「返信が遅い女性だと冷めてしまう…」萎えた時に試したい気持ちの保ち方も解説

返信が遅い女性に対して冷めそうになっている男性へ。今記事では、返信が遅い女性に冷める時の対処法について詳しくご紹介します。LINEを送ってもなかなか返事が来なくて萎えると思っている男性は、ぜひ参考にしてみてください!

返信が遅い女性に冷める時の対処法|どうすれば返事が来るの?

返信が遅い女性に冷める時の対処法

恋愛の気持ちが高まっているのに、LINEで既読無視をされたり返信が遅かったりすると、気持ちが萎えることがありますよね。

ここからは、好意を持っているけど返信が遅い女性への気持ちが冷める時の対処法をご紹介。

そのまま放置するよりも、自分の気持ちをハッキリできる方法を解説しますので、参考にしてみてくださいね。


返信が遅い女性に冷める時の対処法1. 相手が返しやすい文章を送る

LINEの既読スルーをされる場合、相手はどう返事をしようか悩んでいる可能性もあります。

こちらから送った文章がおかしいと、「どう返したらいいのか分からないな…」と悩ませることになるでしょう。そのため、質問形式のLINEや相手が興味のある内容を送るなど、返信しやすい文章を考えて送ってみましょう。

返事する流れの文章になっていれば、多くの女性は返信をしてきてくれるはずですよ。

【参考記事】はこちら▽


返信が遅い女性に冷める時の対処法2. 大事な用件は電話をする

男性よりも女性の方がマメな人は多い印象ですが、女性の中にもLINEやメールがあまり好きではなく、後回しにしてしまうタイプもいます。

文章を考えるのが好きではない女性の場合、なかなか返事をしてくれないので、デートに誘いたいと思ってもタイミングを逃してしまうことも。例えば、日にちが決まっているライブなど大事な用件は電話をするのがおすすめです。

LINEに慣れてしまうと電話は抵抗があるかもしれませんが、文章が不得意な女性なら電話の方が嬉しいと思ってくれるはず。電話でその女性と会話することで大事な予定も決めることができ、恋も進展していくでしょう。


返信が遅い女性に冷める時の対処法3. 連絡が苦手と割り切る

相手が誰であっても返信が遅いという人もいます。その場合、周囲からも指摘されていて、本人にも自覚があるケースも。

「私は返信が遅いんだよね。」と日頃からレスが遅いことを自負しているようでしたら、割り切って気にしないようにしましょう。相手に返事の遅い点をやめるよう言って無理をさせるのも良くないので、個性として受け止めるのです。

割り切ってしまえば相手にも「返信しなくちゃ」というプレッシャーをかけずに済みますし、自分でも返信を待つストレスがなくなりますよ。

【参考記事】はこちら▽


返信が遅い女性に冷める時の対処法4. こまめに連絡を入れてみる

未読を放置したり、返信を遅くしたりすることで、こちらの出方を見ている女性もいます。

相手が意図的に駆け引きとして返信を遅らせているのがなんとなく分かってきたら、こちらは逆にマメに連絡を入れてみましょう。相手の気持ちが済むよう構ってあげるのです。

構ってあげることで愛情を示していると考えたら、返信が遅いことも楽しめるようになりますよ。


返信が遅い女性に冷める時の対処法5. 連絡を返しやすい時間を聞く

相手が仕事が忙しかったり不規則な時間に仕事をしたりしていると、返事をしたくてもできない可能性もあります。

こちらも返信ばかりを待っているのは疲れますし、どんどん気持ちが萎えるため、事前に返信しやすい時間を聞きましょう。聞いておけば返信しやすい時間が分かり、待ってばかりで時間を無駄にせずに済みます

「今の時間は忙しいんだな」と理解できると、精神的にも楽になりますよ。


返信が遅い女性に冷める時の対処法6. 脈なしだと思って次の恋へ進む

断るのが苦手な女性だと、はっきり告げるのではなくフェードアウトしようと考える人もいます。

あれこれ試してみても、既読無視や未読放置が続くなら、もう脈なしと考えた方が良いかもしれません。無視を続けるというのは誠意がある人ではないので、次の恋へ進んでしまうのがおすすめです。

脈なしの相手のために時間を使うのは無駄。返事を待っているより次の恋を探しに出かけた方が良いですよ。

【参考記事】はこちら▽


いくつか対処法を試してみてから自分の気持ちを確かめてみましょう

返信が遅い女性とのやりとりは、「どうして返事をくれないんだろう?」と気持ちが萎えることもありますが、気になっている人や好きな女性が相手だと、簡単には諦められずに悩まされますよね。

今回は返信が遅い女性への対処法をあれこれ紹介してみました。

気持ちが冷める前にいくつか試してみて、恋愛チャンスを逃さないよう頑張ってくださいね。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事