2014.05.19

もう会話に困らない!偉い人と話すときに緊張してテンパらない方法!

目上の人と話すときに上手に振る舞うためには?

自分よりも目上の人と話す時って、思考停止したり、緊張したししますよね?
「ああ、普段ならもっと自分をアピールできたのに」「なんで今日に限ってこんなに頭の回転が悪いんだろう」
と、後になって公開することも多いはず。こういうとこでうまく立ち回れないことが、縁となるはずだったきっかけをフイにしてしまうこともあります。そこで今回は、目上の人と話すときに慌てずに話すための方法についてお伝えします。

 

うまく話そうとせず、まず自分はどう感じているかを話す

「君はこの件について、どう思うんだ?」

こんな風に偉い人に言われたら、「あ…!あの!えっと…」と言葉に詰まることって、実際あると思います。考えれば考えるほど頭の中が混乱してきて、話がまとまらない。こういうのを俗に“テンパる”と言います。

こういう時は、相手にどう伝えるかより自分がどう感じているかへと頭を切り替えてみましょう。

 

まとめ

偉い人の前で緊張するということは、そうでない人を見下している気持ちがどこかにあるのかもしれません。
目上の方を敬うことは大切ですが、大切なことは相手によって自分の立ち振舞を変えないこと
誰にでも、しっかりと会話をできる寛大な心を持ち合わせた素敵な男性を目指してくださいね。

お気に入り

注目の記事

関連する記事