預かり保管もできる!ラグマットのおすすめ宅配クリーニング業者3選

大きくて重いラグマットのクリーニングは、専門業者に任せるのがおすすめです。専門業者なら自宅ではできないラグマットのほこりや汚れ、ダニなども綺麗に取り除いてくれます。また、宅配クリーニングなら、自宅にいながら楽にラグマットを綺麗にする事ができ、そのまま、長期保管をお願いする事も可能です。

ラグマットをクリーニングに出す必要はある?

ラグマットのおすすめ宅配クリーニング

ラグマットは毎日掃除機をかけていれば、クリーニングは必要ないと思っていませんか。掃除機を毎日かけていても、ラグマットの奥深くに入り込んでしまったほこりやゴミは、なかなか取ることができません。また、コーヒーやワインなどの飲みこぼしによるシミは、自宅でのケアだけではなかなか綺麗に落とす事ができません。ラグマットをしっかり綺麗にするためには、定期的にクリーニングに出す必要があります。


ラグマットを長持ちさせるためのクリーニングは主に3種類

ラグマットを長持ちさせるためのクリーニング方法は主に3種類に分かれます。

  • 店舗型のクニーリングへ持ち込む

  • 宅配クリーニングに依頼する

  • 自宅でお手入れする

どの方法にもメリットやデメリットなどがあるので、それぞれ確認していきましょう。


ラグマットをクリーニングする方法① 店舗型のクリーニングへ持ち込む

ラグマットは厚手であればあるほど、重くなります。また、簡単に丸めることができないタイプも多くあります。座布団程度の大きさのラグマットや、ジョイント式ラグマットの場合は、持ち運びも簡単なので、店舗型のクリーニングへ持ち込むのも良いでしょう。クリーニング店によっては、ラグマットのクリーニングを受け付けていない場合もあります。持ち込む前に、ラグマットのクリーニングをしてくれるかどうか、必ず確認してから持ち込みましょう。


仕上がりまでの平均日数と費用

店舗型クリーニングと宅配型クリーニング、どちらも仕上がりまでの平均日数はあまり変わりません。仕上がりまでは平均して2〜3週間ですが季節によって異なるので、事前に確認する事が大切です。また、ラグマットの汚れ具合によっては、クリーニングにさらに時間が必要なケースもあります。そして、店舗型の場合、仕上がったら自分で引き取りにいけるので、自宅に届くのを待つ必要がありません。

気になるクリーニング費用は、大きさと素材によって異なります。1帖から費用が提示されている場合もあれば、2帖から提示されている場合もあります。さらに、ウールや化繊、綿などの一般的な素材なのか、ウール段通なのかなどでも、費用は大きく異なります。


店舗型クリーニングのメリット・デメリット

店舗型クリーニングの場合、ラグマットの持ち込みから引き取りまで自分でしなくてはなりません。「自宅に人を入れたくない。」「自宅に業者が取りに来るのを待つより、忙しい仕事や家事の合間など自分の都合のいい時間帯に持って行きたい。」という場合は、店舗に持ち込むのがおすすめです。しかし大きなラグマットなどは、持ち込むのが難しくなってしまうので、小さめのラグマット、または、大きなラグマットでも車などに積んでおけたり、店舗に持ち込むだけの体力がある場合に限られてしまいます。


ラグマットをクリーニングする方法② 宅配クリーニングに依頼する

宅配クリーニングにラグマットのクリーニングを依頼すると、重くてかさばるラグマットをわざわざ自分で店舗に持ち込む必要がないので、気軽にクリーニングをする事が可能ですね。


仕上がりまでの平均日数と費用

宅配型クリーニングと店舗型クリーニング、どちらも仕上がりまでの平均日数はあまり変わりません。仕上がりまでは平均して2〜3週間ですが季節によって異なるので、事前に確認する事が大切です。また、ラグマットの汚れ具合によっては、クリーニングにさらに時間が必要なケースもあります。

気になるクリーニング費用ですが、大きさと素材によって異なります。1帖から費用が提示されている場合もあれば、2帖から提示されている場合もあります。さらに、ウールや化繊、綿などの一般的な素材なのか、ウール段通なのかなどでも費用は大きく異なります。そして、宅配型の場合、業者によってはラグマットの送料は無料、もしくは、ラグマットの大きさと地域によってクリーニング費用とは別に送料がかかります。


宅配クリーニングのメリット・デメリット

宅配クリーニングの場合、保管サービスを行なっていることもあります。冬場しか使わないラグマットやホットカーペットの場合、出番の無い夏場は、丸めて部屋のすみに立てかけておいたり、クローゼットの中にしまっておかなくてはなりません。宅配クリーニングの場合、クリーニングをお願いするついでに、有料で保管サービスを利用する事も可能です。しかし、急いでラグマットをクリーニングしたい時、宅配クリーニングの場合は、店舗で引き取るのとは違い、配送されるまでの日数、余分に待たなくてなりません。


ラグマットをクリーニングする方法③ 自宅で洗う(手入れをする)

ラグマットは自宅でも洗うことができます。洗濯機に入るぐらいの大きさならば、洗濯機の大物コースや毛布コースなどを選択しましょう。洗濯機で洗う場合は必ずネットに入れて、ラグマットが洗濯槽と擦れて傷やほつれができてしまわないように気をつけましょう。洗濯機には入らない大きさの場合は、浴槽内での踏み洗いがおすすめです。


手間と時間は掛かるけど自宅で洗うのが安上がり

自宅でラグマットを洗うのは、正直大変です。洗い終わったラグマットを干す時も場所をかなりとってしまいます。また、完全に乾くまでに数日かかるので、その間、裏返したり、回転させたりとこまめに手をかける必要があります。しかし、クリーニングに出すようなお金はかからないので、手間と時間がかかるかわりに、一番安上がりに綺麗にすることができます。


ラグマットをクリーニングに出すメリットとは

手間と時間はかなりかかりますが、自宅でも洗えるラグマットをクリーニングに出すメリットとはなんでしょうか。クリーニングに出すと、自宅で洗っただけでは取りきれないラグマットの奥の汚れまですっきり綺麗にしてもらえたり、ダニがつかないような加工などもして貰えたりします。座ったり寝転んだりすることの多いラグマットなので、クリーニングでしっかり綺麗に洗ってもらうのがおすすめです。


メリットその① しっかりと汚れを落としてくれる

ラグマットをクリーニングに出すと、まず、そのラグマットがどの程度汚れているのか、しみ抜きなども必要かどうかなど、細かくチェックします。しみ抜きが必要な場合は、しみ抜きを行ない、ラグマットの奥にある汚れまで綺麗に取り除きます。染み抜きもラグマット全体の洗浄も、それぞれ汚れに適した専用の洗剤を使用するので、色落ちすること無く汚れをしっかり落とし、綺麗にすることが可能です。洗浄した後は60度以上で乾燥させるので、ラグマットにダニや害虫などが潜んでいても死滅させることができます。


メリットその② 宅配クリーニングなら重いラグマットでも家まで取りに来てくれる

重くて大きなラグマットは、クリーニングに出すのも一苦労ですよね。宅配クリーニングなら、自宅にいながら、ラグマットをクリーニングに出す事ができます。「近くにラグマットをクリーニングしてくれるクリーニング店が無い。」「車が無いからクリーニング店までラグマットを持って行けない。」「車はあるけど、ラグマットが大きすぎて自分では運べない。」などの場合、宅配クリーニングがおすすめです。

また、宅配クリーニングの場合、ラグマットを使わないオフシーズンは、業者によっては有料で保管してもらうこともできるので、必要な時だけ自宅で使用し、オフシーズンになったら、クリーニングと保管をお願いすることも可能です。


メリットその③ 防ダニ加工などもしてくれる

ラグマットを使っていて、気になるのはダニやほこりですよね。毎日掃除機をかけていても、ラグマットの奥に潜んでいるダニやダニの餌になるほこりは取りきれません。宅配クリーニングなら、ダニが潜んでいるかもしれないラグマットを自分で運ぶ必要も無く、きれいな状態で戻って来るのを家で待つだけで良いのです。そして、業者でのクリーニングだと、自宅での天日干しでは取りきれないダニやダニの卵を、60度以上の高温で処理してくれます。また、オプションで防ダニ加工も行なってくれるので、綺麗になったラグマットにダニを寄せ付けること無く、安心して使用できますよ。


宅配クリーニングを利用すれば、忙しくてもラグマットが綺麗に。

手間と時間がかかる自宅クリーニング。持ち込みと引き取りが面倒な店舗型クリーニング。どちらもそのための時間を作らないといけませんよね。宅配クリーニングならば、自宅にいながら、忙しくてもラグマットを綺麗にできます。


ラグマットクリーニングにおすすめのサービス1. 白洋舎

クリーニング業者の最大手である老舗のクリーニング会社「白洋舎」では、大きなラグマットでも簡単にクリーニングに出せるよう「集配サービス」や「じゅうたんらくらく宅配便」などのサービスを行なっています。どちらのサービスも、白洋舎の集配担当者が自宅までラグマットを取りにきて、綺麗になったら、再度、自宅まで直接届けてくれるので、安心して大切なラグマットを預けることができます。


白洋舎のおすすめポイント

白洋舎では、ラグマットのクリーニングを1㎡当たりや1畳当たりの料金、そして、ウィルトン系、中国段通(機械織り)、ペルシャで分けて計算しています。また、一般的な絨毯のクリーニングのほか、中国段通などにおすすめの大きな洗濯槽に溜めた洗浄液に漬け込んで洗う「特注クリーニング」、ペルシャ絨毯などにおすすめの「メンテナンスクリーニング」なども行なっています。メンテナンスクリーニングでは、洗浄で変化したラグマットの状態を修復したり、ほつれた房などの補修、サイズ直しなどもオプションでできます。


白洋舎の詳細
  • 集荷- 配達可能エリア:全国
  • 送料:無料
  • 料金設定:種類によって異なる
  • 仕上がり期間:問い合わせ
  • 長期保管サービス:○
  • しみ抜き:○
  • 高級ブランド受付:○
  • 申込方法:ネットで申し込み可能
  • 支払い方法:クレジットカード決済または銀行振込

公式サイトで見る


ラグマットクリーニングにおすすめのサービス2. クリコム

全国24時間対応の「クリコム」は、ラグマットの他、ぬいぐるみやカーテン、布団、毛布などのインテリア用品から、高級スーツやダウン、レザーなどもクリーニングできる宅配専門のクリーニング業者です。クリコムのH.P.から24時間いつでも集荷依頼できるので、忙しくても気軽に頼めるのも嬉しいポイントです。

クリコムでは、集荷依頼をしたら、クリーニングに出したいラグマットを梱包する袋やガムテープなどは自分で用意しなくてはなりません。また、ロール状、もしくは、畳んで梱包しなくてはならず、ロール状にする時には、高さ180cm未満になるようにしなくてはならないので注意が必要です。


クリコムのおすすめポイント

クリコムでは、ラグマットの畳数、または、ラグマットの縦と横を足した長さと、ラグマットのタイプでクリーニング料金が変わります。薄手の綿タイプのラグマットの場合1畳あたり4,000円〜。裏地がフェルト状のラグマットの場合、毛足の長さに関係なく1畳あたり5,000円〜と分かりやすい料金設定になっています。しかし、ペルシャ絨毯やシルク段通のような高級素材のラグマットは、サイズに関係なく別途見積もりが必要です。


クリコムの詳細
  • 集荷- 配達可能エリア:全国
  • 送料:1500円(税別)※北海道、九州、四国、離島地区は3000円(税抜)
  • 料金設定:1畳4,000円〜
  • 仕上がり期間:約3〜4週間ですが、素材や季節により変動有り
  • 長期保管サービス:×
  • しみ抜き:しみの種類による
  • 高級ブランド受付:○
  • 申込方法:H.P.から申し込み
  • 支払い方法:クレジット決済または代引き決済

公式サイトで見る


ラグマットクリーニングにおすすめのサービス3. デア

ラグマットを専門にクリーニングしている「デア」では、平織りのカジュアルなラグマットからムートン、ホットカーペット、ゴムマット、シルクやウールの手織り高級絨毯まで、さまざまなタイプをクリーニングできます。公式サイトには、ラグマットの種類の見分け方や素材やサイズによって異なるクリーニング料金の計算方法などが分かりやすいく掲載されているため、初めてラグマットをクリーニングに出す時でも事前に料金等が分かるので、安心してお願いすることができますね。


デアのおすすめポイント

デアのクリーニングは、大量の水で丸洗いが大きな特徴です。そして、天然せっけんとラグマットを傷めない柔らかな毛足のブラシでラグマットの奥までしっかり洗浄します。また、クリーニング後のラグマットは、有料で最大6ヶ月まで保管してもらえるので、ラグマットを使いたい秋冬は自宅で使用し、オフシーズンの春夏は、デアでクリーニングしたきれいな状態で預かってもらえます。これで、お気に入りのラグマットの収納場所に困ることもありませんね。


デアの詳細
  • 集荷- 配達可能エリア:全国
  • 送料:ラグマットのサイズや地域によって異なります
  • 料金設定:ラグマットの種類とサイズによって異なります。
  • 仕上がり期間:3週間〜
  • 長期保管サービス:○
  • しみ抜き:○
  • 高級ブランド受付:○
  • 申込方法:公式H.P.から申し込み
  • ;支払い方法:郵便振替、銀行振込、代金引換(代引き)や各種クレジットカード決済が可能

公式サイトで見る


宅配クリーニングで楽にラグマットを綺麗にできますよ

宅配クリーニングなら、大きくて重いラグマットでも、シルクやウールのような自宅でのクリーニングが難しい素材のラグマットでも、楽に綺麗にできますよ。クリーニング業者によって、防ダニ加工やしみ抜き、長期保管などさまざまなサービスがあります。ぜひ、貴方が使いやすい宅配クリーニングを見つけて下さいね。


【参考記事】普段着にもおすすめの宅配クリーニングとは▽


【参考記事】確認しておきたい!スーツのクリーニングについて▽


【参考記事】布団のクリーニングの方法も必見▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事