転職相談は誰にする?プロの転職エージェントに任せるべき7つの理由

転職の相談を誰にすればいいのか分からないと悩んでいませんか。転職の相談は、その道のプロに相談すれば解決します。特にプロのエージェントに任せれば、順調に進んでいきます。転職の相談をプロのエージェントに任せるべき7つの理由をまとめました。

会社の上司や同僚に相談するのはNG。では、相談先はどうすればいい?

転職の相談は転職エージェントがおすすめ

転職を考え始めた時、会社の同僚に相談するのはNGです。転職の話題は広がりやすいので、あっという間に上司の知るところとなります。その結果、無用なトラブルを生んでしまうかもしれません。転職の相談は、その道のプロに相談しましょう。自分のことを客観的に判断してくれるプロの転職エージェントに任せるべきです。ではなぜ、会社の上司や同僚に相談してはいけないのか検証しましょう。


会社の上司や同僚がNGな理由① 転職がうまくいかなくて途中で気が変わっても後戻りできない

転職が進むと、ゆくゆくは退職することになります。退職は、会社にとっては迷惑な行為といっても過言ではありません。それを肝に銘じて、転職は慎重に行いましょう。転職の相談は、どんなに信頼している上司や同僚でも話題にしてはいけません。理由は転職がうまくいかなくて途中で気が変わっても、後戻りできないからです。なぜなら転職の意思を上司や同僚に相談した時点で、あなたは会社にとって扱いづらい人になっているからです。転職は、内密に行いましょう。


会社の上司や同僚がNGな理由② 社内に転職活動をしている事がバレる

転職活動を始めると、面接などでどうしても平日に動くケースが出てきます。営業など外出する機会がある職種ならまだしも、デスクワークの場合、休みを取る必要もあるでしょう。普段あまり有休をとらない人がちょくちょく休むと、会社は怪しみます。万が一、会社の同僚や上司に転職の相談をしていたら、転職活動はバレます。社内ネットワークを甘くみてはいけません。「そういえば転職の話しをしていた」という裏づけが取れれば最悪の場合、査定に響く可能性もあります。


会社の上司や同僚がNGな理由③ 意志がはっきりしないうちに相談すると引き止めを食らう

会社が社員を育てる時、経費がかかります。その額は、業種や職種によって違いはあるものの、一人前になるまでに莫大な費用が発生しているのです。やっと一人前になったと思った頃に辞められたら、会社は大損失です。転職を考えた時、自分の意志がはっきりしないうちに上司に相談をすると間違いなく引き止めを食らいます。まだ転職先が決まっていないのだからと、懐柔策に出てくるでしょう。退職は、転職先の内定が決まってから上司に報告すべきです。


会社の上司や同僚がNGな理由④ プロに相談したほうが客観的意見を貰える

そもそも転職の相談は、誰にすれば的確なアドバイスがもらえるのでしょうか。家族や友人に相談をしても、ピンとこない事が多いでしょう。むしろ「止めたほうがいい」とか「良いのでは」と感想をいわれて終わりでしょう。具体的なアドバイスなどは、まず期待できません。転職の相談は、第三者である転職のプロに相談したほうが客観的意見を貰えます。プロがいる転職相談窓口はたいてい無料のところが多いので、使わない手はありません。


プロがいる無料の転職相談窓口1. ハローワーク

ハローワークの正式名は「公共職業安定所」で、その名の通り国が運営している職業紹介機関です。全国に約550か所あります。求人情報がパソコンでリサーチできたり、職員から紹介もしてもらえます。適正検査やキャリアの棚卸しも行っています。就職や職業相談にも乗ってもらえるので、まずは近くのハローワークに行ってみることをおすすめします。


プロがいる無料の相談窓口2. 転職フェアなどの転職相談会

転職についてキャリアアドバイザーと呼ばれている転職のプロと相談ができたり、企業がブースを出し、そこで対面で話しができるのが「転職フェア」などの転職相談会です。大都市での開催が多いですが、地方でも行っています。転職フェアで検索をして情報収集をしましょう。転職フェアの会場で面接という事はほぼありません。普段着でOKですが、場合によってはスーツ着用指定のケースもあります。


プロがいる無料の相談窓口3. 転職エージェント

転職を考えているならば、一番確実でスムーズに進む方法は「転職エージェント」を使うことです。転職エージェントとは、人材紹介サービスのことです。転職のプロが転職希望者の意向に沿ったアドバイスを無料で行い、求人先を紹介してくれるサービスです。転職エージェントを使えば現職を続けながらできるので、会社にバレることもありません。


転職の相談をプロの転職エージェントにするべき理由7つ

転職エージェントのサービスは、転職をスピーディーに確実に成功させるためにも使うべきです。転職エージェントに相談するべき理由として「そもそも転職すべきかどうかからアドバイスをくれる」「業種や職種に精通したエージェントから専門的な情報をもらえる」「転職に向けてどのように動けば良いかまで指導してくれる」「提出書類のチェックをして添削や修正を助けてくれる「推薦をしてもらえるので面接まで進める可能性が上がる」「面倒な給与交渉もしてくれる」「内定後の退職のサポートもしてくれる」とまさに至れり尽くせりです。では、各項目を検証していきます。


① そもそも転職すべきかどうかからアドバイスをくれる

転職には、転職すべきタイミングがあります。ただ、それは人によって様々なので、第三者の客観的な意見が参考になるのです。そもそも今転職すべきなのかどうかなど、あなたの立場に立ってアドバイスが受けられます。実はブラック企業に勤めていて、有り得ない職場環境にいるなんてことが判明するかもしれません。緊急を要する転職もあります。まずは転職エージェントに相談をすることが、輝かしい未来を踏み出すきっかけになるかもしれません。


② 業種や職種に精通したエージェントから専門的な情報をもらえる

転職エージェントに相談をして話しが具体的になってきたら、次は業種や職種をどうするのか、今のままでいいのかなど疑問がわいてくるでしょう。チャレンジしてみたい業種や職種があるもののそれは可能なのかどうか、実際に仕事をすると資格などが必要かなど専門的な情報が知りたくなります。転職エージェントは、業種や職種に精通しているキャリアアドバイザーが揃っています。業種や職種ごとに担当者がいるので、より専門的で的確な情報がもらえます。


③ 転職に向けてどのように動けば良いのかまで指導してくれる

転職が初めての場合、分からないことが多いでしょう。転職エージェントに相談をすると、転職に向けてどのように動けば良いかまで指導してくれます。これから転職を始める、すでに会社に退職を告げているなどケースごとにフレキシブルに対応してくれます。これから転職活動を行う場合、転職希望者に負担がかからないように配慮してくれます。対面はなるべく避け、求人情報はスマホで知らせてくれたり、連絡もフリーメールで行ったりします。普段通り仕事を続けながら、着々と転職が進みます。


④ 提出書類のチェックをして添削や修正を助けてくれる

いよいよ応募企業が決まったら、次は書類の送付など実務が発生します。提出する書類は履歴書や職務経歴書などでしょう。この時、履歴書や職務経歴書の書き方のアドバイスがもらえます。最適な、自己PRの書き方も伝授してくれます。書類を仕上げた後は、さらに提出書類のチェックをして添削や修正を助けてくれます。これは心強いサービスです。企業のカラーや志向に合った方法で提出書類を仕上げるので、書類選考率がアップします。


⑤ 推薦をしてもらえるので、面接まで進める可能性が上がる

転職活動を個人でする場合と転職エージェントを通して行う場合の決定的な違いが、「推薦状」が添付されるか否かです。転職エージェントは求人が必要な企業と転職希望者をマッチングさせることが重要な仕事なので、ミスマッチは許されません。なぜなら、合わない人を紹介してしまうと信用に傷がつき、取引きが停止になってしまうことがあるからです。そのため企業に紹介する転職希望者は、転職エージェントのお眼鏡にかなった人です。自信を持って推薦状を書き、応募書類と一緒に提出します。その結果として、面接まで進める可能性が上がるという訳です。


⑥ 面倒な給与交渉もしてくれる

転職活動が進み、いよいよ面接が始まると内定後のビジョンが見えてくるでしょう。その時に気になるのが給与交渉です。とはいえ面接時に給与交渉をすると、採用に響くのではと気になり実行に移し辛いもの。こんな時こそ、転職エージェントの出番です。転職エージェントなら、面倒な給与交渉も行ってくれます。面接後に給与のことが気になったら、まずは転職エージェントに相談しましょう。内定後に、給与交渉をしてくれる場合もあります。


⑦ 内定後の退職までのもサポートしてくれる

転職が決まり喜んだのも束の間、最後の大仕事が待っています。それは、今働いている会社に退職を告げること。ここを間違えると、せっかく決まった転職が不意になることもあります。企業によっては、なかなか辞めさせてくれないケースなどが想定されるからです。よって、転職エージェントも慎重かつ有意義なアドバイスをくれるでしょう。内定先企業の初出社の時期も、状況に応じて調整してくれます。内定後の退職のサポートも万全なので、転職エージェントに任せましょう。


年収交渉も転職エージェントなら代わりにやってくれますよ

一般的に年収は、内定時に提示されます。面接時に確認をしてある程度予測ができていた、転職エージェントに年収の相談が完了していたなどで納得できれば問題ありません。とはいえ、時には「話しが違うのでは」と感じることがあるかもしれません。こんな時は、転職エージェントに年収交渉を任せてOKです。年収交渉も、転職エージェントなら代わりにやってくれますよ。


リクルートエージェント

転職成功実績ナンバーワンを誇る「リクルートエージェント」は、転職エージェント最大手です。求人案件の取り扱いが多く、転職希望者の志向に合った求人を紹介してくれる非公開の案件も10万件以上あります。大手から中小企業、ベンチャー企業、海外の求人まで幅広く取り扱っています。転職のノウハウも豊富なので、転職が初めての場合はもちろん、過去に転職が失敗した人や年齢が高めの人まで様々な転職希望者に対応してくれます。


リクルートエージェントのおすすめポイント

そんなリクルートエージェントのおすすめのポイントは、求人の質の高さです。転職希望者によっては、数十件以上の案件を紹介してもらった、という実績もあります。転職をスピーディーに決めたい人にはうってつけです。また内定へのサポート体制が抜群で、企業に提出する履歴書や職務経歴書の効率的な書き方のアドバイスや添削、企業ごとのアピールポイントなどしっかりと指導してくれます。企業への推薦から面接の設定、模擬面接の実施、内定後のサポート、スムーズな退職の仕方など退職に関してすべて任せられる信頼できる転職エージェントです。

公式サイトで見る


マイナビエージェント

とことん面倒を見てくれると評判なのが「マイナビエージェント」です。その理由は、転職が決まるまでエージェントのサポートが受けられるからです。多くの転職エージェントは、3カ月を目途に転職のサポートは終了します。その後は必要に応じて求人を紹介してくれる場合もありますが、マイナビエージェントは期間にこだわらず転職が決まるまでサポートしてくれるのだとか。20代の転職に強いといわれていますが、30代以上の転職にも対応しています。


マイナビエージェントのおすすめポイント

そんなマイナビエージェントのおすすめのポイントは、求人情報の幅広さです。大手企業はもちろん、優良中小企業の案件が多く、特に20代でも管理職につける中小企業は狙い目といえます。対面での転職サポート体制は万全で、表に出ない非公開案件も豊富に取り扱っています。面接対策にも力を入れています。応募書類の書き方、添削アドバイスも受けられます。特に転職が初めての場合、分からないことが多いもの。そんな悩みや不安にもとことん相談に乗ってくれるマイナビエージェントはおすすめです。サイトも見やすくて使いやすいのでまずはチェックしてみましょう。

公式サイトで見る


ビズリーチ

ビズリーチは、転職を希望するとヘッドハンターと呼ばれるエージェントからスカウトが届くサービスを展開しています。管理職経験者や外資系の企業への転職を考えている、エグゼクティブ向けの転職エージェントサービスです。採用したい企業側は、スキルの高い人材が揃うビズリーチへの期待が高いので好条件を提示してきます。現在の年収が750万円以上あり、さらなる年収アップを希望する人向けの転職エージェントサービスそれがビズリーチです。


ビズリーチのおすすめポイント

ビズリーチは、1,000人以上のヘッドハンターや企業の人事担当者から直接指名が受けられるサービスが特徴です。会員制の転職サイトを使い、転職を進めていくのでエージェントと対面する必要がなく、現在の仕事を続けながらよりステップアップを目指したい転職を考えているエグゼクティブ向けにおすすめです。スカウトを待つというスタンスなので、転職を長期スパンで考えている人に向いています。管理職以上や専門性の高いスキルを持っていれば、40代以上でも転職成功の確率は高まります。有料会員になれば、企業情報が閲覧でき、自分で応募することも可能です。

公式サイトで見る


パソナキャリア

今の仕事を続けながら転職も成功させたい、できれば異業種への転職も考えているので親身に相談に乗ってくれる転職エージェントを探している、こんな人におすすめなのが「パソナキャリア」です。パソナキャリアのスタンスが「転職希望者と求人企業を取り結び、適職に巡り合うお手伝いをする」だからです。もちろん、転職までのサポート体制も完璧です。じっくりとキャリアアドバイザーと相談をしながら転職を進めたい人に向いている転職エージェントです。


パソナキャリアのおすすめポイント

パソナキャリアのおすすめのポイントは、最短で適職に巡り合わせてくれる企業努力を惜しまないところです。求人の紹介はもちろんのこと、キャリアの棚卸しから職務経歴書の書き方のアドバイスや面接の日程調整、面接指導、年収の交渉まですべて引き受けてくれます。担当のキャリアアドバイザーがしっかりとヒアリングしたのちに、転職者の経験やスキル、希望、強みなどを理解したうえで、企業を紹介してくれるので、自分でも気づかなかった一面を発見できるかもしれません。内定後の入社の相談から現職のスムーズな退職相談にも乗ってくれるので、安心して転職活動ができます。

公式サイトで見る


万能な転職サイト型の【リクナビNEXT】も併用してみて

リクルートが運営している「リクナビNEXT」は、会員数が600万人以上いる転職サイトです。転職者の約8割以上が利用をしたことがあるという、万能な転職サイトとして人気を誇ります。豊富な求人数とサービス内容が魅力で、20代から50代以上まで幅広い世代が利用しています。サイトに登録をすると、求人のスカウトメールが届いたり、限定情報が受けられるサービスもあります。転職エージェントサービスと併用して使うと、より情報収集ができるのでおすすめです。


リクナビNEXTのおすすめポイント

そんな「リクナビNEXT」のおすすめのポイントは、気になった企業が見つかるとすぐに応募できるところです。掲載している求人は職種も業種も幅広く、大手から中小企業まで9,000件を超える求人情報が網羅されています。スカウト機能にも公開求人と非公開求人があります。公開求人に応募すると、書類選考が改めて行われます。非公開求人は、個別面接の案内が届き、書類選考無しで面接が受けられます。転職エージェントサービスではないので対面でのサポートは受けられませんが、自分のペースで進められるメリットがあります。転職を考え始めた人にはおすすめの転職サイトです。

公式サイトで見る


円満退職なら、直属の上司に相談ではなく“意思”を伝えること

転職をすると決めたら、直属の上司に相談ではなく“意思”を伝えることが円満退職の秘訣です。伝えるタイミングは、事前に転職エージェントと相談をしてベストな時期を提案してもらいます。その時は伝える方法、場所など綿密に打ち合わせをしてから臨むことが肝心です。転職の相談は転職エージェントを賢く利用し、立つ鳥跡を濁さずの通り、円満な退職を心掛けましょう。

【参考記事】仕事を辞めるベストタイミングを徹底解説▽

【参考記事】会社を辞める決断をした後にするべき行動をまとめました▽

【参考記事】転職エージェントの基本情報や求人紹介の流れをご紹介▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事