「筋トレが辛い…」と感じた時でも頑張れる対処法|長続きする秘訣とは?

辛いけれど筋トレは続けた方がいいと感じている方へ。本記事では、筋トレを辛いと感じた時の対処法について詳しく解説します。辛いと感じてしまう原因から、トレーニングを続けていくための思考法などを紹介するので、ぜひ参考にしてください。

筋トレを辛いと感じてしまう主な理由|やめたくなる原因とは?

筋トレを辛いと感じてしまう主な理由

痩せたいから嫌いだった筋トレを始めたけど、辛すぎて早くやめたい。

筋トレが続かないと感じているのは、あなただけではありません。

確かに筋トレは辛いもの。しかし、嫌になってしまう理由を把握すれば、上手く対処することが可能です。

そこでまずは、筋トレが辛いと感じる理由をおさらい。

まずは原因を知って、苦手意識の克服に繋げましょう。


筋トレが辛い理由1. 食事が制限されるから

筋トレが辛い理由1. 食事が制限されるから.jpg

理想の体型を目指している方にとって、最大の障害となるのが食欲。「あれもこれも食べたいけど、痩せるために我慢しなきゃ。」と思うほど、お腹が空いてしまいますよね。

筋トレを始める前までは好きなものを好きなだけ食べていたのに、急に我慢をするのは非常に大変です

多くの男性・女性が食事制限の辛さに耐えきれず、ダイエットに挫折してしまいます。


筋トレが辛い理由2. 成果がすぐに現れないから

「きついトレーニングをしているのに、なんですぐに痩せないの?」と感じる男性・女性も多いでしょう。

実は痩せたいと思って筋トレを始めても、目に見えて痩せたとハッキリわかるまでに最低1ヶ月はかかります。

運動前と見た目が変わらないのに、楽しくないトレーニングを続けるのは、精神的にしんどいですよね。しかし、その辛い努力は決して無駄ではありません。理想の体型を目指して地道に頑張ることが重要です。


筋トレが辛い理由3. 筋肉痛が痛くて動けないから

筋トレが辛い理由3. 筋肉痛が痛くて動けないから.jpg

運動習慣がない人が筋トレを始めると、次の日から鍛えた場所に強い痛みを感じます。「毎日頑張るぞ。」と決意して筋トレを始めても、次の日に想像以上の筋肉痛を感じ、痛くて動けないなんてことも。

ひどい筋肉痛になると、ただ歩くことさえも辛くなります。「こんなに体が痛いのに明日もやらなきゃいけないのか。」と気が重くなり、筋トレのモチベーションが保つのが困難に。

筋肉痛は想像以上にストレスですよね。痛みとだるさで筋トレが辛く感じるのも無理はありません。


筋トレが辛い理由4. 筋トレ自体が好きではないから

限界まで自分を追い込む筋トレ。その苦しさゆえに、苦手意識がある方も多いでしょう。

筋トレ自体に良い印象がないと、ただの義務感で続けることになります。そうなると辛さしか感じないですよね。

「運動は楽しくないから苦手だけど、痩せるためにやらなきゃ。」と思っている方にとっては、なかなか続けるのは難しいですよね。


筋トレを辛いと感じた時の対処法とは|無理なく続けられるようになるコツ

筋トレを辛いと感じた時の対処法とは|誘惑に打ち勝つ方法を伝授.jpg

がむしゃらに嫌いな筋トレを続けるのは大変。気合で続けていても、どこかで気持ちが切れて挫折してしまう事も。

ここからは、辛いと感じた時の対策を解説していきます

正しい方法を身につけて、ぜひ理想のスタイルを手に入れましょう。


筋トレを辛いと感じた時の対処法1. ご褒美の日を作って発散する

筋トレを辛いと感じた時の対処法1. ご褒美の日を作って発散する.jpg

ひたすらに理想の体重という数字だけを目標にして頑張るのは大変難しいこと。

そういう時は、定期的に自分へご褒美をあげることでモチベーションを維持できます。例えば、10日に1回だけ大好きな甘いケーキを食べていいと決めましょう。

ルールを決めれば「あと5日でご褒美の日だから、お菓子を食べるのはもう少し我慢しよう。」と考えられるので、誘惑に負けて、つまみ食いするのを防げます。

「ダイエット中なのに、食べても大丈夫なの?」と思うかもしれませんが、そんなに頻繁でなければ、すぐに太ることはありません。むしろ我慢しすぎると、その反動で暴飲暴食に繋がるデメリットが。

ご褒美の日を上手く取り入れて、健康的にダイエットを成功させましょう。


筋トレを辛いと感じた時の対処法2. 周りを巻き込んで励ましてもらう

自分の目標のためとはいえ、一人で筋トレに励むのは辛いと感じるもの。孤独感や義務感につぶされてしまう事もあります。

そこで、あなたに手を差し伸べてくれる家族や友人にダイエットすることを伝えてみましょう。あらかじめ周りの人に宣言しておけば、筋トレをやめたくなった時に励ましてもらえますよ。

また、痩せたいと考える人は多いです。もし相手が運動に興味があれば、一緒に始めて成果を共有でき、1人よりモチベーションもアップします。

1人で抱え込まず、周りの人を頼りにすると1人で始めるよりも全力で筋トレに打ち込めますよ


筋トレを辛いと感じた時の対処法3. 楽しいことを妄想する

筋トレを辛いと感じた時の対処法3. 楽しいことを妄想する.jpg

楽しい未来を想像することが、やる気を出すコツ。モチベーションの維持にも欠かせない行為です。

もし辛いと感じたら、ボディメイクに成功した楽しい未来を想像しましょう。「嫌いな運動をしなきゃ。」という辛いだけの状態から「早くやりたい。」のような前向きな気持ちになれます

目標を達成して痩せた後、理想のスタイルを手に入れて、自信満々に外を歩く自分を想像してみましょう。もしかしたら気になっているあの人とデートへ行って、もっと仲良くなれるかも。

素敵な未来を想像して、楽しく筋トレに取り組んでみてください。

【参考記事】筋トレのメリットを再確認してやる気を出してみるのもアリ!


筋トレを辛いと感じた時の対処法4. 筋肉痛が辛い日は休む

筋トレに付きものなのが筋肉痛。上手く付き合っていくことが筋トレを続けるコツ。

筋肉痛が酷い場合は、その日は一度筋トレから離れて休みましょう。無理に続けると怪我の恐れもあるので、休むことも必要です。

その際、簡単なストレッチを行うのがポイント。筋肉痛を上手く緩和してくれますよ。

たまには休む日を作ってコンディションを整え、気持ちよく筋トレが出来るようにしましょう。

【参考記事】筋肉痛を改善してくれるストレッチもチェック


筋トレを辛いと感じた時の対処法5. やめてしまった後の怖さを画像検索で見る

筋トレをやめてしまった人たちの画像を見ると、ダイエットに失敗した最悪の未来を鮮明に想像できるため、気持ちを引き締めて筋トレに望めます

この対策は「運動は辛いだけだし、やめてもそこまで太らないでしょ。」と楽観的に考えている方に有効です。

安易に筋トレをやめると、ダイエット前より体重が増えてしまうことも。きっと未来のあなたは、筋トレを続けなかったことを後悔するかも。

今までよりも気持ちを込めて筋トレに取り組めますよ。


筋トレを辛いと感じた時の対処法6. パーソナルなど、行かなければいけない状況を作る

筋トレを辛いと感じた時の対処法5. パーソナルなど、行かなければいけない状況を作る.jpg

筋トレが辛くても、強制的な状況を作れば強引に運動ができます。一般のジムや家でのトレーニングの場合、続ける義務がないため、サボってしまう事も。

しかし、パーソナルジムであれば、プロのトレーナーが徹底した管理で支えてくれるので、トレーニングを強制的にできる環境を作れるでしょう。

いい先生と出会えれば、「楽しくトレーニングが出来るから行こう」と前向きな気持ちになれますよ。

強制的な状況を作る対策は、過去に1人で筋トレを試して、何度も挫折した人にぴったりの方法です。行かなければいけない状況を作れば、ダイエットの成功は目の前です。


筋トレの辛さを乗り越えて、理想の体を手に入れましょう!

筋トレをしている人

筋トレの習慣が続かない理由と対策を知ることは非常に大切です。

「運動が辛いだけと感じているのは私1人じゃない。」そう考えることがダイエットを成功させる第一歩です。筋トレをやめたいと思っても、一人で抱え込まないでください。

5つの対策を身につければ、辛い筋トレが今までより楽しみに感じるでしょう。この記事を参考にして、スリムな美ボディを手に入れてくださいね。


【参考記事】モチベーションを高めることも辛さを乗り越えるポイント!

【参考記事】挫折しないコツも参考にしてみてはいかが

【参考記事】筋トレのモチベーションが上がる名言もチェック!▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事