表現力が豊かな人の特徴7つ。表現する力を高める方法&おすすめの本を紹介!

表現力が豊かな人って魅力的ですよね。本記事では、表現力の言葉の意味から、表現力が高い人の特徴まで解説!さらには、表現力の乏しい人が鍛える方法や、表現力を高める本までお教えします。ぜひ参考にして、自分の感情や価値観を周囲に表現していきましょう!

表現力が豊かな人って素敵ですよね。

表現力が豊かな人の特徴7つ

言葉はもちろん、歌や絵などでも、自分の感情を上手に表現できる人は魅力的ですよね。そんな表現力が豊かな人に、憧れを抱く人も多いのではないでしょうか。

本記事では、表現力の言葉の意味から、表現力が高い人の特徴まで解説。さらには、表現力の乏しい人が鍛える方法や、表現力を高める本までお教えします。

ぜひ参考にして、自分の感情や価値観を周囲に表現していきましょう。


そもそも表現力とは?表現力の意味を解説!

表現力とは、「表現する能力」を意味する言葉。つまり、表現力がある人というのは、自分の感情や思考を表現するための能力を持っている人を意味します。

喜び、嬉しさ、悲しみなど、色々な感情を言葉や表情で豊かに表現できるのが特徴です。

また、表現力は会話や文章だけでなく、絵や歌、スポーツなどにおいても求められることが多々あります。


表現力が豊かな人の7つの特徴

幸せそうによく笑う人や表情豊かに歌う人は、とても魅力的に映るものですよね。表現力が豊かな人というのは、性格や行動にどんな特徴があるのでしょうか。

ここでは、表現力が豊かな人の7つの特徴について解説していきます。


特徴1. 喜怒哀楽がはっきりしており、表情が豊か

表現力が豊かな人は、自分に素直な性格をしています。嬉しいことや悲しいことがあった時、すぐにパッと表情に表れるのが特徴です。

基本的に自分の感情を抑え込んだり隠したりすることがないので、何を考えているのかが非常に分かりやすいタイプとも言えます。

感情的になりがちな部分はああるものの、性格に裏表がないので、安心して付き合える人として愛されることが多いです。


特徴2. 常にブログやSNSで情報を発信している

日頃から自分の気持ちや考えを文章にする習慣がある人は、表現力が鍛えられます。ブログやSNSというのはお互いの表情が見えないため、言葉や文章のみの表現力で伝えなければいけないからです。

自分の気持ちや考えを正しく人に伝えようとすると、それにぴったり合う言葉や表現を探すことが必要。

そのため、常にブログやSNSで情報を発信している人は、言葉の選び方や言い回しなどの自己表現が得意と言えるでしょう。


特徴3. 語彙力に優れ、言葉選びのセンスが良い

表現力が豊かな人は、ちょっとした言葉の違いや組み合わせで、相手に伝わる印象が大きく変わることをよく知っています。

例えば、「好き」という感情を表現するにしても、「愛おしい」「大切に想っている」「心惹かれる」など、色々な言葉の候補がありますよね。

語彙力に優れ、相手や場面によって言葉を選べるのも、表現力が豊かな人の特徴です。


特徴4. ジェスチャーを交えながら分かりやすく伝える

言葉に身振り手振りをプラスすると、視覚的効果によって、より分かりやすく気持ちを伝えることができます。

感情や状況を伝える際にジェスチャーを交えるのも、表現力が豊かな人の特徴です。

「これくらいの大きさだった」と両手を広げて表現したり、「こんな顔してたよ」とおどけてみせたりするなど、豊かな表現力で周囲の人を和ませることもしばしばあります。


特徴5. 考えていることは遠慮せず伝える

どんな感情であっても相手に伝えたいと思うのが、表現力が豊かな人の特徴。良いことも悪いことも、遠慮せずに伝える傾向があります。

考えていることをそのまま正直に伝えられるので、相手に誤解されることがありません

また、表現力が豊かな人というのは繊細で鋭い感性を持っているので、相手にとって意外なところで傷ついたり悩んだりしている場合もあります。


特徴6. 素直で自分自身を偽らない

表現力が豊かな人は、他人の評価を気にせずに自分を表現できる人でもあります。

「人前で泣いたら恥ずかしい」というような考えで、感情を抑え込むことはありません。

また、素直で正直な性格をしているので、「あなたがいてくれて助かった」「毎日ありがとう」などと、少し照れ臭いような言葉もしっかり伝えられるのが特徴です。

【参考記事】はこちら▽


特徴7. 相手に「伝えたい!」という気持ちが強い

相手に「伝えたい」「分かって欲しい」という強い気持ちは、自然と表情や雰囲気に現れます

とても嬉しい出来事があった時、瞳がキラキラ輝いていたり、声のトーンがいつもより高かったりするなど、体全体で嬉しさを伝えられるのが表現力が豊かな人の特徴です。

「伝えたい」という強い気持ちを持っているため、無意識に体や雰囲気で表現してしまうのでしょう。


表現力に乏しい人が、表現力を鍛える7つの方法

表現力とは、意識や行動を少し変えるだけで鍛えることができるものです。

ここでは、表現力に乏しい人が表現力を鍛える7つの方法をレクチャーします。

「コミュニケーション上手になりたい」「絵や歌でもっと自分を表現したい」という人は、ぜひ実践してみてくださいね。


鍛える方法1. 周囲から批判される事を恐れない

人の目や反応を気にしていたら、自分を自由に表現することはできません。表現力を鍛えるためには、周囲から批判される事を恐れない心を持つことが必要です。

まずは、親しい人や家族の前で、自分を素直に表現することから始めましょう。

素直な気持ちを自由に発言したり、伝えるための言葉や言い回しを考えることで、表現力が鍛えられていきます。


鍛える方法2. 日記やブログなどで、文章を書く習慣をつける

日記やブログなどで文章を書き続ければ、語彙力が鍛えられます。毎日寝る前に日記を書くなど、まずは文章を書く習慣をつけることが大切です。

文章を書くことに慣れてきたら、言葉の選び方や言い回しにもこだわってみましょう

自分の気持ちや考えを表すための的確な言葉を選ぶようにすると、表現力が磨かれていきます。


鍛える方法3. 多くの人と話し、様々な価値観に触れる

「こんな感情表現の方法があるんだ」と人から刺激を受けたり、新しい価値観に触れたりすることで、表現力の幅が広がります。

表現力を鍛えるために、普段の行動範囲を広げてみましょう。

習い事やサークルに通って色々な人とコミュニケーションを取る、異業種交流会に参加して知らない業界の人と会話をするなど、今まで関わることがなかった人と接することで表現力が磨かれます。


鍛える方法4. 本を読み、たくさんの言葉を知る

自分の気持ちを正確に伝えるためには、語彙力も必要になります。表現力を高める本を読み、色々な言葉を知ることが大切です。

使ってみたい言葉や好きな言葉が見つかったら、日常の会話に取り入れましょう。

実際に口に出して使うことで、言葉に対しての理解が深まり、意識しなくても自然に使えるようになっていきます。


鍛える方法5. 人前に出ることを恥ずかしがらない

人前で意見を述べるのが苦手な人は、まずは人前での発表に慣れることが必要です。人目を気にして自分の意見が言えずにいると、いつまでたっても表現力は身につきません。

どんな場でも構わないので、積極的に場数を踏みましょう

どうしても抵抗がある人は、人前で堂々と発表できるようになるためのスクールに通うのも一つの方法です。


鍛える方法6. 自分の人生のビジョンを明確に持つ

表現力を鍛える前に、自分の人生のビジョンに自信を持つことも大切です。

「今後どんな人生を送りたいのか」「どんな価値観を軸にしていくのか」などをしっかりと想像し、ビジョンを明確に持つと、自信に満ちた発言や表現ができます。

ビジョン実現のための情報を集め、必要な努力をするのも忘れてはいけません。自分のビジョンを明確に描き、自信を持つことで、自然と表現力が高まっていきます。


鍛える方法7. 歌や絵など、自分を表現できる鍛える方法を知る

自分を表現する方法は、言葉だけではありません。歌や絵などの芸術で、表現力を鍛える方法もあります。

「どんな歌い方をすれば気持ちが伝わるだろうか」「幸せな気持ちを色使いで表現するにはどうすればいいのか」などと、頭を使って考えることで、表現力が鍛えられるのです。

また、表現力や感情表現について深く考える習慣が身につくと、人の気持ちが繊細に読み取れるようになります。


表現力を高めるおすすめの本3選

表現力を磨くためには、表現力を高める本を読んで知識を得る方法もおすすめです。ここでは、表現力を高める本を厳選して3冊ご紹介します。

もっと表現力を身につけたいと思っている人は、表現力を高める本をぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか。


おすすめの本1. 「伝え方が9割」佐々木圭一

伝え方が9割 【「伝え方が9割 2」試読版付き】

表現力を高める本として有名な「伝え方が9割」。伝え方のシンプルな技術が分かりやすく解説されています。

「伝え方によって結果がどう変わるのか」ということについて、具体例や問題例に沿って解説されているので、とてもイメージしやすい内容です。

文章構成やキャッチコピーの作り方が解説されており、日常生活だけでなく仕事にも生かすことができます。

Amazonで詳細を見る


おすすめの本2. 「「言葉にできる」は武器になる。」梅田 悟司

「言葉にできる」は武器になる。

「内なる言葉と向き合う」「正しく考えを深める」など、トップコピーライターのシンプルな仕事術が丁寧に解説された本。

本を通じて「人の心を動かす言葉の法則」を学ぶことができます。

うまく自分の気持ちを言葉で表現できない人や、意志を言葉に込める技術を手に入れたい人に向けられた内容となっており、表現力を高める本としておすすめの一冊です。

Amazonで詳細を見る


おすすめの本3. 「自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間"を捨てられるか」岡本太郎

自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間"を捨てられるか (青春文庫)

超個性派人間として有名な芸術家の岡本太郎氏によって書かれた本。常識を捨て、枠にはまらず生きることの素晴らしさをはじめとする、力強い人生論が詰め込まれています。

幸福な人生や自己表現とは何なのか、ということについて深く考えさせられる内容です。

視野を広げて表現力を高めたい人だけでなく、人生をどう生きるべきか悩んでいる人にも、いい刺激を与えてくれることでしょう。

Amazonで詳細を見る


表現する力を身に着けて、コミュニケーションに活かそう!

表現力を磨くと、自分の感情や考えを伝えるのが上手になります。気持ちが正確に伝わる言葉を選べるので、仕事や恋愛においてのコミュニケーションもスムーズです。

大切な人に誤解なく気持ちを伝えらえるように、表現力を磨く方法を実践してみてはいかがでしょうか。

表現力は努力次第で誰にでも身に付けられるものですよ。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事