【キャンプ用】電気毛布の人気おすすめランキング2020|冬も暖かい防寒商品を比較

キャンプで使える温かいブランケットのおすすめを探している方へ。今記事では、キャンプで重宝するブランケットの選び方や比較方法から人気のアイテムをランキング形式で大公開!最大温度や洗濯の有無、サイズ感や生地感など、自分が使いやすいブランケットを見つけて寒い夜を乗り越えてくださいね。

電気毛布のメリット|キャンプでおすすめの理由とは?

キャンプで使える電気毛布のおすすめ

冬場のキャンプ場で、1番の敵となるのが「寒さ」。

特に冷え込む夜間から早朝にかけては、寒さ対策をしていないと十分に睡眠がとれない場合もあります。

しかし、いくら上着や毛布を重ねても、寒さがしのげないケースもありますよね。

そこで今回は、キャンプで利用できる暖房器具・電気マットのメリットをご紹介。

電気毛布のメリットを知って、電気毛布選びに役立ててみてくださいね。


電気毛布があるメリット1. USB電源で暖まれる

電気毛布は、コンセントが無くてもusb電源で暖まれることがメリットの1つ。

コンセントに直接差しても使用できますが、スマートフォンに対応しているモバイルバッテリーで代用することもできるため、キャンプや車内でも使用ができます。

もちろんそのままでも毛布として使用できるので、災害時の備えとして常備しておいても良さそうですね。


電気毛布があるメリット2. コンパクトで持ち運びやすい

暖房器具と聞くとストーブやホットカーペット、エアコンなどが思い浮かびます。

しかしこれらはどれも、持ち運びには適しておらず、キャンプや災害時に家の中以外で使用するのが難しくなってきます。

その点電気毛布であれば、くるくると丸めて持ち運べる上にしっかりと暖を確保することが可能。

毛布や羽毛布団よりもコンパクトで手軽に持ち運べるため、アウトドアを楽しみたい時におすすめのアイテムです。


電気毛布があるメリット3. 消費電力が小さく長持ちする

電気毛布は、意外に消費電力が少ないことを知っていますか?

52度くらいの「強」で31Whほど、20度の「弱」で3Whしか電力を使用しないので、モバイルバッテリーでも十分に一晩暖かさがキープできます。

また、電気毛布は布団の中に電線を通し、電線を暖めることで布団の表面が暖かくなる仕組み。

そのため、布団の表面から暖かさが逃げにくく、少ない電力で十分な暖かさが朝まで保たれるんです。

途中で電源が切れても寒くて目覚めることはないので、1枚でかなり重宝できるアイテムといえますよ。


電気毛布があるメリット4. 底冷え対策もできる

電気毛布は使う人やシチュエーションによって、様々な使い方ができるもの魅力の1つ。

家の中であれば肩と背中を覆っても良し、アウトドアであれば底冷えしないように寝袋の下に敷いて使っても良し、職場ではひざ掛けとして使っても良し。

電気毛布に似たものにホットカーペットがありますが、ホットカーペットでカバーできない部分も暖めてくれるのであらゆる場面で活躍できる家電です。


キャンプ用電気毛布の選び方|購入前に比較すべきポイントとは?

冬場のキャンプで防寒対策として使われることが多い電気毛布。

大きさや消費電力、安い価格で販売されているかの確認はもちろんですが、購入する時に気を付けておきたい4つのポイントはご存知でしょうか?

そこでここからは、キャンプ用の電気毛布を購入する時にチェックしておきたいポイントを4つ紹介していきます。


キャンプ用電気毛布の選び方1. 一人用か大判サイズか

キャンプで使用できる電気毛布は、1人用やユニセックスサイズ、大判と呼ばれるものまで多くの種類が存在しています。

一般的には縦か横、どちらも100cmを超えているもの・それに近いものが大判として扱われるケースが多く、一度に2人までは使用できるサイズ感です。

基本に1人での使用を考えている方は、大判にこだわりすぎるとかさばってしまう上に安い買い物ではなくなってしまうので、肩から掛けた時に腰まで隠れるくらいの大きさがおすすめですよ。


キャンプ用電気毛布の選び方2. 温度調節できるか

電気毛布の温度調節は、あると便利に使いこなすことができる機能。

一定温度での使用だけだと汗をかいてしまったり、反対に暖かさが足りなくて電気毛布の能力が十分に引き出せない可能性もあります。

電源のON・OFFだけでなく、HI・LO、強中弱など、2.3段階に分けて温度調節ができるものをセレクトするようにしましょう。

季節の変わり目での使用や、小さなお子さんとアウトドアを楽しむ時にもあって損はない機能ですよ。


キャンプ用電気毛布の選び方3. 丸洗いできるか

アウトドア用で電気毛布を購入すると、基本的に使う時は外になります。

そのため家の中で使用するより汚れやすく、汚れが落ちにくいケースがたびたび発生しがちです。

そこで電気毛布を選ぶ時にチェックしておいてほしいのが、丸洗いできるかどうかという点。

汚れが付いた箇所だけでなく電気毛布まるごと洗濯できるのであれば、洗濯の手間も省けて清潔な状態で使い続けることができます

種類やメーカーによっては「カバーだけ洗濯可能」「ヒーター部分を取り外して洗濯すればOK」などのルールがあるものもあるので、自分が洗濯する時にやりやすいものをチョイスしてみてくださいね。


キャンプ用電気毛布の選び方4. 何の生地でできているか

いくら電気で暖かくなるとは言え、保温性は毛布にとって大事な要素。

コスパを重視するのであれば、安い価格帯でありながら肌触りの良いアクリルやポリエステルがおすすめです。

アクリルやポリエステルは丸洗いできる種類が多く、電気毛布の中でも扱いやすい素材と言えます。

予算を上げると保湿性の高いフランネルやコットン、シルクなどの素材もあるので、自分のお気に入りの肌触り素材からチョイスしてみても良さそうですね。


キャンプ用電気毛布のおすすめランキング2020|外でも暖かい人気商品とは?

電気毛布の選び方を解説してきましたが、「自分で1から探すのは面倒…」「安い商品なら何でもいい」「実際に使っている人が多い安心の商品を選びたい!」という人も多いのではないでしょうか?

そこでここからは、アウトドアでも使用しやすい電気毛布の人気商品をご紹介。

おすすめポイントと一緒に、コスパやポータブル仕様の有無なども詳しく解説していきますので、自分の使い方に合うブランケットを手に入れてくださいね。


キャンプ用電気毛布のおすすめランキング11位. HOMEFIT 電気ひざ掛け

HOMEFIT 電気ひざ掛け 肩掛け カーボンファイバー発熱 USBタイプ 丸洗い可能 94cm×94cm 3か月間保証付き (ダークグレー)
  • ダークグレーとネイビーの2色展開で、好みに合わせて選択可能
  • 毛布の隅にポケットが付いており、モバイルバッテリーを入れておくことができる
  • ヒーターを取り出さずに、そのまま丸洗いできる

屋外で使用する機会が多い電気毛布は、どうしても汚れが付きやすくなってしまいます。

「キャンプで使ったらすぐに洗いたいな」「外で使ったものは、洗濯してから家の中で使いたい」と思っている人もいますよね。

そんな方におすすめしたいのは、ヒーターを取り出さずに洗濯機で丸洗いができる電気ひざ掛け。

ヒーターを取り出す手間が省けるので、屋外で使ったものをそのまま洗濯機に入れるだけでOKです。

ただ頻繁に洗うと壊れやすくなるので、年4回までを目安に洗濯してくださいね。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 商品サイズ:94cm × 94cm
  • 生地:ポリエステル
  • 温度調節:30-40度
  • 丸洗いできるか:◯

キャンプ用電気毛布のおすすめランキング10位. Yuanhui 電気毛布

Yuanhui 電気毛布 車 12v 毛布 あったか車載毛布 車用電気ブランケット 車中泊 ホットヒーター毛布 車用ヒーター カーグッズ毛布 (ブラウン)
  • 1699円で大判サイズの電気毛布が購入できる
  • くるくると巻いていくとバッグのようにまとまり、可愛らしいフォルムに大変身
  • ブラウン系とブルー系のチェック柄が展開されており、男女問わず使用しやすい

キャンプ道具を一通り揃えるのにはそれなりのお金がかかってしまいます。

「電気毛布だけでもリーズナブルな値段のものに抑えたい」「高機能で低価格な電気毛布はないかな…」と探している人も多いのではないでしょうか。

そんなコスパ重視の人におすすめしたいのは、1699円で購入できる大判サイズの電気毛布

145cm×100cmと大きめのサイズ感なので、1人だけでなく子どもと一緒に、恋人とシェアしながらなど、使い道はアイデア次第です。

男女兼用で使用できるブラウンとブルー、2種類のカラーを展開しており、恋人や家族へのプレゼントにも選ばれています。

安い価格でも品質を重視したいわがままさんでもきっと満足できる電気毛布ですよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 商品サイズ:145cm × 100cm
  • 生地:ポリエステル
  • 温度調節:HI、LO
  • 丸洗いできるか:×

キャンプ用電気毛布のおすすめランキング9位. Yixintech 12v電気毛布

Yixintech 12v電気毛布 12V車用 電気ひざ掛け 車載用ヒートブラン ホットブランケット ホットヒーター毛布 車用 加熱毛布 防寒保温 過流過圧保護 電気ブランケット 多機能カー毛布 HI/OFF/LO 3段階切り替え 防寒保温 150*110cm (グレー格子)
  • 加熱ゾーンが毛布全体の70%を占めているため、隅々まで暖かくて快適な温度が実現
  • 男女ともに使用しやすい紺色チェックの柄が大人気
  • 温度制御す地で発火や火傷の心配がなく使用可能

「とにかく暖かさを重視したい!」「寒い地域でも快適に使用できる電気毛布を使いたい」と思っているキャンパーさんは多いですよね。

暖かさを重視したい人は、ランキング9位の12v電気毛布をチョイスしてみてください。12v電気毛布は毛布の70%を加熱ゾーンが占めていおり、隅々まで暖かい空気を保有。

加えて温度の制御装置もついているので、高温になりすぎたり発火する恐れも心配もありません。

デザインは男女ともに使用しやすい紺色チェック柄を採用しており、幅広い世代から人気を博しています。

自分で使用するだけでなく、キャンプやバーベキューが好きな友人にプレゼントとして購入するのもおすすめですよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 商品サイズ:110cm × 150cm
  • 生地:ポリエステル
  • 温度調節:HI、LO
  • 丸洗いできるか: ×

キャンプ用電気毛布のおすすめランキング8位. DigHealth 電気ひざ掛け

DigHealth 電気ひざ掛け 電気ブランケット電気毛布 肩掛け ひざ掛け敷き兼用 部分加熱ヒーター付き 肌触りが柔らかい 3段階温度調節 丸洗い可能 100cm×100cm
  • 高温55度、中温45度、低温40度で温度調節ができるため、極寒地でのキャンプにぴったり
  • 寝袋の上からもかけられる100cm×100cmの大判サイズ
  • ヒーターの取り外しをしなくても丸洗いが可能

キャンプをはじめとしたアウトドアは、冬場の方が楽しめるケースもあります。そこで不安になるのが、「寒さに耐えられる電気毛布を購入できるかどうか」という問題。

そこでチェックしてみてほしいのが、3段階の温度調節ができるDigHealthの電気ひざ掛け。

高温では55度、中温では45度、低温で40度の温度になり、真冬や極寒地でのキャンプをする際におすすめしたい電気毛布です。

とにかく温度の平均が暖かいので、複数人でシェアしながら使用する時や温度が低い日のキャンプに持っていくと心強い味方となってくれます。

ヒーターをわざわざ取り出すことなく丸洗いができるので、洗濯の手間も省けますよ。

寒さに合わせて細かく温度調整をしたい方はこちらのブランケットを選んでみてくださいね。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 商品サイズ:100cm × 100cm
  • 生地:100%プレミアムポリエステルフリース
  • 温度調節:高温55度、中温45度、低温40度
  • 丸洗いできるか:◯

キャンプ用電気毛布のおすすめランキング7位. ACATIM USBブランケット

ACATIM USBブランケット チェック柄 電気ひざ掛け USB給電式 電気毛布 柔らかい 省エネ 洗える 防寒 オフィス アウトドア
  • フリースとボア素材を組み合わせて暖かい空気を逃がさないコスパ最強の電気毛布
  • ヒーターは毛布から取り出し可能なので、汚れてしまった場合はすぐに丸洗いできる
  • ヒーターを取り外せば電気毛布としてではなく、ブランケットとしての常用使いも可能

ヒーターと一緒に洗濯できるかできないかは、電気毛布を選ぶ時に重要視しがちなポイント。

「ヒーターを洗うのは少し怖いから簡単に取り外しができるといいな」「こまめに洗いたいしヒーターの脱着が簡単だと嬉しい」と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

そこで紹介していきたいのは、ランキング7位のUSBブランケット。

ヒーターが取り外しできる上に、890mm×610mmのポータブルサイズなので、室内だけでなくアウトドアでもブランケットとして使用することができる優れものです。

裏生地はボア生地でモコモコ、表生地はフリースで柔らかい肌触りを実現させており、好みやシチュエーション、使用場所によって裏と表面を使い分けることもできますよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 商品サイズ:890mm × 610mm
  • 生地:炭素繊維、ポリエステル
  • 温度調節:ー
  • 丸洗いできるか:◯

キャンプ用電気毛布のおすすめランキング6位. ALNAE 電気毛布

ALNAE 電気毛布 電気ブランケット ひざ掛け USBブランケット 洗える 電気膝掛け ふわふわ ホットブランケット 120×60cm 大判サイズ 温度調整可 ブラウン
  • 生地に伸縮性があるため横・縦幅に関係なく使用しやすい
  • ブランケット時代にポケットが付いているのでポンチョのように小物やバッテリーを入れて持ち運ぶことが可能
  • 中に入っているヒーターを取り出せば、洗濯機で丸洗いできる

「せっかく購入するなら暖かさが長続きする電気毛布が良いな」「そのまま触っても暖かい毛布だと嬉しい」と思っている人も少なくありません。

そこでチェックしてみてほしいのが、ランキング6位の大判サイズの電気毛布。

一般的なブランケットに比べて同商品は高密度で毛足の長い素材を使用しているので、ヒーターからの暖かい空気を逃がしにくい構造をしています。そのため、低温度でも十分に暖まり、消費電力の節約にもなりますよ。

極寒の真冬でも寒さを感じずに電気毛布を使いたい方におすすめの防寒アイテムといえるでしょう。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 商品サイズ:120 × 60cm
  • 生地:ー
  • 温度調節:28度、35度、47度の3段階
  • 丸洗いできるか:◯

キャンプ用電気毛布のおすすめランキング5位. ARRIS 電気毛布ブランケット

ARRIS 電気毛布ブランケット USBブランケット 炭素繊維ヒーター 大判 70X140cm 5段温度調節 ひざ掛け 肩掛け 温か電熱敷き毛布 防寒対策 アウトドア テント泊用 日本語説明書付 (防水商品)
  • 40度から80度までの5段階で温度調節が可能
  • 毛布の6か所にヒーターが入っているので、体の隅まで暖めることができる
  • コードを収納できるポケット付きなので、スポーツ観戦やバーベキューなどのアウトドアでもブランケットとして使用可能

電気毛布を購入する時に重要視する人が多いのはやはり価格。

「できるだけ安いものが良いな」「コスパ重視で購入したい」と考えている人も多いですよね。

そこでおすすめしていきたいのは、80cm×140cmの大判毛布ながら4,000円以内で購入できる電気毛布ブランケット。

毛布の中には6つのヒーターが内蔵されており、熱伝導のおかげで毛布全体がポカポカとした暖かさに包まれます。

車中やバーベキューなどのアウトドア、社内や自宅でも使用できるポータブル仕様なので、使う場所や環境を選びません。

寒い時期であれば寝袋の上からかけて、アウトドアで暖を取ることもできますよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 商品サイズ:80cm × 140cm
  • 生地:フリース素材とポリエステル
  • 温度調節:40度から80度までの5段階
  • 丸洗いできるか:◯

キャンプ用電気毛布のおすすめランキング4位. Yuanhui ホットブランケット

電気毛布 Yuanhui ホットブランケット ホットヒーター毛布 加熱毛布 防寒保温 過流過圧保護 電気ブランケット 多機能カー毛布 HI/OFF/LO 3段階切り替え 12V車用 車内止まり 前席 後席 (まっか)
  • 電気マットのように毛布全体に電熱線が張り巡らされているので、暖かさにムラがない
  • 145cm×100cmの大判サイズで、男女問わず体をすっぽり包み込む
  • サーモスタット機能が付いているのでブランケットの温度が下がると自動的に電源をオンにしてくれる

電気毛布は使用しているうちに暖かくなりすぎてしまう心配もつきもの。

「使っている最中に暑すぎて眠れなくならないかな?」「子ども向けに使用する時に心配…」と思う人もいますよね。

そこでおすすめしたいのが、Yuanhuiから販売されているホットブランケット。自動温度調節機能を兼ね備えているので、電源を付けた後も温度を適温にキープしてくれます。

また、サーモスタット機能を搭載しているため、usbポートを繋いでおくだけでブランケットの温度が下がった時に自動的に電源を付けてくれますよ。

145cm×100cmの大きいサイズ感は、大人であれば1~2人で暖が取れるのでキャンプやバーベキューと言ったアウトドアで大活躍すること間違いなし。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 商品サイズ:145cm × 100cm
  • 生地:ー
  • 温度調節:HI約45度、LO約35度
  • 丸洗いできるか:×

キャンプ用電気毛布のおすすめランキング3位. MUTUW 電気ブランケット

電気ブランケット USBブランケット ひざ掛け 肩掛け【2019年最新強化版 あったかブランケット】おしゃれ 洗える 電気毛布 暖房器具 テント泊用 掛け 敷き 電気もうふ 80×45cm 日本語説明書付き ブラック
  • トラブル時には無償交換してくれる1年間保証付き
  • ブラック・ブラウンの2色展開でプレゼントにもセレクトしやすい
  • ボタンが付いているので、ストールのように肩にかけて維持することができる

電気毛布を使う時に心配になるのが電気代や消費電力の大きさ。

「できるだけ省エネに配慮したアイテムが欲しいな」「少しの電力で長時間使えるものが良い」と考えている人も多いのではないでしょうか。

そんな人にぜひチェックしてほしいのが、1時間使用しても0.3円しか電気代がかからないMUTUWの電気ブランケット。

1時間連続で使用しても1円ほどなので、長時間連続で使用していても暖房やヒーターをつけるよりも安い計算になります。

usbポートがあればどこからでも給電が可能なため、車内やデスクなど場所を選ばず使用ができますよ。

さらに購入から1年間有効な無償交換保証も行っているので、保証付き電気毛布を探している方におすすめ。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 商品サイズ:45cm × 80cm
  • 生地:ポリエステル
  • 温度調節:温度コントローラー付き(80度になると自動的にシャットダウン)
  • 丸洗いできるか:◯

キャンプ用電気毛布のおすすめランキング2位. Kungfu Mall 電気毛布

【2020年最新強化版】電気毛布 100*65cm 電気ひざ掛け 3段階温度調節可能 タイマー機能 加熱ヒーター付き 電気ブランケット USB 電気肩かけ 膝掛け 冷え対策 洗濯可能 暖房器具 Kungfu Mall (ブラック)
  • 60、90、120分のタイマー設定ができるため、寝落ちしても発火の恐れがなく安全に使用できる
  • ヒーターを取り出せば毛布も丸洗いOK
  • 35~60度の広範囲な温度設定ができるため、季節の変わり目にも使用しやすい人気商品

「冬場でもしっかりと暖が取れる電気毛布がほしい」と思っている方にはこちらがおすすめ。

ランキング2位の電気毛布は超極細繊維を採用しており、繊維の間に暖かい空気をためてくれるのでしっかりとした暖かさを持続させてくれます。

毛布部分だけでなくヒーターの発熱線の線芯もポリエステルで編み込まれたものを採用しているため、電気伝導性・熱伝導性どちらも優れていると大人気。

さらにusbコードが170cmと長めに設定されているので、使用場所を限定せず幅広い範囲で毛布を活用することができますよ。

元々のブランケット自体も暖かくて、さらにヒーターでも暖まる電気毛布は、冬が大嫌いな寒がりさんにおすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 商品サイズ:100cm × 65cm
  • 生地:ポリエステル
  • 温度調節:低35-40℃、中45-50℃、高55-60℃
  • 丸洗いできるか:◯

キャンプ用電気毛布のおすすめランキング1位. MOSKAU 電気ブランケット

電気ブランケット 電気ひざ掛け ヒーター付き ブランケットUSBブランケット 掛け敷き兼用電気毛布 電気敷き毛布 電気ひざ掛け毛布 肩掛け 膝掛け 電気もうふ 冬物家電 電気敷き 暖房器具 テント泊用 おしゃれ 電気毛布 洗濯可能洗える (black)
  • 電源ボタンの色によって温度が一目で把握できる
  • 発熱線を取り出さなくても手洗いでの丸ごと洗い可能
  • HIGHモードでも10000mAhのバッテリーで6~8時間の使用OK

電気毛布をどうせ購入するなら「1人用じゃなくて子どもと一緒に使えるものが良いな」「カップルで暖を取りたい」と感じている人も多いのではないでしょうか。

そんな時にチョイスしてみてほしいのがMOSKAUの電気ブランケット。ユニセックスで使用ができるので、誰でも大きさに困らず暖を取ることができるおすすめ商品です。

電気エネルギーを使用した遠赤外線加熱でブランケット全体を優しい暖かさで包んでくれますよ。

家族みんなでよくキャンプに出かけることがある方はぜひ検討してみてくださいね。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 商品サイズ:ー
  • 生地:ー
  • 温度調節:HIGH→MIDDLE→LOW
  • 丸洗いできるか:◯

使い勝手が良い電気毛布で、キャンプの夜をもっと快適に。

熱伝導率の高さや、大きさ、価格など、電気毛布を選ぶ際には様々な要素が絡み合ってきます。

「いいところがいっぱいありすぎて何を選んだらいいか分からない!」「安いものならいいかな…?」と思ってしまうかと思いますが、そんな時は「何を重要視するのか」を最初に決めておくと良いでしょう。

「ここだけは譲れない一点」にフォーカスしながら商品を探して、アウトドアやスポーツ観戦を楽しんでみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事

あなたにオススメ