外資系におすすめの転職エージェント。外資系企業で輝く人の特徴とは

転職エージェントは、転職活動を有利に進めたい方におすすめですが、人材が優秀でなければ希望通りの企業に転職することはできません。外資系企業への転職を考えているのであれば、どのような人が輝けるのか確認しておきましょう。ここでは、外資系企業で活躍できる人の特徴をご紹介します。

外資系企業に転職するメリット・デメリットをお教えします

外資系の転職におすすめの転職エージェント

外資系企業は給料が良い、安定するといった漠然としたイメージしか持っていない方もいるでしょう。具体的なメリットとデメリットを確認しておくことで、志望動機や自己PRを練りやすくなります。面接官をうならせる志望動機と自己PRは、転職成功の必須条件といえるでしょう。それでは、外資系企業に転職するメリットとデメリットについて解説します。


外資系企業に転職するメリット (1) 実力主義

外資系企業の最大の特徴は「実力主義」であるところです。日本の昔ながらの企業は年功序列制となっています。上司よりも部下の方が優秀だとしても、年の功には勝てません。年上の上司よりも昇進することは叶わないのです。それに対して外資系企業は実力主義であるため、上司が自分よりも年下になることが珍しくありません。逆にいえば、自分よりも年齢が上の人物を超えて昇進することが可能なのです。年齢の枠を超えて昇進できるため、モチベーションを高められるでしょう。


外資系企業に転職するメリット (2) 給料が良い

外資系企業は給料が高い傾向があります。外資系は、外国系の法人などが出資している企業のことであるため、外国の考え方が浸透しています。日本の企業はできるだけ安い賃金で高い利益を挙げさせることに注力している傾向がありますが、諸外国ではモチベーションを引き出すために十分な賃金を支給しています。また、成果を挙げることで、さらなる給料アップを見込むこともできるのです。このように、十分な見返りが用意されているため、モチベーションを保つことができます。


外資系企業に転職するメリット (3) 平等な評価

外資系企業は、高い利益を挙げた社員の給料は上げ、利益を出せない社員は給料を下げる傾向があります。そこに、年齢や普段のふるまいによる評価などは含まれていません。上司のお気に入りであれば昇進できる、給与が上がるといったこともなく、平等に評価されます。そのため、上司のご機嫌取りではなく仕事で利益を挙げることに集中できます。また、同僚よりも評価が低かった場合には、その評価をしっかりと受け止めることができるのです。


外資系企業に転職するメリット (4) 仕事のスタイルに自由が効く

外資系企業は、利益を挙げることができれば仕事のスタイルは問わない傾向があります。例えば、日本の企業は1日8時間、会社が定めるタイミングで休憩をとり、指定の場所で仕事をしなければなりません。それに対して外資系企業は、決められた労働時間さえ満たせば、好きなときに出勤することができることが多いのです。また、業種によっては自宅で仕事することもできます。このように、仕事のスタイルを問わないことは、日ごろの拘束によるストレスを大きく軽減することに繋がります。


外資系企業に転職するデメリット (1) 日系と外資系でカルチャーが違いすぎる

日系企業と外資系企業では、カルチャー、つまり文化が異なります。ここでいう文化とは、実力主義や年功序列、人事考課の基準などです。カルチャーが違いすぎることに戸惑い、うまく馴染めないために実力を発揮できないケースがあります。逆に、このようなカルチャーの違いに対応できれば、外資系企業で輝くことができるでしょう。「こうあるべき」という考え方が強い人が日系から外資系の企業へと転職すると、順応するのに時間がかかるかもしれません。


外資系企業に転職するデメリット (2) 競争が激しい

外資系企業は実力主義であるため、それだけ競争が激しくなっています。競争に勝った人はどんどん昇進していき、競争に負けた人はいつまで経っても昇進できません。日系企業であれば実力がなくてもいずれ昇進できることが多いのですが、外資系企業は実力がなければ取り残されてしまうのです。競争が激しいことによってモチベーションが上がる人もいれば下がる人もいます。下がる人にとっては、競争が激しいことはデメリットといえるでしょう。


外資系企業に転職するデメリット (3) 収入は不安定

外資系企業は、そのときの利益に応じた給与を支払います。ある程度の給料は確保されていますが、それ以上は利益をどれだけ挙げたかによって決まるのです。そのため、しっかり成果を挙げた月度は給料が高く、成果を挙げられなかった月度は低くなります。このように、収入が不安定であるため、結婚や子供、マイホームの購入など今後の計画を立てることが難しいというデメリットがあります。収入を安定させるためには、成果を挙げるための方法をしっかり考えて確立させなければなりません。


外資系企業に転職するデメリット (4) 常に成果を出し続けなければいけないプレッシャーが大きい

日系企業は、一度大きな成果を挙げればしばらくは上司から高い評価を得続けられます。それに対して外資系企業は、大きな成果を挙げても、翌月から成果を挙げられなくなれば、全く注目されなくなるのです。そればかりか、給与も下げられてしまい、お金の面でも精神面でも不安定になります。成果を挙げ続けなければならないという大きなプレッシャーに打ち勝ち、上昇志向を持ち続けることができる人でなければ、外資系企業で働くのは難しいでしょう。


外資系企業でも結果を出して輝ける人の特徴とは

外資系企業で輝くためには、結果を出し続ける必要があります。これは、誰もが実現できることではありません。外資系企業に向いている人が輝くことができるのです。ただし、輝ける人を参考にして考え方や行動を変えることで、外資系企業に向いていない人でも外資系企業で輝けるようになります。結果を出し続けられる人には様々な特徴があるので、確認しておきましょう。


外資で輝く人の特徴 1. 日本企業の慣習を忘れられる

外資系企業で輝ける人は、日本企業の慣習を忘れられる人です。日本では、「出る杭は打たれる」という習慣が浸透しており、若くして出世しようものなら、同僚や上司から邪魔をされてしまいます。外資系企業では、このようなことがありません。活躍せずに目立たないように働こうとすると、周りの人がどんどん出世して置いていかれてしまうでしょう。このような、日本企業の慣習を忘れてがむしゃらに結果を追い求められる人が外資系企業で輝けるのです。


外資で輝く人の特徴 2. ビジネスライクに付き合える

日本企業では、休日に上司や同僚とバーベキューやゴルフを楽しむことがあります。それに対して外資系企業は、仕事と休日をしっかり切り分けています。仕事がある日は仕事にしっかり集中し、休日は家族や友人と過ごしてリフレッシュすることに全力です。そのため、同僚や上司とはビジネスライクな付き合い方となります。同僚や上司と休日に一緒に楽しみたいような考え方だと、孤独感に悩まされてしまうかもしれません。同僚や上司とビジネスライクに付き合える人が、外資系企業で輝けます。


外資で輝く人の特徴 3. オンオフはっきりしたライフスタイルを送っている

外資系企業で輝ける人は、仕事のオンと休日のオフをしっかりと区別しています。仕事をしている途中に気を抜いて仕事をサボるようなことはしません。そのようなことをすると、結果として自分の給与が下がってしまうためです。そして、全力で仕事をできるように、休日を全力で過ごします。休日に会社へ行って残った仕事をこなすといったこともほとんどありません。このように、オンとオフのはっきりしたライフスタイルを送れる人が外資系企業で輝けます。


外資で輝く人の特徴 4. 日本との違いがあってもすんなり受け入れられる

日本企業と外資系企業の違いをわかっていても、実際に働いてみると受け入れるまでに時間がかかることがあります。時間がかかりすぎてしまうと、それだけ仕事に身が入らない時間が長くなるため、周りに置いていかれてしまうでしょう。逆に、日本企業との違いをスムーズに受け入れ、うまく適応することができれば、早い段階で実力を発揮して成果を挙げられるようになります。このように、状況適応能力が高い人が外資系企業で輝けるのです。


外資で輝く人の特徴 5. 働く前に外資系企業の実態を調査・把握している

外資系企業に向いているかどうかよりも、外資系企業に適応できるかどうかが重要です。適応するためには、事前の調査が欠かせません。転職を希望している企業の実態を調査し、その全貌を把握することで、しっかりと対策することができます。これは、選考を通過するためにも必要なことです。企業は、どれだけのことを理解しているか、研究しているかを見ています。転職活動を始める前に、外資系企業について詳しく調べておきましょう。


外資系に強い転職エージェントなら心強いサポートを受けられるはず

スムーズに転職活動を進めるために利用したいのが転職エージェントです。転職エージェントはとても多く、それぞれに特徴があります。外資系企業への転職を目指すのであれば、外資系企業に強い転職エージェントを利用しましょう。


JAC Recruitment

外資系企業に強い転職エージェントといえば、JAC Recruitmentです。外資系企業の非公開求人が非常に多く、様々な条件を提示しても、マッチした求人を紹介してもらえます。全国各地にあるオフィスで面談を受けられます。専用のマイページが用意されており、そこで求人管理ができるので使い勝手がよいというメリットがあります。外資系企業への転職を目指すのであれば、JAC Recruitmentを利用することをおすすめします。


JAC Recruitmentのおすすめポイント

JAC Recruitmentは土曜日も面談をしているため、土日休みの方でもスムーズに転職活動を進められるでしょう。さらに、近くにオフィスがない場合は電話でも面談をしてもらえます。土曜日もなかなか時間を確保できない方でも利用できるのは嬉しいポイントといえるでしょう。また、外資系企業の選考に通過しやすい職務経歴書や履歴書の書き方、自己PRの方法などについて熟知しているため、日系企業から外資系企業への転職を目指している方の心強いパートナーになってくれるでしょう。安心して転職活動ができることで、面接もスムーズに受けられ、精一杯の自己PRができるようになります。

公式サイトで見る


リクルートエージェント

リクルートエージェントは、人材調達や育成など多方面で活躍している「リクルート」の系列です。非常に多くのパイプを持っており、様々な業界の非公開求人を抱えています。外資系企業に特化している訳ではありませんが、リクルートという大企業の後ろ盾を受けられるということで、安心して転職活動を進められるという方もいるでしょう。どの転職エージェントを利用するか迷った場合は、リクルートエージェントを選べば確実といえます。


リクルートエージェントのおすすめポイント

リクルートエージェントは、転職エージェントの業界でもトップクラスの求人数を持っているため、外資系企業に特化していなくても自分にマッチした企業が見つかる可能性が高いです。また、求人数が多いだけ求める人材の幅も広いため、他の転職エージェントで紹介を断られた人でも求人を紹介してもらえる可能性があります。転職活動のサポート面においては、面接対策に定評があります。その企業の特色を把握した質の高い指導を受けることができます。選考で最も重要な部分が面接であるため、面接対策に力を入れていることは大きなメリットです。

公式サイトで見る


日系企業への転職以上にギャップを感じることも。何事にも動じない姿勢が大切です

日系企業から日系企業への転職では、それほど大きなギャップを感じることはありません。しかし外資系では、指導者の考え方が全く異なり、社風や業務の進め方の変化についていけない方も珍しくありません。日系企業から外資系企業への転職では、それ以上に大きなギャップを感じることもあります。このようなギャップに動じず、成果を挙げることに注力できる姿勢を持つことが大切です。

【参考記事】転職エージェントのサービス内容とは?基本情報を解説します▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事