市販の料理酒のおすすめ10選。無添加のものから安い一本までご紹介

和食を作る時に欠かせない“料理酒”。今回は市販で販売されているおすすめの料理酒を大公開します。安い物から、無塩のもやカロリーが低いもの、無添加の一本までお届け!コスパ最強のものから、高級な一本まで、料理に使うのに優れたお酒をお届けします。

おすすめの料理酒を大公開します!

おすすめの料理酒を大公開

和食を作る際に欠かせない調味料の1つが“料理酒”です。煮物などに料理酒を加えると魚の臭みを消したり、野菜の旨味を閉じ込めたりする効果があります。そんな料理酒ですが、スーパーなどでも様々な種類が販売されており、どれを選べばいいのか迷うことも多いはず。

そこで今回はおすすめの料理酒について詳しくお届けします。料理をする人に欠かせない一品をGETしてくださいね。


前提として“料理酒”と“日本酒”の違いとは?

料理酒と日本酒の違いとは

まずは、よく混合されがちな料理酒と日本酒の違いについて解説します。料理酒も日本酒(清酒)の一番分かりやすい大きな違いは、食塩が含まれているか、否か

料理酒は文字通り料理にコクや旨味を出すため、食塩を筆頭に酸味料や甘味料が添加された日本酒を指します。さらに、清酒とは異なり料理酒は酒税もかからないため、比較的安い価格で販売されているのも特徴です。

また、日本酒は料理酒の代用としても使えますが、アルコールの匂いが気になる場合、一煮立ちさせてアルコールを飛ばしましょう。


料理酒選びで大切なこと

料理酒選びで大切なこと

様々な種類や使いみちがある料理酒では選び方が重要になってきます。料理酒選びは

  1. 添加物
  2. 内容量
  3. 価格
  4. 原材料

の4点を事前に確認しておくことが大切です。ここからは4つのポイントについてさらに詳しく解説していきます。


1. 添加物

料理酒を選ぶ上で添加物が入っているかは重要なポイントです。市販の料理酒は酢や食塩などの添加物を付与し、普通の日本酒のように飲料用ではなくしています。

しかし中には添加物の少ない料理酒も販売されており、添加物の少ない料理酒はこだわって作られている品質の高いものが多いです。添加物は少ないに越したことはありませんので、しっかりチェックしてから購入しましょう。


2. 内容量

料理酒を選ぶ上では内容量にも気を付けましょう。料理酒の賞味期限は1年ほどに設定されていることが多いですが、美味しく利用できるのは開封後2ヶ月ほどとされています。

そのため内容量の多いものを購入してしまうと、知らず知らずのうちに賞味期限が切れていたということになりかねません。自分が使用する量に合った内容量のものを購入するようにしましょう。


3. 価格

料理酒の選び方のポイントとしては価格も当然チェックすることが必要です。スーパーの調味料コーナーで販売されている料理酒は安いためコスパは良いですが、添加物がたくさん入っているものが多く、無添加や添加物の少ないものは、値段が上がってしまう傾向にあります。

もちろん予算の都合上コスパの良い安い商品を購入することは悪くないですが、料理酒にこだわるとより美味しい料理に仕上がるので、多少高い料理酒に手を出してみることもおすすめします。


4. 原材料

料理酒の選び方として4つ目のポイントとして紹介するのが“原材料”です。料理酒の原材料はお米が必ず使われていますが、それが料理酒に合った「好適米」であるかも重要な要素の一つです。

また料理酒は基本的に米、米麹に食塩や酢を加えてつくられています。無塩の日本酒なども利用可能ですが、高級な日本酒であるからといって料理酒として最適ではないことも頭に入れておきましょう。


市販でおすすめの料理酒10選

料理酒のおすすめ15選

それではこういった料理酒を選ぶポイントを把握した上で、おすすめの料理酒を紹介していきます。

市販されているものから無添加のものまで様々な商品を紹介させていただきますので、自分に合った料理酒を見つける参考にしてみてください。

気に入った料理酒が見つかったらカロリーや成分もチェックし、購入することをおすすめします。


1. 白扇酒造 福来純 純米料理酒

福来純 純米料理酒 [ 日本酒 岐阜県 720ml ]

『白扇酒造 福来純 純米料理酒』では、岐阜県産米を使っている料理酒です。

酵母の作り出すたっぷりのアミノ酸が、料理の美味しい部分をより一層引き立ててくれるのも良いですね。

また、食塩を加えていないため、美味しく飲めるのも魅力的。

国産米を利用した料理酒でありながら値段が安いため、非常に使いやすい料理酒としてコスパが高い人気の商品です。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る

公式サイトで詳細を見る


商品のステータス

  • 内容量:720ml
  • アルコール度数:14.5度
  • 原材料:米(国産)・米こうじ(国産米)
  • メーカー:福来純
  • 産地:岐阜県

2. ミツカン 純米料理酒 1000ml

ミツカン 純米料理酒 1000ml

日本を代表する調味料メーカーとして有名なミツカンが販売している料理酒が『ミツカン 純米料理酒 1000ml』です。原材料は米・米こうじ・食塩だけなので、余分な添加物を使わない純米料理酒として発売されています。そんな添加物の少ない料理酒ではありますが、値段は安いのでどんな人でも手が届く商品として人気になっています。

スーパーで販売されている市販の料理酒とほとんど変わらない値段でありながら、肉や魚をふっくらと仕上げてくれる高品質な料理酒。少し品質の高い料理酒を購入したい人におすすめしたいコスパ最強の人気商品です。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品のステータス

  • 内容量:1000ml
  • アルコール度数:13.5度
  • 原材料:米- 米こうじ- 食塩
  • メーカー:ミツカン
  • 産地:東京都

3. 大木代吉本店 福島県 こんにちは料理酒 720ml

大木代吉本店 福島県 こんにちは料理酒 720ml

料理にこだわる人におすすめする料理酒が『大木代吉本店 福島県 こんにちは料理酒 720ml』です。Amazonでの評価がとても高い料理酒で、これを使えば「みりんがいらない」、「香りもよく臭みをとってくれ、味に深みが出る」などその品質に対する声が非常に多い料理酒です。

無農薬自然栽培米にこだわりアミノ酸がたくさん入っているので、料理酒として高いクオリティを維持しながら販売をしています。無塩の料理酒でもありますので、成分やカロリーが気になる人にもぴったりの料理酒です。 美味しい料理を作るのに適した料理酒をお求めの方は、はぜひ一度試してみてください。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品のステータス

  • 内容量:720ml
  • アルコール度数:17度
  • 原材料:米- 米こうじ
  • メーカー:大木代吉本店
  • 産地:福島県

4. ムソー みやこの料理酒 500ml

ムソー みやこの料理酒 500ml

とにかく素材にこだわった料理酒が『ムソー みやこの料理酒 500ml』です。お米には酒造好適米の五百万石を使用しており、塩にも自然塩の「海の精」というこだわりの塩を使用しています。販売元の「ムソー」という会社はあまり有名な会社ではありませんが、マクロビオティックや安全・安心をこころがけている会社でこちらの商品も品質重視で製造がされています。

料理酒としてクオリティが高いのはもちろんのこと、健康のことも気遣ったこちらの商品は食品の安全性を重視する人にとってはとてもおすすめの商品です。一度試してみてはいかがでしょうか。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品のステータス

  • 内容量:500ml
  • アルコール度数:13度
  • 原材料:米- 米こうじ- 塩
  • メーカー:ムソー
  • 産地:島根県

5. 蔵元の料理用清酒 料理の要

蔵元の料理用清酒 「料理の要」 500ML

無添加にこだわった料理酒が『蔵元の料理用清酒 料理の要』です。こちらの商品はうるち米と米こうじだけを原料としており、醸造用アルコールなどといった、副原料や化学調味料などの保存料を一切使用しないこだわりをもった料理酒です。

製造元の青砥酒造は日本酒を作っている酒蔵ですが、こちらの商品も日本酒を作る時と同様の手間をかけており、酒蔵のこだわりがつまった商品となっています。原酒のまま瓶詰されており、通常の料理酒の3.5倍ものアミノ酸が含有されているため、料理の旨味を引き出すことに長けています。飲食店でも使われている料理酒を使用してみませんか。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品のステータス

  • 内容量:500ml
  • アルコール度数:17度
  • 原材料:米- 米こうじ
  • メーカー:青砥酒造
  • 産地:島根県

6. 瑞鷹 東肥 赤酒 料理用 ペット 1800ml

瑞鷹 東肥 赤酒 料理用 ペット [ 日本酒 熊本県 1800ml ]

赤い料理酒という見た目のインパクトがすごい商品が『瑞鷹 東肥 赤酒 料理用 ペット 1800ml』です。赤色にまず目を惹かれる商品なのですが、実はこの商品は熊本県で広く知られている「赤酒」という日本酒を料理酒用に改良したものです。

みりんとはまた違った優しい甘みがでるこの商品は、煮つけや炊き込みご飯など様々な料理に利用することができます。またプロの料理人によって料理酒に合うように作られていますので、自宅でプロの味を再現できるほど、クオリティの高い料理酒に仕上がっています。見た目にだまされず一度試したら他のものを使えなくなるほどの商品ですよ。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品のステータス

  • 内容量:1800ml
  • アルコール度数:12度
  • 原材料:米、米こうじ、醸造アルコール、糖類、調味料
  • メーカー:瑞鷹
  • 産地:熊本県

7. 福光屋 福正宗 純米 料理酒 紙パック1800ml

福正宗 純米 料理酒 紙パック [ 日本酒 石川県 1800mL ]

石川県金沢市のブランド酒である福正宗のハイレベルな料理酒が『福光屋 福正宗 純米 料理酒 紙パック1800ml』です。和洋中あらゆる料理に合わせることができる万能料理酒で、上手く利用すればプロの料理人顔負けの料理を作ることもできます。

原材料も米と米こうじのみの無添加料理酒で、カロリーや成分に気をつかう人にもぴったりの料理酒です。添加物を使用していない料理酒は、添加物を使用しているものに比べると料理の仕上がりが違います。こちらの商品は特にあさりの酒蒸しに利用すると仕上がりが違うという口コミもありますので、一度試していてはいかがでしょうか。価格は約1,500円となります。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品のステータス

  • 内容量:1800ml
  • アルコール度数:14度
  • 原材料:米- 米こうじ
  • メーカー:福光屋
  • 産地:石川県

8. タカラ 料理のための清酒 900ml

タカラ 料理のための清酒 [ 日本酒 900ml ]

独自開発の「マスキング酵母21号」という酵母を使用し、肉や魚の臭みを消してくれる料理酒が『タカラ 料理のための清酒 900ml』です。パッケージも処分しやすいエコパウチを使用しているので、スペースもとらず処分も非常に簡単です。

原材料には醸造アルコールは利用していますが、食塩無添加にはこだわっているためまろやかな甘みを引き出してくれるのが特徴の料理酒です。塩分無添加なので料理に余分な塩味がつくことがなく、自分で味を調整できるというところは料理好きの人にとってはとても嬉しいポイントなのではないでしょうか。

Amazonで詳細を見る


商品のステータス

  • 内容量:900ml
  • アルコール度数:13度
  • 原材料:米、米こうじ、醸造アルコール
  • メーカー:宝酒造
  • 産地:京都府

9. 金寶仁井田本家 福島県 料理酒 旬味

金寶仁井田本家 福島県 料理酒 『旬味』 純米原酒 720ml

農薬・化学肥料を一切使わずに栽培した自然米で作られた料理酒が『金寶仁井田本家 福島県 料理酒 旬味』です。20種類の天然アミノ酸の総量が通常の料理酒の4倍含まれていることから、芳醇な旨味を引き出してくれる料理酒として徐々に人気が出てきています。

清酒がもとで作られていますので、アルコール度数は17度と高めですが、まろやかな口当たりはそのアルコール度数の高さを感じさせません。素材と製法にこだわった料理酒を使えば、料理のクオリティを一段階も二段階もあげることができますので、料理にこだわりたい人におすすめする料理酒です。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品のステータス

  • 内容量:720ml
  • アルコール度数:17度
  • 原材料:米- 米こうじ
  • メーカー:仁井田本家
  • 産地:福島県

10. 東酒造 黒酒1800ml

黒酒 灰持酒 1.8Lペット ■塩麹を超える最強調味料 1800ml

火入れせず、天然木のあくで日持ちさせるという日本古来の伝統製法で作られた料理酒が『東酒造 黒酒1800ml』です。アミノ酸や酵母を大量に含んでいるため、味に深みがでるということであらゆる料理に使用可能に。

また料理酒自体にかなり甘みを含んでいるため、砂糖を使う量を減らすことができ健康面でも非常にいい料理酒とされています。煮物などの調理だけでなく調味、タレ、つゆなどの素材としても利用されているため、使用できる料理の範囲がとても広いのも特徴。容量は多めですがあらゆる料理に使えるので、おすすめの料理酒です。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品のステータス

  • 内容量:1800ml
  • アルコール度数:16度
  • 原材料:米- 米こうじ- 醸造用アルコール- 醸造用糖類- 木灰
  • メーカー:東酒造
  • 産地:鹿児島県

料理に合わせたベストな料理酒を選んでみてくださいね

ここまで料理酒について詳しく解説をしてきました。一言で料理酒と言ってもとにかく安いものから、カロリーや成分に気をつかった料理酒までその種類は様々です。

中でも食塩無添加の商品などは値段は少し高くなりますが、料理のクオリティをさらに高くすることが可能です。料理酒を変えるだけで料理の仕上がりが全然変わってくることもよくあります。単なる調味料の一つではなく、料理のクオリティをより高くする調味料として、料理酒にこだわってみてはいかがでしょうか。

【参考記事】料理酒と一緒にこだわりの塩を選んでみてはいかがでしょか▽

【参考記事】おすすめの醤油の種類や選び方とは▽

【参考記事】料理の手助けになるりんご酢のおすすめを大公開します▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事