する時に、寝袋ではなく気軽に横になれるベッドが欲しい時ありますよね。そんな時におすすめなのが『DODコットバッグインベッド』。

重さわずか2.4kgと軽量で、バイクの荷台にもラクラク詰める大きさなので、ソロキャンプにも最適な製品。さらに、持ち手付きの専用キャリーバッグがあるから、家族でピクニックに行ってお昼寝をしたり、コットとしてテントの中に入れてもOKです。組み立ても簡単で、女性1人でも楽にベッドが作れるのも魅力でしょう。

ソロキャンプや家族でアウトドアを楽しむ時などシーンを選ばず使えます。「寝心地も良い」と口コミでも人気だから、キャンプ中に横になれるおすすめ製品です。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 展開時サイズ:1830 × 720 × 155 (mm)
  • 収納時サイズ:510 × 130 × 160 (mm)
  • 本体重量:2.4kg
  • 素材:フレーム:アルミニウム、生地:600Dポリエステル
  • おすすめの用途:ソロキャンプ、グランピング、ツーリング、BBQ、フェス

【おすすめランキング第6位】DOD チーズタープ

  • 5×5mのタープが入っていると思えないほどコンパクトにまとまるので、女性でも持ちやすい
  • タープ単体でもカマボコテントと組み合わせもOKだから、自分の思い描くキャンプが実現できる
  • ポリコットン素材で陰を濃く作り、日除け効果が高まるから、夏場も快適な空間が完成

「日差しが強くて外にいるのはしんどいけど、テントの中で過ごすだけではキャンプらしくない」という時におすすめなのが『チーズタープ』です。

チーズタープは、正方形に作られた超大型のタープで自在にアレンジがきくので、日差しに合わせて調整が可能。チーズタープで日陰を作り、その下でお昼寝をしたり、仲間と食事を楽しんだりと快適な時間を過ごせます。さらに、カマボコテントと組み合わせれば、日陰を濃くし結露を防止する役割にもなってとても便利。

アレンジ次第で開放感のある空間ができ、キャンプやBBQを思い切り楽しめます。日差しを気にしてテント内で過ごすことはなくなり、日差しを避けながらも充実したキャンプを満喫できます

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 展開時サイズ:5000 × 5000 (mm)
  • 収納時サイズ:620 × 180 × 180 (mm)
  • 本体重量:6.1kg
  • 素材:ポリコットン
  • おすすめの用途グランピング、ツーリング、BBQ

【おすすめランキング第5位】DOD ストレージベンチ チェア

  • クッション入りのチェアだから、長時間座っていても疲れにくい
  • 2人座れるスペースがあるので、クーラーボックス台としても重宝
  • 値段は7,000円以下とリーズナブルで、お財布に優しい

キャンプやBBQではライトや食器といった小物がテーブルに散らかりやすく、「綺麗に保ちたい」と思うことありますよね。そんな時におすすめなのが『ストレージベンチチェア』です。

ベンチの下に収納スペースがあるから、テーブルの上に散らかった荷物を収納しておくことが可能。さらに、出し入れする部分は前後にポケットが付いているので、ベンチの向きを気にすることなく使えます。

収納スペースを使えば、常にテーブルの上は綺麗に保てるので、整理が苦手な人にこそおすすめです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 展開時サイズ:117 × 37 × 44 (mm)
  • 収納時サイズ:12 × 60 × 24 (mm)
  • 本体重量:4.3kg
  • 素材:フレーム:アルミニウム、生地部分:ポリエステル(PU コーティング)
  • おすすめの用途:ソロキャンプ、グランピング、ツーリング、BBQ

【おすすめランキング第4位】DOD テキーラテーブル

DOD(ディーオーディー) テキーラテーブル 焚き火の上で使用可能 ワンバイ木材でカスタム可能 TB4-535
  • 持ち手部分はウッドハンドルだから、プレートが熱いときでも持ち運びOK
  • テーブルはコンパクトに収納できるので、荷物がかさばらない
  • 自由度が高いテーブルだから、BBQだけでなくアウトドアで大活躍

鉄板やコンロを片してしまった後から「ちょっとだけお鍋やケトルを温めたい」といった時におすすめなのが『DODのテーブル』です。

焚き火の上でもOKなタフなテーブルで、デザイン性にも優れ、グランピングやBBQで使うのはもちろんのこと、夜まったりと焚き火を楽しみながらダッチオーブンを置いて料理することもできます。テーブルはプレートに3mmの厚い鉄を使用しているので、熱にも強いです。

普段使いにも料理をする時にも使えるテーブルは人気が高く、すぐに在庫切れしてしまう製品。焚き火の上でお湯を沸かしたりするのもOKなので、キッチン道具を片してしまった後でも温め直しができるおすすめのテーブルです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 展開時サイズ:115 × 49 × 41 (mm)
  • 収納時サイズ:ー
  • 本体重量:8.6kg
  • 素材:スチール、木
  • おすすめの用途:ソロキャンプ、グランピング、ツーリング、BBQ

【おすすめランキング第3位】DOD ワンタッチテント ライダーズバイクインテント

DOD(ディーオーディー) ライダーズバイクインテント 【ツーリング仕様】 ワンタッチ 大きな前室 1-2人用 T2-466-TN
  • 入り口はフルメッシュに切り替えができるので、気候に合わせたカスタマイズが可能
  • ワンタッチテントで、設営と撤収が素早く行えるので、初心者からの評価は抜群
  • テント内にはインナーポケットが付いているから、ライトなどキャンプに欠かせないアイテムの収納ができる

バイクでツーリングをした後に、ソロキャンプをしようと思っても「テントが大きすぎてバイクに積めない」なんてことありますよね。そこでおすすめなのが『ライダーズバイクインテント』。

バイクの荷台に乗せやすいよう20×58cmに抑えているので、バイクでソロキャンプもOK。さらに、ワンタッチシステムだから、「設営が簡単」と口コミもあり、キャンプ初心者にぴったり。大型キャノピーが付いているので、雨が多少降っても乗ってきたバイクは収まりますよ。

今までバイクにテントを積むのが大変だった人でも、このテントであれば今まで以上にどこへでも出かけやすくなります。ツーリングでキャンプを楽しむなら、ぜひDODの『ライダーズバイクインテント』を手に入れておきましょう。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 展開時サイズ:215 × 260 × 140 (mm)
  • 収納時サイズ:20 × 58 (mm)
  • 本体重量:5.5kg
  • 素材:アウターテント:40Dナイロン(PUコーティング、リップストップ加工)、インナーテント:ポリエステル通気性生地、フロア:210Dポリエステル(PUコーティング)、ポール:アルミ合金、スチール
  • おすすめの用途:ソロキャンプ、ツーリング、

【おすすめランキング第2位】DOD タケノコテント

  • テント上部に4つのベンチレーターが付いているので、テント内も空気の通りがよく快適に過ごせて、キャンパーからの評価が高い
  • 耐水圧は5000mmまで耐えられ、水が染み込む心配がない
  • 専用のコンプレッションバッグは大きめの作りだから、初心者でも簡単に収納可能

キャンプに行くと「どれも似たような形で、テントの場所が分からなくなってしまう」なんてことありますよね。

DODのタケノコテントは、圧倒的な存在感で他のテントとは違い目立つのがGOOD。

テントの主流は、プライベートなども考慮し2ルームなどが多いですが、タケノコテントは、あえてワンルームタイプにしたことで広々とした空間を作り出しました。ただ広々とした空間を作るだけでなく、開け締めがしやすい特殊ドア構造にしたり、ランタンフックを付けたりとテントの中でも快適に過ごせる工夫がほどこされています。

遠くから見ても自分のテントと分かるほど個性的だから、キャンプサイトでの迷子を防ぎたい方にこそおすすめです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 展開時サイズ:450 × 450 × 280 (mm)
  • 収納時サイズ:35 × 82 (mm)
  • 本体重量:22.8kg
  • 素材:テント屋根部分:ポリコットン(ポリエステル65%、綿35%)、テント壁部分:150Dポリエステル(UVカット加工済み)、フロア:300Dポリエステル、メインポール:スチール、サイドポール:アルミ合金
  • おすすめの用途:グランピング、ツーリング、BBQ

【おすすめランキング第1位】DOD カマボコテント2

  • インナーテントを取り外せば、大型タープとしても使える
  • コンセント用ファスナー付きだから、季節問わず快適なテントの空間が楽しめと評判
  • 耐久性に優れた作りで、長く使い続けられる

テント内の収納人数が増えれば、テントの組み立て方も難しくなりますよね。そんな悩みを解決したのが『カマボコテント2』です。

大人数を収容できるテントは他のメーカーでも販売していますが、DODのテントの人気はそれだけではありません。テントを組み立てる時の設計が初心者でもわかりやすく作られているため、アウトドアに慣れていない人でも迷わずテントが組み立てられます。

さらに、テントはトンネル形状で、高さ190cmもあり男性でもテント内を立った状態で移動できるのも魅力的です。広々とテント内を使えるので、自分のキャンプスタイルに合わせてカスタマイズできるのも人気の秘密。

カマボコテント2を使えば、テントの組み立てで時間や体力を消耗することがなくなるので、今までテントの組み立てに時間がかかっていた人にこそぜひ使って欲しいアイテムです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 展開時サイズ:300 × 640 × 195 (mm)
  • 収納時サイズ:68 × 32 × 32 (mm)
  • 本体重量:16.1kg
  • 素材:アウターテント:150Dポリエステル(UVカット加工済み)、フレーム:アルミ合金、インナーテント壁面:75Dポリエステル、 インナーテントフロア:210Dポリエステル(PUコーティング)
  • おすすめの用途:グランピング、BBQ

DODでキャンプ用品を揃えて、思い通りのアウトドアを楽しもう!

DODは店舗での販売はしているものの、インターネットメインの流通にしているためコストを抑えたキャンプ用品を実現しています。今回紹介したDODの人気商品はどれも初心者の人でも使いやすいものばかりです。

これからキャンプを始めようとしているなら、価格が手頃で高クオリティのDODから少しずつ取り入れていくのがおすすめです。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事