【40代】おすすめ転職エージェント4選。選び方のポイントを伝授!

転職を考えてみたいけど、40代だからもう転職は難しいのだろうか?とお悩みの方も多いかもしれません。数ある転職エージェントの中でも40代の転職に強い4社を選んでご紹介します。ぜひご一読して参考にしてください。

40代での転職エージェントを選ぶ前に自分自身に問うべきこと

40代におすすめの転職エージェント

40代の転職事情が以前とは変わってきているとはいえやはり20代、30代での転職に比べると難しい部分があるのは確かです。40代での転職を考えたときに、転職エージェントを選ぶ前にまず自分自身に問うべきこととしてどんなことがあるでしょうか。若い世代と違って問われるのはどのようなことかを考えてみる必要があります。


十分な実績を積んで自信なるキャリアか

20代、30代の転職では将来性や今後の伸びに期待した採用が期待できます。しかし40代での転職では若い世代と違ってこれまでのキャリアが問われ、即戦力として期待されることになります。いきなり今より待遇が良い未経験の職種、業種への転職を考えても無理がある可能性が年齢とともに高くなっていきます。これまでのキャリアを振り返って自信の持てることは何か、転職の際にじゅうぶんピールできるものかどうかを考えてみてください。


40代での転職エージェントを選ぶ時のポイント

40代が転職エージェントの選び方を解説していきます。

① 40代以上の求人数は十分か

② 40代の転職サポートに慣れているコンサルタントがいるか

③ 管理職求人は充実しているか

④ 今後のキャリアの相談やカウンセリングをきちんとやってくれるか


① 40代以上の求人数は十分か

転職エージェントはたくさんありますがそれぞれ特色や強みに違いがあります。第二新卒に強い、20代、30代の転職を得意としている、といった記載がある転職エージェントだと、40代向けの求人が少なめである可能性もあります。年齢が高めの人向けの求人が豊富であることをアピールしている転職エージェントを選んだほうが当然、より自分の希望に合う転職が叶えやすくなります。いくつかのサイトを比較して、どのくらい40代の求人があるかをまず確認してみましょう。


② 40代の転職サポートに慣れているコンサルタントがいるか

転職エージェントのコンサルタントが40代の転職に慣れていなければ上手くサポートが受けられず、むしろ時間の無駄にすらなる可能性もあります。若い世代向きの転職エージェントと高めの年齢をターゲットとしている転職エージェントが分かれているので、選ぶ段階で間違えないように確認してください。公式サイトを丁寧に見てみると、40代担当の専属コンサルタントのコメントなどが掲載されていることが多いエージェントがあります。


③ 管理職求人は充実しているか

20代、30代とは求人の質もアピールするべきポイントも違ってくる40代の転職。管理職として転職したいのであれば、管理職、エグゼクティブ、ハイクラス求人や高収入の求人が豊富にある転職エージェントを探しましょう。各社のサイトでは気軽に公開求人が見られるようになっていることが多いので、まずサイトを確認して管理職系の求人のみを検索できるようになっているかをチェックしてみましょう。管理職向けの求人が少ない転職エージェントでは、検索項目に入れていない可能性が高いでしょう。


④ 今後のキャリアの相談やカウンセリングをきちんとやってくれるか

転職エージェントの良さは、ただ求人を紹介するだけでなく、40代の転職希望者の今後のキャリア形成についての相談や悩みについてのカウンセリングが受けられることです。このメリットがあまりなければ、登録などで求人紹介までに時間がかかるという転職エージェントを利用するうえでのデメリットの方が強くなってしまいます。公式サイトの内容や口コミで確認してから登録した方がいいでしょう。


40代におすすめのエージェントをご紹介します

ここからは、40代の転職におすすめしたい転職エージェント4社を厳選してご紹介します。各社の概要や特徴、おすすめのポイントをまとめてありますので、ご一読のうえ、自分の希望、状況に合いそうな転職エージェントにまず登録することから転職活動を初めてみませんか。各エージェントによってサービスされている、転職に役立つコラムやイベントのお知らせなども、ぜひ活用してみましょう。


リクルートエージェント

総合人材サービス会社のパイオニア、リクルートグループの転職エージェント「リクルートエージェント」は業界最大手で、求人数もナンバーワンです。これまでのキャリアで特に活かしたいことがある方には特におすすめです。豊富な求人があるので、条件にマッチする求人が探しやすいのです。ハイクラス、管理職の求人も多く見つかります。20代から40代の幅広い年齢からの利用者満足度99%を誇るリクルートエージェントにまず登録してみませんか。


リクルートエージェントが40代におすすめの理由

求人数でナンバーワンのリクルートエージェントは、キャリアアドバイザーの在籍者数も業界最多を誇ります。40代の転職のノウハウを心得たキャリアアドバイザーも多数在籍しています。公式サイトでは「40代のケーススタディ」とともに、各地域の業種、職種別の求人のほかエグゼクティブ・高収入案件もそろっているので、転職によるクラスアップ、年収アップができる転職も可能です。転職サポートは土日、平日夜にも相談を受け付けてもらえます。「面接力向上セミナー」などイベントも数多く開催されています。簡単に登録できるのでぜひ試してみませんか。

公式サイトで見る


ビズリーチ

ビズリーチは「ハイクラス層向け転職サイト」を謳っている、まさに40代にピッタリの転職エージェントです。株式会社ビズリーチ(BizReach)が運営しています。エグゼクティブ向けであることを強く打ち出しており、ハイクラス、高収入の求人情報が多数そろっています。年収600万円以上からの支持がナンバーワンのビズリーチに簡単登録して、会員のみの情報をぜひ見てみませんか?メールアドレス、パスワード、現在の年収を入力するだけのカンタン登録で利用できます。


ビズリーチが40代におすすめの理由

CMでもおなじみのビズリーチが40代におすすめの理由は、ズバリ厳選された幹部クラス向けのハイクラス求人がそろっているからです。マネージャー、部長職の求人や年収1,000万以上の求人などが検索できます。キャリアアドバイザーももちろん、40代の転職になれた人がそろっているので、キャリアを活かした転職先探しや40代ならではの注意点、面接や書類で注意すべきことなどをきめ細やかに指導してもらえます。専門職やグローバルの求人、役員クラスの求人などが豊富にあるビズリーチは、40代の転職におすすめの転職エージェントです。

公式サイトで見る


DODA

DODA(デューダ)はパーソルキャリア株式会社が運営しています。日本最大級の総合人材サービス、パーソルグループの1社で旧社名のインテリジェンスの方をご存知の方も多いかもしれませんね。DODAでは35歳以上の転職を扱うのを得意としています。40代の転職事情をよく知っているキャリアアドバイザーも多数在籍しています。公式サイトでは公開されている案件の情報や無料の年収査定サービスもあるので、気軽に利用してみてください。


DODAが40代におすすめの理由

DODAでは管理職・ハイクラス求人が豊富にあります。応募にあたってはキャリアタイプ診断やレジュメビルダー、合格診断などのツールでまずはあなたの適性やタイプなどを診断、判定してくれるので、冷静に自分を見つめ直したうえで転職活動に臨めます。転職フェアや合同転職面談会、各種セミナーも数多く実施されているほか、個別の相談会では1対1でじっくり悩みや相談にのってもらえます。職務経歴書の書き方、面接での注意点から現在の会社の退職の段取りまでアドバイスをもらえて、転職を成功に導いてくれる転職エージェントです。

公式サイトで見る


JAC Recruitment

JAC Recruitmentを運営している株式会社ジェイ エイ シー リクルートメントはイギリスで創業した転職エージェントです。アジア7カ国に拠点を持ち、20年以上の実績があります。高年収の求人や管理職、スペシャリストの求人が多くそろっています。海外への転職情報も多数あり、グローバルなキャリア形成も可能な転職エージェントです。外資系ではありますが、日本での実績も十分にある転職エージェントで、ハイクラス求人も多いので、ぜひ公式サイトをチェックしてみてください。


JAC Recruitmentが40代におすすめの理由

東証一部上場企業でもあるJAC Recruitmentは日本での実績も25年以上になり、日本企業の管理職、高収入求人の紹介、転職支援を得意としています。利用者の満足度93%と高いデータがあり、専門性の高い求人なども独占で紹介。転職セミナーの開催やキャリア相談、面接対策などきめ細やかなフォローとアドバイスで管理職やハイクラスの転職希望者が転職を成功させるまで一緒に走り続けてくれる転職エージェントです。カンタンな登録で無料コンサルティングサービスが受けられます。海外への転職をお考えの場合もおすすめです。

公式サイトで見る


40代が転職する時に意識したいこと

最後に40代の転職を考えた時に、特に意識しておきたいことを5点挙げておきます。若い世代の転職と同じでいい部分とまったく違う部分があるので今一度、自分自身の心境やあり方を振り返ってみてください。自分の希望や都合ばかりを追い求めていては良い結果が出せません。周囲からの見られ方も意識して、それに応えていくことが40代の転職では求められます。


① 自分の実績やキャリアをしっかりと分析して市場価値を確認する

同じ会社に勤め続けていると考えることもなくなる自分のキャリアや実績ですが、40代で転職するためには転職先にキャリアや実績をアピールすることが何より大切になります。これまでのキャリアや実績を整理して振り返って自分の価値を客観的に把握しておかないと、結局転職しないほうがよかったという結果になりかねません。自分だけでやってみても客観的な判断は難しいので、転職エージェントのツールやデータから分析してもらうといいですよ。


② 年収や役職のアップ以外に求める条件を整理する

転職を成功させるためには、まず自分が何を求めない転職するのかを明確にすることから始めましょう。年収やポジションに不満があったのか、業種や職種が変更したいのか、人間関係や職場のムードに問題があったのかなど、正直にキャリアアドバイザーに伝えられるように「棚卸し」をしていきましょう。本当に求めているものが自分でわかっていて、次の仕事に求める優先順位を明確にしておかないと、せっかく転職したのに成功したと思えないかもしれません。


③ 転職でなければ解決できない問題なのかを考える

転職を思いつくと、それが最善のことであるかのように思えてきて突っ走ってしまったけれど、結局転職しないのが正解だったということもあります。一時の感情で転職を決めていないか、本当に転職する必要があるのかを冷静になって考える機会を、転職を最終決断する前に必ず持ちましょう。できれば心許せる人などに相談して、転職が必要かどうかを再検討した上で、本格的に転職活動を始めるようにしてください。40代の転職はそう甘くないことも覚悟しておきましょう。


④ 転職に失敗してもいいように、在職中に行う

転職情報や人手不足で40代の即戦力が求められているという情報を見て自分の転職もなんとかなるだろうと退職してから転職活動を始めたものの、思ったような転職は叶いそうもないと後悔する人も少なくありません。自分のキャリアや実績を客観的に評価したうえで、どのような転職ができそうかを冷静にはかるのはかなり難しいものです。早まって退職せずに、転職の目処がついてから退職することをおすすめします。転職エージェントではどのような転職ができそうかをキャリアから予測してくれるシステムがあるので、利用するのも手です。


⑤ 落とされて当たり前と言う気持ちを持つ

誰でも転職活動で面接を受けて落とされたり、書類選考の段階で落ちてしまったりすると、かなりダメージを受けます。就職活動から遠ざかっていて、それなりにキャリアを築いてきた40代の場合、より受けるショックは大きいかもしれません。ショックで落ち込みすぎて精神的に追い込まれることを避けるためにも、「転職は甘くない、落とされるのが当たり前」という意識を持って結果を受け止めながら前進していけるように覚悟しておくことが大切です。


40代でも可能性はゼロではありません。しっかりと情報収集と準備を。

以前は転職市場で「35歳の壁」という言葉がよく聞かれましたが、少子高齢化が進み、人手不足の現代では求人状況もずいぶん変わってきています。即戦力になる40代を求める企業は案外多いのです。年齢だけであきらめずに希望条件に合う転職先を転職エージェントを活用して探してみませんか。管理職向け、高収入求人なども見つかりますよ。

【参考記事】40代の正社員転職を成功させる転職エージェントを紹介します▽

【参考記事】転職エージェントの具体的なサービス内容とは?▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事