転職エージェントの登録の疑問を解決。安心して利用できるサービスとは

具体的な転職エージェントのサービス内容が分からず、特に初めての転職の場合、転職エージェントへの登録を躊躇してしまう方も少なくありません。ここでは、転職エージェントの登録に関する疑問の解決とともに、安心して利用できる転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの登録に関する疑問を解決します

転職エージェントの疑問を解決

上手に活用すれば転職成功にもつながる転職エージェントの利用には登録が必要です。次に、転職エージェントの登録に関する疑問とその回答をご紹介します。転職エージェントへの登録を迷っている方もぜひ参考にしてください。


そもそも転職エージェントって何?

転職エージェントとは、登録すると無料で利用できる転職サポートを提供しているサービスです。具体的には、求職者の転職相談受付から希望やスキルに合わせた求人紹介、履歴書や職務経歴書などの応募書類の添削や職種や業界ごとの面接対策、面接のセッティング、採用後の年収や入社日の交渉などの転職サポートが受けられます。転職サポートは、求職者一人ずつに就く専任の担当者であるエージェントやキャリアアドバイザーなどが提供します。


転職サイトとの違いは?

転職エージェントと転職サイトの違いは、転職活動を自力で行うか、サポートを受けるかです。転職エージェントは専任のエージェントがついて、転職活動の開始から採用後まで一貫してサポートが受けられます。一方で転職サイトは、求人探しから書類作成、応募から面接の日程調整まで全て自分で行わなければいけません。転職サイトは登録せず利用できるところが多いため、気軽さは転職サイトが上ですが、転職活動の効率性や成功度は転職エージェントの方が高いです。


登録の方法は?

転職エージェントを利用する時には、それぞれの企業の公式サイトの専用フォームから登録が可能です。ここで注意するべきなのが、「転職エージェントサービス」ではなく、間違って「人材派遣サービス」を選んでいないか、です。転職エージェントサービスは企業と求職者の間に立って転職サポートを行いますが、人材派遣サービスは、派遣社員の立場で求人紹介を行うサービスです。必ず、登録前に転職エージェントサービスの企業かどうかを確認してから登録を行いましょう。


登録数はいくつでもいいの?複数掛け持ちはOK?

転職エージェントは複数登録して利用しても問題ありません。転職エージェントには大きく分けて、豊富な求人を取り扱い幅広い業界や職種に対応した総合型の転職エージェントと、年収やキャリアアップ、外資系や管理職の転職に強いなど特定の強いを持つ特化型の転職エージェントがあります。それぞれの転職エージェントごとに強みや特色が異なるため、複数の転職エージェントを上手に併用すれば、より有利に転職活動を進められます。


登録拒否や断られることはある?

転職エージェントにはそれぞれの企業ごとに強みがある反面、求職者と企業とのミスマッチを防ぐために、独自の登録基準を設けていることがあります。例えば、高年収帯への転職に強い転職エージェントなら「年収500万円以上」、外資系や日系の海外進出企業への転職に強い転職エージェントなら「TOEIC700点以上」などです。転職エージェントの登録基準にある年収やスキルをクリアしていないと、登録拒否や断られることがあります。


登録時期はいつでもいい?

転職活動を始めてから転職先が決まるまでのおおよその期間は、一般的には3ヶ月から半年です。よって転職希望時期から逆算して半年前までには転職エージェントの登録を済ませておくのがおすすめです。また、退職者が出やすい年度末や夏期休暇明けには企業の採用募集が多くなるため、転職エージェントの紹介する求人の増える1月~3月、または9月には転職サポートを受けられるように登録しておくと、より有利に転職活動を進められます。


どうして無料で利用できるの?

転職エージェントを介して採用が決まると、採用先の企業から転職エージェントへ手数料が支払われます。転職エージェントは採用先企業からの手数料で運営されているため、求職者は転職エージェントの転職支援サービスを無料で利用できます。基本的には転職エージェントの登録や利用は無料ですが、一部の転職エージェントには有料登録を行うことで、その転職エージェントしか持っていない情報や求人の紹介が受けられるサービスを展開している場合もあります。


ハイキャリア・高学歴じゃなくても利用できる?

転職エージェントにはそれぞれの企業によって独自の登録基準があります。とはいえ、ハイキャリアや高学歴でなくても利用できる転職エージェントもありますので、自分の学歴やキャリア、年収が合致した転職エージェントを選んで登録しましょう。また、登録時に学歴やキャリアで嘘の申告を行うと、実際の転職活動時に嘘の内容で応募書類作成や面接を受けることになりますので、人事の担当者からは見抜かれて転職活動が失敗する可能性が高くなりますので、絶対にやめましょう。


転職エージェントに2回目の登録はできる?

転職エージェントを利用して転職をし、再度転職する時に同じ転職エージェントへ登録するのは可能です。ただし、以前利用した転職エージェントで、担当のエージェントに対しての対応が悪かったり、内定が決まっていた企業を辞退したり、採用された企業を数か月で退職したりした経験がある場合は、再登録を断られることがあります。また、転職エージェント業界は人材の入れ替わりも激しいため、以前転職サポートを提供した同じ担当エージェントがまた再度担当になる可能性も低いです。


おすすめの転職エージェントをランキング形式で発表します

転職エージェントの登録に関するポイントをご紹介しました。自分の年収やスキルに合った転職エージェントを選べば、登録拒否を受けることなく希望の求人紹介も受けられ、ミスマッチも防げます。次におすすめの転職エージェントを特色ごとに紹介しますので、ぜひ実際に登録する転職エージェント選びに活用してください。


リクルートエージェント

業界最大級の取り扱い求人数と転職支援実績を誇り、知名度も高い転職エージェントが「リクルートエージェント」です。大手広告代理店のグループである特徴を活かした、幅広い職種や業界への求人紹介と転職サポートを提供する、総合型の転職エージェントです。専任のアドバイザーが求職者一人ずつに就き、求職者のキャリアの棚卸しによる今まで気が付かなかったスキルや強みの発見や、正しい市場価値の把握にもつながる転職支援サービスを提供しています。


リクルートエージェントを利用すべき人

リクルートエージェントは、幅広い職種や業界への転職に強く、転職を考えているけれども自分の適性や適職が分からない方におすすめの転職エージェントです。キャリアの棚卸しによるスキルや強みの把握、正しい市場価値の把握による的確な求人紹介が受けられます。また、専任のキャリアアドバイザーは業界や職種に特化した知識や対策方法を持っているため、異業種への転職にチャレンジしたい方も安心して利用できます。求人数が豊富で応募書類の添削や面接対策などの転職支援サービスも充実しているため、初めて転職活動する方にもおすすめです。

公式サイトで見る


DODA

転職エージェントサービスに加えて、求職者のスキルや希望に応じた求人の紹介が自動で届くスカウトサービス、公開求人案件をいつでも気軽に検索できる総合型の転職支援サービスが「DODA」です。インターネット上で利用できる合格診断や年収診断など、自分の持っている適正を気軽に診断できるツールも公開されています。さらに、企業の人事担当者と直接面談ができる転職フェアや、転職活動のノウハウやスキルが身に着く各種セミナーも開催されています。


DODAを利用すべき人

DODAの転職エージェントサービスは、キャリアアドバイザーとの相性の良さ、転職活動のノウハウが聞ける、紹介される求人数、経験を活かせる求人数、求人紹介の頻度の5項目で顧客満足度ナンバーワンを獲得した実績があります。また、転職に関する面談から求人の紹介、面接対策や応募書類の添削などの転職サポートを行う専任のキャリアアドバイザーに加えて、企業との面接セッティングや採用後のフォローを行う採用プロジェクト担当の2名の担当者が就き、より徹底した転職サポートを提供しています。担当者からのサポートを受けながら、転職フェアなどの実際の企業の雰囲気に触れられる機会も得たい方におすすめの転職エージェントです。

公式サイトで見る


パソナキャリア

総合人材サービスの先駆者として有名なパソナグループの転職エージェントである「パソナキャリア」は、16,000社以上との取引実績や非公開求人を含む25,000以上の豊富な取り扱い案件数を誇ります。求職者の転職サポートを担当するキャリアアドバイザーは、各職種や業界に特化した情報や対策方法を得ているため、同業他社、異業種両方の転職に強みを持っています。公式サイトでは、いつでも公開案件の検索や企業特集などの情報を得られます。


パソナキャリアを利用すべき人

パソナキャリアは、多くの企業との繋がりを活かして幅広い職種や業界への求人紹介が可能な強みを持つ転職エージェントです。専任のキャリアアドバイザーが、求職者の本当のスキルや強みを引き出すため、正しい市場価値や適職が分からない方にもおすすめです。応募書類の添削だけでなく、人事担当者の目に留まりやすい志望動機の書き方や、効果的な面接でのアピール方法など、徹底した転職支援サービスも魅力です。また、採用決定後の年収や入社日の交渉、円満退職のためのアドバイスなどのフォローも受けられるので、在職中の転職を目指す方も安心して利用できます。

公式サイトで見る


マイナビエージェント

職種や業界ごとの転職に特化した各転職サイトや、人材派遣サービスを展開するマイナビグループの転職エージェントが「マイナビエージェント」です。20代に信頼されている転職エージェントナンバーワンの実績を誇り、特に20代や30代や第二新卒の転職に強みがあります。求職者を求めている企業の負担を考え、取り扱っている求人の約80%が非公開求人のため、転職サイトでは検索できない求人案件の紹介も多く取り扱っています。


マイナビエージェントを利用すべき人

マイナビエージェントは、専任のキャリアアドバイザーとの面談で得た求職者のスキルやキャリア、希望を元に適切な求人紹介が受けられます。さらに、求人への実際の応募や面接の日程調整なども全てキャリアアドバイザーが行うので、在職中などで転職活動に多くの時間が取れない方に向いている転職エージェントです。求職者のキャリアの棚卸しや、自己PRや志望動機などに対する客観的なアドバイスも受けられるので、自力での転職活動に限界を感じている方や、失敗を繰り返しているため転職活動に関するフィードバックを受けたい方にもおすすめです。

公式サイトで見る


ビズリーチ

厳正な審査基準を通過した2,500名以上のヘッドハンターから、国内外の優良企業への求人紹介や転職サポートが受けられる転職エージェントが「ビスリーチ」です。高収入や管理職、外資系企業への転職に強みを持つ転職エージェントで、40代や50代の方が同業他社の管理職ポジションへの転職を成功させた実績も多くあります。無料・有料が選べる登録会員制の転職エージェントのため、会員制ならではの秘匿性の高い求人への紹介も受けられます。


ビスリーチを利用すべき人

ビズリーチは、若年層ではなく既に実績やキャリアを積んだ30代以上の転職に特化した転職エージェントです。今あるスキルやキャリアを活かして、即戦力として同業他社で活躍したい方や、年収やキャリアアップ、外資系企業を目指したい方の転職に強みがあります。無料で登録できるスタンダード会員のほか、厳選した優良企業の秘匿性の高いポジションの求人紹介が受けられる有料のプレミアム会員も設けています。転職活動をすべきか迷っている方や、自分でも転職できるか相談したい方でも、無料のスタンダード会員登録の上で気軽に利用できます。

公式サイトで見る


登録に関する疑問を解決して、自分に合う転職エージェントを見つけましょう。

転職エージェントの登録前に抱きがちな疑問とその回答についてご紹介しました。転職エージェントごとの特色や強みを理解した上で、自分のスキルや希望条件に合った転職サポートが得られる転職エージェントを選べば、転職の成功にもつながりますよ。

【参考記事】転職エージェントの選び方とは?メリット・デメリットも解説▽

【参考記事】転職で有利になる自己PR欄の書き方をご紹介▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事