脈ありかわからない時の対処法|相手の好意を確かめる方法を大公開!

好きな人が脈ありか分からないとお悩みの方へ。今記事では、好きな人が脈ありか分からない時に最適な対処法について詳しくご紹介します。好きな人の気持ちを確かめるコツを解説するので、意中の人の真意を知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください!

脈ありかわからない時の対処法|相手の真意を確かめる方法を解説

)脈ありかわからない時の対処法とは

気になる相手からLINEが頻繁に来たり、よく話しかけられたり。

はたまた二人で出かけようと言われたり。

異性に振り回されて「これって自分のことが好きなのかな?」と思う時ってありませんか。

ただ、相手の言動から脈ありかどうかを判断するって、なかなか難しいもの。

そこで今記事では、脈ありかわからない時の対処法を詳しく解説!

「相手の気持ちがわからない!」とお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


脈ありかわからない時の対処法1. ちょっとした頼み事をしてみる

人からの頼み事って、正直面倒くさいと思う人は多いです。しかし、好きな人からのお願い事だったら話は別。いい印象を与えたいし、好意がある相手のためになら喜んで役に立ってくれるでしょう。

探し物を一緒にお願いする、倉庫から重たい荷物を運ぶのを手伝ってもらうとか、ちょっとした頼み事をしてみましょう。

嫌な顔をしないでお願い事を受け入れてくれたら、あなたに脈ありの可能性がありますよ。


脈ありかわからない時の対処法2. 他の異性の話をしてみる

好きな相手が異性の話をしてきたら、「その人のこと、好きなのかな」と不安になりますよね。これを利用して、相手が脈ありかどうかを確かめられます。

共通の知り合いや恋人がいる異性の話をしてみるのです。例えば「〇〇君、髪の毛切ったよね」とか「〇〇ちゃんに仕事を手伝ってもらったんだ」などと話してみましょう。

もし動揺したり嫉妬してきたりしたら、あなたに好意がある証拠ですよ。


脈ありかわからない時の対処法3. デートに誘ってみる

好意を持っていない人からのデートのお誘いは、断る人が多いでしょう。好きだと勘違いされたら困りますよね。

相手の気持ちを確かめる意味でも、あなたからデートに誘ってみましょう。

社交辞令ではなく、「いつにしようか」とか「どこが良いかなぁ」など、積極的に話を進めてくれるようなら、脈ありのサインと言えます。

女性をデートに誘う方法を解説!

男性をデートに誘う方法を解説!


脈ありかわからない時の対処法4. 暇電をかけてみる

電話での長話が好きな女性はたくさんいます。しかし男性の場合、用事もないのに何時間もおしゃべりする人はあまりいません。

そこで、片思いの人に暇電をかけた時の反応で、脈があるかどうか見極められます。

もしあなたが女性で、相手の男性が暇電に付き合ってくれるならば、あなたに好意があると思って良いでしょう。


脈ありかわからない時の対処法5. LINEをあえて止めてみる

気にならない相手からのLINEが止まっても、別になんとも思わない人は多いです。

しかし、好意を寄せている相手から急に連絡が来なくなったら、「具合悪いのかなぁ」とか「もしかして怒らせるようなことをしちゃったかな?」と心配になるもの。

あなたのことを気に掛けて相手から再びLINEが届くようなら、脈ありとみて良いと思います。


脈ありかわからない時の対処法6. 恋愛トークをしてみる

好きな人のことは色々知りたいと思うのは当然です。しかも好きなタイプを知れるチャンスがあったら、ぐいぐい話をしてくるでしょう。

そこで片思いの相手に恋愛トークをしてみるのも、脈ありかわからない時に使えるテクニック。

もし相手が積極的に、あなたの理想のタイプやデートで行きたい場所などを聞いてきたら、それはあなたに好意がある証拠です。


脈ありかわからない時の対処法7. 褒めて反応を伺う

褒められると、普通に嬉しいですよね。しかし、気になる人から褒められた場合は、さらに反応が変わります。

そこで、褒めた時の相手の言動で脈ありかどうかを確認してみるのもおすすめ。

好意がある人から褒められると、とても嬉しく本気で照れてしまうでしょう。

もし相手が顔を真っ赤にしていたり相手からも褒めてくれるようなら、あなたに好意がある可能性が高いですよ。


脈なしの可能性が高い時のサイン|諦めた方が良い時の状態とは?

「もしかして、ただの友達と思われているのかも」と不安に感じる時もあるでしょう。

そこでここからは、脈なしの可能性が高い場合の言動を詳しくご紹介するので、相手の気持ちが分からず心配な人はチェックしてみてください。


脈なしの可能性が高い時のサイン1. 友達と公言される

「私たち、友達だもんね」とか「やっぱり男女の友達って成立するよね」など、事あるごとに言われるならば、相手は友達以上の関係を求めていない証拠と言えるでしょう。

あなたの好意を感じ取っていて、「恋人同士の関係になるつもりはない」というのを、遠回しに伝えて釘を刺そうとしている可能性があるので、脈なしのサインと言えます。


脈なしの可能性が高い時のサイン2. デートの誘いを断る

好きでもない相手と二人っきりになるのを嫌がる人はとても多いです。

なので、もしあなたがデートに誘っても「ちょっと忙しくて」とか「予定がわからない」と言ってはぐらかすなら、脈なしのサインと言えるでしょう。

そこには「その気がないのに相手に悪い」「もしデートして告白されたら面倒臭い」という心理が働いているのです。


脈なしの可能性が高い時のサイン3. 連絡が返ってこない

好きな相手に連絡を取るのは勇気が必要だし、あれこれ悩む人も多いはず。

そんな気持ちがわかるこそ、たとえ忙しくても好意のある人からの連絡ならば無視しないし、頑張って時間を確保して返事をするでしょう。

それなのにあなたからの連絡に返信をしないということは脈なしの可能性が高く、あなたに興味がない証拠と言えます。


脈なしの可能性が高い時のサイン4. 好きな人、または恋人がいる

片思いの相手がいたり大好きな恋人がいれば、その人のことで頭がいっぱいになって、他の異性は眼中に入らないですよね。

そんな相手にいくら熱烈にアプローチをしても気持ちは届かず、振り向いてくれる可能性は限りなくゼロに近いです。

相手と結ばれて相思相愛になることは難しいので、脈なしと言えるでしょう。


気になる異性が脈ありなのか脈なしなのか、見極めてみて!

今回は脈ありかわからない時の対処法と脈なしのサインについてご紹介しました。

好きな人の気持ちがわからない時って心がモヤモヤして不安になります。だからといって「私のことどう思ってるの?」なんて聞けないですよね。

そんな時は、相手の言動をよく観察して、脈ありかどうかを確かめてみてください!


【参考記事】男性が見せる脈ありサインを紹介!▽

【参考記事】女性が出す脈ありサインをチェック!▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事