後悔しない結婚相手の選び方|最高のパートナーを見極める“外せない条件”とは?

後悔しない結婚相手の選び方について詳しく知りたい方へ。今記事では、結婚相手と恋人の違いから、結婚相手を選ぶ際のポイントまで詳しくご紹介します。人によって求める条件は異なるため、自分の重視するポイントを見極めて、最適なパートナーを見つけましょう!

結婚相手は一生のパートナーだからこそ慎重に見極めたい

結婚相手の選び方

今後の人生において、大きな転機となることが多い結婚。そのような結婚が上手くいくかどうかは、結婚相手の選び方で決まると言っても過言ではありません。

結婚相手は、家族を築いて一生を共にする人のため、選び方を間違ってしまうと、今後様々な苦労や困難が付きまとう可能性が高くなります

生涯におけるパートナーであるからこそ、慎重に見極め正しい相手を選ぶ必要があることを覚えておきましょう。


「恋人」と「結婚相手」の違いは何?

結婚相手を選ぶ時によく話題に上がるのが、「恋人」として選んだ人が結婚相手としてもふさわしいのかどうかということ。

恋人の場合、顔がタイプとか一緒にいて楽しいなど、いい部分だけを見て選ぶという人が多いでしょう。しかし、結婚相手の場合はこのような選び方をしてしまうのはあまり望ましくありません。

一生を共にするとなると、どうしてもいい部分以外も見えてしまうものです。従って、嫌な部分が少ない、もしくは嫌な点があったとしても受け入れられる相手を選ぶ方が、円満な結婚生活を送れる可能性が高いと考えられます。


結婚相手にふさわしいか見極める方法|確認すべき条件を徹底ガイド

一生に一度の選択のため、後悔しないように慎重に選ぶ必要がある結婚相手。しかし、どのような基準で選べば自分に最適な結婚相手を見つけられるのか、その見極め方がよく分からないという人は多いでしょう。

そこでここからは、結婚相手にふさわしい人かどうかを知るために確認すべき条件を解説していきます。「後悔しない選び方を知りたい」という人は、ぜひ参考にしてくださいね。

【参考記事】はこちら▽


結婚相手に最適か見極める方法1. 性格や価値観が合うか確認する

結婚相手とは数十年もの間共同生活をすることになるので、お互いの相性が悪いとストレスが溜まってしまうもの。

そこで、円満な結婚生活を送るためにも、相手の性格や価値観などが合うかどうかは必ず確認しておくことをおすすめします。

物事の考え方や捉え方が同じ相手であれば、長時間一緒にいても疲れることはありませんし、生活する上で協力が必要な場面でもスムーズに話し合うことができるでしょう。


結婚相手に最適か見極める方法2. 年収や経済力を確認する

結婚するとなると、生活費や固定費をやりくりしていく必要があるため、経済的にある程度余裕がある相手とでないと、円満な結婚生活を送ることはできません。

従って、結婚相手としてふさわしいかを知るためにも、相手の年収や経済力は必ず確認しておいた方が良いでしょう。

相手の収入がどれぐらいになるのか、貯蓄はいくらぐらいあるのかを理解した上でパートナーを選ぶことで、金銭的に困ることなく生活できると考えられます。


結婚相手に最適か見極める方法3. 相手の親御さんと親しくなれるか確認する

結婚とは家と家でするもののため、義両親と気まずいと何かと不都合が多くなってしまうもの。

そこで、相手の親御さんと親しくなれそうかどうかは必ず事前に確認しておきましょう。

義両親と性格や考え方が合いそうか、価値観は同じかなどを確かめておくと、子供の教育方針や同居問題などで揉めることもなく、円満な関係が築けると考えられます。


自分の親と良好な関係になれるかも要チェック

義両親との関係性はもちろん大切ですが、同じぐらい重要視したいのが結婚相手と自分の両親の相性です。

パートナーと自分の親のそりが合わないと、自分が板挟みになってしまい疲れる場面が増えるでしょう。

従って、相手が自分の親と良好な関係になれるかどうかや、親切にしてくれそうかなどもあわせてチェックしておくと安心ですよ。


結婚相手に最適か見極める方法4. 金銭感覚が合うか確認する

結婚生活では、夫婦の金銭感覚が違う場合、協力してお金の管理ができずすぐに家計が苦しくなってしまうもの。

そこで、結婚相手と金銭感覚が合うかどうかは、必ず事前に確認しておくことをおすすめします。

相手のお金の使い方や貯蓄に対する考え方などを知った上で、お金に対する価値観が合う相手を選べば経済的に困窮することはないでしょう。


結婚相手に最適か見極める方法5. 一緒に居て落ち着くか確認する

結婚すると同じ相手と何十年も一緒に過ごすことになるため、安心感を感じられないとすぐに疲れてしまうもの。

従って、結婚相手として最適かを見極める際は、一緒に居て落ち着く人であるかどうかを確認するようにしましょう。

自分が無理をせずにありのままでいられる相手を選ぶことで、ストレスなく穏やかな毎日を送ることができますよ。


結婚相手に最適か見極める方法6. 有事の時のアクションをチェックする

人は、何か予測もできないことが起こった時にこそ、その本性や人柄が垣間見えるものです。

そこで、結婚相手にふさわしいかどうかを判断するためにも、有事の時にどんな行動を取るかを確認してみましょう。

災害や2人にとっての問題が起こった時などにどうアクションするかを見極めることで、今後困難な時でも助け合っていけるかどうかを正しく判断することができますよ。


結婚相手に最適か見極める方法7. 短所も受け入れられるか確認する

結婚して共同生活を始めるとなると、時間が経つに連れて相手の悪い部分がどんどん見えてきてしまうもの。

従って、今のうちから相手の短所を受け入れられるかどうかを確認しておくことをおすすめします。

交際時点で短所も含めて相手を愛せると判断できれば、今後嫌な部分が見えてきたとしても、許せる場面が多くなるでしょう。


結婚相手に最適か見極める方法8. 人生設計が合うか確認する

結婚相手とは、残りの人生の全てを共にすることになるため、今現在の考えが合っているだけでは円満な夫婦生活を送ることはできません。

そこで、お互いの思い描く人生設計が合うかどうかを必ずチェックしておきましょう。

子供の有無や住む場所など、将来望むものや理想とする家庭環境を確認しておくことで、今後揉めることなく生活することができますよ。


結婚相手に最適か見極める方法9. 仕事への理解があるか確認する

仕事は人生の大半を占めるものであるため、自分のワークスタイルを受け入れてくれない人とは結婚生活を送ることなどできません。

そこで、結婚相手に最適かを見極めるためにも、相手が自分の仕事を理解できるかどうかを確認することをおすすめします。

残業や出張が多くても大丈夫か、職種や業種への理解があるかなどをチェックしておくことで、結婚後に考え方の違いからぶつかってしまうようなことにはならないでしょう。


結婚相手に最適か見極める方法10. 残りの人生を預けていいかチェックする

結婚相手は、言わば残りの人生を過ごす上での運命共同体のため、今後困難なことがあっても一緒に立ち向かっていくシーンが増えると考えられます。

従って、相手に残りの人生を預けられるかどうかということは、結婚相手を見極める上で必ずチェックしておきましょう。

何があってもこの人になら着いて行きたい、人生を捧げてもいいと思う人と一緒になることで、後悔しない結婚生活を送ることができますよ。


独身の方が求める結婚相手の条件を確認するのもおすすめ!

相手が結婚相手としてふさわしいかどうかが自分の主観ではよく分からない場合は、独身の人が求める主な結婚相手の条件を参考にするのもおすすめの方法です。

例えば、男性であれば思いやりがあって気配り上手な人を求めていたり、女性であれば誠実で愛情深い人を求めていたりと、一般的に結婚相手に求めるものはある程度決まっている場合が多いですよ。

様々な条件を客観的に知ることができるので、以下の記事を参考にしてみてくださいね。

【参考記事】はこちら▽


自分が後悔しないような結婚相手を選んでみて。

人生の一大イベントであるため、慎重に行う必要がある結婚相手選び。選び方を間違ってしまうと今後の人生に関わるため、どうやって相手を見極めればいいのかと、頭を悩ませている人は多いでしょう。

しかし、正しい結婚相手の見極め方や確認すべき条件を理解していれば、後悔することなく結婚相手を選ぶことが可能です。

自分の性格や状況にあわせた方法を用いたり、独身男女が一般的に求める条件を確認したりしながら、自分に最適な結婚相手を見つけましょう。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事