初対面でキスする男性心理とは?遊びと本気の見極め方&対処法を解説

付き合ってないだけでなく、初対面でキスをしてくる男性っていますよね。そこで今回は、初対面でキスをしてくる男性の心理や初対面でキスをされやすい女性の特徴を大公開!また、キスをされた時に遊びか本気か確かめる見極め方も紹介していきます。

初対面で男性からキスをされた女性へ。

初対面でキスする男性心理

初対面の男性からキスをされるシチュエーションは、物語の中だけではありません。キスをされたりされそうになったりして、実際に悩んでいる女性が多くいます

今回は、初対面でもキスをする男性の心理などから、なぜキスをするのかを解説していきます。そして、男性からのキスが遊びか本命か、その見極め方や対処法を身に着けて不幸にならないように気をつけましょう。


そもそも初対面の男性とキスをするのってアリなの?

初めに、初対面の男性とキスをするのがアリなのかナシなのか、女性側の意見について解説していきます。

好きだと感じたらアリなのか、絶対にナシなのか、あなたならどう思うのか考えながら意見をチェックしていきましょう。


初対面でキスをするのもアリという女性の意見

まずは、初対面のキスをアリだと思う肯定的な意見を紹介します。ムードが良かったりスキンシップの一つに考えていたりと、意外な考え方は必見です。

初対面のキスをどうして受け入れるのか、複雑な女性心理を確かめていきましょう。


アリ派の意見1. 自分が良いと思った人ならアリだと思う

男性の雰囲気や言動、考え方に共感し初対面でも好意を抱くことがあります。恋愛に発展するような、自分が良いと思える男性ならアリだと考える女性はいます。

一方で、少しもいいと思えない男性とのキスはありえないと拒否することもあります。つまり、相手の男性によって答えが変わるため、その場にならないとわからないという意見が多いのです。


アリ派の意見2. 良い雰囲気やムードになったのなら仕方ないと思う

男性と二人っきりでお酒を飲み、深い話をしていると初対面でも急速に距離が縮まることがありますよね。積極的な行動ではありませんが、良い雰囲気やムードになったのなら初対面のキスを受け入れる女性もいます。

この場合、その男性に対して嫌な気持ちを持っていないため、拒む理由がなければキスはアリ派の女性もいます。


アリ派の意見3. キスまでだったら別に付き合う前でもアリかなと思っている

海外などでは挨拶のようにキスを交わすことがありますよね。同じように、付き合う前でもキスくらいならアリだと思っている女性がいます。

こうした女性はキスへの価値がないのではなく、特別な相手とのキスに価値があると考えています。また、キスは良くても身体までは許さないという女性は多く、ただ軽いだけ女性とは違いますよ。


初対面でキスをするのもナシという女性の意見

次は、どんな理由があっても初対面のキスはナシだという女性の意見を紹介します。その場の雰囲気やシチュエーションが良くても、絶対に拒否をする女性はどのような心理なのでしょうか?


ナシ派の意見1. 軽い女性と思われそうだからなしだと思う

初対面のキスを受け入れるということは、自分も同じような行動をしていると思われます。自分が軽い女性だと思われたくないため、初対面のキスはナシだという意見もあります。

また、初対面でキスをするをするような軽い男性を嫌う女性もいます。軽い男性に引っかからない防衛策としてナシだと考えている場合もあるのです。


ナシ派の意見2. 付き合う前のキスは構わないけど、初対面でのキスは考えられない

2人の距離が縮まって行く中でキスされることは告白の1つだと考えられます。しかし、初対面でのキスは身体だけが目的な軽い気持ちにしか思えないですよね。

そのため、付き合う前のキスはOKでも、初対面でのキスだけはNGだという女性もいます。キスまでの信頼関係によって、そのキスを好意的に受け取るか否かが別れる重要なポイントになっているのです。


ナシ派の意見3. 相手の男性がどんな人かまだ把握できないので、キスは早い気がする

初対面の男性は身体だけが目的なのか、自分へ好意を寄せているのか判断できません。さらに、詐欺などの犯罪に巻き込まれるリスクもあります。

そのため、相手の男性が本当に信頼できるのか分からないため、初対面でのキスはナシだと判断することがあります。好きな人や信頼できる男性とだけキスがしたいという女性の強い気持ちが現れています。


初対面でキスをしてくる男性の心理とは

ここでは、初対面にもかからわずキスをしてくる男性の心理について解説します。恋愛関係に発展したいという希望や、ムードやシチュエーションに流されてしまうなど、キスをしたい理由は様々です。早速、男性の心理を覗いていきましょう。


男性心理1. 一目惚れして好きになってしまった

初対面でも外見や言動などから女性へ恋愛感情を持つことは自然なことです。しかし、共通点が全く無い女性はその場で意気投合しても、その後関係を深めるのが難しい場合も。

そこで、一目惚れした女性への好意を表し、自分のことを意識させるためにキスという手段をとってしまいます。合コンや街コンなど、出会いの場ならよりその気持ちが強くなることもあるのです。

【参考記事】はこちら▽


男性心理2. 良い雰囲気でキスする流れだと思った

キスをしても良いかわざわざ女性を確認することはありません。その時の女性の態度や雰囲気などからキスをしても良いのか判断する男性はたくさんいます。

したがって、初対面でも雰囲気が良ければ、キスをする流れだと感じ取り、行動に移しているのです。あくまでも男性だけの判断基準となるため、女性との考えの差が生まれることもあります。


男性心理3. 女性が受け入れてくれそうと思った

男性はプライドが高く、付き合っていてもキスを断られることに対して恐怖感があります。良い雰囲気になっても断られそうな時にはキスしたくでもできません

つまり、受け入れてくれそうな女性を選んでキスをしています。キスできそうな女性と思われるのは不快ですが、ボティタッチなどを脈ありサインだと思うと、キスしても受け入れてくれると判断するのです。


男性心理4. キスをして反応を伺おうと思っている

男性からキスをした相手の対応によって自分への好意を確認できるので、脈があるかどうかを見極める材料にもしています。受け入れたら進展する、断れたら諦めるという判断ができます。

また、キスを受け入れるのは恋人がいない、ということも判断できます。女性の反応から今後恋人になれるのか判断するために、キスという手段を選んでいるのです。


男性心理5. 酔っ払った勢いでキスしてしまった

お酒を飲んでいると気持ちが大きくなり、普段できない行動もしてしまいがちです。そのため、酔っ払った勢いで初対面の女性でもキスをしてしまう男性もいます。

この場合の男性は理性的な判断ができないだけでなく、女性への特別な気持ちもありません。ただキスがしたいという真っ直ぐな思いだけで行動しているため、キスをしたことすら覚えていないこともありますよ。

【参考記事】はこちら▽


もしかして女性側に原因がある?初対面でキスされやすい女性の特徴

さて、初対面の男性からキスされる女性には、いくつかの共通した特徴が見られます。そこで、キスされやすい女性の特徴を説明していきます。

「もしかして?」と思うような心当たりがないかチェックしてみてくださいね。


特徴1. ノリがよくサバサバした女性

男性が初対面でもキスをしたいと思うのは、キスしたことを気にせず謝ったら許してくれるような女性です。こうした特徴に当てはまるのが、その場のノリがよく、サバサバした女性。

本当の気持ちは違っていても、サバサバしてるから気にしないと勝手に思われてしまいます。キスしても大事にならなそうな女性だからこそ、男性も軽い気持ちで行動に移してしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


特徴2. 無意識にボディタッチする女性

女性から好意を持たれていると感じると、キスしても問題ないという自信を持ちます。無意識にボディタッチをする女性は男性を勘違いさせやすいため、キスされやすい特徴があります。

また、ボディタッチのようなスキンシップは、自然に距離が近くなります。つまり、男性に状況や雰囲気からキスをする流れだと考えさせてしまうこともあり、注意が必要です。


特徴3. 控えめな性格で押しに弱い女性

抵抗しそうにない女性ほど、キスをしても断られにくくトラブルが起きにくいと判断します。控えめな女性は、嫌だと思っても抵抗しないと思われてキスをされやすい可能性があります。

また、男性からキスしたことを何度も謝られると、押しに弱い女性は許してしまいます。強引な行動でも受け入れてしまう女性ほど、ガードが緩いと思われてしまうのです。


特徴4. 初対面からグイグイ来る肉食系な女性

お互いに合意があれば初対面でのキスも問題ありません。そのため、男性のキスをしたいという欲求に応えるような、肉食系な女性ほどキスされてしまうのです。

肉食系の女性は積極的なスキンシップによって、どのような男性でもキスくらいするという誤解を生みます。軽い女性だと見られることもあり、男性も軽い気持ちでキスをすることがあるのです。

【参考記事】はこちら▽


特徴5. いつも笑顔で愛想が良い女性

初対面でも笑顔で優しくする女性の姿は、男性を勘違いさせます。特に、嫌だと思う男性にも愛想よく接するような女性は、嫌だという気持ちが伝わりづらいため拒否をしても本気だと受け取られづらいです。

その結果、拒否をしていても強引にキスをされ、傷ついてしまうことがあるのです。人当たりの良さは女性の良いところですが、きちんと敵意や不快感を表すことも大切ですよ。

【参考記事】はこちら▽


初対面でキスをされた場合、遊びか本気か見分ける方法とは?

初対面のキスで知りたいのは、男性が遊びか本気なのか分からない点です。遊びなら絶対にイヤですが、本命の気持ちがあるならアリだと思うこともありますよね。

そこで、男性からのキスが遊びと本命を見極める方法について解説していきます。


見分け方1. 「付き合う気はあるの?」と好意があるか尋ねてみる

キスをすることで男性からは好意を表していますすが、明確な言葉がないため本気なのか分かりません。そこで、本気で付き合う気があるのか尋ねましょう。

男性の気持ちをきちんと説明してもらうことで、言葉や内容から本気なのかを見分けるのです。ただ、遊び目的でも本気だと嘘を付くことがあるため、甘い言葉に騙されないように気をつけてくださいね。


見分け方2. キスを拒否した場合、素直に謝ってくれるか

キスを受け入れられた男性はその後の対応に余裕が現れます。そのため、あなたがキスを拒否した時こそ、その人の本性を見ることができるのです。

キスを拒否された男性は、本気であるからこそ嫌われないために謝ります。しかし、遊びの場合は何もなかったように振る舞ったりするため、OKだと思っても一度拒否をすることも大切ですよ。


見分け方3. キスをした後に体の関係もすぐ求めて来る場合、体目的の遊び確定

キスをしたという事実があっても、それが体関係までOKしたことにはなりません。特に、いきなりキスをされた女性からすれば恐怖感もありますので、本気の男性ほど気遣いのある対応をしてくれます。

そのため、キスをした後にすぐ体を求めてくる場合は遊びであると確信して良いでしょう。その場の雰囲気に流されずに、キスした後の男性の言動を注意深く観察しましょう。


初対面で男性にキスをされそうになった時の対処法って?

気をつけていても初対面でキスされそうな場面に遭遇した場合に使える、対処法を紹介します。受け入れるのか拒否するのか、どちらにしてもきちんとした意思表示が必要です。

自分の心とは違う決断をしないように気をつけながら対処しましょう。


対処法1. 良い雰囲気で相手の印象も悪くない場合は素直に受け入れる

キスをされそうになった時には、受け入れるか断るか、この2つしかありません。そこで、相手の印象が悪くないのなら素直に受け入れてしまうことも対処法の一つです。

もしかしたら、キスから新しい恋が始まるかもしれませんし、受け入れても良いと思える相手なら好意があるともいえます。一気に関係を縮めるためにも、男性の行為に乗っかってみましょう。


対処法2. 自分が少しでも嫌と思うなら、ストレートに断る

受け入れることは対処法の一つですが、いつでも受け入れるのとは違います。自分が少しでも嫌だと思うなら、きちんと断ることも大切です。

嫌だと思う背景には、男性が信頼できないことや、印象が悪いことなどが考えられます。キスが原因でしつこく付きまとわれることもありますので、不要な関係を持たないようにストレートに断りムードを壊しましょう。


対処法3. 酔っ払った勢いでキスしてきた場合は、一旦距離をとる

お酒を飲んでいると正しい判断ができなりますが、酔いが覚めると冷静な判断ができるようになります。酔った勢いでキスをされそうになった時には一旦距離をとりましょう。

離れることで自分がターゲットから外れたり、酔いが覚めるまで時間を作ったりできます。酔いによる行動は一時的なことが多いため、間を開けることで冷静になれますよ。


対処法4. 「なんでキスしようとするの?」と冷静に理由を聞いてみる

キスを迫る男性は、嫌われるリスクと受け入れられたい期待で頭の中がいっぱいになります。そこで、キスをする理由を尋ねることで男性を冷静にさせて、話し合えるようになります。

冷静になることでキスをやめさせ、素直な気持ちを聞けます。男性の気持ちが嫌でなければ連絡先を交換するなど少しずつ距離を縮めていきましょう


初対面でキスをしてくる男性から自分の身を守りましょう。

初対面の男性からのキスを受け入れる女性もいれば、恐怖を感じる女性もいます。受け入れる女性の中にも男性を選ぶ意見があり、嫌な気持ちを感じていることも少なくありません。

ただ、ムードや雰囲気に流されてしまい、嫌だと思っていてもキスを受け入れてしまう女性がいるのも事実です。そのため、対処法だけでなく、嫌なことをきちんと断れるように普段から気をつけることも身を護るためには必須ですよ。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事