転職エージェントの利用に学歴は関係ある?転職では重視されない理由とは

「転職にはやはり学歴が関係するのでは?」と考えていませんか。実は転職のような中途採用の場合は、新卒のように学歴はあまり重視されない傾向があります。転職で学歴が重要とされない理由についてご紹介します。

転職で学歴が関係あるのは、新卒まで。

転職エージェントの利用に学歴は必要?

まだ就職をしたことがない新卒者を採用する場合、企業側にはその人を採用するかどうかの判断となる材料がありません。そのため判断材料のひとつとして学歴が重視されることは確かにあります。しかし、今まで他の会社でキャリアを積んできた人材を求める中途採用では、企業側がその人を採用するかどうかの判断ができるだけの材料が揃っていることになります。そういったことから中途採用の場合は、あまり学歴は重視されていないと言えるのです。


転職で見られるのは学歴以外の実績や能力面が大きい

そういったことから転職で必要なのは、学歴よりも今までその人が経験してきた実績、さらに経験で培われてきた能力面です。面接では即戦力となる人材を見つけるため、企業からは学歴より実績や能力面を見られることが多いのです。もちろん中には高学歴を求めている求人も存在しますが、そういった求人の方が少数派で、多くの企業は学歴よりも経験を重視しています。


転職活動で学歴以外に見られる主なポイント3つ

学歴はあまり転職に関係がないということをお分かりいただけたのではないでしょうか。では、学歴を重視していない求人で企業側が求めている人材、実際の面接で見られる点はどのような部分なのでしょうか。転職を少しでも有利にするために、そういったポイントを知っておくことは大切なことです。大きく3つのポイントに分けてご紹介します。


① これまでの実績や業務経験

中途採用で重要視されるポイントで大きなものは、その人の今までの実績や業務経験です。なぜなら、中途採用の場合、企業側はすぐに仕事を任せることができる即戦力を求めて求人を行うことが多いから。また、過去の経験や実績からその人の人となりが見えてくるといったこともありますし、どういった経験を積んできた人なのかを見ることで、その人の仕事に対する考えなども見えてきます。多くの企業では、実績や業務経験といったものは、学歴よりも重視される傾向があります。


② マネジメントの経験やスキル

それなりの経験を積んできたとみられる30代以降の転職では、マネジメントの経験やスキルを求められることが多いです。マネジメントというのは特にはっきりとした規定がないので難しいですが、部下をまとめることができる、同僚たちを統率しリーダーシップを発揮することができる、といった能力を言うことが多いです。どの程度のマネジメントが必要かというのも企業によって違いがありますので、それを理解した上で面接に臨みましょう。


③ コミュニケーション力

どういった業種であってもコミュニケーション力は近年、特に重視される傾向があります。接客業に必要な能力なのはもちろんですが、そういった業種だけではなく、社内で上手く人間関係を築くことができるかはコミュニケーション力によるところが大きいです。会社は1人で仕事をする所ではなく、上手く人間関係を構築しながら互いに協力する必要があります。いずれの企業にとってもコミュニケーション力はとても重要な要素なのです。


だたし、同じ中途採用でも第二新卒は学歴を見る傾向に

一般的に新卒で入社した人がおよそ3年以内に転職をすることを第二新卒と言いますが、新卒とあまり時期が離れていない第二新卒は、中途採用とはいえ学歴を見られてしまう傾向があります。やはり新卒で就職した会社での職務経験が浅いことがあり、採用を考えている企業側にとってはその人を採用すべきかの判断基準が乏しいのです。しかし、短いとはいってもキャリアを積んできている第二新卒は、新卒よりは学歴を重要視していない企業も多くあります。


まずは大手の転職エージェントに登録して相談からのスタートでもOK

学歴が重視されていないといわれる転職でも、やはり自分と企業との間に転職エージェントといったプロに入ってもらって転職活動をすることをおすすめします。転職エージェントから自分の価値を再評価してもらい、転職を成功に導きましょう。中でもおすすめは、求人数も多く抱えている大手の転職エージェント。大手なら数多くの求人を持っているので、自分が希望する会社を見つけやすいでしょう。


業界最大手の【リクルートエージェント】

就職やアルバイトなど職探しといったら有名なリクルートグループ。その転職エージェントがリクルートエージェントです。「株式会社リクルートキャリア」が運営を行っていて、転職業界でも最大手と言われています。そのため大企業から中小企業まで求人数も多く、さまざまな職種に対応しています。求人をしている企業側にとってもリクルートという看板は魅力があるため、とりあえずリクルートエージェントに掲載してもらおうと考える企業も多く存在します。


リクルートエージェントのおすすめポイント

リクルートエージェントは国内No.1という転職成功実績を誇る転職エージェントです。求人件数も業界でトップクラス、リクルートというブランドによる安心感は、転職活動をする人にとって大きな魅力を感じるポイントです。さらに企業側からも信頼されている会社なので、量だけでなく質の面でも満足できる求人が多いと評価も高いです。また、利用した人の多くがサポート面にも満足しているようです。企業と企業の間のパイプ役を長年行なってきた会社なので、その実績から独自のパイプを持っています。そういったことから、企業別に面接で注意すべき点も熟知しているので、サポート面も充実しています。

公式サイトで見る


業界2位で若手転職者に強い【DODA】

「パーソルキャリア株式会社」が運営するDODA。かつては「株式会社インテリジェンス」という社名でしたので、そちらの名前の方が馴染みがある方も多いのではないでしょうか。DODAといえば転職情報誌で有名ですし、やはり転職業界ではトップ3に入る大手の転職エージェントです。業界内でも実績がある会社なので求人件数も多く抱えており、DODA独自の非公開求人も多数あります。またDODAの特徴として、転職エージェントだけではなく一般的な転職サイトとしても利用できる点があげられます。


DODAのおすすめポイント

DODAのおすすめポイントは、転職サイトとしても転職エージェントとしても利用できる点です。転職が初めてでどちらに登録しようか迷っているのでしたら、DODAに登録すればどちらの良さも経験できます。転職サイトとしても利用できるので「求人の質が低いのでは?」と考える方もいるかもしれませんが、決してそういったことはありません。転職者を長年応援してきた会社でもあるため、DODA独自の企業の求人、非公開求人も多数掲載されていますよ。また、日本全国にDODAの拠点を持っているので、都市部だけではなく地方の転職にもおすすめです。

公式サイトで見る


初めての転職に心強い【パソナキャリア】

パソナキャリアは「株式会社パソナ」が運営する転職エージェントです。パソナといえば人材派遣の会社として有名です。そのため、企業の人事と強いつながりを持っている会社でもあり、求人の質の良さも評判となっています。リクルートやDODAと並び、転職業界の中では大手となるパソナキャリア。求人件数の多さはもちろん、やはり業界で長年実績を積んで来た会社なので、サポートも充実しており、登録者には大きな安心感があります。


パソナキャリアのおすすめポイント

パソナキャリアのおすすめポイントは、他社よりもきめ細かいサポートです。面接で重視されるポイントは、希望する業種や職種によって違いがあるもの。パソナキャリアでは、業種別に経験が豊富なアドバイザーを揃えていて、登録者へ寄り添うサポートを売りにしています。特に転職が初めての方にとって、パソナキャリアのように全力でサポートしてくれる転職エージェントの存在は心強いです。1人1人を丁寧にサポートしてくれる会社なので、あまりキャリアやスキルに自信のない方でも親身になって転職をサポートしてもらえるでしょう。

公式サイトで見る


学歴にとらわれず広い視点で、転職活動を始めてみましょう

学歴は転職を希望する方にとっては、気になる懸念点のひとつ。しかし、中途採用の場合はそれほど気にする必要のない項目です。学歴にとらわれることなく、冷静に自分のキャリアやスキルを見つめ直しながら転職活動を始めてみてください。さらに転職エージェントを利用すれば、気づかなかった自分のキャリアやスキルを見つけられるかもしれませんよ。

【参考記事】退職するベストタイミングとは。おすすめの辞める時期をご紹介▽

【参考記事】明日から試せるストレス解消法をお教えします▽

【参考記事】転職エージェントの選び方とは。メリット・デメリットも解説▽

お気に入り

注目の記事

関連する記事