仕事でイライラが止まらない!ストレスが限界な時の解消法9選を紹介

仕事でイライラしてしまう時ってありますよね。そこで本記事では、仕事でイライラが止まらない根本的な原因や、仕事でイライラしてしまう瞬間、イライラしたときのストレスの解消法を解説!さらには、仕事でイライラを抑えるための考え方までお教えします。

仕事でイライラする時ってありますよね。

仕事でイライラしている人

職場で思わずイライラしてしまうのは、仕事をしている人なら誰でもある経験です。

上司が自分の頑張りを評価してくれない、後輩が指示通りに動いてくれない、顧客や上司に理不尽な要求をされるなど、職場はイライラの原因の溜まり場

今回は、仕事でイライラさせられてしまう原因を探り、イライラした時のストレス解消法や、イライラを抑える考え方をご紹介していきます。


仕事でイライラが止まらない根本的な原因とは?

仕事でどうしてもイライラが止まらない時ってありますよね。多くの人は自分の思った通りに物事が運ばない時に、自分や周囲に対しもどかしさや怒りを感じ、イライラしてしまいます。

イライラの度合いが高くなると、関係のない人に八つ当たりをしてしまったり、仕事に専念できなくなったり、あるいは自己嫌悪に陥ったりと、人間関係や職務に弊害が出ることも少なくありません。


もう限界!仕事でイライラしてしまう5つの瞬間

人間関係によるストレス、仕事の忙しさからくる疲労、仕事そのものにやりがいが感じられないなど、イライラの原因は人それぞれです。

イライラの原因を探るために、どんな場面でイラッとするのかを考えてみましょう。


仕事でイライラする瞬間1. 伝えたことと違った成果物が出てきた時

仕事の後輩に対してイライラを感じやすいのが、自分の指示や要望が全く伝わっていなかった時。「できました」と見せられたものが自分の想定と全く違っていた場合、苛立たしくなりますよね。

そのような結果になった理由は、自分の指示の出し方が具体的ではなかったのかもしれないし、後輩がきちんと理解していなかったのかもしれません。

どちらにしても、期待していたものとはほど遠いものを見せられた落胆から、イライラしてしまいます。


仕事でイライラする瞬間2. 思うような成果をあげることができなかった時

仕事をしていると、自分に対してイライラを感じてしまうこともあります。

仕事上で大きなミスをしてしまったり、上司に厳しいことを言われたりすると、自分の不甲斐なさにイライラさせられます。

また、プレゼンテーションや商談などで自分本来の力が出し切れなかった時も、悔やむ気持ちがイライラに繋がりがち。自分に対するイライラは、うまく利用すれば次に成功させる意欲になりますが、自分に対して厳し過ぎると自信喪失に繋がってしまいます。


仕事でイライラする瞬間3. 成果を上げたのに認められない時

仕事で頑張ったことを周囲から評価してもらうと、やりがいを感じ、次も頑張ろうという意欲に繋がります。

しかし、成果を上げたのに上司や同僚から全く評価されない場合、「自分はこんなに頑張っているのに」と理不尽な気持ちになってしまいます。

言葉では評価されていても、それが昇給や昇進に繋がらない時も苛立ちを覚えてしまいがち。適切な評価をされていないというもどかしさが、仕事に対するイライラとなってしまうのです。


仕事でイライラする瞬間4. 社内で自分の要望が通らなかった時

仕事をしていく上で「これはどう考えてもおかしい」「こうした方が絶対に良い」という事柄にぶつかる時があります。

しかし、会社という大きな組織の中では、正論が必ずしも通るわけではありません。法律的、経営的な観点から取り入れるのが難しい場合もあるし、上に立つ者の思惑が絡んで受け入れられない場合もあります。

自分では正しいことをしていると自負しているのに要望が受け入れられなかった場合、理不尽な気持ちになり自尊心も傷つけられてしまいます。会社への不満も高まり、イライラを抑えることができなくなってしまうのも良くあることです。


仕事でイライラする瞬間5. 仕事が時間通りに終わらず、余裕がない時

「これくらいで終わるだろう」と見込んでいた仕事が、思わず時間がかかってしまう時もイライラしてしまう瞬間です。

仕事が時間通りに終わらなかった理由は、自分の仕事効率が悪かっただけかもしれないし、何らかのトラブルがあって仕事が遅れてしまったのかもしれません。

どちらにしても、時間に余裕がないと心にも余裕がなくなってしまいます。焦る気持ちがイライラに繋がってしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


仕事でイライラした時のストレス解消法9選

人間関係や多忙など、職場にはストレスの原因がたくさん潜んでいます。

仕事でイライラを抑えることができなくなってしまったら、ストレスをどう発散すれば良いのでしょうか。

ここでは、会社で行いやすいストレス解消法をご紹介します。職場でイラッとしたら、ぜひ気分を切り替える対処法として試してみてください。


ストレス解消法1. 席を立って散歩に出掛ける

仕事でイライラを感じてしまったら、いくら忙しいからといって休みもなく仕事を続けていては逆効果。5分でも10分でも気分転換をして、イライラする気持ちを抑えるように心がけてみてください。

休憩するなら自分の席や同僚のいる会社のラウンジではなく、外へ出るのがおすすめ。

会社の周りを少し散歩してみてください。体を動かして外の空気を吸うことで、ストレスをすぱっと発散できますよ。


ストレス解消法2. 深呼吸をして冷静になる

イライラを感じても、席から離れられない時もありますよね。そんな時は深呼吸がベスト。鼻からゆっくりと、少しずつ肺を満たすように息を吸い込みます。そして吸い込む時よりもさらにゆっくり、口から吐き出します。

深呼吸を5回ぐらい繰り返すと、心身ともにリラックスできます。イライラする気持ちを落ち着け、仕事に取り組めるようになりますよ。


ストレス解消法3. イライラする原因を紙に書き出す

特に嫌なことやトラブルがあるわけではないのに、職場でイライラを感じてしまうこともあります。仕事でのイライラが慢性的な場合、その原因を探ることで対処法が見えてきます。

自分は何に対して不満に感じているのか、何にイライラしているのかを、思い付くままに紙に書き出してみてください。

イライラの原因を可視化することで、我慢の限界を感じる前に、冷静さを取り戻すことができますよ。


ストレス解消法4. 周囲の人と会話をして、明るい気持ちを作る

イライラを感じる時は、どうしても表情や態度が堅くなってしまいます。しかし、不機嫌に黙りこくっていても悪循環。休憩時間やお昼休みを使って、周囲の人と積極的に対話をしてみてください。

なるべく仕事の話やゴシップではなく、明るい気持ちになれるような話題を探してみましょう。周囲の人と楽しい会話をし笑うことで気持ちが紛れ、ストレスも解消されます。


ストレス解消法5. ガムを噛んだり、アメを舐める

ストレスを感じた時に手っ取り早く気分転換に繋がる対処法が、ガムやアメを口にすることです。

接客業など、ガムを噛んだり飴を舐めたりするのが難しい場合は、口に溶けやすいタブレットでもOK。気分が紛れて、モヤモヤ感も一掃できます。


ストレス解消法6. 目の前の仕事に没頭する

考える時間がたっぷりあるから、いろいろなことが目に付いてイライラしてしまうという時もあります。

同僚や上司に言われたことを思い出したり、他人の言動が気になってしまったりと、イライラが止まらないのは暇だからかもしれません。

そんな時は、目の前にある仕事に集中するよう心がけてみてください。仕事に没頭するとイライラの原因から自分の気持ちを逸らせることができ、イライラした気分も忘れてしまいます。


ストレス解消法7. 仕事の楽しい部分に目を向ける

どんな仕事にも、辛い面と楽しい面があるもの。イライラしている時はどうしてもネガティブ思考なってしまい、仕事の嫌な面だけが目に付いてしまいます。

そんな時は、仕事で感じられる喜びや楽しみに目を向けて見るようにしてください。

仕事でやりがいを感じられる瞬間を大切にすれば、仕事でのイライラも軽く受け流すことができるようになります。

【参考記事】はこちら▽


ストレス解消法8. チョコなどの甘い物を食べる

ストレスが溜まった時、無性に甘い物が食べたくなることがありますよね。そんな時は好きなチョコを噛じるのもOK。

もちろん、ストレスで食べ過ぎてしまうのは逆効果ですが、イライラを感じたらほんの少量のチョコレートを食べて、心を落ち着かせてみるのも良いストレス発散法です。


ストレス解消法9. 好きな音楽を聞いてリラックスする

イライラを感じたら、大好きな音楽を聴くのもおすすめ。仕事中に音楽を聴ける環境なら、周囲に迷惑をかけないように気遣いながら、音楽を聴きましょう。

仕事中に音楽を聴けないようなら、通勤中や休憩時間に音楽を聴くようにしてください。

ポジティブなメッセージの歌や、自分の大好きなミュージシャンの曲、または心が落ち着くヒーリングサウンドなどがおすすめです。

【参考記事】はこちら▽


職場でイライラを抑えるための考え方

仕事でのイライラを解消するには、自分の考え方や受け止め方を見直すことも大切です。

一見悪い出来事でも、考え方を変えればポジティブな面が見えてくることもあります。

ここでは、仕事でのイライラを抑えるために実践したい、6つの考え方をご紹介します。


イライラを抑える考え方1. 相手に多くを求めないようにする

仕事ではイライラしてしまう原因は、周囲の人に対する過度な期待が原因かもしれません。周りの人の能力や仕事に対する熱意は様々。自分が頑張っているから、自分ができるからといって、周りの人も同じようにできるとは限りません。

能力や熱意は人それぞれという前提で物事を見るようにしてみてください。

周囲に対する期待度を下げると、上手くいった時は素晴らしいと感じるし、上手くいかなかった時でも仕方がないと感じられるようになります。


イライラを抑える考え方2. 自分を成長させてくれるきっかけだと思う

仕事で失敗してしまった時、思う通りに物事が進まなかった時も、イライラしてしまいます。

イライラの根底には「こんなはずではなかった」という怒りや焦りがあるものですが、過ぎてしまったことをいつまでも考えていても仕方がありません。

失敗や挫折も「自分を成長させてくれるきっかけ」と思うことで、前向きな気持ちになれます。


イライラを抑える考え方3. イライラしそうになったら、一度自分を客観視する

自分が何に対してイライラしているのかを考えてみてください。イライラの原因は、実は些細なことという場合が少なくありません。

自分のイライラしがちな場面を思い出し客観的に考えると、実はイライラする程のことではないと感じられるかもしれません。

仕事中にストレスを感じたら、イライラしそうな自分を客観的に見るようにしてください。


イライラを抑える考え方4. 仕事に余裕を持って取り組み、心のゆとりを作る

時間のゆとりは、心のゆとりになります。仕事でイライラしてしまう原因が、常に時間に追われているからだとしたら、仕事に余裕を持って取り組めるようスケジュールを調整しましょう。

仕事に優先順位をつけてやるべき仕事と後回しにできる仕事を分けたり、メールや電話に対応しない時間を設けて他の仕事を終わらせてたり。いつもより30分でも1時間でも早く出社するなど工夫をしてみてください。

時間にも心にも余裕を持って仕事ができると、仕事の効率も上がり、イライラすることも激減します。


イライラを抑える考え方5. コントロール出来ないことは割り切る

仕事をしていく中で、自分でどんなに頑張っても対応できないことは出てきます。周囲の人のミスや会社の方針など自分でコントロール出来ないことに対して、あれこれ悩んだり怒ったりしても、何かが変わるわけではありません。

自分でコントロール出来ないことは、「どうしようもないこと」と割り切るのがベスト。その代わり自分で改善できること、自分の努力でどうにかできることにエネルギーを注ぎましょう。


イライラを抑える考え方6. イライラすることで状況は変わらない事に気づく

何かが思い通りにいかなかった時、イライラしてしまうのは仕方がないのですが、イライラは非生産的な感情です。

自分がイライラしているだけでは、状況は一向に変わりません。

イライラしても何も始まらないという事を念頭に置いて、イライラを感じてしまったら、その状況を改善させることに目を向けるようにしてください。

【参考記事】はこちら▽


イライラを発散して、前向きに仕事をしていきましょう!

人間関係や慢性的な多忙など、仕事ではイライラさせられることが少なくありません。

イライラした時のストレス発散方法や、イライラを抑えるのに役立つ考え方をご紹介しました。

イライラが溜まりに溜まって限界に達しないように、イライラを感じ始めたらすぐに、今回ご紹介した対処法を試してみてください。前向きな気持ちで仕事に取り組めるようになりますよ。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事