転職の年収交渉はエージェントに任せよう。依頼するメリットを詳しく解説

転職の際に求人票を見ると、業務内容や福利厚生は充実していても、年収の上がり幅が狭いというケースがあります。このような場合は転職エージェントを通した年収アップの交渉を検討しましょう。今回は、年収アップの交渉を転職エージェントに依頼するメリットをご紹介します。

大切な年収交渉の基本情報を整理します。

転職の年収交渉

面接での年収交渉の方法を誤ると、年収アップどころか不採用になる可能性があります。そのため、年収交渉のタイミングや方法など基本的なことについて確認しておくことが大切です。いつ切り出すのか、交渉の事前準備などをご紹介します。


年収交渉は基本内定前、面接時にする

年収アップの交渉は、基本的に内定が出る前に行います。また、面接が終わってからではなく面接中に交渉することが基本です。面接中に交渉するのは失礼と思う方もいるかもしれませんが、面接の後に交渉しても良い結果とならない可能性が高いです。これは、面接の後に交渉すると、面接の内容を踏まえて年収を上げるかどうか決めることが難しくなるためです。面接での印象などは次第に薄れるため、年収アップすべきかどうか決めかねてしまうのです。面接中に交渉すれば、リアルタイムで人柄や能力などから年収アップが可能かどうか、採用担当者が考えることができます。


最低年収と希望年収ははっきりと決めておく

企業の募集要項に記載の年収が自分の希望年収よりも下回っていた場合、基本的にその企業には応募しません。しかし、何らかの理由でどうしてもその企業で働きたい場合、年収アップの交渉をすることになります。その際には、自分の中でも最低年収と希望年収を決めておきましょう。希望は○○円ですが、最低○○円までアップしていただけると嬉しいことを伝えます。こうすることで、最低年収までアップしてもらえる可能性が高くなります。


面接で給与の話を切り出すタイミングは?

面接で給与の交渉を始めるタイミングは、一次面接の最後の質問タイムです。二次面接以降に交渉をして決裂した場合、一次面接を受けた意味がなくなってしまいます。そのため、初めて採用担当者と顔を合わせる一次面接で交渉することが大切です。質問タイムの中でも最初に交渉をしましょう。他に質問があったとしても、年収の交渉が決裂すると、その質問をする意味もなくなります。質問タイムは必ずあるので、焦らないで面接に集中しましょう。


納得してもらうために、ビジネスライクに交渉しましょう

年収交渉のポイントは、感情ではなく理論に基づいて交渉することです。年収をアップするということは、より高い利益を企業へもたらす必要があるということです。年収アップできれば、企業にどのような利益をもたらすのかなど、年収アップするメリットを具体的に伝えましょう。また、具体的な年収の数字ではなく、パーセンテージで交渉することがポイントです。そのアップ率に合わせて、どれだけの利益をもたらせるかを伝えましょう。


希望の年収は担当エージェントとの面談や打ち合わせの時にはっきり伝える

希望の年収については、担当エージェントとの面談や打ち合わせの際に明確に伝えておきましょう。そうすることで、交渉する必要がない求人を紹介してもらえます。ただし、それによって紹介される求人数が少なくなることが考えられます。できればこれだけ年収が欲しいが、近い条件で自分に合っている企業があれば紹介してほしい旨を伝えましょう。希望年収の影響で、結果的に良い結果とならないこともあるので、希望年収は慎重に決めるようにしてください。


エージェントを利用するメリット① 言い出しにくい条件面の交渉は全て任せられる

転職エージェントを利用するメリットは、年収を含め条件面の交渉を全て任せられることです。お金の交渉は言い出しにくいと考えている人は多いです。企業と社員はwin-winの関係であるため、選考の際の年収アップは自然なものですが、中には「少ない給与でより多くの利益をもたらす人材」を求めている企業もあります。そのような企業と年収交渉をする場合、慎重に進めないと簡単に不採用となってしまうでしょう。転職エージェントに任せれば、可能な範囲で交渉してもらえます。


エージェントを利用するメリット② 相手企業の担当者と面と向かって話す必要がない

相手企業の採用担当者と面と向かって年収交渉することは、精神的な負担になります。年収交渉に成功したとしても、採用後に居づらくなってしまい、そのまま早期に退職してしまう可能性もあるでしょう。転職エージェントを利用すれば、相手企業の担当者と顔を合わせることなく年収交渉ができます。また、転職エージェントの自分に対する印象や能力などに基づいて年収交渉をしてもらえるため、客観的な意見であるということで年収交渉に成功しやすくなります。


エージェントを利用するメリット③ 大幅な条件のズレが起きない

自ら年収交渉をした場合、最低年収と希望年収から大きくかけ離れた年収となるケースがあります。採用担当者の話術によって、中々希望通りの年収での交渉成立は難しいため、転職エージェントを利用した方が良いのです。転職エージェントとしては、希望年収に近い年収で交渉を成立させたいため、それだけ努力してもらえます。また、交渉に慣れているため、条件が大幅にズレてしまうこともありません。精神的な負担なく年収交渉を成功させたい場合は、転職エージェントを利用しましょう。


大手の転職エージェントなら年収交渉の上手な担当者が期待できるので、まずは登録してみましょう

大手の転職エージェントであれば、年収交渉の経験が豊富であるため、それだけ成功率が高いと考えられます。また、人物像や能力などについて書かれた推薦状の質も安定しているため、年収交渉の材料として役立つことが期待できます。利用するのであれば、リクルートエージェントやDODAがおすすめです。それぞれの特徴やおすすめポイントについて詳しくご紹介します。


業界最大手の【リクルートエージェント】

業界最大手のリクルートエージェントは、多くの方が利用している転職エージェントです。転職エージェントは、複数をかけ持ちすることが基本ですが、リクルートエージェントは必ず利用した方がよいといわれています。面談ができるオフィスが全国各地にあるため、わざわざ遠くまで面談を受けに行くこともありません。また、年収交渉を含め企業とのコミュニケーションの経験が豊富であるため、それだけ安心して年収交渉を任せられるでしょう。


リクルートエージェントのおすすめポイント

リクルートエージェントは、転職希望者が持つ本当の強みを引き出せるよう、様々なアドバイスや提案をしてくれます。それによって、志望動機や自己PRの内容が充実し、より好条件で採用されるようになる可能性があります。年収交渉において、自己PRの内容が最も重要であるため、このように本当の強みを引き出してもらえることは大きなメリットです。また、求人のうち80%、ゆうに100,000件以上もの非公開求人があり、より好条件での転職が可能となっています。良い人材に高い給与を支払うスタンスの企業が多いため、年収交渉もしやすいでしょう。

公式サイトで見る


業界2位で若手転職者に強い【DODA】

DODAは、業界2位に位置づけられる転職エージェントです。リクルートエージェントと同じく実績が豊富であるため、気になっている方もいるでしょう。現在よりも良い条件の企業へ転職できるようにサポートしてくれます。そのため、より高い年収を目指している方に適していると言えるでしょう。転職フェアや合同転職面談会、各種セミナー、個別相談会などのイベントを開催しており、気軽にサポートを受けられるよう環境が整えられています。


DODAのおすすめポイント

DODAでは、これまでの経歴から適正年収を算出するツールを提供しています。年収交渉をビジネスライクに進めたとしても、そもそもそれだけの年収を受け取れるだけの経験やスキルがなければ、交渉は決裂してしまいます。このような場合、自分の能力をしっかり把握できていないということでマイナス評価になる可能性もあるため、まずは自分の希望年収が適正かどうか知ることが大切です。また、経歴をわかりやすく正しく書くためのツールも提供しています。ケアレスミスによって不採用になることがないよう、あらゆる面でサポートしてくれますよ。もちろん、非公開求人も豊富であるため、より高い年収も希望できます。

公式サイトで見る


年収交渉を効率よく進められるため、エージェント利用はおすすめ。

年収交渉はとても難しく、手段を誤ると決裂の可能性が高まります。年収交渉の決裂は不採用に繋がるケースもあるため、転職エージェントに任せるのがおすすめです。年収交渉のノウハウを持っているため、交渉の成功率が高まりますよ。また、失敗しても不採用となる心配はほとんどありません。転職エージェントを利用して、より理想の転職を目指しましょう。

【参考記事】年収が高い人に共通する特徴を徹底解説!▽

【参考記事】転職エージェントのおすすめ5選。選び方まで解説します▽

【参考記事】転職エージェントの具体的なサービス内容とは。評判や流れを徹底解説!▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事