転職エージェントランキングTOP5。初めて利用する時の選び方とは

一人では不安な転職活動も、転職エージェントの助けを借りることで効率よく、安心して企業のドアを叩くことができます。様々な助言をしてくれ、企業と転職希望者の橋渡しをしてくれる転職エージェントですが、数多くあり迷ってしまいます。一体何を基準に選べばいいのでしょうか。

本当におすすめの転職エージェントをランキング形式でご紹介します。

おすすめの転職エージェントランキング

国内には数多くの転職エージェントがあります。それぞれ特色があり、年収700万円以上の方が対象の会員制転職エージェントから、外資系企業に強い転職エージェントなどまでさまざまです。希望の求人が多いところ、コンサルタントとの相性が合いそうなところはどこなのか、わからない方も多いのではないでしょうか。そんな方のために転職エージェントランキングを発表します。自分にぴったりの転職コーディネートを選んで、転職で結果を出しましょう。


転職エージェントを選ぶ時に見る基準

初めて転職エージェントを利用するときはどこがいいのかわからないもの。そこでまずは選ぶ時に見るべき基準をお教えします。

① 求人数の多さ

② 求人の質

③ ハイクラス・管理職求人の多さ

④ エージェントの質

⑤ フォローやサポート体制の充実度

の5つに分けて解説していきます。


① 求人数の多さ

まだ希望の職種がはっきりと決まっていない場合は、多くの求人に目を通していくことが特に重要です。そのため多くの求人がある転職エージェントを選ぶ必要があります。大手の転職エージェントほど、多くの求人を持っていますのでまずはそちらをチェックしていきましょう。多くの求人を持つ転職エージェントは、様々な職種を網羅している場合も多いので、探している職種がある程度絞り込めた方や、希望職種が珍しい方にも大手の転職エージェントをおすすめします。


② 求人の質

求人の数と同時に重要なのが非公開求人の数です。非公開求人とは転職エージェントに登録しないと閲覧できない求人のことです。企業が非公開にする理由は、いくつかあり、1つ目は応募連絡の殺到を防ぐためです。転職エージェントにある程度有益な人物の目星をつけてもらうためでもあります。2つ目は競合他社に採用状況を把握されないためです。秘密裡にすすめたいプロジェクトのための人員募集などがそれにあたります。非公開求人は公開求人より質が高い傾向にあります。


③ ハイクラス・管理職求人の多さ

たとえ求人が多い転職エージェントでも、キャリア志向の方や中高年の方には一般的に求人が多い役職なしの営業職ばかりでは困りますね。そんな方向けに、年収700万円以上や管理職求人をハイクラス求人と呼んで特化した転職エージェントも増えています。転職する方が現在ある程度の年収を得ており、転職の目的が給与・役職のアップの場合には見逃せない転職エージェントといえるでしょう。また、専門的な転職エージェントでは、企業への給与・待遇交渉なども非常に巧みです。


④ エージェントの質

転職エージェントの質も重要です。多くの求人の中から適切な求人を多く紹介してくれる、履歴書・職務履歴書の添削をしてくれる、面接指導をしてくれる、企業への交渉を行ってくれるなど転職エージェントの仕事は多いのです。こちらに対するレスポンスも早く、それでいてそれらの業務をスムーズに行ってくれる転職エージェントを探す必要があります。選び方を間違えるとひとりで転職活動をしていた方がましだったということになりかねません。


⑤ フォローやサポート体制の充実度

転職エージェントに登録するとさまざまなフォローやサポートが期待できます。基本的な内容はどの転職エージェントもほぼ変わりませんが、フォロー力、サポート力に差があります。たとえばあなたにマッチングした求人を探してくれる場合の量が異なります。また、マッチングしなくても転職エージェント側が今までの経験からあなたにぴったりの求人をおすすめしてくれる転職エージェントがあります。それに、給与交渉の熱意や、間に入っての内定辞退などをやってくれるかどうかなどの充実度も変わっています。


転職エージェントを賢く利用するコツ

転職エージェントの利用を決めたら、100%活用して賢く使っていきたいものです。一体どのような事に気を付ければ転職エージェントを賢く利用できるのか、10つの項目にまとめてみました。転職エージェントへ自分の熱意を伝え、信頼関係を構築していくことがよりよい転職へとつながっていきます。是非チェックしてみましょう。


1. 担当のエージェントには定期的に連絡を取る

転職エージェントに登録して安心し、任せきりになってしまう方が結構います。転職エージェントであなたの担当になった方は、たいていの場合非常にマメで親切にしてくれます。ですが、それは転職希望者であるあなたの熱意があってこそです。熱意を示していかないと、担当の方が受け持っている別の方に注力してしまうことでしょう。そのために定期的に担当エージェントには連絡を取り、現在の状況などを報告しましょう。ちょうどよく掘り出し物の求人を紹介してくれることもよくありますよ。


2. 担当エージェントが合わないと感じたら思い切って担当交代を伝える

転職エージェントのサービスは人対人のサービスなので、やはりソフトの部分が多くを占めます。そのため担当の方との相性が担うところも多くなります。「なんだか連絡が遅いな」「いうことにバラつきがあり信頼できないな」など不満な点があったら、我慢せずに担当の交代を申し出ましょう。せっかく担当してもらったのだからと言い出せないでいる方も多く見受けられますが、目的を忘れてはいけません。転職エージェントを利用する目的は、担当と仲良くすることなのではなく転職を成功することなのです。


3. 「良いところがあればすぐにでも」と転職意志をはっきりと伝える

担当エージェントの方が受け持つ転職希望者はもちろんあなただけではありません。担当の方が良い求人を手にした段階で、あなたが煮え切らない態度の場合はほかの方にその求人を回してしまうでしょう。転職エージェントを利用する際は「良いところがあればすぐにでもご紹介ください」とはっきりとした転職の意思表示をすることが重要です。意志がはっきりしない状態の転職希望者は放置されがちです。その間ずっとあなたは良い求人を見逃し続けることになってしまうのです。


4. スキルや経歴の嘘はつかない

転職の際、自分の職務経歴書や履歴書に嘘のスキルや経歴を書いてしまったり、面接で嘘をいってしまう方がいます。転職に対する不安や、自信のなさがそうさせるのだと思いますが、転職エージェントも偽りのプロフィールを持つ転職者を紹介してしまっては、企業に対して顔が立たなくなります。何より、それらの嘘は詐欺罪や私文書偽造に問われることもあります。起訴されるのは稀なことではありますが、危うきには近寄らないほうが良いでしょう。


5. どうしても合わないと感じたら他のエージェントも利用する

転職エージェントの担当コンサルタントが合わないと感じたら、コンサルタントを変えることをおすすめしました。コンサルタントだけでなく、転職エージェント自体が合わないと感じたら、他のエージェントを利用することもおすすめします。転職エージェントは個性豊かで、相性の合う合わないがあります。履歴書を添削してほしいのにしてくれない、もっと多くの求人を紹介してほしいのにしてくれないなど痒いところに手が届かない転職エージェントの場合は、他のエージェントと併用していくのもひとつの方法です。


6. 同じ案件に違うエージェントから同時に応募しない

かなりの求人が、複数のエージェントに登録されていることがあります。どうしても入りたい企業の場合、複数のエージェントから応募したくなるのも判りますがNGの行為です。この行為が企業への熱意ととられることはなく、単に転職エージェントのコンサルタントの心証を悪くし、企業の時間を浪費させるだけの行為となります。同時期は避け、不採用の際その後半年~1年間ほどの時期を置いて再応募することをおすすめします。間を空けるのはすぐに応募しても、あなた自身のスキルや経験が変わらない限り採用になることはほとんどないからです。


7. エージェントの自分に対する推薦文をチェックする

転職エージェントを通すメリットのひとつとして推薦文の存在があります。転職エージェントが応募先の企業に対して転職希望者の推薦文をしたためてくれるのです。その後推薦文は履歴書、職務経歴書などと合わせて企業に提出することになります。重要なのはここからで、推薦文の内容を必ず転職エージェントに確認することです。「面接での受け答えに矛盾が生じないように、推薦文を確認させてください」と転職エージェントに伝えると、内容を知ることができます。プロである転職エージェントが自分を推してくれる時にどういった文章表現をするかは、今後の企業への自己アピールにも立つでしょう。


8. エージェントが得意としている業界を見極める

転職エージェントにも得意不得意が多少あります。IT関連、アパレル、製造業、外資系など保有している求人の職種に偏りをみせている転職エージェントがあります。たとえば希望者が多いのに求人が少ない一般事務などは、少しでも一般事務の募集が多い転職エージェントを探すべきでしょう。転職エージェントが得意としている職種の求人が多くなる傾向にありますので、検索ページでそのエージェントが抱えている求人の職種の割合をざっと把握すると転職エージェント探しが効率的になります。


9. 非公開求人の紹介は相応のキャリアやスキルがないと厳しい

転職エージェントに登録しないと閲覧できない求人である非公開求人。企業側がライバル企業に情報を見せたくない場合、そして、ある程度応募者をふるいにかけたいときに用いられるのが非公開求人です。公開求人にすると応募が殺到するような良い給与・待遇の場合、企業側の選考の負担が多くなるので非公開求人にすることにより転職エージェントにチェックしてもらうのです。こういった非公開案件で転職希望者のスキルや経歴が十分じゃない場合、非公開求人に応募したいと担当コンサルタントに伝えてもやんわりと難しいのではと門前払いをかけてくるでしょう。


10. 自分で求人を探す方が合っているなら転職サイトの利用も

あまり人とやりとりするのが好きではない性格の方は、転職エージェントとのやりとりで疲れてしまうこともあります。転職エージェントのコンサルタントの熱意が負担に感じてしまった方などもこれにあてはまります。多くの求人を紹介してくれるので検討疲れされる方も多いのです。その場合は、転職エージェントではなく、単純な転職サイトを使うのも方法のひとつです。転職サイトをチェックして、自分で選んで直接応募する方法です。


おすすめの転職エージェントをランキング形式で発表します

転職エージェントの活用方法と、選び方をしっかりお伝えしましたので、ここからはおすすめの転職エージェントをランキング形式でご紹介していきましょう。求人数、得意な職種、コンサルタントのサービス内容などをしっかり確認し、評判の良い転職エージェントを選んでみてくださいね。


【第1位】リクルートエージェント

リクルートエージェントは転職エージェントの国内最大手です。リクルートエージェントは、転職・人材派遣・就職の代名詞ともいえるリクルート社が運営しています。転職支援実績は約15万件に達し、国内トップです。様々な職種の求人を保有しており、他の転職エージェントではあまり見つけられないクリエイティブ職・インターネット専門職も充実しています、IT・通信系エンジニア、事務系スペシャリストの採用決定者の比率が高くなっているのも特徴的です。


リクルートエージェントのおすすめポイント

リクルートエージェントのおすすめポイントは、3つあります。まずは豊富で職種多彩な求人件数です。他の転職エージェントにはない求人もここでは見つかる可能性が高いです。2つ目は、リクルート社と企業の太いパイプです。職にまつわる最大手企業ということもあり、企業側の実情も把握しており、年収交渉なども巧みです。3つ目は転職技術の高さです。経験豊かな転職エージェントからの適切なアドバイスであなたの転職活動の助けとなるでしょう。さまざまな事情から企業が非公開案件にしている求人も多くあり、それらはリクルートエージェントに登録しないと閲覧できません。転職を考えている方は、ぜひ登録をおすすめします。

公式サイトで見る


【第2位】DODA

DODAは総合人材派遣業者のパーソルキャリアが運営するリクルートエージェントに次ぐ有名大手の転職エージェントです。全国販売の転職情報誌であった時代の企業とのパイプや知識を生かし、最大手のリクルートエージェントに比肩する求人数・決定数があります。DODAはウェブ上のみならず無料イベントも多く行っています。転職フェア、合同転職面談会などの種類があり、注目を集めています。また、四国を除き全国に点在するインテリジェンス各拠点にてコンサルタントに直接相談することもできますよ。


DODAのおすすめポイント

DODAのおすすめポイントとして1番に挙げられるのが、リクルートエージェントに比肩する求人数です。専門職種求人については若干弱いのですが、営業職や一般職を探している場合には非常に参考になるサイトです。サービス面としても、面接時に知っておきたいテクニックなども親切に指導してくれます。採用支援ツールとして、キャリアタイプ診断などもあり、転職市場における現在の自分の価値を知れますよ。他サイトと比較して、地方の求人にも強い方なので、地方企業の転職を望む際もチェックしておきたいおすすめサイトです。

公式サイトで見る


【第3位】JAC Recruitment

1975年にロンドンにてサービスが開始された10ヶ国・26拠点で展開している転職エージェントがJAC Recruitmentです。外資系の求人がメインで、ハイキャリア・高収入の方を対象とした転職エージェントとしてはNo.1の実績を誇っています。専門職系や役員系の求人も多く扱っており、JAC Recruitmentにしかない案件も豊富にあります。


JAC Recruitmentのおすすめポイント

JAC Recruitmentのおすすめポイントは30歳以上の年齢の転職者の実績が他サイトと比べて多い点です。20代を中心とした転職エージェントが目立つ中、対象者には大きな助けとなってくれます。また、外資系企業に強いので、グローバルな活躍をしたいと考えている方にはおすすめの転職エージェントです。また、転職を期に収入・役職をアップさせたいという人にもおすすめで、ハイクラス向けの求人が多く用意されていますよ。JAC Recruitmentはグローバル企業ということで、コンサルタントも非常に有能な方が多く、特に転職者の方への提案力は優れているそうです。

公式サイトで見る


【第4位】パソナキャリア

人材派遣企業として有名なパソナが運営する転職エージェントがパソナキャリアです。求人数では3番手となりますが求人数の多さに定評があります。また、コンサルタントの質が良く、履歴書・職務経歴書添削・面接対策などのアドバイスの評判も上々です。サービス内容としては特に他社との違いはありませんが、パソナは企業精神として「利益より社会貢献」を掲げており、それらが随所に現れたコンサルタントの高いサービスが転職を支援してくれます。母体となるパソナの人材派遣業務の中で培った企業との太いパイプがあるので、良い求人も多いです。


パソナキャリアのおすすめポイント

パソナキャリアのおすすめポイントは、人材派遣企業の創業以来長年培った企業情報を生かした面接アドバイスです。多くの企業の最新情報を把握しているパソナキャリアによって応募先の企業の現状を把握することができます。転職者にとっての強みとなるでしょう。また、転職者に対して親身で質の高いコンサルタントが、職務経歴書や履歴書などの選考書類の添削などを行ってくれます。今一つ書類を書くことに自信が持てない人には、嬉しいサービスです。付け加え、求人の量は他サイトに及びませんが、その質については定評があり、また30代後半以上の転職成功率においても高くなっています。

公式サイトで見る


【第5位】Spring転職エージェント

スイスに本拠地を持ち、世界60ヶ国に拠点を持つ世界No1シェアの人材派遣業であるアデコの一グループであるSpring転職エージェントは、アデコのノウハウを十二分に生かした転職エージェントです。グローバルなネットワークを活用した求人が多いのが特徴です。また、他の転職エージェントと異なり、希望を出した企業への面談希望を断らないシステムとなっているのが特筆すべきポイントです。国内ではまだまだ知名度が低いのですが、世界規模でみると非常に有名な転職エージェントです。


Spring転職エージェントのおすすめポイント

Spring転職エージェントの一番のおすすめポイントは、なんといっても転職希望者が応募したいという企業の面談を、コンサルタントが断らない点です。他の転職エージェントの場合、スキル不足や経歴不足で紹介を断られる場合もあるのですが、Spring転職エージェントではそれがありません。そのため、スキルや経歴、企業が希望する条件に転職希望者が満たなくても、熱意が届きワンチャンスあり得るかもしれないのがこの転職エージェントです。コンサルタントだけでなく法人担当が兼任しているため、企業の情報をたっぷり教えてもらえるのもおすすめポイントです。

公式サイトで見る


とりあえず、迷ったら業界最大手のリクルートエージェントから始めてみましょう

国内では20近くの転職エージェントが存在するといわれています。初めに転職エージェントを使う際、本当に迷ってしまいますよね。そんな時はとりあえず使い勝手が良く、求人も多い業界最大手のリクルートエージェントを使ってみてはいかがでしょうか。慣れてきたら、リクルートの別サービスであるリクナビNEXTなども使ってみるとより幅が広がりますよ。

【参考記事】転職をして年収が上がる人と下がる人の決定的な違いとは?▽

【参考記事】転職エージェントの実際のサービス内容をご紹介▽

【参考記事】退職の決断後にするべき行動とは?▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事