火吹き棒のおすすめ10選|火起こしに役立つ人気アウトドアグッズの選び方も大公開

おすすめの火吹き棒をお探しの方へ。今記事では、火吹き棒の特徴や選ぶポイントから、おすすめの商品まで詳しくご紹介します。キャンプなどアウトドアシーンで火起こしする際に役立つ人気商品を解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

そもそも「火吹き棒」の必要性とは?

火吹き棒のおすすめ

火吹き棒は炭や焚き火に火を起こすときに使うと便利なアイテム。バーベキューの炭や焚き火をする際、なかなか火が大きくならなかったり、火力が強くならなかったりすると困りますよね。

火吹き棒に細く長く息を吹き込むことで、火元にピンポイントで効率よく酸素を送ることができます。火吹き棒があれば、短時間で簡単に火起こしができるのでキャンプやアウトドアでは必須ですよ。


火吹き棒の選び方|購入する前に確認すべき点とは

「火吹き棒は細くて長い棒で、どれも同じ感じがする。」という方が多いでしょう。

しかし、素材やデザインなどメーカーによって特徴は様々です。

これから、火起こしが楽しくなる火吹き棒の選び方を解説していきます。


火吹き棒の選び方1. 素材の特徴を把握して選ぶ

火吹き棒はステンレス製やアルミ製など異なった素材の商品が販売されています。それぞれに特徴があり、使い心地を左右するので自分にあった素材かどうかしっかりとチェックしましょう。

どのような素材のアイテムがあるか解説しますので参考にしてくださいね。


錆びにくい「ステンレス」

ステンレスは錆に強いのが大きな特徴です。火吹き棒は手で握り、息を吹き込んで使用するので比較的錆びやすい環境と言えます。また、屋外で使用し水に濡れてしまうことも多いでしょう。

ステンレス製の火吹き棒なら、錆びにくいので環境を気にすることなく安心して使用できます。

お手入れ不要の火吹き棒が良い方は、ステンレス製を選びましょう。


軽くて扱いやすい「アルミ」

アルミ製の最大の特徴は軽さと耐久性に優れていることです。キャンプやアウトドアに出かける際はなにかと荷物が多くなりがち。できるだけ軽く、コンパクトなアイテムだと嬉しいですよね。

ステンレス製に比べると、錆びやすい点はありますがこまめにお手入れをすれば大丈夫。

扱いやすい火吹き棒を使いたい方はアルミ製がおすすめです。


長く使うことで味の出る「竹」

竹製の火吹き棒の良いところは、経年変化を楽しめることでしょう。使っていくうちに自分だけのオリジナルの火吹き棒になりますね。

自然素材のため、アウトドアの原始的な雰囲気も味わえますよ。

ステンレス製やアルミ製に比べると利便性は劣りますが、愛着がわき、お気に入りのアイテムになること間違いなし。

ナチュラルで、長く使えるアイテムが好みの方に人気がある火吹き棒です。


火吹き棒の選び方2. 好みの長さを選ぶ

火吹き棒の長さは、商品によって異なります。使う時のイメージをして購入しないと、実際に使ってみたら長さが合わず使いにくさを感じてしまうことも。

販売されている火吹き棒の平均の長さは60cmですが、それ以上長いのも、短いのもあります。

長めサイズの火吹き棒は、火から十分に距離をとって使用が可能。短いタイプに比べると、熱さも感じにくくやけどの心配もありませんね。

短いタイプはコンパクトに収納ができ、軽いのが特徴。リュックの隙間などに入れて持ち運びに便利です。

使いやすさを考慮して、自分の好みの長さを選んでくださいね。


火吹き棒の選び方3. 伸縮・分割できるか確認して選ぶ

火吹き棒は、伸縮させるタイプと分割できるタイプ、どちらでもないそのままの形状のタイプがあります。

車で移動することが多い方なら、そのままの長さでも困らないでしょう。伸縮・分割できる火吹き棒は、手のひらほどコンパクトになるので、持ち運びに便利です。

長いまま使うほうが男のロマンを感じる方もいますよね。非日常を味わえる火起こし。使いやすさも大切ですが、持っていてテンションが上がるタイプを選んでもいいでしょう。

どのタイプか確認してから購入してくださいね。


火吹き棒のおすすめ10選|アウトドアで役立つ人気アイテムを紹介

バーベキューや焚き火に便利で大活躍の火吹き棒。利便性はもちろん、見た目にもこだわって選びたいですよね。

いざ購入しようと思っても種類が多すぎてなかなか決められない方も多いでしょう。

ここからは、人気の火吹き棒を紹介していきます。


火吹き棒のおすすめ1. Be SURVIVOR 火吹き棒

【熟練キャンプ師監修】火吹き棒 ひふき棒 80cm 焚き火 日本メーカー 食品級シリコンキャップ 伸縮 バーベキュー 安全 伸縮棒 炭起こし 火起こし棒 ふいご 火ふきぼう ステンレス コンパクト 反射テープ 収納袋 カラビナ シリコンキャップ 説明書付き Be SURVIVOR
  • 口に触れる部分は食品級シリコン。安心して使用可能
  • 発行テープ付きの収納袋つき。暗闇でも見つけやすいからキャンプの夜に便利
  • 高品質のステンレス素材のため頑丈で錆びにくい

火吹き棒を使う時は口を直接つけるので、素材がわからないと不安。安全な素材が良いという方もいるでしょう。

Be SURVIVORの火吹き棒は、吹口に食品級のシリコンキャップを使用。くちびるに優しく安全性も信頼できます。使用後は簡単に取りはずし、水洗いができるのでいつも衛生的なのも嬉しいポイント。80cmと長めだから、子供でも比較的使いやすいでしょう。

口に触れる部分の素材が心配な方にぴったりの火吹き棒です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 素材:ステンレス
  • 長さ:80 (cm)
  • 重さ:60 (g)
  • 伸縮:◯
  • 分解:×

火吹き棒のおすすめ2. Ribitek 火吹き棒

Ribitek 火吹き棒 火起こし棒 長さ別2本セット 保護口 伸縮式 キャンプ バーベキュー用 2本セット コンパクト 収納用箱付き
  • 2本セットの火吹き棒のため、協力して素早く火起こしができる
  • 防水、防火の金属収納箱付き。ポケットに入るサイズで持ち運びが楽
  • 6段構成と8段構成の伸縮式なので自分の使いやすい長さに調節可能

大人数でのバーベキューなどの際は、火起こしも大変。みんなが火吹き棒を持っているとは限りませんよね。

Ribitek火吹き棒は、2本セットで販売されています。自分が持って行けば、他の人と協力して火起こしができます。長さと太さが違うタイプのセットなので、息を吹く力が強い男性は太いタイプを使うと、素早く火を大きくできるでしょう。細く長い方は、62.6cmと初心者でも安全に使える長さなので安心です。

大人数で使う機会が多い方は、持っていると重宝しますよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 素材:ステンレス
  • 長さ:48 (cm)、62.6 (cm)
  • 重さ:92 (g)
  • 伸縮:◯
  • 分解:◯

火吹き棒のおすすめ3. 国産 竹 ふいご 火吹き竹

国産 竹 ふいご 火吹き竹 42cm 油抜き 晒竹 火起こし棒 火吹き棒
  • 天然の竹でできた日本古来から伝わる火起こし道具。歴史あるアイテムが好きな方から人気
  • 天然素材で経年劣化を楽しめる。長く使いたい方におすすめ
  • 蜜蝋クリームでコーティング。乾燥による割れもしっかり予防

進化したおしゃれな火吹き棒もかっこいいけど、日本ならではの歴史あるアイテムに魅力を感じる方もいるでしょう。

『国産竹ふいご』は、天然の真竹でできた火吹き棒。日本の伝統的な火起こし道具で、時代劇のかまどでご飯を炊くシーンなどでよく見かけますよね。

自然の中で風情を感じながら火起こしができるアイテムです。天然素材のため、長く使うほど経年変化を楽しめるでしょう。

ロマンを感じる火吹き棒を使いたい方はぜひチェックしてみてください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 素材:竹
  • 長さ:42 (cm)
  • 重さ:120 (g)
  • 伸縮: ×
  • 分解: ×

火吹き棒のおすすめ4. PEAKS&TREES ファイアーブロー

PEAKS&TREES ピークス&ツリーズ ファイアーブロー 火起こし棒 火吹き アルミ 【燕三条製】 (シルバー)
  • 棒の部分に天然木のハンドルつき。しっかりと固定して使える
  • 軽量素材のアルミニウム使用。楽に持ち運びできる
  • 先端に向けて細くなる形状のため火元に効率よく空気を送ることが可能

火力が弱ってきた炭だけに集中的に空気を送りたい。棒の部分をもっと安定させて使えたらいいのにとお困りではありませんか。

ピークス&ツリーズの火吹き棒は、棒の部分に天然木のハンドル付き。長い場所を支えることでブレずにピンポイントで息を送れるため、火加減の調節が可能です。ハンドルは自由に移動ができるので、自分の使いやすい位置に合わせられるのも嬉しいポイント。

しっかりと固定して使える火吹き棒をお探しの方に、ぜひ試してもらいたいアイテムです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 素材:アルミニウム
  • 長さ:37 (cm)
  • 重さ:25 (g)
  • 伸縮:×
  • 分解:×

火吹き棒のおすすめ5. 野良道具製作所 ALL真鍮製火吹き棒 野良ブラスター

【野良道具製作所】 ALL真鍮製火吹き棒 「野良ブラスター」 2本継60cm ゴールド 中
  • ALL真鍮製の火吹き棒。磨くことで新品のように蘇る
  • 全パーツ分解可能。メンテナンスしやすくいつも衛生的に保てる
  • パイプを追加して3本継にできるなど自分好みにカスタマイズできる

お気に入りのアイテムは使う楽しみもありますが、お手入れをする時間もまた楽しいもの。メンテナンスを楽しみながら、一生ものの火吹き棒をお探しの方もいるでしょう。

野良道具製作所の火吹き棒は、吹き口もパイプも筒先も全て真鍮を使用しています。使い込むうちに、黒っぽく渋い色に変化するのも魅力でもあり、磨きあげると新品のような輝きを取り戻すのが特徴。そして、全パーツ分解が可能なので使用後のメンテナンスも念入りにできます。

道具は丁寧に長く使いたい方に、ぴったりの火吹き棒です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 素材:真鍮
  • 長さ:61 (cm)
  • 重さ:380 (g)
  • 伸縮: ×
  • 分解:◯

火吹き棒のおすすめ6. キャプテンスタッグ

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ふいご 火吹き棒 火起こし 送風機 伸縮式 長さ110~480mm コンパクト クリップ付き 収納袋付き UG-3258
  • ペンホルダー型の火吹き棒。ポケットに収納ができ紛失の心配がない
  • 縮めたときは11cmと手のひらサイズになり専用の収納袋つき。携帯に便利
  • 2cmと太すぎず細すぎないちょうど良い太さ。口をつけずに吹きやすい

伸縮式の火吹き棒はコンパクトで持ち運びに便利ですが、小さくて使う時に見失って困ったという経験はありませんか。

キャプテンスタッグの火吹き棒は、本体にクリップ付きでペンホルダー型の設計で、胸や腕のポケットに収納ができます。紛失する心配がなく、使いたい時にサッと取り出せるので便利ですね。使わない時はわずか11cmと手のひらサイズまでコンパクトにでき、専用の収納袋で保管ができるのも人気の理由。

必要な時にすぐに取り出せる火吹き棒なので、置き場所を忘れてしまいがちな方には最適のアイテムですよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 素材:アルミニウム
  • 長さ:48 (cm)
  • 重さ:40 (g)
  • 伸縮:◯
  • 分解:×

火吹き棒のおすすめ7. UJack(ユージャック) 火吹き棒

UJack(ユージャック) 火吹き棒 高品質304 ステンレス製 折りたたみ式 5段伸縮 153-637mm 火起こし 送風機 収納ケース付き
  • ステンレス製で高品質ながらもワンコインで購入可能。コスパ優秀
  • 専用の収納袋つきだから持ち歩きにも便利
  • 「安いけど使いやすい」「お値段以上の品質」など高評価の口コミ多数

初めて火吹き棒を使う方はなかなか高価格なアイテムには手が出にくいですよね。まずは、お安いタイプから試してみたいと思うのではないでしょうか。

ユージャックの火吹き棒は、ワンコインで購入できるコストパフォーマンス最高のアイテム。「安いからすぐ壊れそう」と思いがちですが、丈夫で高品質なステンレス製を使用しているため、耐久性に優れていますよ。

安い価格の火吹き棒をお探しの方にぜひ手にしてもらいたいアイテムです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 素材:ステンレス
  • 長さ:63.7 (cm)
  • 重さ:30 (g)
  • 伸縮:◯
  • 分解: ×

火吹き棒のおすすめ8. UZIPAL 火吹き棒

UZIPAL 火吹き棒 火起こし 焚き火 バーベキュー キャンプ用品 火吹き棒+火打石+ホイッスル ファイヤースターター 着火具 サバイバルツール
  • ファイヤースターターがセット。マッチ、ライターを忘れても大丈夫
  • ホイッスルつき。災害時の防災用品として持っていると安心
  • 付属のブレードは、定規としても使用可能。釣りが趣味の人から人気

アウトドアに出かけて火を起こそうとした時に、マッチやライターを忘れると困りますよね。

UZIPALの火吹き棒は、ファイヤースターターがセットになっている商品です。削り落としたマグネシウムの粉末に、火打ち石をブレードで素早く擦り火花を落とすと着火します。火種用の麻紐つきなので、これさえあれば火を起こせる優れたアイテム。火吹き棒も付属の缶ケースに収納できるから、携帯性もバッチリですね。

マッチやライター不要で火を起こせる、持っていて安心のアイテムです。ぜひお試しください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 素材:ー
  • 長さ:63.8 (cm)
  • 重さ:〇〇 (g)
  • 伸縮:◯
  • 分解:×

火吹き棒のおすすめ9. VASTLAND(ヴァストランド) ふいご 火吹き棒

VASTLAND(ヴァストランド) ふいご 火吹き棒 火起こし カラビナ収納ケース付き 伸縮6段式 グリーン
  • 4種類のカラーから選べるおしゃれな収納袋。見た目にこだわりたい方におすすめ
  • 6段階で長さの調節が可能。使いやすい長さで使用できる
  • 1,000円以下で購入できる。コスパ優秀

火吹き棒はすぐに取り出せるように身につけて持ち歩きたいから、おしゃれな収納ケースが良いという方もいるでしょう。

ヴァストランドの火吹き棒は、厚手のフェルト生地にロゴの「VASTLAND」が焼印された収納ケースが特徴的。スタイリッシュで高級感があると人気を集めています。4種類のカラーバリエーションがあり、お好みの色が選べるのも嬉しいポイント。カラビナ付きなので、ベルトフックに引っ掛けることができますよ。

収納ケースは見た目重視。センスを感じるアイテムが欲しい方はチェックしてみてください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 素材:ステンレス
  • 長さ:62 (cm)
  • 重さ:22 (g)
  • 伸縮:◯
  • 分解:×

火吹き棒のおすすめ10. [REDECKER/レデッカー]ファイヤーブロアー(火吹き筒)

[REDECKER/レデッカー]ファイヤーブロアー(火吹き筒)/ (ナチュラル/シルバー, 80cm)
  • 80cmと平均よりも長いタイプ。十分な距離で子供でも安全に使える
  • 軽量なアルミ素材使用のため、持っていても疲れにくい
  • 持ち手と吹口は木材を使用。熱くなりにくいから嬉しい

火吹き棒を使っている大人を見ると、好奇心旺盛な子供は自分もやってみたいと言うでしょう。しかし、短いタイプは火に近く、熱さを感じやすいので心配ですよね。

レデッカーの火吹き棒は、全長80cmと平均よりも20cmも長い商品です。火元から十分に距離をとれるので、子供でも比較的安心して使えますよ。持ち手と吹口に木材を使用しているから、熱さも感じにくいでしょう。アルミ素材で軽量なのも嬉しいポイント。

子供に火吹き棒を経験させたい親御さんにぜひおすすめします。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 素材:アルミニウム
  • 長さ:80 (cm)
  • 重さ:120 (g)
  • 伸縮: ×
  • 分解: ×

火吹き棒を使ってアウトドアをより楽しめるものにして。

アウトドアで火を起こす際に、うちわを使っていた方も多いのではないでしょうか。

火吹き棒はピンポイントで酸素を送れるので、火起こしをするのにとても便利なアイテムです。

おしゃれなものやリーズナブルなものなど、様々なメーカーから販売されており、決めるのが難しく迷ってしまいますよね。

ぜひ、今回の記事を参考に自分にぴったりな火吹き棒を見つけてください。

【参考記事】はこちら▽

【参考記事】はこちら▽

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事