50歳の転職が厳しい理由と成功した人の特徴。正社員転職できるエージェントも厳選

50歳になって新たな人生を踏み出そうとしている男性や女性へ。50歳からの仕事探しは正直なところ、厳しい現実があります。しかし、50代でも転職を成功させている人はたくさん。では、転職が成功する人と失敗する人の違いは何でしょうか。50代におすすめの転職エージェントも併せて紹介します。

50歳からの仕事探しは厳しい?失敗しやすいと言われる理由

50歳で転職を成功させる転職エージェントの選び方

50歳からの仕事探しはどうして厳しいと言われているのでしょうか。その理由は一つではなく、さまざまな要因が考えられますが、失敗しやすい理由を知ることで解決策が見つかるはず。

そこで今回は、50代からの転職や再就職が失敗しやすいと言われている理由をお教えします。

実は男性と女性によっても転職が難しいと言われる理由は違うんです。そのどちらも詳しく解説していきますので、50歳で転職しようと考えている人は参考にしてみてくださいね。


50歳の転職が失敗しやすい理由① 50代向けの正社員求人数が圧倒的に少ない

絶対的な要因として考えられるのが「50歳で応募できる求人数が少ない」こと。特に正社員登用の求人はとても少ないと言われています。

50歳という年齢は、役員など管理職に就いている人が多く、同じ役職のまま転職をしようと思うと圧倒的に求人数が少なくなって転職を失敗しやすいです。

かと言って、20代や30代のように育成されるような年齢でもありません。定年も近いことから企業としては、すぐに退職してしまう人材を欲しがらないのです。


50歳の転職が失敗しやすい理由② 今の年収を基準として転職先を探している

あなたは今の会社にどのくらい在籍していますか?特に男性であれば、10年、20年と長い年月を過ごして、年収も高く、役職もある程度高い位置にいるのではないでしょうか。

あなたの年収や役職が高いのは、入社から実績を積み上げてきたから。しかし、転職先では1年目と同様の扱いとなります。そのため、転職をすることで年収や役職が下がる可能性は大いにあります。

それでも、「未経験の仕事に就いてみたい」というやる気と根性があれば話は別ですが、今の年収や今の待遇を次の職場にも求めてしまうと転職を失敗しやすくなってしまいます。


50歳の転職が失敗しやすい理由③ 即戦力として期待される年齢が過ぎている

これは、男性にも女性にも言えることですが、50歳は企業が即戦力として働いてもらいたい年齢が過ぎています。稀に50歳でもクリエイティブでどんな会社からも欲されるような人材がいますが、そんな人は求職者の一握り。

企業が求めている人材ニーズに合っていないため、転職活動や再就職をしようと思っても、なかなか希望とする職に巡り合わないという事が多いです。

しかし、飲食店などの接客業であれば、50歳であっても多くの求人を出しています。自分がやってみたい仕事内容があるかどうか一度確認してみても良いかも知れませんね。


50歳の転職が失敗しやすい理由④ 女性は独身か主婦かで働き方が変わる

最近は50歳でも元気な男性が多いので、残業もバリバリしている人が多いですが、女性の場合はそうはいきません。

女性は独身か主婦かで求める退社時間が変わったり、主婦の中でも子供が巣立っているのか、まだ手がかかる年齢なのかで働き方が変わります。

男性と女性では少なからず働き方が違うことを理解して、転職先に求めることを絞って転職活動をしないと失敗しやすくなってしまいます。特に、正社員登用はガクッと少なくなるので、その点も把握しておきましょう。

しかし、50歳以降でも積極的に正社員の求人を募集している業種があります。

それは、看護師や介護師などの医療系。資格がなくても働ける職種があるので、正社員登用にこだわる女性は一度チェックしてみてくださいね。


50歳で転職が成功した男女の特徴や考え方を知ろう!

50歳になると「年齢から見て転職活動に非常に苦労するのでは?」と転職に対して不安になる人が多いのではないでしょうか。しかし、現実に転職を成功させて無事正社員として働いている人も多くいます。

厳しいと言われる50代の転職を成功させた人にはどんな特徴があるのか、成功した人の考え方や意識していたことを学んでいきましょう。

「50歳だから失敗するかも…」というネガティブな気持ちは捨てて、男性も女性も新たな気持ちで転職活動に励んでくださいね。


① 50歳以降に求められているスキルをきちんと理解していた

20代や30代の人に企業が求める人材と、50歳以降の人に企業が求める人材では、当然様々な点が異なります。企業が50代以降の人を採用する場合、50代以降の人だからこそのスキルを求めています。

50代以降の人に求められるスキルは、企業によって多少異なりますが、例えば業務処理能力や責任感というスキルです。

50代以降に求められるスキルを理解し、転職活動に活かすことが、50歳でも転職を成功させることにつながります。


② 年収や役職以外の理由を求めて、ある程度の条件ダウンを受け入れた

50歳で転職をしたいけど、「年収は今と変わらないか、今以上の年収や役職などの条件が希望」という人は転職を考え直した方が良いかもしれません。

高すぎる年収や役職など、良い条件を求めて転職することは、50歳の転職では非常に厳しい現実があります。

興味のある未経験の業種や業界に転職したい」「家族との時間や自分の時間を確保できる仕事に転職・再就職したい」など、自分が転職に求める理由を年収以外で明確にしましょう。


③ 定年までの仕事と考えず、新天地でも素直に学ぶ姿勢を持つ

50歳から転職すれば、定年まで働く期間は当然短くなります。しかし、「定年までだからのんびり働こう」「求められる仕事だけをしよう」など、保守的な考えは待たないことが大事です。

企業は年齢に関わらず、保守的な人材は求めていません。仕事に対しても、人間関係に対しても、積極的な人材を求めています。

定年までの仕事と考えず、新天地となる新たな職場でも、素直に学ぶ姿勢を持ってくださいね。素直な気持ちで仕事や人間関係に取り組む姿勢は、転職をより良い方向に導いてくれます。

50歳の人が転職を成功させるためには、常に素直に学ぶ姿勢や気持ちが大事なのです。


④ 企業側の人材ニーズを理解して、必要であれば役立つ資格を取得してアピールできた

難しいと言われる50歳の転職活動を成功させるには、自分が企業が求める人材であることをしっかりアピールすることが大切。

これは、50代でも20代・30代でも変わりません。まずは、企業側の人材ニーズをしっかり理解しましょう。企業ごとのニーズを理解し、いかに自分がそのニーズに当てはまるかをアピールすることができれば、自ずと転職は成功します。

もしも、転職・再就職したい企業が求めるニーズに自分が当てはまっていなかったら、今からでも資格を取ることも大切です。

50歳になってから新たな資格を取ることは、簡単なことではありませんが、業種や業界によっては資格を持っていることが、採用に優位に働くことがあります。

自分が描く理想の転職を成功させるためにも、必要であれば今からでも資格を取るという覚悟を持って転職に望みましょう。


⑤ 実績やスキル以上に、成し遂げたい目標を明確に持っていた

転職を行う際、これまでの実績や持っているスキルは非常に重要です。しかし、50歳で転職に成功する人は実績やスキルを持っているだけではありません。

実績やスキル以上に、転職先で何をしたいのか、何を成し遂げたいのかビジョンを明確に持っています。50歳でも明確な目的や目標を持っている人は、企業にとっても魅力的な人材なのです。

実績やスキル以上に、成し遂げたい目標を明確に持って、50歳の転職を成功させましょう。


⑥ 自分を客観的に見て、スキルや経験を棚卸しできた

50歳になり、立場も上になると自分を客観的に見る機会は少なくなるものです。しかし、50歳で転職を成功させるためには、自分の持っているスキルやこれまでしてきた経験を客観視しなければいけません。

自分の持つスキルがどういった業種や業界で活かせるのか、自分の経験はどの企業に求められるのかを理解するためにも、今まで培ってきたスキルや経験をしっかり棚卸ししてみましょう。

また、一人で転職を判断しないで、家族や家族以外の第三者意見を求めることも大切です。

すべてを一人で判断せず、身近な存在である家族や友人など第三者に意見を求めてみましょう。自分一人では気付かなかったことや、よりあなたのためにあるアドバイスをもらえるはずですよ。


⑦ 客観的視点として、転職エージェントというプロの意見を取り入れた

家族や友人、職場の人からの意見の他にも、第三者からの意見を求めることが可能です。それは、転職エージェントという転職サービス。もちろん転職だけでなく、再就職で正社員登用を求めている男性や女性も使えますよ。

転職エージェントは、日々たくさんの転職希望者と関わっているため、転職に関する豊富な知識や経験を持っています。さらに、あなたをより客観的な視点で見てくれるので、転職活動の参考になる素晴らしい意見を聞くことができます。

また、転職エージェントは飲食や事務、接客業など、企業の採用担当者とも様々に関わってきています。50歳に求めるものや、50歳を求める業種や業界など、より実践的なアドバイスも行ってくれるでしょう。


50歳からの仕事探しは、客観的なアドバイスをくれる転職エージェントがおすすめ!

50歳から転職を始める上で、悩みになりやすいことが的確なアドバイスをくれる存在です。もちろん家族や友人に相談することはできますが、同様の経験している人はどうしても少なく、より的確なアドバイスを求めることは難しいといえます。

そこで、数々の転職を成功に導いてきた転職のプロである転職エージェントを頼ることが、50歳の転職の大きな力になってくれます。


50歳におすすめの転職エージェント1. リクルートエージェント

就職や転職業界において圧倒的な知名度を誇るリクルートが運営する「リクルートエージェント」は、業界最大手の転職エージェント。様々なノウハウや実績を誇るリクルートが運営しているというだけあり、多くの転職希望者から信頼を得ています。

また、非公開求人案件は10万以上と圧倒的な求人数を誇り、すべての業界・業種で豊富な求人数を提供しています。キャリアアドバイザーのサポートも充実しており、50歳の転職活動や再就職でも安心して相談できる転職エージェントです。


リクルートエージェントのおすすめポイント

大手から中小企業、ベンチャー企業まで幅広く質の高い求人を常に安定してくれるところが、リクルートエージェントのおすすめポイントです。時期や期間を問わず常に豊富な求人があることで、思い立った転職でもじっくりと求人を検索することができます。

キャリアアドバイザーは、転職希望者のキャリアや希望をしっかりと分析し、あなたがこれまで気づかなかった強みや特徴からおすすめの案件を紹介してくれます。

また、企業に提出する書類の添削や、面接についてのアドバイスも行ってくれるので、久々に転職を行う50代の男性や女性でも自信を持って転職活動に励むことができます。

50代に人気のある飲食店の正社員登用も多く求人があるので、興味がある人はぜひサイトをチェックしてみてくださいね。

公式サイトで見る


50歳におすすめの転職エージェント2. マイナビエージェント

リクルートと並んで就職・転職業界最大手のマイナビが運営する「マイナビエージェント」は、近年急速に人気を集めている転職エージェントです。

マイナビが持つノウハウと実績を活かしたサポートは、50歳の転職でもしっかり成功に導いてくれます。

特に中小企業の求人に強く、豊富な求人を提供してくれています。転職市場を知り尽くしたアドバイザーが、親身になって仕事探しをサポートしてくれることも、50代の転職希望者から評判です。


マイナビエージェントのおすすめポイント

マイナビエージェントのおすすめポイントは、キャリアアドバイザーによる手厚いサポート体制です。たくさんの求人から自分に合う求人を見つけることが難しいという場合も、その人の希望やこれまでのキャリアに合わせて最高の提案をしてくれます。

他にも、履歴書や職務経歴書などの書類の添削や面接対策をはじめ、様々な点においてサポートを行ってくれるなど、すべてにおいて相談できる転職エージェントです。

また、面接の日程や採用後の入社日の調整から、気になる年収の交渉まで行ってくれるので、転職エージェントの利用が初めての50歳の男性や女性も安心して任せられますよ。

公式サイトで見る


50歳におすすめの転職エージェント3. DODA

転職エージェント業界2位「DODA」も、豊富な求人情報が評判の転職エージェントです。非公開求人も非常に多く、あなたに合った求人をあなたの希望と照らし合わせながら的確に紹介してくれます。

DODAは、幅広い世代から利用されており、50歳の転職希望者の利用も多い転職エージェントです。一人での転職活動や再就職は負担が多く、転職失敗に繋がりやすくなりますが、DODAでは求職者が求めている条件をできるだけ叶えてくれます。

また、転職フェアや合同転職面談会など様々なイベントやセミナーを積極的に行っており、それらをすべて無料で利用することができます。


DODAのおすすめポイント

DODAのおすすめポイントは、業界最大手のリクルートエージェントにも引けを取らない求人の多さ。豊富な求人があるということは、それだけ自分に合う企業と巡り会う機会も増えます。

また、その豊富な非公開求人から、キャリアアドバイザーがあなたに合った求人を紹介してくれます。企業側からオファーをもらえるスカウトサービスがあることもDODAの特徴です。

企業からのオファーのため書類選考などを省くことができ、より転職をスムーズに進めることができます。もちろん書類作成、面接のアドバイスにも定評があり、転職初心者も安心です。

公式サイトで見る


50歳におすすめの転職エージェント4. ビズリーチ

2009年に創設されたばかりの「ビズリーチ」の最大の特徴は、年収750万円以上のハイクラス層に向けたエージェントであること。

「選ばれた人だけのハイクラス転職サイト」というキャッチコピーの通り、選りすぐりの好条件の求人を豊富に紹介。3つのコースから自分に合ったコースを選ぶ、会員制サービスを採用しています。

ビズリーチのサービスを最大限に利用する場合は、月額5000円ほどの会費が発生しますが、それだけ年収が高かったり、管理職になれるなど、好条件の転職先を見つけるチャンスが広がります。


ビズリーチのおすすめポイント

ビズリーチは管理職を経験したことがある人や、専門性の高いスキルを持っている人にとっては、圧倒的に有利な転職エージェントです。

他社にはない好条件の求人を多数抱えているので、能力の高い人にはそれだけ好条件の求人が見つけることができます。

3つのコースに別れた会員サービスは、無料のスタンダード会員、年収750万円以下のタレント会員、年収750万円以上のハイクラス会員があります。ハイクラス会員は、企業からのヘッドハンティングも活発で、会費が発生するだけのクオリティを実感できます。

もちろん、無料のスタンダード会員でも充実したサポートを受けることができ、より良い転職活動を行うことができる転職エージェントです。

公式サイトで見る


50歳におすすめの転職エージェント5. パソナキャリア

「パソナキャリア」は老舗の人材派遣会社であるパナソが運営する転職エージェントで、万全の転職サポートを受けられます。

キャリアアドバイザーの質が高いことが評判で、直接顔を合わせて行う面談では、有益なアドバイスをもらうことができます。

履歴書の書き方や職務経歴書の添削、面接対策など、常に親身に相談することが可能で、50歳の転職をしっかりサポートしてくれます。求人数も業界3位と充実していることも特徴です。


パソナキャリアのおすすめポイント

パソナキャリアをおすすめするもっとも大きな理由は、老舗の人材派遣会社だからこその情報やノウハウを活かしたサポートの手厚さと丁寧さ

転職希望者一人一人としっかり向き合って、様々なアドバイスを行ってくれるので、自分をより客観視することができます。

特に転職が初めての人や、不安の多い50歳での転職希望者にはぴったりの転職エージェントです。30代後半以上の転職成功率も高いという実績もおすすめのポイントといえますよ。

また、様々な企業の採用担当者と精通しているので、常に最新の情報を持って転職のサポートを行ってくれます。

公式サイトで見る


万能な転職サイト型の【リクナビNEXT】も併用してみて

転職を行う上で必要な情報を仕入れることも、50歳の転職には重要です。転職サイト型の「リクナビNEXT」を併用することで、転職エージェントにはない求人情報を探してみることも良いでしょう。

業界・業種・地域に関わらず、たくさんの求人を気軽に見ることができます。より積極的な転職エージェントとは違い、まだ就職をする決心ができていないという人でも気軽に求人検索ができますよ。

飲食の求人や管理職の求人など、まずは50代にどんな求人があるのか、リクナビNEXTで見てみましょう。


リクナビNEXTのおすすめポイント

転職活動で気軽に使えるリクナビNEXTは、何といってもその気軽さと使いやすさがおすすめのポイントです。特に求人の検索方法が特徴で、キーワードや職種や勤務地など細かい条件から検索を行うことができ、理想の企業を簡単に探せます。

また、企業からオファーをもらえるスカウト機能も評判です。自分のキャリアや希望などの情報を登録しておくことで、あなたに興味持った企業かからオファーをもらうことができ、一気に面接まで進むことができます。

さらに、リクナビNEXTも転職エージェントと同様に、書類の添削や面接対策などのサポートをキャリアアドバイザーから受けること可能です。

公式サイトで見る


50歳で転職をするべきか、転職エージェントに相談してみて。

50歳で転職をするということは、20代や30代で行う転職とは決断の意味合いも違ってきます。転職をしたいと思っても本当に自分の理想とする転職先は見つかるのかと、不安になるものです。

転職して後悔しないためにも、まずは第三者に相談することからはじめてみましょう。家族や友人かに相談するだけでも、何か道が見えてくるはずです。

そして、より具体的に転職の道が見たいのなら、転職エージェントを利用して転職を成功に導きましょう。


【参考記事】転職エージェントの基本情報や求人紹介までの流れを徹底解説▽

【参考記事】仕事のストレスを発散させる休日の過ごし方とは▽

【参考記事】名古屋でおすすめの転職エージェントを厳選▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事