仕事がつまらない理由とは?面白くない仕事を楽しくする対処法を解説

仕事がつまらないと感じる時ってありますよね。つまらない時は耐えなきゃいけないのかと悩むことも。そこで今回は、仕事がつまらない理由から、つまらない時の対処法、仕事を楽しくする方法を徹底解説します。仕事に対するモチベーションを持ち続けるためにも、ぜひ目を通してみてくださいね。

仕事がつまらない時って辞めたくなりますよね。

仕事がつまらない

生きていく上で仕事をするのは必須です。ところが、仕事が大変、つまらないと感じて仕事に行きたくない、毎日つまらない仕事をするのが苦痛だと悩んでいませんか。

そこで今回は、仕事がつまらない、辛いと感じる理由からつまらない時の対処法、さらに仕事を楽しくする方法をご紹介します。

今まさに仕事に対するモチベーションを失って悩んでいる人も、仕事に対するやる気を取り戻すきっかけに役立ててくださいね。


仕事がつまらないと感じる理由は何?

今まで仕事に対してやる気があった人でも、ある日仕事がつまらないと感じることも多いです。

まずは、仕事がつまらないと感じる主な理由を8つ見てみましょう。仕事のやる気を失った理由やきっかけが分からない人も、ぜひ参考にしてくださいね。


つまらない理由1. 仕事が自分に合っていないから

仕事には色々な業種や職種がありますが、それぞれで適正も異なります。

本当は人と接する仕事が好きなのにデスクワークをやっている、体力に自信がないのに体力仕事をしているなど、適性のない仕事をしている人も仕事がつまらないと感じやすいでしょう。

今やっている仕事が自分の性格ややりたいことに合わないと、やりがいや楽しみが感じられないため、つまらない仕事と感じるようになります。


つまらない理由2. 仕事をする目的が明確になっていないから

仕事は生きていくために給料を得る機会だけでなく、社会貢献や自分自身の成長など色々な意味を持っています。

人が仕事に求める目的は人それぞれですが、仕事に目的がなくただ淡々と働くだけなら仕事のやりがいには繋がりません。

何のために仕事をしているかが分からないと、仕事に対する向上心やモチベーションも上がらないので、仕事がつまらないと思いやすくなるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


つまらない理由3. 成果に対しての報酬(給料)が少ないから

仕事自体は好きで、結果も出しているのにも関わらず正当な評価が受けられない場合は、当然仕事に対するやる気はどんどん失われていきます。

仕事の給料が少ない、待遇が悪いなど、自分が行っている仕事の成果に対して評価や報酬が低いのも、仕事をつまらないと感じる理由になるでしょう。

実力主義でなく年功序列の会社にいるなどで、頑張りがなかなか認められない人も仕事のやる気を失い、きちんと評価のもらえる仕事への転職を考えやすいです。


つまらない理由4. 努力が結果に結びつかないから

仕事を懸命に行っていても結果や成果が出ない場合は、達成感をいつまでも得られません。

達成感が得られないため仕事に対するやりがいや喜びを感じず、仕事がつまらないだけでなく苦痛だと思う人も多いでしょう。

ノルマがきつくてどんなに頑張っても達成できないなど、努力が報われないのもつまらない仕事と感じる理由の一つです。


つまらない理由5. 職場内の人間関係が悪いから

仕事自体は楽しい、給料も待遇も文句はないとしても、働く環境が劣悪な場合はストレスがたまります。

職場の人間関係が悪く、精神的なストレスを感じながら仕事をしている場合は、仕事に行くのが苦痛、行きたくないと思うようになるでしょう。

いじめやパワハラを受けている、性格の合わない人がいるなど、人間関係によってつまらない仕事になってしまうことも多いです。

【参考記事】はこちら▽


つまらない理由6. 周囲の向上心が低すぎるから

誰かと切磋琢磨して成長することで、仕事に対するやる気ややりがいを得る人もいます。

競争心が高い人の場合、一緒に成長できる人や競争相手がいない場合、自分一人で仕事をしている気分になります。その結果仕事に対するモチベーションがどんどん失われるでしょう。

周囲の向上心が低くて競争相手がいない、周囲と仕事に対する温度差があるのも、仕事がつまらないと感じる理由といえます。

【参考記事】はこちら▽


つまらない理由7. やることがなさすぎて暇だから

毎日仕事に行っていても、何もしない時間があると時間が過ぎるのを待つのが苦痛になります。

やることがなくてただ座っているだけの時間が長いなど、暇な仕事をしている時もずっと達成感ややりがいが得られず、仕事に行きたくないと感じる人が多いでしょう。

暇な時間をどうやってつぶすかだけを考えると、仕事そのものがストレスで辞めたいと思う人もたくさんいます。

【参考記事】はこちら▽


つまらない理由8. 同じような仕事ばかり行っているから

仕事でも生活でも張り合いや達成感はずっと得られないと、当然仕事もつまらないと感じやすくなります。

毎日同じ仕事ばかり行っていると、仕事に対してのモチベーションも得られず、目的ややりがいも分からないまま仕事を続けることになるでしょう。

単純作業や飽きる作業が多い仕事も、やる気を失いやすため仕事を辞めたいと思う理由となっています。


仕事がつまらない時は会社を辞めるべき?

つまらない仕事と思うことで、仕事に苦痛やストレス、行きたくない気持ちが芽生えることも多いです。

とはいえ、仕事がつまらないのが理由で転職や辞めるのはおすすめできません

実際に転職した後に「以前の仕事の方が良かった」と後悔したり、次の仕事もつまらないと感じて辞める、の繰り返しになるからです。

よって、「辞めたい」と思っても仕事がつまらないという理由での転職や辞めるのは控えましょう。


仕事がつまらなくて苦痛な時の対処法ってあるの?

辞めたいと感じるほど仕事がつまらない場合は、職場に行きたくない、辛いと感じるようになります。

ストレスもたまりやすい状態になっているため、改善するための対処法を試すのがおすすめ。

具体的に、仕事がつまらなくて辞めたいと思ったり、苦痛な時の対処法を5つご紹介します。


対処法1. 具体的に「何がつまらないのか」を上司と相談する

仕事をつまらないと思う理由がはっきりしている場合には、普段部下をまとめている立場である上司のアドバイスや意見が参考になる場合も多いです。

仕事がつまらないと感じている理由を添えて、辛い気持ちを相談してみると、有効な手段が得られることがあります。

部下の仕事に対するモチベーションを上げるための方法を考えている上司は多いため、思い切って上司に自分から相談して助けを求めてみましょう。


直接上司に相談しにくいなら、信頼できる先輩や同期に相談するのもアリ

上司に相談しにくい場合には、上司と異なる目上の人や、自分と同じ立場の人に相談してみるのも有効です。

信頼できる先輩や、同期に仕事がつまらないことを相談してみると、普段彼らが実際に取り組んでいることが聞けるので、意外な解決方法が見つかる場合もあります。


ただし、部下や後輩への相談はしないこと

上司に相談しにくくても、仕事がつまらない事を自分より下の立場の人間に相談してしまうと、その人たちの仕事のモチベーションを下げてしまう恐れがあります。

仕事の経験が浅い新入社員や後輩に、仕事がつまらないことに対する相談をするのは絶対に止めましょう。


対処法2. 働く意義を考えてみる

何のために働いているかの目的や理由が分からない場合は、仕事に対するやる気ややりがいも得られないため、仕事もつまらなくなります。

まずは自分が何のために働いているのか、仕事に対する目的や意義を知ってやりがいにつなげてみましょう。

目的や意義に正解はありませんので、「貯金をする」「仕事の知識を得る」など自分で目的や意義を設定するのも有効です。


対処法3. 仕事で競争相手となる人を決める

ゲームなど競争相手のあるもので勝つと、大きな達成感や喜びが得られます。「相手に勝ちたい」という気持ちが大きなやる気の元となるでしょう。

つまらない仕事でも、競争相手を作るとその人に勝とうとするので、仕事に対するモチベーションにつなげらます。

やる気を上げるだけでなく、実際に勝った時の達成感や「ライバルに勝つ」というゲーム感覚で仕事を進めるおもしろさも得られますよ。


同じ目標を持った人だと、よりやる気が上がる!

仕事の競争相手は、自分と同じ立場や同じ目標を持っている人だと、自分と切磋琢磨して成果を上げていけます。

ライバルに勝つための方法がより明確になるので、さらに仕事に対するモチベーションが上がるようになるでしょう。


対処法4. 楽しい仕事とつまらない仕事に分ける

仕事の全てがつまらないとは限りません。

自分がやっている仕事の中でも、楽しい仕事とつまらない仕事に分けてみると、新しい仕事の切り口が見つかる可能性があります。

今までつまらないと思っていた仕事の中に、おもしろさややりがいを発見するきっかけになることも。仕事に飽きることが多い人にもおすすめの方法です。


対処法5. プライベートを充実させる

仕事に対するストレスをためたままで発散していないと、仕事そのものが苦痛や辛いと感じるようになります。

プライベートを充実させて息抜きを行うようにすれば、ストレスも発散できるので仕事の辛い気持ちもなくなるでしょう。

仕事ばかりをするのではなく、趣味を見つけるなどプライベートを充実させ、ストレスをためないようにするのも有効です。


モチベを上げたい!仕事を楽しくする5つの方法

仕事におもしろみや楽しさがないと仕事が飽きることも多くなり、仕事のつまらなさにも繋がります。

今やっている仕事を楽しくするのも、仕事を続ける上で大切な要素です。

仕事を辞めたいと思っている人も参考にしてほしい、仕事を楽しくする5つの方法を見てみましょう。


楽しくする方法1. 仕事をゲーム感覚で捉えてみる

仕事に対する感情や意識を変えてしまうのも、仕事を楽しくする方法として有効です。

つまらないと思っている仕事を、ゲーム感覚で楽しんでみると、ゲームに勝つための戦略を考えたり、勝ちたい気持ちでモチベーションを高めたりするのに役立つでしょう。

上司を攻略するプレゼンや、売り上げノルマをクリアするための施策を考えるなど、ゲームをクリアする感覚で達成感も得られます。


楽しくする方法2. 仕事で成果を残したら自分へご褒美を用意することを習慣化する

仕事を頑張った見返りが、目に見える評価として得られるようになると、仕事のやる気にも繋がります。

頑張ってもなかなか評価が得られない場合は、自分で自分自身を認めてあげるのも仕事が楽しくなるきっかけとして有効です。

難しい仕事を達成したら好きな物を食べるなど、見返りとして自分へのご褒美を習慣化してあげるのもおすすめ。


楽しくする方法3. 自分の得意分野を極める

今やっている仕事が自分に向いていない場合は、仕事を辞めたい気持ちもなくなりません。

適性のある仕事に就くために、まずは自分の得意分野を見極めて、適性のある仕事が何かを知っておくのが先決です。

本当に自分に向いている仕事が分かれば、異動願を出したり、転職したりと自分の得意な仕事に就けるように動きましょう。

【参考記事】はこちら▽


楽しくする方法4. 自主的に仕事をするよう心がける

仕事を何となくやっている場合は、仕事にやらされた感や義務感しかえらないため、いつまでもつまらなさが抜けません。

仕事に対して当事者意識を持つようにすると、自分が仕事や会社を動かしている意識も得られるため、モチベーションややりがいも得られるでしょう。

言われたことだけをやるのではなく、自主的に仕事をするように心がけるのも仕事の楽しさに繋がります。


楽しくする方法5. 会社の人間関係を改善していく

人間関係が仕事のストレスになっている、周りと仕事に対する温度差が違うと感じている人は、人間関係が仕事がつまらない原因になっています。

まずは人間関係を改善するように動くと、より仕事がしやすくなりモチベーションややる気のアップにつながるでしょう。

向上心や目的意識を共有できる職場づくりを心掛けるなど、仕事の人間関係を円滑にすると仕事も楽しくなります。

【参考記事】はこちら▽


仕事がつまらない時は、自分のやる気が出る方法を試してみて。

仕事がつまらないと感じる理由は人それぞれで異なりますが、つまらないという理由で辞めるのは厳禁です。

まずは自分がなぜ仕事がつまらないと感じているかの理由を把握し、改善のための対処をしてみましょう。

つまらなさの原因を改善すれば、仕事も楽しくなります。仕事のやる気や達成感を得て、生き生きと働ける人生を歩んでくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事