片思いをLINEで実らせる方法|頻度や好きな男性に送るきっかけとは

片思い中で大切なLINEですが、実はLINEで恋を実らせる方法があるのをご存知でしょうか。今回は、片思いを実らせるLINEの頻度からきっかけ、男性の心を射抜くLINEテクニックをレクチャー!さらに、両思いの可能性がある男性の脈ありLINEも解説します。

好きな男性への片思いをLINEで成功させる方法を大公開!

片思いをLINEで実らせる方法

LINEで連絡をよく取りあう男性に片思いをしている。どのようにアプローチしていくべきか悩んでしまいますよね。

実際に会って告白するというより、LINEで想いを伝える方が安心するような気もすることがあります。

LINEを恋愛を実らせるためにどのように上手に使えるのでしょうか。この記事では、片思いを実らせるためのLINEの使い方を解説します。


そもそも、男性におけるLINEの使い方って?

男性の間ではたいていLINEを連絡手段として使っています。

仕事でも上司や同僚との業務連絡に使いますし、プライベートでも友達と遊びに行く約束に使います。

彼女との間でも会う約束をする連絡をするところというぐらいの認識であることが多いですね。


片思いが成功するLINEの頻度とは?

男性におけるLINEの使い方で解説したように、男性にとってLINEは連絡手段である傾向が多いです。そのため、基本的には相手の男性のペースに合わせてあげるのがベスト

あまりにも頻繁に送りすぎていると、男性にとってはLINE自体が重荷に感じることがあります。週に何回と決めたりせず、男性に合わせてあげるのが良いでしょう。

【参考記事】はこちら▽


大好きな男性に毎日LINEするのは大丈夫?

想っている男性とのLINEでの連絡は、毎日のような高頻度でもしたいと思うものですよね。

毎日のように連絡するのは、相手の彼をどんな心理にするのでしょうか。彼からの返信も毎日のように連絡をくれるというケースなら大丈夫です。

しかし、まだ付き合っているわけでもない女性と毎日のように連絡をすることは、少ししつこく感じてしまう男性も多いのも事実。上でも解説したように、なるべく男性側のペースに合わせてあげるのが良いでしょう。

【参考記事】はこちら▽


好きな男性と恋が結ばれやすい「LINEを送るきっかけ」って何がある?

好きになった男性にLINEのメッセージを送りたいけど、連絡を取り合う間柄になるには、なんらかのきっかけが必要ですよね。

どんなタイミングをきっかけにして、片思いをしている彼とのLINEでの会話を始めることができるでしょうか。


きっかけ1. 飲み会などで一緒に撮影した写真をシェアするのを口実にする

LINEで連絡を取らないといけない状況を作り出して活用するのが効果的です。

例えば、同席した飲み会などで一緒に撮った写真を送るという口実でLINEの連絡先を尋ねて、連絡を取れるようにできます。

飲み会の席では、一枚でもいいので一緒に写真に写るように画策しましょう。一緒に撮れたなら、堂々と連絡先を尋ねられますよね。


きっかけ2. 悩み相談をしてみる

男性は、女性に頼られるという状況になった時に、相手の女性のことを愛おしいと感じるようになるものです。

LINEを使って相手の男性に頼る状況にするには、なんらかの相談をLINEで送ってみることです。

恋愛の話題ではなく、仕事のことや友達関係などの、男性にとって簡単なアドバイスをしやすいジャンルの相談をしてみましょう。二人だけの話題があるということで、特別な想い入れを持ってもらいやすくなります。


きっかけ3. 男性が好きな趣味の話をする

連絡を取りやすいような状況をつくることは有効なテクニックです。。共通の話題を持つことは相手の男性がLINEしたいと思わせられます。

相手の男性がよく知っている分野に関心を持っていることをほのめかして、知識豊富なその彼からもっと教えてもらいたいという展開の内容で会話を続けていきます。

同じ趣味を持つ人として、特別の感情を持ってくれるようになるでしょう。


きっかけ4. 会社の同僚なら、仕事の話からサシ飲みに繋げる

相手が同じ会社の男性であれば、もう既にLINEの連絡先を知っていて、業務の連絡などで個人的なやり取りがあることでしょう。

片思いを実らせるためには、仕事の話題をするLINEから女性として見てもらうための会話にしていきたいところです。

仕事の話をしながら、業務上の相談という名目を使って、二人で一緒に飲みに行ったりする計画をLINEでできるようになると、グッと距離が縮まりやすくなりますよ。

【参考記事】はこちら▽


これで片思いから両思いに!男性をキュンとさせる究極のLINEテクニック

LINEを使って、相手の男性の気持ちを一気にキュンキュンさせて恋愛モードにし、相手を振り向かせるように仕向けてLINEしたいと思わせることもできますよ。

ここでは男性を両思いにさせる7つのLINEテクニックを紹介していきます。


テクニック1. 仕事終わりに「いつもお仕事お疲れさまです!」と送る

相手の男性から好印象を持ってもらうには、定期的にメッセージを送れるようになるきっかけを作ることが大切です。

例えば、仕事終わりのタイミングで「おつかれさま」メールをするという送り方ができます。このタイミングを確立することで、男性としては毎日気遣ってもらえるという状況にキュンキュンしてしまいます。

最初におつかれを送るのに勇気がいりますが、テクニックとしてやってみる価値がある手法です。


テクニック2. 自分からLINEする場合は、文末を質問系にする

相手の男性にLINEしたいという気持ちを芽生えさせるには、会話を続けるようなメッセージを送ることが有効です。

例えば、自分の側から送るメッセージをいつでも質問形式の文にしておくことで、相手が次のメッセージを送りやすい環境を整えてあげることができますよ。

片思いの相手にとって最初は、返信するモチベーションはそんなにないでしょうが、質問に答えていくことでもっとLINEしたいと思うようになるのです。


テクニック3. 文章は短めにして、改行を使いながら見やすさを重視する

片思いの相手の男性がこちらのメッセージに対して返信LINEしたいと思わせるためには、送る文章の体裁をよく考えることが大切ですよ。

送信するメッセージは、あまり長い文章にならないようにして、読む側の負担を軽減させられます。

また、適宜に改行を入れることによって、内容を見やすくしてなにが言いたいのかをはっきり伝えられるようにします。


テクニック4. 時々かわいいLINEスタンプを送る

女性らしい癒しパワーを持っていることをLINEで示すテクニックもありますよ。

例えば、女性らしいかわいいスタンプをときどきLINEの会話のなかに織り交ぜる送り方をするなら、女性ならではの和ませる能力や癒す能力にメロメロになってキュンキュンしてしまいますね。

片思いの相手の男性にとっても癒しを必要とするタイミングがあるはずなので、スタンプを振り向かせるための武器として利用しない手はありませんね。


テクニック5. 「おはよう」「おやすみ」と朝晩の挨拶を行う

早朝や深夜の時間というのは、とてもプライベートな空間なので、そんな時間帯にLINEしたいと思ってもらえるようになるなら、片思いを実らせる近道となるでしょう。

「おはよう」「おやすみ」の他愛ない挨拶をLINEで交わすように、勇気をもって努力してみましょう。


テクニック6. 休日前にLINEしてみる

予定をどうしようかなと考えているようなぴったりのタイミングで女性から連絡があったなら、男性が気になってLINEしてくれる可能性がアップします。休日前に彼にLINEでメッセージをするという方法も効果的。

相手の男性が休日の予定を立てるようなタイミングで自分のことを思い出してもらえるように、LINEテクニックを駆使してみましょう。


テクニック7. 「〇〇くんは、」と文章の中に名前を入れる

名前で呼び合う仲というのは、やはり特別な思い入れを感じてしまうもの。

LINEの送り方で意図的に相手の男性の名前を入れて会話をすれば、特別な関係性の雰囲気を醸し出せますよ。

相手の男性も、高頻度で名前で呼ばれるのを見て、特別な思い入れを持ってくれるようになること間違いなしです。


もしかして両思い!?男性が好きな女性だけに送る脈ありLINEとは?

片思いであると思っていた相手と、実は両思いになっているという、とてもハッピーな可能性はないでしょうか。

男性側が送ってくれるLINEのメッセージで、脈ありなのかどうかを知れますよ。男性が好きな女性に送るメッセージの傾向を解説しましょう。


脈あり1. プライベートな内容の連絡をしてくる

男性の一般的なLINEの使い方は、連絡事項を伝えるために使うという方法です。

それ以外の会話がLINEで成り立っているなら、相手の男性が、とてもプライベートなことを共有したいと思っている証拠です。

例えば、休日に何をしていたのかとか、仕事でどんなことをしているのかなどのプライベートな内容のメッセージを送ってくれているなら、脈ありと考えられます。


脈あり2. 返信が早い

男性は、たいてい自分のペースで返信をするタイミングを決めているので、着信があったらすぐに返信をするということは少ないですよね。

自分のペースを崩してまでも相手とLINEのやり取りをしたいと思っていることの表れと言えるでしょう。

いつでも自ら送ったメッセージにすぐに返信を返してくれるということが続くというようであれば、脈ありと見ても間違いなさそうです。


脈あり3. かわいいスタンプを多用してくる

一般的に男性はスタンプをそんなに使いません。かわいいスタンプを使ってくるなら、送る相手に対して好意がある証拠としてみても良いでしょう。

相手の女性の好みに合わせようとして、LINEでかわいいスタンプを探しているわけですから、振り向かせるのを成功したといっても過言ではないはず。

いつも決まったスタンプで「了解」などの意思を伝えることが多い男性がスタンプを使っているというのは、脈あり間違いなしです。


脈あり4. 「体調は大丈夫?」と気遣った内容を送ってくる

片思いの相手の男性も、こちらにLINEメッセージを送るきっかけを探しているということも考えられます。

例えば、ちょっと体調を崩してしまっているということを知ってくれたなら、すかさずその状況をきっかけとして利用して、体調を気遣うメッセージを送ってくれるというケースです。

今まではそんなメッセージもらったことないのに、急にいろんなきっかけでメッセージをもらえるようになったなら、脈ありですね。


脈あり5. 「時間空いたらご飯行かない?」と誘ってくる

一緒にいるタイミングではそんなに話しかけられることはないにしても、急に一緒に食事に行かないかと誘われるようになることがあります。

このケースは、友達として仲良くなりたいということよりかは、二人きりで会って深く知り合いたいという心理になっているということです。

プライベートに関心を持ってもらえているというのは、脈ありですね。


告白する場合はLINEでも良い?LINEで告白する時の注意点

LINEがメインの二人の間での高頻度会話ツールとなっている状況で、一気にアプローチをかけたいと思う時、LINEで告白をするということもあり得ますね。

LINEで告白するならどんなポイントに注意したら良いかを解説します。


注意点1. 「好きな気持ちが我慢できなくて」とLINEで告白した理由を送る

まだまだ告白という重要なステップは面と向かってする方が良いというのが一般的ですから、LINEという方法で告白をするには、それなりの理由を説明しながら告白することが望ましいです。

「実際に会って伝えるまで待てない!」と思えるぐらい好きな気持ちが我慢できなくなっているということを、女性らしいかわいさを持って伝えられる文面にすると良いでしょう。


注意点2. 好きになった瞬間と「大好きです!」を忘れずに

メッセージをやり取りしている間に、瞬間的に盛り上がってしまって告白に至ったケースは、勢いだけで行動していると思われてしまうため、評価も低くなってしまうことも。

LINEで告白をするなら、いつから片思いをしていたのかという熱い思いと、今この瞬間に好きが最大限になってしまったということを伝える「大好きです!」メッセージを忘れずに含めましょう。

すると男性にもなぜ告白してきたのか、本気なのかなど気持ちを文面で伝わりやすくなりますよ。


注意点3. 最後に「付き合ってください!」と告白文を書く

メッセージだけだと、明確に伝わったかどうかを確認するリアクションを見ることができないので、伝えたいメッセージの最後に、しっかりと伝えるようにしましょう。

相手が確実にそのメッセージに対してYESかNOでリアクションできるために、熱い思いを記した後に、「付き合ってください!」という告白の目的が明確にわかるようにするのがベストです。


注意点4. 一言一句間違いがないくらい、入念に見直しを行ってLINEを送信!

メッセージで大切な告白をするわけですから、送信した後に後悔しないようにしましょう。

きちんと思いが伝わるような文面になっているでしょうか。書き間違いはないかどうかを確認するのもこのタイミングの重要なポイントです。

一語一句を丁寧に確認して、間違いがないことがはっきりしてから、送信をしましょう。あとは返信を待つのみです。


LINEテクをマスターして、片思いの男性との恋愛を上手に進めていきましょう。

好きな相手とは、適度な頻度でメッセージをやり取りして、関係性を深めていくようにしましょう。毎日のように連絡したいと思っても、相手のペースを尊重することも大切ですよね。

高校生たちが上手に使いこなしているLINEですが、大人の恋でも片思いを実らせるためのテクニックとして使えますね。

勇気を持ってLINEを使った告白でハッピーを手に入れてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事