【体組成計の故障かな?】女性で筋肉量40kgはかなり多い!正しい計算方法を解説

女性で筋肉量40kgは多いのか?を知りたい方へ。本記事では、筋肉量の一般的な計算方法や、タニタの体組成計の計算式から、年齢別で筋肉率の平均値まで大公開!筋肉量を増やすコツも紹介していますので、気になった方はぜひ活用してみてください!

女性で筋肉量40kgはかなり多い!

女性で筋肉量40kgは多い|一般的な計算方法を解説!.jpg

一般的に筋肉量とは、体重から体脂肪量・骨量・内臓などの重量を差し引いた重さのことを指します。

女性の筋肉量は平均18.2kgであるため、40kgだと平均値の2倍以上となってかなり筋肉量が多いです。

身長や筋肉率によっても変わりますが、筋肉量が40kgある女性なら美しいボディラインが際立ち、周りからも鍛えていることが分かるでしょう。

次に、筋肉量の簡単な計算方法や筋肉率の平均値などをわかりやすく解説していくので、しっかりチェックしてください。

【参考記事】筋肉量の平均値を詳しく解説▽


体重から体脂肪量と骨量を引いたもので計算される場合もあるため注意

タニタの体重計なら筋肉量40kgもあり得る|体重から体脂肪量と骨量引いたもので計算される.jpg

体組成計で筋肉量をチェックする場合は、メーカーによって算出方法が異なる点に留意してください。

中でもタニタでは、筋肉でできている内臓も筋肉量に含まれているのが特徴です。

体重から体脂肪量と骨量を除いた数値が筋肉量として表示されるため、その他のメーカーの体組成計よりも筋肉量が多くなりやすい傾向があります。

体を動かす働きのある骨格筋量や骨格筋率のみを確認したい時は、次にまとめている計算方法を利用して自分で算出してみましょう。


一般的な筋肉量の計算方法|筋肉率や除脂肪体重の算出方法も解説!

一般的な筋肉量の計算方法|筋肉率や除脂肪体重の算出方法とは?.jpg

筋肉量を算出する時は、いくつかのステップに分けて段階的に計算する必要があります。最初に体組成計などを使って体脂肪の割合(パーセント)をチェックし、その後次の手順に沿って算出してください。

  1. 体重(kg)×体脂肪率(%)=体脂肪量(kg)
  2. 体重(kg)-体脂肪量(kg)=除脂肪体重(kg)
  3. 除脂肪体重(kg)/2=筋肉量(kg)

また、筋肉率は筋肉量を体重で割ることで計算できます

  • 筋肉量(kg)/体重(kg)×100=筋肉率(%)

あくまでおよその数値ではありますが、筋トレやダイエットなどを行う際の目安になるためぜひ1度計算しておくといいでしょう。


【年齢別】女性の筋肉率の平均値と目指すべき目安を解説

女性の筋肉率の平均値は?目指すべき目安は?年齢ごとに解説!.jpg

女性の筋肉率の平均値は、以下の通りです。年代別で異なっているため、自分の年齢に照らし合わせてチェックしてください。

  • 【20代】39%
  • 【30代】37%
  • 【40代】33%
  • 【50代】30%
  • 【60代】26%
  • 【70代】23%

上記のように、筋肉率は年齢が高くなるにつれ下がっていく傾向にあります。

筋肉率を計算してから自分の筋肉率が高いか低いかを確認したい時は、以下の割合を目安にしておおよその判断をしてみましょう。

  • 【低】25.9%以下
  • 【標準】26.0〜27.9%
  • 【やや高】28.0〜29.9%
  • 【高】30.0%以上

筋肉量・筋肉率が平均(標準)以上であれば、基本的には健康的な体型だといえるでしょう。身長などの条件によっても変化しますが、筋肉量が40kgあれば標準をクリアしている場合も多いです。


女性が筋肉量を維持するコツ|どうしたら筋肉率をキープ出来るの?

女性が筋肉量を増やすコツ|どうしたら筋肉率を高めることが出来るの?.jpg

女性が40kgを目指して筋肉量を増やすには、効率を上げるコツを押さえておくことが重要なカギとなります。ここでは、効果的に筋肉量・筋肉率を増やす方法についてご紹介しているので、参考にしながらぜひあなたも実践してください。

  • 大きな筋肉がある下半身を中心にした筋トレを週1回以上行う
  • 体脂肪率が高い場合は有酸素運動を毎日30分以上行う
  • 毎日十分な量のタンパク質を摂取する
  • 炭水化物を適度に摂取してエネルギー源を確保する
  • 1日1.5リットル以上の水分をとる
  • トレーニングをした後、30分以内に高タンパクの食事やプロテインを摂取する

【参考記事】効果的な筋肉の付け方を解説▽


女性で筋肉量40kgはかなり多い!きちんと計算して正確に判断しましょう。

女性の筋肉量は、約18kgが平均的な数値とされています。そのため筋肉量が40kgもあれば平均の2倍以上となり、多すぎると感じる方もいるでしょう。

メーカーによって体重計の計算方法が違うためめ、体組成計の他に今回ご紹介した計算方法も使いながら一度自分で筋肉量を計算してみるのも一つの方法です。

BMIや筋肉率などの数値も確認して、ぜひあなたも筋肉量をぐんぐん増やしていきましょう

【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事