九州醤油の人気おすすめランキング|定番の甘くて美味しい調味料を徹底比較

美味しいおすすめの九州醤油をお求めの方へ。今記事では、九州醤油と関東醤油の違いから、選び方や人気ランキングまで詳しくご紹介します。甘い味わいで刺身はもちろん、煮物料理などにも相性が良いので、ぜひ参考にしてみてください!

九州醤油は甘いの?味の特徴を詳しく解説します

九州しょうの人気ランキング

九州の醤油が甘くなったのは長崎の出島から砂糖が手に入るようになった17世紀以降と言われています。当時高級品であった砂糖を同じく高級品の醤油にブレンドして、人をもてなしていました。現在の九州醤油は、南に行くほど甘くなっています。

福岡ならタイやイカ、鹿児島はブリやカンパチなどそれぞれの産地で獲れる魚介類のさしみと相性が良い甘さです。さらに鹿児島のさつま揚げに添えたり、大分のりゅうきゅうの味付けに使ったりなど、九州の郷土料理には欠かせません。


「関東醤油」との違いについて

関東醤油は濃口醤油が主流で、卓上調味料としてや煮物、焼き物、出汁など調理用など幅広く使われています。九州醤油と比べて甘味が少なく香りが強いから、鮮度が落ちた魚や肉の生臭さを消しながら調理するにも適しています。

関東醤油の塩分は濃口で16%程度、薄口で19%程度ですが、九州醤油(福岡)は15%程度と塩分量も大きく異なり、関東醤油は「しょっぱい」味わいが特徴となります。


九州醤油の選び方|お気に入りの醤油を見つけるコツとは

九州醤油と言っても産地によって味わいが異なります。自分好みの九州醤油を選ぶためには、地域ごとの味の違いを把握して選ぶのが大切です。そこで、好みに合う九州醤油を選ぶためのポイントを紹介していきます。


九州醤油の選び方1. 甘めが良いなら鹿児島など、南九州産の醤油を選ぶ

九州醤油は産地が南になるほど砂糖が多く甘いから、甘めがお好きな方は南九州産の製品がおすすめです。温暖で海沿いにあり潮風が強い鹿児島ではこってりした魚や豚などが良く獲れるので、さしみだけでなく煮物にも醤油が頻繁に使われます。

砂糖が多く含まれているのは、煮物などの魚料理に相性が良いようにと長年研究し作られていることが理由です。そのため頻繁に煮物を作る人や甘めの味付けが好きな人は、甘い南九州産の九州醤油を選ぶといいでしょう。


甘過ぎは避けたい方は、福岡産などを選ぶ

鹿児島など南九州産の醤油は甘さが強く独特のクセがあるから、人によっては甘過ぎるから苦手と感じてしまう人も多いです。甘い醤油を選びたくても甘過ぎるのは苦手なら、福岡など九州北部産の醤油を選びましょう。

福岡産でも関東の醤油と比較すると甘いですが、鹿児島などに比べると甘さが控えめなので、甘さが強いのは控えたいけど九州醤油を味わいたい人におすすめですよ。


九州醤油の選び方2. 汎用性を求めるなら甘口醤油、刺身用なら刺身醤油を選ぶ

九州醤油をどのような使い方をするのによって、選ぶべき製品が異なります。卓上醤油や煮物、焼き物などの調理用として使うのであれば甘口醤油を、さしみに付けるのであればさしみ醤油を選ぶのがおすすめです。

さしみにするような新鮮な魚は身が硬くうまみが少ないと言われているので、旨味成分が入ったさしみ醤油が補ってくれます。

九州醤油といっても、さしみ醤油や本陽性の高い甘口醤油など様々な種類があるため、使う料理に応じて最適なタイプを選びましょう


九州醤油の人気おすすめランキング10選|定番の美味しい甘口醤油を大公開

醤油の産地として有名な九州には様々な産地やメーカー、製品があるから、どれを使ってみるべきか良くわからない人も多いですよね。そこで、味わいやすい九州醤油を見付けるために、九州醤油のおすすめ商品をランキングで紹介していきます。


【九州醤油の人気第10位】醤油ソムリエ厳選の卵かけごはん専用醤油 『九州産5兄弟セット』 たまごかけ醤油

  • 卵かけごはん専用の九州醤油なので、料理をしない人でも気軽に九州醤油を楽しめる
  • 九州醤油5種類がセットになっているから、複数の九州醤油を食べ比べできる
  • かつおや海苔などで風味付けした醤油もあり、異なる風味を味わえる

自炊をあまりしない人って、せっかく九州醤油を買っても料理しないから使い道に困ってしまうことってあるものです。こちらの醤油はたまごかけご飯用の醤油だから、自炊をあまりしない人でも簡単に使えます。

九州の5種類の醤油メーカーの製品がセットになっているから、食べ比べしたり友達と分けたりするにもおすすめです。卵かけご飯に加えるだけで気軽に楽しめる醤油だから、料理しないから九州醤油を試しづらいと諦めていた人でも、気軽に食べられるからおすすめですよ。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量: 100(ml)×5本
  • 材料:-
  • 製造地域:佐賀、鹿児島、熊本、福岡
  • メーカー:藤安醸造、イデマン、釜田醸造所、ナカマル、橋本醤油

【九州醤油の人気第9位】宮島醤油 特級ばら醤油

  • 1.5リットル入って1,000円以下と安いから、コスパ重視で九州醤油を選びたい人におすすめ
  • 明治創業の歴史ある醤油メーカーの製品で長年愛されているので、日本人の味覚に合う
  • 甘さと塩辛さのバランスが良く、煮物や焼き物など様々な用途で使える

九州醤油日常使いしたいのであれば、コスパの高さも重要なポイントですよね。『宮島醤油 特級ばら醤油 』は1.5リットル入って1,000円以下で手に入るから、日常使いしやすい九州醤油です。1882年操業で長年愛されてきた醤油は、煮物や焼き物など様々な料理と相性が良く、毎日の料理に欠かせません。

普段使いしやすい価格帯の九州醤油なので、料理に卓上にと気軽に使える九州醤油を探している人は、この醤油なら満足できますよ。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量: 1.5(L)
  • 材料:脱脂加工大豆(遺伝子組換えでない)、小麦、食塩、糖類(砂糖、ぶどう糖)/アルコール、調味料(核酸等)、甘味料(甘草)
  • 製造地域:佐賀
  • メーカー:宮島醤油

【九州醤油の人気第8位】フンドーキン 生詰食品添加物無添加丸大豆生しょうゆ

フンドーキン 生詰食品添加物無添加丸大豆生しょうゆ 720ml×2本
  • 食品添加物が含まれておらず、健康志向の人におすすめ
  • 加熱処理をしていない醤油なので、もろみの豊潤な香りが楽しめる
  • 砂糖が含まれておらず甘さ控えめな九州醤油なので、糖分を控えている人に人気がある

せっかく九州醤油をお取り寄せするなら、原材料にもこだわって選びたいもの。『フンドーキン 生詰食品添加物無添加丸大豆生しょうゆ』には食品添加物が含まれておらず、大豆・小麦・食塩のみでつくられています。

加熱処理をしていない醤油だからもろみ由来の芳醇な香りが、さしみなどクセがある素材の味を引き立ててくれますよ。添加物が使われていない醤油なので、体にいい食品にこだわる健康志向の人でも、この醤油なら満足できるでしょう。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:720(ml)
  • 材料:大豆(遺伝子組換えでない)、小麦、食塩
  • 製造地域:大分
  • メーカー:フンドーキン醤油

【九州醤油の人気第7位】フンドーキン さしみしょうゆ甘口

  • 甘辛く主張が強い味わいの九州醤油は、イカなど淡白な食材との相性抜群
  • 寿司や納豆、焼き餅などとの相性が良く、香ばしさをプラスしてくれる
  • コンパクトな卓上用サイズもあるから、日常使いしやすい

淡白な味の魚介類に合わせるなら、主張が強い甘辛い味の醤油なら素材の良さが引き立ちますよね。『フンドーキン さしみしょうゆ甘口』は濃厚な甘味がある大分産の醤油で、イカなど淡白な味の魚介類と食べ合わせが良い醤油です。

濃厚な風味の九州醤油だから、寿司や納豆、焼き餅などとも相性が良く、「甘口で食事の幅が広がる」などの口コミもあります。濃厚な甘さがある醤油なので、クセのない食材に合わせたい人は、一度使ってみてください。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:720(ml)
  • 材料:脱脂加工大豆(遺伝子組換えでない)、小麦、食塩、砂糖・ぶどう糖果糖液糖、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素など
  • 製造地域:大分
  • メーカー:フンドーキン醤油

【九州醤油の人気第6位】ヒシク 極あまくちしょうゆ 専醤

ヒシク 極あまくちしょうゆ 専醤
  • 甘さが強い鹿児島産の汎用甘口醤油は、料理の味付けや卓上用など幅広い用途で使える
  • 1Lの大容量タイプだから、頻繁に料理をする人でもなくなりにくく、コスパが高い
  • 明治時代から続く専門メーカーの製品とだけあって、安心して使える

煮物や揚げ物の下味用として九州醤油使いたいのなら、甘味が強い醤油があれば便利です。『ヒシク 極あまくちしょうゆ 専醤』は甘さが強い鹿児島産の甘口醤油で、肉じゃがなどの煮物作りの味付けや、唐揚げの下味漬用調味料など幅広い用途で使えます。

新鮮なさしみとの相性が良い醤油なので卓上用にもできるなど、幅広い用途で使える九州醤油です。九州醤油の中でも甘味が強いタイプなので、頻繁に煮物などの料理をする人は、これがあると味付けが簡単に済むからおすすめですよ。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:1(L)
  • 材料:アミノ酸液、砂糖・ぶどう糖果糖液糖、脱脂加工大豆、小麦、食塩、発酵調味料、調味料(アミノ酸等)、酒精など
  • 製造地域:鹿児島
  • メーカー:ヒシク(藤安醸造)

【九州醤油の人気第5位】かねよしょうゆ 母ゆずり こいくち

  • 甘味が強い鹿児島産醤油は、煮物に使うと砂糖をあまり使わずとも甘さが出やすい
  • 独特のコクがある九州醤油は、脂が乗った魚のさしみと相性抜群
  • 甘さと塩辛さを兼ね備えており、炒め物の味付けにもおすすめ

脂が乗った魚を食べるのであれば、甘味が強い九州醤油と合わせてみたくなりますよね。『かねよしょうゆ 母ゆずり こいくち』は鹿児島産でコクのあるのが特徴の甘口醤油で、さしみにかけるのはもちろん、煮物や炒め物との相性抜群です。

甘味が強い醤油だから、すき焼きや煮物などを作る際も砂糖をあまり入れずともコクのある甘味が出ます。強い甘味がある九州醤油なので、旬のブリなど脂が乗った魚を食べる際も、この醤油を付ければくどさを感じず美味しく食べられますよ。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:1(L)
  • 材料:脱脂加工大豆、小麦、食塩、アミノ酸液、糖類(砂糖・果糖ぶどう糖液糖)、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素など
  • 製造地域:鹿児島
  • メーカー:かねよ みそ しょうゆ

【九州醤油の人気第4位】ニビシ 特級うまくちさしみしょうゆ

  • 程良い甘さとコクがあり、生魚にかけると美味しいと人気がある
  • 卓上で使いやすい小型タイプから大容量タイプまであるから、家族の人数を問わず使いやすい
  • 福岡産で甘さが強過ぎないから、初めて九州醤油を試したい人におすすめ

新鮮な魚に合わせるなら、甘味がある方が素材の味が引き立ちます。『ニビシ 特級うまくちさしみしょうゆ 』は程良い甘さがありさしみに使うと美味しいと評判の、九州ではスーパーなどで売られている定番醤油の一つです。さしみ意外とも相性が良い醤油で、「コクと甘味があって何にでもかけたくなる。」「さしみや寿司だけでなく冷奴や納豆にも合う」などの口コミもあります。

さしみに旨味をプラスしてくれる九州醤油だから、さしみをより美味しく食べたいと思っている人は、試しに使ってみてください。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:360(ml)
  • 材料:脱脂加工大豆、小麦、食塩、糖類(砂糖、ぶどう糖果糖液糖)、アルコール、カラメル色素、調味料(アミノ酸等)など
  • 製造地域:福岡
  • メーカー:ニビシ醤油

【九州醤油の人気第3位】キンコー醤油 薩摩甘口醤油

キンコー醤油 薩摩甘口醤油 (本醸造) 360ml
  • 時間をかけて発酵させつくられた本醸造醤油は、豊潤な香りと人気がある
  • とろみがある濃厚な味わいの九州醤油だから、さしみとの相性が良い
  • 食卓に起きやすい小型タイプは、家族の人数が少ない人にもおすすめ

せっかく九州醤油を使うなら、昔ながらの製法でつくられた醤油を試してみたいと思う人って多いですよね。『キンコー醤油 薩摩甘口醤油』は昔ながらの製法でつくられた本醸造醤油で、時間をかけて発酵させてつくられています。

色・味・香りともに濃厚な味わいの醤油は、魚や鶏肉のさしみと相性が良い風合いです。九州醤油としては珍しい本醸造醤油は、味・香りともに濃厚な九州醤油を探している人なら、きっと満足できますよ。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量: 360(ml)
  • 材料:糖類(果糖ぶどう糖液糖、砂糖)、 脱脂加工大豆、小麦、食塩、 アルコール、調味料(アミノ酸等)、 甘味料(ステビア、カンゾウ)、カラ メル色素
  • 製造地域:鹿児島
  • メーカー:キンコー醤油

【九州醤油の人気第2位】フンドーキン ゴールデン紫甘口

フンドーキン ゴールデン紫甘口 720ml×2本
  • 調理に適した控えめな甘さの甘口醤油は、煮物などと相性抜群
  • 大容量タイプなので、毎日料理をしてもなくなりにくくコスパが高い
  • 様々な料理と相性が良いから使用の幅が広く、卓上用醤油としても使える

自炊をする習慣があるなら、大容量の醤油は欠かせないアイテムです。『フンドーキン ゴールデン紫甘口』は調理用としてぴったりな大容量汎用甘口醤油で、煮物や焼き物など魚料理に使うと旨味を引き出してくれます。

合成着色料として醤油に良く含まれているカラメル色素が含まれておらず、添加物を避けたい人にもおすすめです。煮物などの味付けにぴったりな甘口醤油なので、毎日のように家で料理をする人なら、日常使いにぴったりですよ。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量: 720(ml)
  • 材料:脱脂加工大豆(遺伝子組換えでない)、小麦、食塩、砂糖混合ぶどう糖果糖液糖、アルコールなど
  • 製造地域:大分
  • メーカー:フンドーキン醤油

【九州醤油の人気第1位】マルヱ醤油 九州甘口さしみ醤油

九州甘口さしみ醤油 420ml×2本セット
  • 甘さと塩辛さのバランスが良い九州醤油だから、生魚との相性が良いと人気
  • トロッとしたコクがある醤油は甘さと旨味が強く、さしみに旨味をプラスしてくれる
  • 小ぶりな大きさの醤油なので、家族の人数が少ない家庭でも使いやすい

新鮮な生魚に付けて食べるのであれば、甘過ぎても辛過ぎても素材の味を損ねてしまいますよね。『マルヱ醤油 九州甘口さしみ醤油』は甘さと塩辛さのバランスが良いトロリとしたコクのあるさしみ醤油で、獲れたての魚介類と相性抜群です。

「普通の醤油より甘くて白身魚と相性が良い」「肉のさしみに付けても美味しい」などの口コミもあります。生魚や生肉との相性が良いさしみ醤油だから、頻繁にさしみを食べる習慣のある人は、手放せなくなりますよ。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量: 420(ml)
  • 材料:脱脂加工大豆、小麦、食塩、糖類(砂糖混合ぶどう糖果糖液糖、砂糖)、アルコールなど
  • 製造地域:福岡
  • メーカー:マルヱ醤油

お気に入りの九州醤油で美味しい料理をたくさん作ろう!

九州は甘口醤油の産地として有名で、それぞれの地域ごとに異なる風味の醤油が生産されているから、ハマると抜け出せなくなる人も多いです。ここでは、九州醤油のおすすめ商品をランキングで紹介してきました。

どのような味かや甘味の強さ、相性の良い料理や食材などを考慮しながら、自分と相性が良い九州醤油を見付けていきましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事

あなたにオススメ