転職エージェントの費用が無料の理由。賢く利用して転職成功を目指そう

転職エージェントを利用しても費用は掛かりません。無料のワケは、取引先の企業から手数料を徴収しているからです。とはいえ、転職エージェントを上手に利用するにはコツがあります。転職エージェントを利用する上で大切なことなどをまとめました。

転職エージェントは費用の発生無しで、無料で利用可能です

転職エージェントの利用が無料なわけ

転職活動を行う上で転職エージェントを使っても、費用は発生しません。無料で利用できます。転職エージェントの収入源は、取引先の企業から手数料をもらうことで成り立っています。そしてその手数料は、企業に紹介した転職希望者の年収などで決まる仕組みになっています。つまり転職エージェントは、転職したい人を企業に入社させると成功報酬がもらえる訳です。このからくりを知れば、転職エージェントをより有効活用することが可能になります。


転職エージェントの収入源は企業からの手数料

転職エージェントは、企業からの手数料で成り立つ成功報酬型のビジネスです。求人を探している転職希望者と、人手不足を解消したい企業の架け橋になってマッチングを行います。ですが転職エージェントは、企業に紹介する転職希望者の選定は慎重に進めます。もし企業に合わない人ややる気のない人を紹介してしまうと、すぐに辞められたなどトラブルが発生しがちです。こうなると、紹介した転職エージェントにペナルティーが発生します。よって、転職希望者の選定には十分注意を払っているのです。


手数料は転職者の年収などで決まる

転職エージェントの利用そのものは無料ですが、転職エージェントはボランティア活動をしている訳ではありません。ビジネスであるからには当然、収益を上げなければなりません。転職希望者と求人企業をマッチングさせて成功させなければ、手数料が入ってこないシビアな世界です。その企業からの手数料は、転職者の年収などで決まります。逆をいえば、転職希望者が転職を成功させ、年収を確定してくれないと利益に繋がらないのです。よって、転職エージェントも真剣です。


転職させることで収入を得るため、転職の可能性が高い人を優先させる

このように転職エージェントは、転職希望者を企業に入社させることで収入を得ます。よって収益を上げるために企業へ転職希望者を数多く紹介する必要があるので、転職の成功の可能性が高い人を優先させます。転職エージェントを使う時に費用が無料のワケを知っておけば、それだけ転職希望者が有利になるのです。その理由は、年収が高い企業への転職に成功できれば転職エージェントの収益も高くなるので、より熱心に転職支援を受けられるからです。


転職エージェントを利用する上で大切なこと

転職エージェントが無料のワケをご紹介しました。ここからは、転職エージェントを利用する上で大切なことを掘り下げていきます。転職エージェントから有利な支援サービスを受けるためのノウハウを身に付けて転職活動に臨めば、より成功に近づけるでしょう。一例として転職エージェントを利用する時は“優良な求職者”と思わさせること、今すぐにでも転職したい姿勢を見せることなどです。


転職エージェントを利用するときは“優良な求職者”と思われること

転職エージェントの担当者は、優秀なほど多くの案件を抱えています。ですが、「仕事は忙しい人に頼め」といいます。優秀な転職エージェントは多忙ながらも仕事は的確で、企業からの信頼も厚いはず。このような優秀な転職エージェント担当者のお眼鏡にかなえば、転職成功へグッと近づけるでしょう。転職エージェントを利用する時は、優秀な担当者に「この人は優良な求職者」と思われることが肝心です。優良な求職者とは具体的には「今すぐにでも転職したい姿勢を見せる」「転職市場での価値が高いスキルや専門性をアピールする」などです。


今すぐにでも転職したい姿勢を見せる

転職エージェントを利用する時に最も重要なのが「今すぐにでも転職したい姿勢を見せる」ことです。転職エージェントの担当者は、ひとりでも多く企業に人を紹介してマッチングを成功させなければなりません。その時に「この人は転職をする気がない」と担当者に思われてしまうと、熱意のある支援が受けられない可能性が高まります。このような姿勢ではどこの転職エージェントを利用しても同じような結果になり、時間の無駄になりかねません。よって転職したいのであれば、今すぐにでも転職したい姿勢を見せることが肝心です。


転職市場での価値が高いスキルや専門性をアピールする

転職エージェントの担当者に今すぐに転職したい姿勢を見せても、中身が伴わないと優良企業を紹介してもらえません。中身とは、今までのキャリアのスキルや実績です。今までの仕事のアピールポイントが、転職エージェントの担当者に伝わらないと意味がありません。裏を返せば、転職市場での価値が高いスキルや専門性をアピールできるとより優良な求職者と認められます。スキルが足りなくて専門性がアピールできない場合は、これから新しい企業で見聞を広めたい、努力を重ねたいなど謙虚な姿勢かつ熱心な態度で相談すると良いでしょう。


定期的な連絡を怠らずに、意欲をアピールする

今すぐにでも転職したい姿勢を見せ、転職市場での価値が高いスキルや専門性もアピールでき、転職エージェントの担当者に「この人は優良な求職者」と思われても、さらに努力を続けることが必要です。それは、担当者とコミュニケーションをとることです。実は、ここが一番重要です。コミュニケーション能力がないと、いくら意欲や能力をアピールしても転職エージェント担当者は優良企業を紹介してくれません。転職エージェントの担当者に定期的な連絡を怠らず、意欲をアピールし続けねばなりません。ここまでやれば完璧です。


転職させたいためだけの質の悪い求人をしっかりと見分ける

優秀な転職エージェント担当者に当たるかどうかは運次第の側面があり、運が悪ければ自分の意に沿わない求人を紹介されることもあります。そこで、自分の身は自分で守ることも大切です。転職させたいだけの、質の悪い求人をしっかりと見分ける目を持ちましょう。ブラック企業が多いといわれている業界は飲食業界、不動産業界など、職種でいうと営業系などが多いようです。これらの企業を紹介された時はブラック企業でないかどうか、しっかりとチェックをするほか、転職エージェントの担当者になぜこの企業を進めてきたか理由をきっちりと説明してもらいましょう。少しでもひっかかったら、きっぱりと断ってください。


登録しておきたい大手のエージェントをご紹介します。

転職活動にうまく利用できれば、心強い味方になってくれる転職エージェント。求人の紹介はもちろんキャリア相談、応募書類の書き方や添削指導、応募企業への推薦、面接日程の調整、年収交渉まで至れり尽くせりの支援をしてくれます。利用料は発生しないので、ぜひ利用を検討してください。登録しておきたい大手のエージェントと、そのエージェントを利用すべき人についてご紹介します。


リクルートエージェント

多くの転職希望者が最初に登録するのは「リクルートエージェント」でしょう。規模、紹介実績とも業界でトップです。企業からの信頼も厚く非公開案件を多数抱えているのはもちろん、極秘の人材採用案件にも対応可能なのだとか。紹介してくれる企業の質も高く幅広いので、転職希望者の志向に沿った求人を紹介してもらえるでしょう。若手から一般社員、リーダー、役員、経営を支える社長クラスのトップエグゼクティブまで幅広いポジションに対応しているのも特徴です。


リクルートエージェントを利用すべき人

そんなリクルートエージェントを利用すべき人は、転職が初めての人、転職により年収アップを狙う上昇志向が高い人です。転職が初めての場合、年齢にもよりますが転職エージェントからは優良な求職者とみなされるでしょう。転職慣れしていない分キャリアアドバイザーにしてみれば企業へ紹介しやすく、転職支援も行いやすいからです。転職希望者は分からないことが多いのでキャリアアドバイザーの意見に素直に耳を傾けるでしょう。転職により年収アップを狙う上昇志向が高い人は、ポジションもそれなりに狙える人です。キャリアアドバイザーも熱心に対応してくれるでしょう。

公式サイトで見る


DODA

「DODA」も業界大手です。リクルートに次ぐ規模を誇ります。転職フェアを積極的に開催するなど転職への企業努力が高く、企業からの信頼も厚い転職エージェントです。DODAの転職支援サービスは、業界・職種ごとの専任担当制なので「この業界へ転職したい」とハッキリしている場合は、手厚いサービスが受けられるでしょう。全国9都市に拠点があるため、地方の転職希望者にも対面での転職支援サービスが受けられます。さらに、海外にも拠点があるのが特徴です。


DODAを利用すべき人

そんなDODAを利用すべき人は、専門性の高い業種や職種に転職を希望している人です。キャリアアドバイザーは、業界や職種ごとの専任担当者制をとっています。よって業界の情報に精通しており、的確なアドバイスと支援が受けらます。特に技術職とサービス業への業界転職希望者が多く登録しており、実績を積んでいるのも特徴です。20代の若手から30代の中堅まで、優良企業で専門性の高い仕事をしたい転職希望者にDODAはおすすめです。なお対面でのキャリアカウンセリングは、全国8か所の主要都市で実施しています。まずはDODAの転職エージェントサービスに登録をしてください。

公式サイトで見る


パソナキャリア

「パソナキャリア」は、人材派遣会社としても有名なパソナが運営している転職エージェントです。長年の人材派遣事業を活かし企業とのパイプが太く、独自案件が多いのが特徴です。それが転職希望者のニーズにはまれば、思わぬ優良企業への転職が可能になると評判です。転職支援実績は25万人、取引き実績企業数は1万6000社以上を誇ります。プロの専任キャリアアドバイザーが転職への支援を無料でサポートしてくれるため、面倒見が良いと評判の転職エージェントです。


パソナキャリアを利用すべき人

そんなパソナキャリアを利用すべき人は転職が初めての人、転職が不安でじっくりと時間をかけたい人です。最初は転職サイトなどを使っていたものの、書類の書き方の疑問点など分からないことばかり。誰かに相談したいものの「こんな初歩的なことは恥ずかしくて聞けない」悩みにも気軽に相談できるのがパソナキャリアのキャリアアドバイザーです。親身なカウンセリングを行ってくれるので、転職への最初のハードルが高すぎると感じている人におすすめです。全国にエージェントの支店を持っているので、対面での転職支援サポートが受けられます。

公式サイトで見る


マイナビエージェント

「マイナビエージェント」は、株式会社マイナビが運営する転職エージェントです。特に20代と第二新卒の転職に力を入れています。IT業界の求人数が多いのも特徴です。IT業界は若手が多く、そのため20代の若い転職希望者の評判が高いのでしょう。IT業界のほか、メーカー系や通信系の求人も多く、この業界を狙っている転職希望者にはおすすめの転職エージェントです。転職希望者サポートをするのが、キャリアコンサルタントと呼ばれている人たちです。


マイナビエージェントを利用すべき人

そんなマイナビエージェントを利用すべき人は、IT業界への転職を希望している、中小優良企業を狙っている人です。マイナビエージェントは特にIT業界に強いので、多くの求人を紹介してもらえます。中小企業の中でも特にベンチャー企業は、若手でも役員クラスになれる可能性が高いので、20代でも経営の中枢に関われます。転職をサポートしてくれるキャリアコンサルタントは、元々その道のプロだった人が多く、業界に精通した的確なアドバイスがもらえると評判です。拠点は、東京、大阪、名古屋、静岡にあり、このエリアの人は対面でのサポートが受けられます。

公式サイトで見る


ビズリーチ

「ビズリーチ」は、多くの転職エージェントのサービスとは異なります。ビズリーチは、転職希望者に直接声がかかる、ヘッドハンティング型の転職支援サービスだからです。求人は、年収が750万円以上の高収入案件を取り扱っています。ビズリーチに登録しているヘッドハンターの数は2,000人以上で、ヘッドハンターは大手企業のトップコンサルタントから企業の人事担当者まで様々な人がいますよ。登録は無料ですが、有料と無料の会員サービスがあり、有料会員にならないとヘッドハンティングされても返信ができません。月額2980円から、料金が発生します。


ビスリーチを利用すべき人

ビズリーチを利用すべき人は、長期スパンで転職を考えている管理職以上のエグゼクティブです。現在の年収が750万円以上あり、転職により年収が1000万円超えを狙いたい人にもおすすめです。転職市場価値の高いスキルを身に付けている管理職以上の人は、ぜひ登録をして、ヘッドハンターからの指名をじっくりと待ちましょう。まずは無料のスタンダードプランに登録をして様子を見ます。今より条件がいい企業に巡り合った時に、転職を検討すればいいので、長い目で転職を希望するエグゼクティブに向いていますよ。逆に転職を急ぎたいエグゼクティブは、転職エージェントの利用をおすすめします。

公式サイトで見る


費用は無料なので、まずは登録して自分にあうエージェントを比較してみましょう

成功報酬型ビジネスの転職エージェントですが、転職希望者が利用する費用は無料です。まずは登録して自分に合うエージェントを比較してみることが、転職を成功させる秘訣です。お金が掛からないので、積極的に利用してみてはいかがでしょうか。

【参考記事】転職エージェントって何?具体的なサービス内容から求人紹介の流れまでご紹介▽

【参考記事】仕事は辞める時期が大切。退職のベストタイミングとは▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事