優秀な転職エージェントの特徴8選。仕事ができる担当者が多い会社とは

転職エージェントを利用することで、スムーズに転職活動を進められます。しかし、どの転職エージェントを選べば良いかわからない方もいるでしょう。また、担当者の質、自分と相性が良いかどうかなども見極める必要があります。ここでは、優秀な転職エージェントを見分ける方法をご紹介します。

優秀な転職エージェントの特徴

優秀な転職エージェントの見つけ方

優秀な転職エージェントを見分けるために、まずはどのようなサポートをしてくれると優秀と言えるのか、確認しておきましょう。この認識が間違っていると、いつまで経っても優秀な転職エージェントのサポートを受けられません。


特徴① 面談のときにキャリア相談に応じてくれる

転職エージェントは、各企業に合う人材を紹介して、その紹介料を得ています。つまり、選考に通過さえすれば利益を得られるのです。そのため、基本的な内容しか面談で話してもらえないこともあります。優秀な転職エージェントは、面談のときにキャリア相談に応じてくれる人物です。今後、どのようにキャリアを積めば良いのか、これまでのキャリアから自分の本当の強みを知りたいといった相談に応じてもらえれば、より条件の合った企業を見つけることに繋がります。


特徴② 返事が早い

面談では、転職活動に関する様々なことを質問します。質問への返事が遅く、その場で考え込むような人物は経験が浅いと考えられます。また、他の人物に聞きに行くような場合も注意が必要です。転職活動においてアドバイスできるだけの知識と経験を持ち合わせていないということであるため、その担当者にサポートしてもらっても、より良い転職ができない可能性があります。これは、メールで質問をした場合も同じことが言えます。返信に数日かかるような場合は、転職活動に支障をきたしてしまいます。


特徴③ 自分の求める業界の情報を持っている

転職エージェントによって、得意とする業界が異なります。自分が転職を希望している業界の情報を持っている転職エージェントかどうか、確認しましょう。例えば、製造業での転職を目指しているのに、元販売員の転職エージェントが担当になると、業界の有益な情報を得られない可能性があります。必ずしも担当者がその業界の経験者だとは限らないので、予め確認しておきましょう。同業界の経験者でなくても、有益な情報を持っていれば未経験でも問題ありません。


特徴④ 社長や現場社員とのつながりがある

転職エージェントは、企業の人事と繋がりがあります。より転職を有利に進めたいのであれば、社長や現場社員と繋がりがある担当者を選びましょう。社長と繋がりがあれば、その企業が求めている人材について、より詳しく把握できます。また、現場社員と繋がりがあれば、求人票に記載されている内容とのギャップを知ることが可能です。転職を成功させるために、このような事前の情報収集はとても大切です。繋がりがなかったとしても、過去の選考の事例などの情報を持っていれば、十分に選考を有利に進められるでしょう。


特徴⑤ ガツガツしていない

転職エージェントによっては、量をこなすために、どんどん求人を紹介することがあります。紹介した求人は全て選考を受けるように強く勧められることもあるでしょう。このように、本当に良い転職ができるようにサポートするのではなく、自社の利益を最優先に考えている転職エージェントは避けた方が良いでしょう。提出書類の添削や面接のアドバイスなど、細かなサポートを受けられない可能性があります。客観的な視点で、どのような企業がおすすめか具体的なアドバイスをしてくれる転職エージェントを選びましょう。


特徴⑥ 非公開求人を多く所有している

転職エージェントは、ホームページで求人を公開しています。また、ホームページなどでは公開していない非公開求人も所有しています。非公開求人は、公開すると応募が殺到したり、募集していることを世間に知られないようにする必要があったりする求人となっています。非公開求人が多ければ多いほど、それだけ好待遇の求人を抱えているということです。より良い転職に繋がる可能性が高まるため、非公開求人を多く扱っている転職エージェントを選びましょう。


特徴⑦ 書類通過率が高い

選考の第一関門は書類選考です。書類選考の通過率が低いということは、書類の添削のアドバイスが適切ではない可能性があります。転職エージェントのメリットは、書類の添削によって書類選考の通過率が高まることにあるため、このメリットがない場合は他の転職エージェントを選んだ方が良いでしょう。また、書類通過率が低いということは、つまり選考の通過率が低いということであるため、より良い転職の成功に繋がらないと考えられます。


特徴⑧ 内定が出た企業を強引に勧めない

転職活動は、複数の企業の選考を並行して進めることが一般的です。第一志望の結果が出ておらず、第二志望の企業から内定が出た場合、第一志望の結果がわかるまで保留にすることが基本です。しかし、転職エージェントによっては、回転数を上げるために内定が出た企業を強引にすすめることがあるのです。より良い転職をサポートするという意思がないということであるため、このような転職エージェントは利用しない方が良いでしょう。


大手の転職エージェントなら優秀なエージェントが在籍しているので、まずは登録してみましょう

大手の転職エージェントであれば、担当者によって質が大きく異なる心配がほとんどありません。どの担当者もある程度業界の事情に精通しており、安定したサポートを受けられるでしょう。また、推薦状のような選考の有利性に関わるものについても、内容にミスなどがあまりないと考えられます。おすすめの大手の転職エージェントは、リクルートエージェントとDODAです。


業界最大手の【リクルートエージェント】

リクルートエージェントは、就活や転職など人材に関する事業を行っているリクルートホールディングスの転職エージェントです。リクルートホールディングスが運営しているということで、安心して面談を受けられるという方もいるでしょう。業界最大手であるため、それだけ実績が豊富で担当者の質も安定しています。また、書類の添削や面接のアドバイスなど選考に関するサポートが充実しているため、これまで面接がうまくいかなかったという方におすすめです。


リクルートエージェントのおすすめポイント

リクルートエージェントでは、専任の担当者が書類添削から面接対策までサポートします。また、スタッフの数が多く、各業界の情報に精通した担当者が揃っているため、希望業種に合った担当者のアドバイスを受けられます。また、真の強みを知るために、キャリアのこれまでとこれからについて相談することも可能です。これまでのキャリアについて具体的に話すことで、自分でも気づくことができなかった真の強みを発見でき、選考に活かすことができます。また、企業から直接収集した情報を元に求人票や企業レポートを作っているため、それだけ生の情報を得られることもおすすめポイントです。

公式サイトで見る


業界2位で若手転職者に強い【DODA】

DODAは、業界のNo.2とも呼べる転職エージェントで、リクルートエージェントに次いで人気があります。これまで勤めていた企業よりも好条件の企業への転職ができるようサポートしてくれます。取り扱い業種は営業や事務、企画、化粧品、食品、医療系、クリエイティブなど様々で、各業界に精通した担当者のサポートを受けられます。特に、若手の転職者に強いことで知られており、これから更なるキャリアを積みたい方に限らず、異業種で再スタートしたい方も転職活動を有利に進められます。


DODAのおすすめポイント

DODAでは、多数の非公開求人を抱えています。人を募集していることを知られてはいけないポジションの求人や、好待遇で応募者殺到が予想される求人など、魅力的な非公開求人があります。もちろん、自分以外にも紹介するため、競争率は決して低くありません。しかし、その企業の選考に通過しやすくなるように書類の添削や面接の練習など様々な面でサポートしてくれます。さらに、書類選考を受けることなく面接に進める求人もあり、スピーディーに転職活動を進められます。その他、120の質問に答えて自分に合った仕事のスタイルや企業風土などを分析できるサービスなども展開しています。

公式サイトで見る


優秀なエージェントを担当につけて転職を有利に進めましょう

転職活動を成功させたい方は、優秀な転職エージェントを担当につけてもらいましょう。書類の添削や面接対策、推薦状の内容など様々な面で優秀なサポートを受けることで、選考を有利に進められるでしょう。また、転職活動の日程調整や企業への応募、辞退なども代行してもらえます。このような対応も迅速かつ確実に行ってもらえる担当者をつけてもらうことが大切です。

【参考記事】転職エージェントのサービス内容とは。求人紹介の流れまでご紹介▽

【参考記事】数ある転職エージェントの中でも特におすすめの会社を解説▽

【参考記事】東京で人気の転職エージェントとは?選び方も紹介します▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事